日刊 トレーダーズ・メールマガジン

  • ¥0

    無料

あの人気株式情報サイト 「トレーダーズ・ウェブ」のメールマガジン! マーケットの動向、明日の戦略、IPO情報など 投資家必見の情報が満載。 ウィークデイにお届けする株式投資情報の決定版。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
日刊 トレーダーズ・メールマガジン
発行周期
日刊
最終発行日
2018年01月17日
 
発行部数
7,699部
メルマガID
0000113398
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━TRADER'S WEB━━━━━━━━━━━━━━━2018/01/17━━━━━

<日刊> トレーダーズ・メールマガジン
http://www.traders.co.jp/
 ☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆


━【1】ニュース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ 本日の注目ニュース
--------------------------------------------------------------------

≪株式≫

 メタップスなど-仮想通貨関連が安い
 ビットコイン価格急落で(9:07)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251070&page=4&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news01


 日本精工-底堅い
 来期営業益は計画上振れとの観測 産業機械向け部品の値上げ寄与(9:10)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251068&page=4&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news02


 ダイヤモンド電機-ストップ高買い気配
 名刺サイズで薄型の絶縁双方向電力変換器を開発(13:09)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251217&page=2&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news03


 ベネッセ-続伸
 オンライン英会話「ぐんぐん」との提携強化 株式を追加取得(14:08)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251236&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news04


≪為替≫

 ドル円110.82円前後、110.80円のNYカットのオプション周辺で小動き(16:14)

 ドル円は、NYカットのオプション110.80円周辺での小動き。111.00円にはド
ル売りオーダーが控えているものの、上抜けるとストップロスが控えている。
ユーロドルは1.2228ドル前後、ユーロ円は135.50円前後で推移。



■ 今日の『後場コメント』
--------------------------------------------------------------------

【1】ヤフー、リクルート、ニトリ、東洋ゴム、プレナスなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251166&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com01


【2】鹿島、ユナイテッドアーバン、ジャパンディスプレイ、SOMPO、楽天など
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251226&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com02


【3】ダイヤモンド電機、リコー、富士通、コニカミノルタ、富士フイルムなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251227&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com03


【4】国際石油開発帝石、三菱電機、アサヒ衛陶、帝国電機、リクルートなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251232&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com04


【5】金下建設、ベネッセ、パーク24、NTT都市開発、シャープなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1251244&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com05



━【2】東京株式マーケット ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ 市場概況
--------------------------------------------------------------------

・日経平均 23868.34(-83.47) ・東1部売買高 15.41 (億株)
・TOPIX 1890.82 (-3.43) ・同売買代金 29,364 (億円)
・東証2部 7556.05 (-34.06) ・同時価総額 700 (兆円)
・日経JQ 4149.88 (-12.47) ・値上がり 620
・マザーズ 1291.84 (-19.42) ・値下がり 1381


■ 明日の戦略
--------------------------------------------------------------------

 『 反落も下げ渋り陽線を形成、業績期待を支えにあすは底堅い展開か 』

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり620/値下がり1381と売りが優勢。業績好調
観測が報じられたディスコが大幅上昇。証券会社が目標株価を引き上げたTD
Kが大幅高となり、ベクトルやミロク情報などもリポートを手がかりに急伸し
た。ヨシムラフードやフィルカンパニーには決算を好感した買いが続いた。
一方、ビットコインの急落を受けて、セレスやGMOインターネット、SBI
など仮想通貨関連が軒並み値を崩す展開。証券会社が投資判断を引き下げた東
京製鉄が大きく売られた。ほか、原油価格の下落が嫌気されて、出光興産やコ
スモエネルギーなどが大幅安となった。

 きょうは終日さえない展開ではあったが、日経平均は安く寄って下げ幅を縮
めており、陽線を形成して終えた。昨晩の米国株に関しては、ダウ平均は大幅
高で26000ドル台に到達したところから失速し、小幅に下げて終えたという動
きで、大幅安となったわけではない。そのため、仮に今晩の米国株が下げたと
しても、落ち着いた動きであれば、過度にネガティブに捉える必要はない。
ドル円も円高は一服傾向にある。今晩米国では、12月鉱工業生産指数やベージ
ュブックの公表が予定されている。現状では、良好な米国のファンダメンタル
ズが確認できたとしても、ドル高・円安が大きく進む展開は期待しづらい。
しかし、円高に歯止めをかける材料になれば、日本株の下支え要因にはなると
考える。円高かつ米国株が大幅安となった場合には、それなりの調整は免れな
いだろうが、それ以外であれば、あすは底堅い展開になると考える。物色では、
きのうの村田製作所に続き、きょうはディスコが日経新聞の業績観測を手がか
りに大きく上昇した。業績期待の高い安川電機などは足元で騰勢を強めている。
上期に好業績が確認できた銘柄などを中心に、先回り買いの動きが強まると予
想する。

 一方で、新興市場はしばらく敬遠されると考える。業績相場に突入する中で
は、大型株の買い安心感が強まる傾向がある。また、ビットコインが急落して
いることも警戒材料となる。アグレッシブにハイリターンを期待するという点
で、新興市場を好む投資家の一部が仮想通貨に流れているとの見方が強く、
仮想通貨の下げが続いた場合、新興市場銘柄が手じまい売りに押されるとの警
戒が強まる。特にマザーズ銘柄は、昨年大型株に強い上昇が見られた際に見劣
りする動きが続いたこともあったことから、相対的な選好が弱まると予想する。

 ↓↓日本株マーケットの話題↓↓
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/market_topix.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02wadai



■ レーティング情報
--------------------------------------------------------------------
コード 銘柄 シンクタンク 投資判断 目標株価
--------------------------------------------------------------------
1605 国際帝石 JPM Over継続 1331→1514円
6762 TDK SMBC日興 1継続 11200→15000円
9684 スクエニHD CS 新規OP 新規6600円

 ↓↓ 注目レーティング(本日37件掲載中) ↓↓
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/attention_rating/attention_rating.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02rate



■ IPO情報
--------------------------------------------------------------------

【IPOニュース】

1月11日 ザイマックスの東証上場が承認
1月5日 世紀のマザーズ上場が承認

 ↓↓最新情報はこちら↓↓
http://www.traders.co.jp/ipo_info/ipo_info_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02iponews



【ブックビルディング中の銘柄】

※現在ブックビルディング中の銘柄はありません

 ↓↓ IPOスケジュール ↓↓
http://www.traders.co.jp/ipo_info/schedule/schedule.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02iposche



【ウィークリーレポート】
 『 直近物色というより個別物色 』

 年明けから強い相場展開が続くが、直近上場株の方はといえばさっぱりだ。
1月は空白期間にたるめ物色が続くと思われやすいが、実際には物色は年末か、
年初の第1週までに終了してしまうことが多い。今年は相場全体が思いのほか
強く、これから波及があるかもしれないが、今のところ調整色が強い。年明け
早々はグローバルリンクマネジメントや一家ダイニングが強かったが・・・
http://www.traders.co.jp/ipo_info/report/report.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02wr



━【3】マーケットの話題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


■ ニューヨーク市場
--------------------------------------------------------------------

『 NY市場概況-3指数がそろって反落 ダウは一時26000ドルに乗せる 』

 16日のNY株式相場は3日ぶり反落。10-12月期決算への期待などを背景に主要
3指数がそろって大幅に上昇してスタート。ダウ平均は一時282ドル高となり史
上初の26000ドルを上回った。しかし、目先の達成感が強まったことで利益確
定売りが優勢となった。原油相場が反落しエネルギー株が下落したことや政府
の一部機関の閉鎖の可能性が意識されたことも重しとなった。ダウ平均は取引
終盤に100.20ドル安まで下落し、10.33ドル安(-0.04%)の25792.86ドルで終
了。S&P500とナスダック総合も取引時間中の史上最高値を更新したが、それぞ
れ0.35%安、0.51%安で終了。3指数がそろって3日ぶりの反落となった。

 取引時間前に発表されたシティグループやユナイテッドヘルスの10-12月期
決算はともに調整後の一株当たり利益が市場予想を上回り、第4四半期決算へ
の期待が高まった。1月4日に25000ドルに乗せたダウ平均は寄り付き直後に
26000ドルを上回り、わずか7営業日で1000ドル幅の上昇を記録。S&P500も初め
て2800ポイントを上回ったが、その後は利益確定売りが強まった。原油安が嫌
気されS&P500のエネルギー株指数が1.23%安となり相場下落を主導したほか、
素材、工業、一般消費財などの景気敏感セクターが大きく下落。一方、足もと
で大幅に下落した不動産株が堅調だった。


  ↓↓主要銘柄の株価や指数の値はこちらでご覧ください↓↓
http://www.traders.co.jp/foreign_stocks/foreign_topix.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=03wadainy



■ 上海市場
--------------------------------------------------------------------

『 続伸、売り買い交錯も底堅い展開 一時は高値更新 』

 17日の中国本土株式市場で、上海総合指数は続伸。終値は前日比0.24%高の
3444.67ポイントだった。深セン成分指数は0.73%安の11303.97ポイントと反
落。上海、深セン両市場の売買代金は概算で6099億6800万元。

 上海総合指数は底堅い展開。おおむねプラス圏でもみ合い、前場半ばには
2016年1月4日以来、約2年ぶりの高値を更新する場面もあった。指数が高値圏
で推移しているだけに利益確定売りが上値を抑え、序盤と前引け前に一時マイ
ナス圏に沈んだが、根強い先高感を背景に買い戻しが入り、下値は限られた。
中国人民銀行(中央銀行)がきょうも公開市場操作(オペ)を通じて市場への
資金供給を続けたことや、昨年に発表した条件付き預金準備率引き下げが25日
に全面実施の見通しを明らかにしたことが好感された。半面、足元で株価上昇
が目立ったブロックチェーン(分散型台帳)関連について、上海と深セン取引
所がそろって「投機行為への監督管理を強化する」と表明したことで関連銘柄
が急落し、投資家心理を冷やした。強弱材料が混在する中で売り買いが交錯し
たもよう。

 ↓↓続きはこちら↓↓ 
http://www.traders.co.jp/china/china_topix.asp?newscode=361696#choutlook_article&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=03wadaicn



■ 外国為替市場
--------------------------------------------------------------------

『 東京午後=午後は一転ドルが堅調に、ドル円は110.93円まで上値広げる 』

 東京午後の為替市場は、午前中弱含んだドルが午後に入ると一転して、ドル
が強含んだ。ニュースや発言も出ていないが、米10年債利回りも2.56%台まで
上昇し、相場の流れが一変した。

 午前中2014年12月以来の1.23ドル台に乗り、1.2323ドルまで上昇したユーロ
ドルは1.2238ドルまでユーロ売り・ドル買い。ブレグジットが決定した2016年
6月以来の高値1.3836ドルまで上昇したポンドドルは、1.3770ドルまでポンド
売り・ドル買いになった。ドルは他の通貨に対しても強含み、豪ドル/ドルは
0.7947ドル、NZドル/ドルは0.7237ドル、ドル/加ドルは1.2455加ドルまでド
ル高に。ユーロドルをはじめ昨日同様に、ストップロスをつけたら全戻しして
いることで、市場の流動性も悪化している。

 ↓↓続きはこちら↓↓
http://www.traders.co.jp/fx/fx_topix.asp?type=3&newscode=650491#fxoutlook_article&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=03wadaifx



━【4】クイックアクセス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ニュース
 http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04news


■日本株TOP
 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_stocks_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04jtop

 □IPO
 http://www.traders.co.jp/ipo_info/ipo_info_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04ipo
 
 □信用取引
 http://www.traders.co.jp/margin/margin_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04margin
 
 □経済データ
 http://www.traders.co.jp/economic_data/economic_data_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04economic
 
 □投資ツール
 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/tool_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04investtool
 
 □市場スケジュール
 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/market_s/market_s.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04markets


■米国株TOP
 http://www.traders.co.jp/foreign_stocks/foreign_stocks_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04ustop


■中国株TOP
 http://www.traders.co.jp/china/china_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04cntop


■外国為替TOP
 http://www.traders.co.jp/fx/fx_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04fxtop



───────────────────────────────────
◇さらに詳細な情報は有料会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」へ!
 会員サービスのご案内はこちら
 http://www.traders.co.jp/service/service_top.asp
───────────────────────────────────
◎日刊 トレーダーズ・メールマガジンの
バックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000113398/index.html
───────────────────────────────────
・各リンク先の情報に関しては、HP上の更新が遅れる場合もありますので、
あらかじめご了承ください。
・本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保
証するものではありません。また、これらの情報によって生じたい
かなる損害についても、当方および情報提供者は一切の責任を負い
ません。投資にあたっての最終判断はご自身の判断でお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□総合情報投資サイト『トレーダーズ・ウェブ』http://www.traders.co.jp/
□中国株情報サイト『二季報WEB』http://www.nikihou.jp/
□為替情報サイト『トレーダーズ・ウェブFX』http://www.traderswebfx.jp/

株式会社 DZHフィナンシャルリサーチ
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー32階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ