歯科医院経営活性化手法

  • ¥0

    無料

地域一番医院を作り続けるカリスマ歯科医院経営コンサルタント岩渕龍正が 「岩渕マジック」を月1回、公開。今なら、ホームページから無料小冊子が申し込めます! 地域一番を目指す先生だけ読んでください!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
歯科医院経営活性化手法
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年08月01日
 
発行部数
5,174部
メルマガID
0000114340
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【歯科医院経営活性化手法 -2017年7月配信 Vol.179-】

皆さん、こんにちは。歯科医院地域一番実践会 地域一番化マスター
岩渕龍正です。今年もよろしくお願いします!

皆さん、今年の夏のボーナスはどうでしたか?
たくさん、出すことができましたでしょうか?

弊社では、夏のボーナスは皆、固定支給。
冬のボーナスは会社と個人の業績をベースに、定性評価、クライアントの業績
評価で決まります。

しかし、ほとんどの歯科医院にはしっかりとした評価制度がありません。
そうなると、全く役に立たない年功序列で給与と賞与を評価することになり
ます。

しかし、年功序列というのは終身雇用とセットだから、意味を成すのです。
歯科医院の場合、残念ながら、医院が終身雇用したくても、結婚・妊娠・出産
などの理由で30歳前後で退職してしまうことがほとんどです。

そうなると、働いてるスタッフとしては若い時に、給料以上に頑張っても、
いつまでもその頑張りは報われないことになってしまい、大きな不公平感だけ
が残るのです。

こうして、やる気のある若いスタッフが長く続かなくなってしまうのです。
その悪循環を断ち切るにはしっかりとした評価制度を作るしかありません。

評価制度を3日間で一気に作成するセミナーが11月に開催されます。
詳細は⇒ https://www.consuldent.jp/seminor/jinji.html


【デスノートに名前書かれてませんか?】

先日、「夫婦成功セミナー」を2年ぶりに開催しました。
今回は140名近い方にご参加いただきました。

私たちと多くのクライアントで実践してきた夫婦で一緒に経営して、歯科医院
も家庭も成功させる。そして、それによって苦しみは半分、喜びは2倍になる
のが夫婦成功です。

そんな方向を目指し、140名もの夫婦が全国から集まって下さるのです。
本当に素晴らしいことです。

最近はこの夫婦成功セミナーには歯科医院だけでなく、一般企業の方も参加
し始めてくれてます。

しかし、そんな夫婦成功とは真逆のサイトが話題なようです。
それが「だんなデスノート」。
⇒ http://danna-shine.com/

無料会員制SNSのようで、私も詳細は見ていませんんが、内容をちょっと
見るだけで恐ろしくなってしまいます。

やはり、中身をある程度、読みました。
背筋が寒くなりました。

しかし、考えないといけないことがあります。
それは、気を付けないと私たちも、このだんなデスノートに書かれるような
行動をしてしまう可能性があるということです。

最終的に幸福感は人間関係で決まります。
しかし、この「だんなデスノート」に書かれるようなことは人間関係以前の
ことが多いようです。

・お金・・・やはり、金銭トラブルを起こす夫はKKKのようです
・浮気・・・浮気もやはりKKKのようです
・暴力・・・暴力もやはりKKKのようです
・暴言・・・暴言もやはりKKKのようです

「KKK」とは?
このサイトでは「くず・くそ・カス」だそうです(泣)。


ただ、歯科医院を経営するということは何気に最初から金銭トラブルとまでは
行かなくても、借金から始まるわけですから、KKKになりやすいのかもしれ
ません。

そんな状態で、上記のようなことが少しでもあればどうなるでしょうか??
即、「だんなデスノート」行きです。気を付けましょう。私も気を付けます。


【ニジマス釣りから学ぶマーケティング戦略とは?】

先日、娘とお友達家族と一緒にキャンプに行きました。
キャンプ2日目に、私も生まれて初めてのニジマス釣りをしました。

池みたいなものがあり、そこにニジマスが放流されており、それを釣る
という単純なものです。

しかし、なかなか、釣れません。
人もたくさんいたので、良さそうな場所もなかなか、確保できません。

いくら餌を付けて、糸を垂れても、全く反応がない。
ただ、いるのです。目の前に。ニジマスが。
でも、そのニジマスまで糸が届かない。

だって、竿が竹に釣り糸を付けただけだから。
遠くまで飛ばすことができないんです。

でも、これって歯科医院でも同じようなことがありますよね。
目の前にニジマスが泳いでるのと同じように、医院の前を人がたくさん歩いて
いたり、車が通っているのです。

しかし、竿がしょぼいから餌が届かない。
マーケティング力がしょぼいから医院の良さが伝わらない。

そして、ニジマスが放流してあるのと同じように、その地域に人はたくさん
住んでいるのです。しかし、既に人がたくさんいていい場所が確保できない
のと同じように、既に歯科医院がたくさんあって、いい場所がない。

そんな状態なのです。
そこで、私はどうしたか?
1つの結論に至りました。

ここは場所が悪いと。
そして、「ここがいいんじゃない?」と娘が言うので、そこに移動しました。
そこは池の端っこで、人が少なかったのです。

しかし、端っこだけに、ニジマスが集まってきていたのです。
ようやく、ニジマスに餌が届く距離へと移動できたのです。

つまり、歯科医院で言えば、患者さんが医院の存在を認識できる場所に
開業できたということです。

しかし、ニジマスの前に餌を落としても、反応はあるものの食べられてしまい
釣ることはできません。釣りの経験もほとんどないので、どう釣ったらいいか
また頭を悩ませることになりました。

そこで、ある光景を思い出しました。それはシュノーケリングです。

最近、娘と一緒にシュノーケリングをすることが多くシュノーケリングをする
とパンなどを魚に上げることが多いのですが、どの魚も用心して餌を食べるの
は一瞬なのです。

パッと食べて、パッと離れる。

この光景を見て、分かったのです。
今までは餌に喰いついたら、しっかり食べるまで待っていたほうが良いと考え
ていたのですが、それが間違いだったのです。

反応があった瞬間に引き上げる。
そうすると針が魚のアゴに引っ掛かる。

そう仮説を立てて、釣ってみたところ、釣れる釣れる。
7匹ぐらい釣りました。

歯科医院のマーケティングもこれと同じだと思うのです。
先ずは、患者さんに認識してもらう。


患者さんが認知しやすい場所に開業する
良い印象を持ってもらえる外観と内装にする
ホームページの検索順位を上げる
良い印象を残せるホームページにする

そこで、患者さんが反応しやすいアクションを用意する
患者さんがアクションしてくれたら、即座にアポを確定させる


しかし、これがしっかりできてるかというと、多くの医院には改善の余地が
たくさんあります。皆さんの医院のマーケティングにおいて改善すべき点は
どのようなことでしょうか?


【厳しい環境が人を強くする!?】

夏のバスケは凄いです。
何がって?

基本的に体育館にはエアコンがないんですよ。
超絶、暑いんです。だから、汗の量が半端ない。
そして、スタミナの消耗が半端ない。

というのが私の感想。
しかし、違うんです。

私のバスケ友達にステンレス加工をしている人がいます。
彼は毎日、実家の工場の中、ステンレス加工をしている時はエアコンも停めて
40度近い状況の中で仕事を日々、しているのです。

彼は筋トレなんか全くしていません。
私のように、外を走ったりもしていません。

しかし、彼の方がスタミナもあるし、動き続けることができるのです。
何が違うのでしょうか?

私は日々、エアコンの効いた部屋でパソコンの前でカチャカチャやってるのが
仕事です。一方、私のバスケ友達は40度近い環境の中で、ハンマーをガンガ
ン、ぶっ叩いてるのが仕事です。


日々、どのような環境にいるかで人の力は決まるのだと思うのです。


私はエアコンが効いた環境でパソコンカチャカチャ。甘い環境。
バスケ友達はエアコンを停めて40度の中でハンマーガンガン。厳しい環境。


持ってる潜在能力はそんなに違わないと思うのです。
しかし、日々、過ごしてる環境が違うのです。

どれだけ厳しい環境にいるかで、その人の力がどれだけ引き出されるかが決ま
ると思うのです。

だからこそ、甘い職場は本人のためにならないと思うのです。

甘いかどうかはエアコンの問題ではなく、仕事のパフォーマンスがどれだけ上
がるかは日々、仕事で求められる水準が厳しければ厳しい人、その人のパフォ
ーマンスを引き出すのだと思います。

もちろん、これは単に厳しくしたほうが良いという話ではありません。
仕事への要求水準を高めることは本人のためにもなるということです。


だからこそ、若いときの苦労は買ってでもしろというのだと思います。

特に、勤務医の先生や結婚前の女性スタッフにとって、仕事の要求水準が高い
職場というのは大変ですが、自分の成長になることを是非、理解しておいて
ほしいですね。


【1試合見るのに1万円は高いのか!?】

ネットで格闘技の試合を1試合見るに、いくらまでなら払いますか?

私、1万円ぐらいだったら払います。
普通の試合なら払いません。
でも、8月26日に行われる注目の一戦。

このためなら、払います。

ボクシングの試合です。
1人は49戦無敗。史上初めて無敗のまま引退した男。
伝説のボクサー、フロイド・メイウェザー・ジュニア。

彼は既に引退してます。
年齢も40歳。
しかし、彼のディフェンスは史上最高と評されるほどで、人柄は最低と言われ
てますが、ボクシングの実力は最高です。


もう1人は総合格闘技、UFCで今、最も人気と実力を兼ね備えてる男。
コナー・マクレガー。

マクレガーはアイルランド出身。
一時、生活保護を受けていたほど生活に困窮しながらも、総合格闘技のスター
へと駆け上がっていた国民的英雄。

UFC史上初めて、2階級同時に王者になる偉業を成し遂げました。


この2人がボクシングルールで対戦するのです。
普通に考えれば、メイウェザーが圧勝すると思います。

しかし、マクレガーであれば、普通の動きとは違うので、ありえるのではと
期待させてくれるのです。

実力はあって、金の亡者で、クズ野郎のメイウェザー
実力と人気、スーパースターで口が上手いマクレガー

この対戦、普通に考えれば、メイウェザーに上手く逃げられ、つまらない
試合になってしまうのですが、マクレガーだったら、何かやってくれるの
ではないかと感じさせるんです。

そのワクワクに人はお金を払うんだと思います。
1試合1万円が高いのではないのです。

何もワクワクがない試合には1万円払うだけの価値を感じないのです。
それを考えたら、歯科の治療はどうでしょうか?

単に歯を治すだけだったら、そこにワクワクはあるでしょうか?
歯を治すことによって、生活の中で感じるワクワクをリアルに感じさせる
ことができれば、そこには大きな価値が生まれると思うのです。

それはかぶせモノの種類や特徴の話だけをしていては伝わらないのではないで
しょうか。そこにどんな物語を加えるのか。

そこが治療技術とはまた別の技術が必要になるのではないでしょうか。


【今月の「歯科医院経営に役立つブログ】

現在、歯科医院地域一番実践会では、毎週1回前後のペースで歯科医院経営に
役立つブログを経営コンサルタントが交代でアップしています。

皆さんに、「歯の豆知識」をアップしたほうが良いとお伝えしている以上、
実践会でも、取組んでいます。

今月の歯科医院経営に役立つブログは以下の内容でしたので、まだ読んでない
方は要チェックです!


意外!?助成金をもらったらスタッフから不満が!?(岩渕 龍正)
⇒https://www.consuldent.jp/jyoseikin-fuman/

歯科医院の不満とそのフォロー方法(五島光)
⇒https://www.consuldent.jp/shika_fuman/

歯科医院経営のネット集客(横山光孝)
⇒ https://www.consuldent.jp/7868/

歯科医院経営には必須のHPコンテンツ→コンテンツ作成に悩んだら(染谷東希)
⇒ https://www.consuldent.jp/blog/sometani/HPcontents

歯科医院経営で有効な会議を実施する3つのポイント(渡邉健二)
⇒ https://www.consuldent.jp/blog/watanabe/mtg-shikaiin

歯科医院経営における組織論 ~右腕を作るということ~(高橋譲太郎)
⇒ https://www.consuldent.jp/7810/

歯科医院の経営に必須!リスティング広告が簡単に設定できる方法とは?
(岡本雅史)
⇒ https://www.consuldent.jp/blog/okamoto/adwordsexpress-shikaiin


【セミナーレポートUPしました!】

歯科医院地域一番実践会では現在、多くのセミナーを開催しております。

「えっ、それって、どんなセミナーなの?」と思われる方も多いと思います。
やはり、セミナーは参加してみないと分からない要素が多いです。

また、実践会のセミナーは年に1回しか開催しないものが多いので、その
雰囲気を少しでも感じていただけるように、セミナー開催レポートを毎回、
UPするようにしています。

是非、セミナーの雰囲気をレポートから感じ取っていただければと思います。

・歯科医院新人スタッフ研修 開催レポート
⇒ https://www.consuldent.jp/shinjin2017_rep

・歯科医院地域一番実践経営塾アドバンスコース 第2回 開催レポート
⇒ https://www.consuldent.jp/advance2017_2


【龍正のオススメ・・・AppleTV】

今更ではありますが、今月はAppleTVをオススメしたいと思います。
以前から、我が家にもAppleTVはあったのですが、そこまで使って
ませんでした。

しかし、最近、使うケース、役立つケースが増えてきたように思います。
それでも、まだまだ使いこなさてないと思います。

それでもスマホをTVに接続するというのは思ってるよりも便利だなーと
感じてます。

では、どんな時に役立つのか?

スマホで動画を見るのではなく、AppleTVに接続してTVで見る。

これが一番ですね。


例えば、どんな時か?
やはり、趣味が多いですね。

・NBA
・総合格闘技のUFC
・YouTube

あと、最近、大いに役立ったのが娘がチアリーディングをしているのですが、
習ってる振りをスマホで録画しておいて、それをAppleTVに接続して
大きい画面を見ながら練習する。

これだけで、全然、違いました。
お蔭で、娘も発表会で良いパフォーマンスを発揮できました。


それと、何気に子供の教育上の問題にもなっていると思いますが、子供が
スマホを見る時間が長くなるということもAppleTVで解決しやすく
なります。

YouTubeですと、関連動画が表示されるので、次から次へと動画を
見てしまい、キリがなくなってしまいます。

しかし、AppleTVに接続していると、今、何を見ているのかがすぐに
親としても分かるので安心感があります。これはHuluでも同じことが当て
はまります。

実は、動画をAppleTVに接続して再生するにはちょっと不便ですが、
AppleTVの上ぐらいにスマホを置かないと表示が安定しないのです。

AppleTVの上にスマホを置いていると、次から次へと動画を再生すると
いうことも減るので、その点は安心です。

最大の問題は、AppleTVの上にスマホを置くのが面倒、嫌なので、
接続しなくなるということでしょうか。

皆さんも、是非、AppleTV試してみてください。


【あなたのお友達に1冊千円以上もする小冊子を教えてあげよう!!】

歯科医院地域一番実践会では岩渕メソッドの基礎・基本を集めた無料小冊子
「歯科医院経営活性化手法」を毎月50冊限定ではありますが、無料にて
プレゼントしております。

実は、ホームページの更新がされてませんが、この小冊子、これまでに
7千冊も配布しているのです。

しかも、この小冊子には1冊千円ほどの印刷費・製本代・配送費がかかる
のです。それでも、1冊千円もかかる小冊子を無料でプレゼントしている
のは理由があります。

それは、できるだけ多くの医院に良くなってほしいからです。
しかし、なかなか、そのきっかけがつかめない。
何をどうしたらいいのか分からない。

そのような悩める院長先生に少しでも現状を打開するための情報と勇気を
与えたい、その思いで配布しています。

あなたのように、既にこのメルマガを読み、医院も軌道に乗ってる先生の
同期、スタディーグループの仲間で、やる気はあって真面目なんだけど、
医院経営で悩んでいる先生がいらっしゃると思います。

そのような先生に、あなたが色々教えるのは難しいと思います。

「変な風に思われたらどうしよう」
「別に、そんな人に教えるほどじゃないし」

色んな抵抗があると思います。
でも、あなたはその先生に良くなってほしいと思っている。

そのような時は、是非、この無料小冊子「歯科医院経営活性化手法」を
教えてあげてください。


発行部数7千部、伝説の無料小冊子「歯科医院経営活性化手法」の詳細は
⇒ http://www.consuldent.jp/info/free.html

※毎月50冊限定ですので、50冊を超えると、お届けは翌月になります


それでは、本文に参りましょう!

◆ ================================================================ ◆
            SEOの基準が変わった!?
◆ ================================================================ ◆

これまで、何度もお伝えしてきました。

歯科医院では月に1個、500文字以上のコンテンツをアップする必要がある
と。それぐらいできないホームページはGoogleが「やる気のないHP」
とみなし、検索順位を下げてしまうからです。

そこで、新しい治療法などが次々と生み出される訳ではない歯科医院の場合、
スタッフブログを開設し、スタッフが日々の生活の中で起きたことなどを中心
にコンテンツを増やしてきました。

そうはいっても、歯科医院の女性スタッフが書く、日々の生活の中での出来事
は歯科とは関連がほとんどなく、そこまでの大きな効果は発揮できてないと
いうのが実情でした。

しかし、これが大きく変わりました。

これまでは1つのページのコンテンツが500文字以上あればプラス評価が
もられていたものが500文字程度ではプラスどころかかえってマイナス
になってしまうようになってしまったのです。

しかも、最近はGoogleが検索の仕組みを大きく変えたとしても、一般
向けに検索アルゴリズムの変更を発表しなくなってきているので、大きな
混乱が生まれています。

では、どれぐらいのコンテンツを作成すればいいのか?
それは、800-1,000文字ぐらいです。

えっ、そんなに!?
そう思うと思います。

実際、私もコンテンツをこれまでの500文字前後から1,000文字前後に
変更して作成してみました。

これまでの3倍ぐらいの時間とエネルギーがかかりました。
なので、これをやるのは相当、大変だと思います。

ですが、このGoogleの変化にしっかり対応していかないと、検索上位に
表示されることは難しくなってきます。

更に、歯科医院のホームページであれば、歯科に関連したコンテンツである
必要性が増してきているのです。ですから、女性スタッフが今日は花火を見に
行ったとか、プールに行ったとかは逆効果にさえなる可能性があります。

ちなみに、写真や動画は文字数としては0文字ですのでご注意ください。

ということはこれまでのようにコンテンツ制作を女性スタッフばかりに頼るの
は限界にきているということです。

院長自身、勤務医の先生の力も借りて、コンテンツを作り続けるようにしなけ
れば、検索結果から次第に消えていくだけということになります。

では、どんなコンテンツをアップするのがいいでしょうか?
例えば、以下のようなコンテンツをブログなどでもアップすると良いかと思い
ます。

・歯の豆知識
・患者様からのQ&A
・歯ブラシの商品紹介
・歯磨き粉の商品紹介
・医院にある設備を1つずつ詳細に紹介
・滅菌への取組み
・技術系セミナー参加報告
・その他、様々なセミナー参加報告
・院内での取り組みの紹介
・院内の教育体制についての紹介
・医院のこだわりの紹介


などなど、たくさんあると思いますので、皆さんで考えてみて下さい。

少ないコンテンツ(500文字前後)をたくさん投稿するより、投稿頻度は
少なくても充実したコンテンツ(1,000文字前後)を投稿するほうが効果
は高いそうですので、是非、取組んでみてください。

院長先生も、月に1個はコンテンツを追加することをしてみてください。


----------------------------------------------------------------------
経営戦略研究所 株式会社 代表取締役
歯科医院地域一番実践会 地域一番化マスター
      岩渕 龍正(いわぶち りゅうせい)
  ⇒ < http://www.consuldent.jp/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

(筆者プロフィール)
  ⇒ < http://www.consuldent.jp/profile.html >

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.consuldent.jp/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ