リーダーへ贈る108通の手紙

  • ¥0

    無料

日経新聞で紹介され、企業の研修資料ともなるメルマガです。経営学、心理学、歴史などをおりまぜ元気を贈るリーダーへの応援歌です!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
リーダーへ贈る108通の手紙
発行周期
不定期
最終発行日
2017年11月02日
 
発行部数
2,437部
メルマガID
0000112707
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆─────────☆─────────☆

  『リーダーへ贈る108通の手紙5』
    http://www.earthship-c.com

       《無知の知》
      17.11.02【19通目】 
☆───────────────────☆

リーダー様 へ

拝啓 桜並木の葉桜 色づく季節

いかがお過ごしでしょうか?

2017年の霜月(11月)が始まっています。

今年もいよいよ残り約2ヶ月となりました。

先日、横浜のほうにある
イトーヨーカドーの文具売り場に行きましたら、
すでにクリスマスカードが、たくさん並べられていました。

年賀状発売のニュースやそのCMも目にして、

「もうそんな季節か」と…。

スーパーの果物売り場も、
みかんの置かれるスペースがだんだんと増えています。

残り2ヶ月を多いととるか、少ないととるか?

よくこんな話がありますね。

コップに水が半分入っている。

ある人は、「もう半分しかないじゃないか」と悲嘆する。
ある人は、「まだ半分も残っているじゃないか」と喜ぶ。

同じ現実を前にしても、
その人の考え方によって反応や結論が異なる。

要するに、世界は考え方次第で変化する。

考え方によって現実はネガティブにもなるし、
ポジティブにもなる、

というお話。

ということで、

「残り、まだまだ2ヶ月もあるぞ!」

と、胸をはって大いに希望を抱いて、
2107年の霜月を駆け抜けていきましょう!

~~~

さて、「世界は考え方次第で変化する」と書きまして、
自分は「考える」ということに意識的になっているかと問われると、
どうも、私はうつむいてしまいます。

人生、直感を頼りに生きてきたタイプなもので、
(まあ、よくもここまでやってきたものです、現在49歳)
「考える」ということを、深く「考える」ことは、
なんとなく避けてきたように思います。


そんな私に天罰か!


ではなくて・・・・(笑)、ご縁がありまして、

大ベストセラー『地頭力を鍛える』(東洋経済新報社)の著者
細谷功さんが書いた、

────────────────────
『考える練習帳』(ダイヤモンド社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4478100977/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22
────────────────────

を読むチャンスをいただきました。

読む進めている内に、新たな気づきがたくさんあり、
と同時に、反省させられることも多く、
「考える」とはどういったことなのかを理解するのに、
とても参考になりました。

この良書からお伝えしたいことが色々とあるのですが、
ネタバレになってはいけないので、ひとつだけ、

「無知の知」について。

***

「無知の知」とは、

「”自分が知らない”ということを、自分は知っている」

ということです。

人は、自分の知っていることを活用しながら生きています。

朝起きて、家族と顔を合わせ、自宅を出て、会社に到着し、
上司や部下や同僚に挨拶し、会議をして、取引先に出かけ、
打ち合わせをし、会社に戻り、残業をして、
星が夜空に光る頃に、また我が家へと帰っていきます。

この一連の流れが、なぜ可能なのかといえば、
その多くのことが「知っている事実」から成立しているからです。

では、なぜ、知らないことに意識が向かないのか?

答えは、簡単で、知らないことを知ろうとすることは、
面倒くさいからです。
努力を必要とします。パワーがかかります。

なので人は、

「だいたいのことは知っている」

という既知の感覚を抱き、生きています。
(面倒くさがりの私など、その代表選手でしょう)


それ故に、「無知の知」という、言ってみれば、当たり前の言葉が、
ひとつの「警句」として、時を超えて、私たちに気づきを促します。


細谷氏は、こう書きます。

──────────────────

「自分がいかにわかっていないかを自覚すること」……。

これが物事を自分の頭で考えるための本当の第一歩です。
これはいくら強調しても強調しすぎることはありません。

(中略)

「自分がわかっていないことを自覚している人」は、
安易に自分の正しさを主張せず、また相手の言い分も尊重します。

また、未知のものへの好奇心も旺盛なはずで
「過去の栄光」にすがらずに未来に向けて着実に前進し、
必要に応じて変化していきます。

『考える練習帳』(細谷功 ダイヤモンド社)
──────────────────
http://www.amazon.co.jp/dp/4478100977/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22


まさに、その通りだと思います。

「自分はわかっている、なんでも知っている」

という人がいたら、
その人は思考停止状態に陥っているのでしょう。

それでは、傲慢さが鼻につき、今の自分を未来に向けて
さらに向上させようという意識すら持てません。


変化拒否症候群ですね。


反対に、「自分が無知だと自覚」することは、人を謙虚にしますし、
質の高い向上心を育む土台をつくりあげることになると思います。


ネットで調べれば、知りたいことが、すぐにわかる時代。

答えが、苦労しなくても、なんでも手に入る。

よって、無知への感覚が、ますます乏しくなる。

そんな時代だからこそ、「無知の知」、
そして「考える」とは、どんなことかを「考える」ことが、
求められているのだと思います。

『考える練習帳』を読み、私も思考停止しているなと、
とてもいい意味で、反省でき、知的刺激を受けました。

『考える練習帳』は発売して、すぐ増刷になり、
多くの人が手にとっていると聞きました。

読書の秋。

考えることを、考えてみましょう。

~~~

本日は、これにて。

晩秋となり寒さを感じる日も出てきました。
どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
2017年の霜月が、あなた様にとって、
笑顔あふれる美しい日々で満たされることを
心よりお祈りしています。


   「元氣・勇氣・やる氣」で!

 
        (^人^)        
 


                 敬具

平成二十九年十一月二日


              松山 淳より 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆自問自答◆

1)私は、深く考えることを避けていないだろうか?

2)私は、思考停止状態に陥っていないだろうか?

3)私は、考えることの質を高める努力をしているだろうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆追伸◆

【第2弾 『人事マネジメント』連載記事プレゼント!】

専門誌『人事マネジメント』へ
「人事で大切なことはすべてアニメ映画が教えてくれた」
というタイトルで、記事を連載していました。

出版社から許可が出たので、
第1弾(Season1)記事をPDF化して、プレゼントしていました。

連載は、2回に渡り行われました。

そして、第2弾(Season2)も無事に終了したので、こちらも、
プレゼンしたいと思います。

ご希望の方は、こちらのページからお申し込みください。
         ↓↓↓
http://www.earthship-c.com/FormMail/jmanagement/FormMail.html


メールの場合は、件名を
【『人事マネジメント』連載記事プレゼント!】として、

earthship358@gmail.com までメールしてください。

第1弾と第2弾、2つファイルがあるので、
両方か、もしくは、どちらを希望するか、本文に明記してください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【例】
・第1弾と第2弾の両方を希望。
・第2弾だけ希望。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

『人事マネジメント』からは、
再び、執筆のご依頼をいただき、現在は、

『今さら人に聞けない人材育成の心理学』

というタイトルで記事を連載中です。

フロイト、ユング、アドラーなど、
心理学の巨人たちについて書いています。

こちらも、連載が終わったら、プレゼントできたらと思います。

そんなこんなで、また、お会いしましょう!
──────────────────────
アースシップ・コンサルティング 松山淳(49才)
http://www.earthship-c.com

『リーダーへ贈る人生が輝く名言』5,561いいね!
http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ:j@earthship-c.com

■著 書
『機動戦士ガンダム』が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     
■バックナンバー
http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
──────────────────────

《ここからメルマガ配信会社のご案内です》
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ