日刊 トレーダーズ・メールマガジン

  • ¥0

    無料

あの人気株式情報サイト「トレーダーズ・ウェブ」のメールマガジン!マーケットの動向、明日の戦略、IPO情報など投資家必見の情報が満載。ウィークデイにお届けする株式投資情報の決定版。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
日刊 トレーダーズ・メールマガジン
発行周期
日刊
最終発行日
2017年07月25日
 
発行部数
7,786部
メルマガID
0000113398
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━TRADER'S WEB━━━━━━━━━━━━━━━2017/07/25━━━━━

<日刊> トレーダーズ・メールマガジン
http://www.traders.co.jp/
 ☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

━【1】ニュース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ 新着ニュース
--------------------------------------------------------------------

≪株式≫

 ハブ-急伸
 ヤフーニュース「勢い止まらぬ「HUB」なぜ人気?」を材料視(12:44)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186131&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news01


 シャープ-続伸
 米国でテレビ販売に再参入 サブブランドを新たに作成(13:08)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186138&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news02


 GMOペパボ-続伸
 「ビジネスプラン」提供開始 SSL証明書設定など追加料金なし(13:40)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186146&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news03


 シンワアート-ストップ高
 税理士法人ネイチャー国際資産税と業務提携(14:05)
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186167&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01news04


≪為替≫ 午後のまとめ

 ドルが弱含むも、積極的な流れにならず(15:00)

 ・ドル円は110.95円まで弱含むも、111円前半に買い戻される
 ・ユーロドルは1.16ドル半ば、ポンドドルが1.30ドル前半で底堅い値動き
 ・米10年債利回りは2.24%後半に低下して推移
 ・日経平均は2万円付近でこう着



■ 今日の『後場コメント』
--------------------------------------------------------------------

【1】昭和電工、カイノス、OKI、ユーシン、ジャフコなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186105&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com01


【2】gumi、日立造船、富士フイルム、クロスフォー、ユニチカなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186144&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com02


【3】指月電機、シャープ、小野測器、東亜石油、GMOペパボなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186151&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com03


【4】マーチャント、ファンデリー、シンワアート、リコーリース、日本タングステンなど
http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?filter=&type=1&newscode=1186185&page=1&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=01com04



━【2】東京株式マーケット ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ 市場概況
--------------------------------------------------------------------

・日経平均 19955.20(-20.47) ・東1部売買高 14.97 (億株)
・TOPIX 1617.07 (-4.50) ・同売買代金 18,865 (億円)
・東証2部 6307.47 (+43.14) ・同時価総額 595 (兆円)
・日経JQ 3356.07 (+15.96) ・値上がり 593
・マザーズ 1187.07 (+4.90) ・値下がり 1297


■ 明日の戦略
--------------------------------------------------------------------

 『 終日小動きで3日続落、FOMC前で方向感に乏しい地合いが続くか 』

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり593/値下がり1297と、きょうは日経平均が
小幅安の割に値下がり銘柄が多い。証券会社のリポートが好感されたJTが大
商いとなり強い動き。塩野義、田辺三菱の薬品2社がリリースを手がかりに買
いを集めた。好決算の信越ポリマーや上方修正発表のソルクシーズが大幅上昇。
税理士法人との提携を発表したシンワアートはストップ高まで買われた。
一方、新作ゲームの詳細発表で目先の材料出尽くし感が強まったenishが
大幅安。通期最終益の下方修正を発表した昭和電工や月次が失望となったレン
トラックスが弱い動きとなった。昼休みに下方修正を発表したJMCは後場急
落し、年初来安値を更新した。

 日経平均は終日小動きとなったが、信越化学が決算前に高値を更新した一方、
任天堂は後場に下げ幅を広げるなど、個別には決算を意識した動きも見られた。
ただ、信越化学の通期の利益見通しはコンセンサス比で物足りなさもあり、
いったん売られる展開も想定される。今晩の米国市場では時間外で下げたアル
ファベットの動向に加え、キャタピラーやゼネラル・モーターズなどの決算が
注目される。FOMCの結果発表前でもあり大きな動きも出づらいと考えるが、
日経平均はきょうで3日続落と地合いはあまり良くない。外部環境の後押しが
なければ、あすも方向感に乏しい地合いが続くと予想する。カギを握るのは
ドル円で、きょうも場中に円高が進む場面があったが、きのうの安値は下回ら
なかった。111円台より上を保った動きが続けば円安一服感は強まる。米国で
は消費者信頼感指数など経済指標の発表が多く、これらがドル高・円安を誘引
するかに注目したい。

 ↓↓日本株マーケットの話題↓↓
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/market_topix.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02wadai



■ レーティング情報
--------------------------------------------------------------------
コード 銘柄 シンクタンク 投資判断 目標株価
--------------------------------------------------------------------
6594 日電産 CS OP継続 14200→15300円
7735 スクリン JPM 新規Neutral 新規8500円
8515 アイフル みずほ 新規UP 新規390円

 ↓↓ 注目レーティング(本日23件掲載中) ↓↓
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/attention_rating/attention_rating.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02rate



■ IPO情報
--------------------------------------------------------------------

【IPOニュース】

7月19日 ユニネクは初値付かず
 7月14日 シェアリングの仮条件は1560~1600円
 7月12日 ソウルドの初値は76%高の2113円
 7月7日 クロスフォーの公開価格は730円
 7月7日 JSBの公開価格は3200円

 ↓↓最新情報はこちら↓↓
http://www.traders.co.jp/ipo_info/ipo_info_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02iponews



【ブックビルディング中の銘柄】

・トランザス<6696>
http://www.traders.co.jp/ipo_info/schedule/ipokobetsu.asp?no=6696&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02ipo

・シェアリングテクノロジー<3989>
http://www.traders.co.jp/ipo_info/schedule/ipokobetsu.asp?no=3989&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02ipo

 ↓↓ IPOスケジュール ↓↓
http://www.traders.co.jp/ipo_info/schedule/schedule.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02iposche



【ウィークリーレポート】
 『 IPOもマザーズより2部人気 』

 7月第3週は3社が上場した。ユニフォームネクストが初日付かずとなり、20
日前場に3社がそろって初値を付けた。マザーズ、ジャスダック、東証2部とそ
れぞれ市場は異なったが、売買代金の最も多かった"一番人気"は何と東証2部
に上場した学生マンション最大手のジェイ・エス・ビー。吸収額の大きか・・・
http://www.traders.co.jp/ipo_info/report/report.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=02wr



━【3】マーケットの話題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


■ ニューヨーク市場
--------------------------------------------------------------------

『 ダウ続落もナスダックが最高値更新 』

 24日のNY株式相場は高安まちまち。アップルなどテクノロジー株の上昇を受
けてナスダック総合が0.36%高と反発し、再び史上最高値を更新した。一方、
ダウ平均とS&P500はそれぞれ0.31%安、0.11%安となり3日続落。米10年債利
回りの上昇を好感し金融株が値上がりした一方、公益や通信などの高配当利回
りセクターが利益確定売りに押された。個別では決算が嫌気された玩具のハズ
ブロが9.44%安と急落し、同業のマテルも3.84%安となった。引け後に決算を
発表したアルファベットは時間外で3%超下落。

 引け後のアルファベットや翌日以降のフェイスブック、アマゾン、キャタピ
ラー、コカ・コーラ、ボーイングなどの主要企業の決算発表や26日のFOMC結果
公表を控えるなか、主要3指数は前週末比ほぼ横ばいでスタート。ハイテク株
の比重の大きいナスダック総合は時間とともに上昇幅を拡大した一方、ダウ平
均とS&P500は売り優勢の展開。主要産油国の減産協調を好感しNY原油が反発
し46ドル台を回復したもの、エネルギー株は上値が重く、相場の支援とはなら
なかった。トランプ大統領の長男トランプ・ジュニア氏などの議会証言による
ロシアゲート疑惑深刻化への警戒感もあり、総じて様子見姿勢の強い展開とな
った。


 ↓↓米国株マーケットの話題↓↓
http://www.traders.co.jp/foreign_stocks/foreign_topix.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=03wadainy



■ 上海市場
--------------------------------------------------------------------

『 反落、利益確定売りに押される 銀行株買われ下支え 』

 上海総合指数は序盤に高くなる場面も見られたが勢いは弱かった。指数が足
元で約3カ月半ぶりの高値圏にあることから、次第に利益確定売りに押され、
中盤以降は総じてマイナス圏で推移。終盤に一時3235ポイント付近まで下げた
が、同水準で底堅さが意識されると、大引けにかけて下げ幅をやや縮めた。
中国共産党中央政治局は前日に開いた会議で、2017年下期の経済政策の方向を
示し、地方政府の債務リスク解消への取り組み強化や・・・

 ↓↓続きはこちら↓↓ 
http://www.traders.co.jp/china/china_topix.asp?newscode=345171#choutlook_article&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=03wadaicn



■ 外国為替市場
--------------------------------------------------------------------

『 東京午後=ドル、上値の重さも値動きは限定的 』

 東京午後の為替相場は、取引材料難のなか狭いレンジで取引された。しかし、
米10年債利回りが2.24%後半に低下して推移したことで、一時ドルが売られる
局面もあった。ドル円は110.95円、ユーロドルが1.1664ドル、ポンドドルは
1.3036ドルまでドルが弱含んだ。ただその後は積極的なドル売りになるわ・・・

 ↓↓続きはこちら↓↓
http://www.traders.co.jp/fx/fx_topix.asp?type=3&newscode=619941#fxoutlook_article&utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=03wadaifx



━【4】クイックアクセス ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ニュース
 http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04news


■日本株TOP
 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_stocks_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04jtop

 □IPO
 http://www.traders.co.jp/ipo_info/ipo_info_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04ipo
 
 □信用取引
 http://www.traders.co.jp/margin/margin_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04margin
 
 □経済データ
 http://www.traders.co.jp/economic_data/economic_data_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04economic
 
 □投資ツール
 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/tool_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04investtool
 
 □市場スケジュール
 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/market_s/market_s.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04markets


■米国株TOP
 http://www.traders.co.jp/foreign_stocks/foreign_stocks_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04ustop


■中国株TOP
 http://www.traders.co.jp/china/china_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04cntop


■外国為替TOP
 http://www.traders.co.jp/fx/fx_top.asp?utm_source=mag2&utm_medium=email&utm_campaign=04fxtop



───────────────────────────────────
◇さらに詳細な情報は有料会員サービス「トレーダーズ・プレミアム」へ!
 会員サービスのご案内はこちら
 http://www.traders.co.jp/service/service_top.asp
───────────────────────────────────
◎日刊 トレーダーズ・メールマガジンの
バックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000113398/index.html
───────────────────────────────────
・各リンク先の情報に関しては、HP上の更新が遅れる場合もありますので、
あらかじめご了承ください。
・本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保
証するものではありません。また、これらの情報によって生じたい
かなる損害についても、当方および情報提供者は一切の責任を負い
ません。投資にあたっての最終判断はご自身の判断でお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□総合情報投資サイト『トレーダーズ・ウェブ』http://www.traders.co.jp/
□中国株情報サイト『二季報WEB』http://www.nikihou.jp/
□為替情報サイト『トレーダーズ・ウェブFX』http://www.traderswebfx.jp/

株式会社 DZHフィナンシャルリサーチ
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー32階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ