歯科医院経営活性化手法

  • ¥0

    無料

地域一番医院を作り続けるカリスマ歯科医院経営コンサルタント岩渕龍正が 「岩渕マジック」を月1回、公開。今なら、ホームページから無料小冊子が申し込めます! 地域一番を目指す先生だけ読んでください!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
歯科医院経営活性化手法
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年03月27日
 
発行部数
5,086部
メルマガID
0000114340
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【歯科医院経営活性化手法 -2018年3月配信 Vol.187-】

4月から勤務Drが新たに入る医院さんも多いと思います。

しかし、最近の勤務Drはゆとりだから分かりませんが、自分から勉強する、
貪欲に質問する、見学するという人が少ないのが現実です。

もはや、先生が勤務Drだった時とは全く異なる考えを持って仕事をしていま
す。以前は歯科医師としてあるべき姿、やるべきことを認識し、何も言われな
くてもスタッフの模範となれるような勤務Drがいました。

しかし、今は違います。

だからこそ、今では「自分はできる」と「勘違いしたDr」が大量増殖して
います。しかも、一度、「勘違い化」が起きると、ほぼ一生、治りません。

そうなる前に、いかにやり方だけでなく、「あり方教育」ができるかが重要に
なってくるのです。

それを院長先生がやるのが非常に難しいので、私、岩渕龍正が徹底的に語り
つくすのが「歯科医院スーパーDr育成セミナー」です。

累計1,552名の歯科医師が参加!詳細・お申込は今スグ!
⇒ https://www.consuldent.jp/seminor/superdr_ikusei.html


【スマホゲームに答えはない】

先日、娘をスイミングに送り、娘の様子を保護者席から見ていました。
しかし、1時間のスイミングの中で、そこまで見るべきポイントはないので、
私は本を持って行って、本を読んでました。

しかし、その保護者席には保護者が20人ぐらいいたのですが、そこで本を
読んでいたのは私だけでした。

もちろん、お父さんもいます。お父さんもいました。恐らく、6人ぐらいいた
でしょうか。誰も本なんか、読んでいません。全員がスマホを見ていました。

もし、先生がお子さんの習い事に付き添いで行ったら、その時間、何をして
いますか?

私以外、全員のお父さんがスマホゲームをしていたのです。
いくら、スマホゲームを一生懸命、やってもそこには何の答えもないのです。

しかし、あるお父さんが30分ぐらいしてから、ふとカバンから本を取り出し
たではありません。タイトルが『課長の心得』でした。

4月から課長になるのでしょうか。1月から課長になって、部下の扱いに悩ん
でいたのでしょうか。私はそれを見て、ちょっとうれしくなりました。

しかし、その5分後、そのお父さんは『課長の心得』をカバンにしまい、再び
スマホゲームに熱中し、そこから『課長の心得』を読むことはなかったです。

もちろん、プライベートの時間ですから、何をやっても良いでしょうし、自分
の好きなことをしていいと思います。

しかし、間違いない事実は「課長の心得」はいかにスマホゲームをやっても、
そこには何もないということです。

そして、仕事の時間が終わったら、完全にスイッチが切れて、仕事のことは
一切、考えない。そういう人に人はついてこないということです。

だって、考えてみてください。
例えば、プロ野球の監督が試合がない日は野球のことを全く考えず、スマホ
ゲームばかりしていたらどうですか?

でも、チームは弱い。負けてばかり。
そんなリーダーに選手はついていきますか?
そういう行動をあなたが見たら、ファンとしてどう思いますか?

人というのはリーダーには多くのことを求め、結果責任まで求めてきます。
最近では、任命責任まで問われます。

しかし、リーダーでない人は何をやっても良いぐらいに思ってるのです。
リーダーには物凄く、多くのことを求めるクセに。

経営者なんて、もっと多くのことを求められます。

本当の「課長の心得」、「リーダーの心得」とは、そういうところから始まる
のではないかと私は思うのです。

つまり、24時間365日スイッチオンで真剣に組織のこと、顧客のことを
考えられることが本当の課長の心得として最初に学ぶべきことだと思うので
す。

しかし、そんなことは厳しすぎて誰も言わないので、それよりも、もっと生易
しいことが本には書かれているのです。

そして、これは歯科医院の院長であっても、全く同じことが言えると私は
思います。あなたは子供の習い事を見てる時間、何をしていますか?


【1人の人生が変わると、それは周りに影響をもたらす】

先日、あるクライアントのコンサルティングの中で、副院長と面談しました。

すると、その先生が「実はうちは実家が歯科医院なんですよ」と言うので、
「そうなんですか?どこに医院があるんですか?」といつも通り聞いて、
実家の医院の外観、ホームページを見ました。

すると・・・

岩渕「あれっ、この医院は・・・。
   お父さん、経営塾に参加してませんでしたか?」

副院長「そうなんですよ。実は父親が岩渕さんの経営塾に参加させてもらって
    から、凄く頑張るようになって、以前はかなり経営的に落ち込んでた
    んですけど、そから医院が凄い良くなったんですよ」

岩渕「そうだったんですか。それはうれしいな。お父さんと懇親会の経営相談
   で『息子さんが継ぎたくなるような医院を作りましょう』って話しまし
   た」

副院長「そうなんです。自分はそれまでは大学病院の口腔外科で技術ばかり
    勉強してたんですけど、父親を見て、それじゃいけないんだなと思っ
    て、それで大学病院を辞めたんです」

岩渕「そうだったんですね。まさか、ここであの●●先生の息子さんと会える
   とは思ってもみませんでした!それで、うちの医院に?」

副院長「そうなんです。経営的にも、技術的にも勉強できるところということ
    で、経営塾に参加されて成果出してる医院が良いなと思って」


そうなんです。
この副院長のお父様は経営塾に参加した時には55歳を超えていました。
しかし、そこから凄く頑張られて、V字回復を実現されたのです。

そんな風に頑張る姿を見た息子さんが自分も経営を学ばないといけないと思い
大学病院からの転職を決意されて、私のクライアントに転職したのです。

多くの55歳以上の院長先生は気力、体力の衰えと共に、諦めに入り、右肩
下がりになっていってしまいます。

そして、無理やり行った設備投資などによって、本当は医院を継ぎたくなかっ
た息子さんが医院を継がなきゃいけなくなったり、借金を背負わされたりする
ことがあります。

そんな負の遺産を残す父親になるのか、V字回復を実現して、自分も父親の
ように頑張らないといけないと息子に思われるのか。

どちらが自分の今後の人生を考えた時に、そして周りの人にとって良いのか?

それを考えて、今、何をどうするべきかを考えることが大事だと思うのです。
そして、その副院長先生は非常に人柄も素晴らしく、技術も素晴らしいため、
クライアントの院長先生からも非常に高い評価を受けています。

これから、ご実家を継ぐのか、それとも、今の勤務先で続けていくのかは
分かりません。

しかし、この副院長先生が勤めてくれたお蔭で、クライアントは更に成長を
実現することができています。

ですが、その全ては副院長のお父さんが経営塾に参加して、V字回復を実現
したところから始まっているのです。

1人の人生がプラスに大きく変わると、その周囲にいる人に大きな影響を
もたらすんだなということを痛感した出来事でした。


あなたはこれから成長し、プラスの影響を周囲に与えますか?
それとも、成長をストップさせ、負の遺産を残しますか?


【接客が顧客満足度に与える影響とは】

先日、ビックリするようなことがありました。

うちの会社の周辺に美味しいお店がないかとネットで探してました。
そこで、あるお店を発見し、うちの社員と一緒にお昼を食べにわざわざ、行っ
てみました。

うちの会社から歩いて15分ぐらいかかる場所だったので、お店についたのは
13:15頃。まだ、ランチの営業時間中です。

お店に入ると誰も出てきてくれません。

岩渕:すいませーん

店員さん:はい・・・

岩渕:4人なんですけど、行けますか?

店員さん:はぁ。今は満席です

岩渕:どれぐらい待ちそうですか?

店員さん:はぁ。分かりません

と言うと、店員さんはどこかに行ってしまいました。
名前を書くわけでもなく、よく分からないけど、待ってみようか。わざわざ、
来たしねということで、待ちました。

待つこと20分。
お客さんは2人帰りましたが、店員さんは何の声もかけてくれない。

いよいよ、しびれを切らしたうちのスタッフAさんが声をかけてくれました。


Aさん:すいません。さっき2人、お客さん帰りましたけど、まだですか?

店員さん:はぁ。2人席しか空いてません。

Aさん:もう2人席でもいいので、入れるかもしれないので見てみます

と言って、Aさんが半ば、強引に店内を見てくれました。
すると、驚くべきことが!?


なんと、客席には20席近くの空席があるではないですか!?


Aさん:空いてるじゃないですか!?

店員さん:はぁ


ということで、4名で席に着きました。
このままだと、食事も永遠に出てこないかもしれないと思い、4人でカレーを
注文しました。

すると、カレーなのに15分ぐらいしても出てこない。
ここまで、13:20にお店に到着して、既に40分近く経過。

このままだと、うちのスタッフが銀行に行けなくなるということで、私が
聞いてみました。


岩渕:すいません。そろそろ、カレーをお願いします

店員さん:はぁ


いよいよ、カレーが出てきました。
なんと、生温かい。うーん。何をしていたのか?

新しいお客さんは入ってないんだから、厨房にもほとんどオーダーは入ってな
いはずです。理解不能でしたが、仕方なく、食事を済ませて会計へ。


岩渕:会計をお願いします

店員さん:はぁ。●●円になります


ここ3年ぐらいで最低の接客でした。
本当にGoogleのクチコミに書こうかと思うぐらい。
もちろん、してませんが。

どれだけ、この店員さんたちは私たちに帰ってほしかったのか。
そのやる気のなさだけは存分に伝わりました。

しかし、こういう歯科医院、世の中には結構、あります。
こうなってしまったら、もはや終わり。

でも、こんな状態になってることを間違いなく、店長も知らないし、経営陣は
全く気付いてもいないはずです。

こうやって、組織が大きくなっていくにつれて、現場ではあり得ないような
接客が行われ、組織が衰退していくのだということをまざまざと痛感し、
とても勉強になりました。

私にとってはとても良い勉強代になりました。
やはり、いつも行っている美味しいお店に行くことも良いですが、たまには
新しいお店に足を運んでみるのも、こういう意味でも勉強になりますね。


というようなことを会社にそのお店に行かなかったメンバーに話していたとこ
ろ、驚くべき事実が判明。

なんと、うちの事務スタッフのIさんがこう言うではないですか?

Iさん:そのお店の名前はなんていうんですか?

岩渕:●●というお店。本当、ヒドイよ。一度、行ってみて

Iさん:それ、私の息子が今、バイトしてる店です

岩渕:ええーーーーー!!今すぐ、辞めたほうが良いよ!


先生の医院は女性スタッフの家族や友達が治療に来た時に
「あんなところ、今すぐ辞めたほうが良いよ!」と言われるのか
「凄い良い所で働いてるね」と言われるのか、どちらが良いですか?

そして、どちらの医院に今はなってますか?


【今月の「歯科医院経営に役立つブログ】

現在、歯科医院地域一番実践会では、毎週1回前後のペースで歯科医院経営に
役立つブログを経営コンサルタントが交代でアップしています。

皆さんに、「歯の豆知識」をアップしたほうが良いとお伝えしている以上、
実践会でも、取組んでいます。

今月の歯科医院経営に役立つブログは以下の内容でしたので、まだ読んでない
方は要チェックです!

組織単位で生産性をアップする4つのチェックポイント(渡邊)
⇒https://www.consuldent.jp/blog/watanabe/seisansei

歯科医院における新入社員に伝えるべき3つのポイントとは?(山本 峻士)
⇒https://www.consuldent.jp/blog/yamamoto/staff/management/

取り組みが実践されない!その時、院長が陥りやすい落とし穴!?(山ノ内 友哉)
⇒https://www.consuldent.jp/9470/blog/yamanouchi/management/staff

グーグルの新機能で新患予約につなげる方法(五島 光)
⇒https://www.consuldent.jp/google_toukou/

歯科医院経営 人材不足へのオートメーション化対応(横山 光孝)
⇒https://www.consuldent.jp/9448/


【龍正のオススメ・・・縄跳び】

私、正直、舐めてました。
すいません。ごめんなさい。

そうなんです。縄跳びを舐めてました。

以前に、バスケで相当レベルのトレーナーさんに「縄跳びが良いよ」と言われ
てたんです。

しかし、ちょっとやってみたものの、本当につまらない。
長く続けられない。別に、5分ぐらいだったら、普通に飛べるし。

ということで、やらなくなっちゃいました。


しかし、うちの新人コンサルタントが毎日、1時間も縄跳びをやっていて、
それで体重が1ヶ月で7キロぐらい落ちたというではありませんか。

そこで、ちょっと調べてみました。
確かに、縄跳びはボクサーとかも練習に取入れてるので、かなり効果がある
とは思ってましたが、バスケにあまり関係ないかなと思ってました。

しかし、どこまで本当か分かりませんが、ネットによると
・体幹が鍛えられる
・足首などが鍛えられる
・敏捷性がアップする

など、様々な効果があるようでした。

そこで、本当かどうかはやってみないと分からないので、私も縄跳び1時間
ぐらいやってみるか。と思い、やってみました。


すいません。
バスケやってるのに、縄跳び1時間、正直、できませんでした。

何度も引っかかった上に、20分ぐらいでダウン。

それから、3回ぐらいやってますが、もしかしたら、効果が出るかも。
まだ、これからやっていく中で、効果があればご報告しますが、ダイエット
としてはかなりの効果が見込めると思います。


他にも、縄跳びが外を走ったりするのに比べて有効だと思える理由は・・・

・外に行かなくていい
・だから、着替えなくていい
・雨の日、寒い日、花粉の時期でも、できない理由がない
・自宅でも、小スペースでできる
・器具が要らない・・・縄一本でOK
・リビングでやれば、TVを見ながらでも楽しみながらできる


また、怪我をしてしまうかもしれませんが、効果が出るかどうか分るまで、
ちょっとやってみたいと思います。


【2018年度セミナースケジュール遂に決定!予約申込受付中!】

2018年度 歯科医院地域一番実践会 セミナースケジュールが遂に
発表になりました。
⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/schedule.html

まだ詳細不明の物を含め、予約申込を受付中です。

予約申込とは、興味のあるセミナーに一旦、予約を入れておいて、詳細
が発表になった時点で本申込をするかどうかを決められる仕組みです。

既に多くの医院さんが予約申込を活用されてますので、ご利用ください。

2018年度 歯科医院地域一番実践会 セミナースケジュールの詳細は
⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/schedule.html


それでは、本文に参りましょう!

◆ ================================================================ ◆
         就業規則が有効になるために必要なこと
◆ ================================================================ ◆

ここ2年ぐらい、歯科医院にコンサルティングで訪問してスタッフと面談して
出てくる不満の6割ぐらいは労務関係の不満です。

・残業代
・有給休暇

このツートップを筆頭に、非常に労務的な不満、トラブルが多いです。
これら労務的な問題を解消するためにも、就業規則を作成したほうが良いと
いうことはこれまで何回もお伝えしてきました。

ただ、就業規則も単に作ればいいというものではありません。
ちゃんと医院を守ることができる就業規則にしなければ、何の意味もあり
ません。

そして、よくある典型的な就業規則のテンプレートは医院を守るための
就業規則でもなんでもなく、そこまで別にやらなくても良いんだよという
ことまで盛込まれた就業規則であることがほとんどです。

もちろん、別にそんなことまでしなくても良い就業規則は労務的には何の
問題もありませんから、作成するときにトラブルになることはありません。

しかし、作った後でトラブルになることが多いのです。


なぜなら、盛り盛りの就業規則を作成してしまうと、そこに書いてあることを
守る義務が発生するからです。

そして、一度、権利として認めたものを後から、「やっぱり、これはなし」と
言うことは非常に不信感を持たれ、従業委員から不利益変更として拒否されて
しまう可能性が高いのです。

そういうこともあって、就業規則を作りたがらない院長が多いのではないかと
私は思ってもいます。

その院長先生の気持ちもわかります。
しかし、就業規則を作らないと医院を守ることはできません。

例えば、就業規則がないことで

・残業させられない
・減給、降格などができない
・代休、振替休暇もできない
・異動ができない
・変形労働時間制もできない
・有給休暇の計画的付与もできない
・解雇もできない
・助成金ももらえない

と医院を守ることができなくなってしまうのです。


これは危険です。
ですから、就業規則はしっかりと医院を守ることができるように作ることが
大事なのです。

しかし、それができる社労士さんも非常に少ないのが現実です。
なので、そこは院長先生自身が労務をしっかり勉強する必要があるのです。


と、ここまでは実は前置きです。
実は、就業規則を作っても、その効力を発揮するには条件があります。

労務の世界では「就業規則の周知義務」と言います。

周知義務を果たすためには以下のいずれかの方法を取らなければならない
とされています。

1.常時各作業場の見やすい場所に掲示・備え付ける
2.書面で交付する
3.磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ、
  各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置する。

大半の医院が行っているのが1です。
つまり、医院のどこかに1冊、置いておいて、いつでも見れるようになってい
るという状態です。

これだと、後から、トラブルになった時に、こう言われかねません。

「就業規則なんて、見たこともありません」
「知りませんでした」

院長からすれば、「いつでも見れるようになってる」と主張するお気持ちは
よく分かります。しかし、スタッフ1人1人に

「あそこに就業規則があるからね。いつでも、見ていいからね」とは言ってな
いと思いますし、そこまでしている院長は見たことありません。

仮に、そうしていたとしても、「聞いてない」と言われたら、言ったことを
証明しなければならないのは医院側です。

そんな証明はほぼ不可能です。
となると、2の書面で交付する。つまり、1人1部、渡すことが重要になる
のです。

という話をすると「企業秘密だから」とか「機密情報だから渡せない」という
院長先生がいますが、就業規則にそんな機密情報は書かれていたことがありま
せん。

むしろ、1人1部、しっかり渡せない就業規則であることが問題だと思われ
ます。なので、これからは就業規則を1人1部渡すようにされることをオスス
メします。

就業規則は従業員が10人以上になったら(パート含む)、労働基準監督署に
提出する義務があります。

しかし、労基署に提出していれば、有効になるわけではなく、逆に、労基署に
は提出してないけど、全従業員にしっかり周知していれば、就業規則は有効に
なるのです。


就業規則を全員に渡すリスクより、渡さないリスクの方が大きい

ということをよく分かって、どうするかを判断されることをオススメします。

また、就業規則は変更した際にも、周知する義務がありますので、変更した
際には既存のスタッフにはPDFなどで配信されることをオススメします。


労務の世界は白か黒しかありません。
黒であれば、メチャクチャ言われますので、正しい運用をされることを
本当に切に願います。

----------------------------------------------------------------------
経営戦略研究所 株式会社 代表取締役
歯科医院地域一番実践会 地域一番化マスター
      岩渕 龍正(いわぶち りゅうせい)
  ⇒ < http://www.consuldent.jp/ >
  ⇒E-mail:info@consuldent.jp

(筆者プロフィール)
  ⇒ < http://www.consuldent.jp/profile.html >

●ご登録の変更・解除は...
⇒ < http://www.consuldent.jp/mm/index.html >

Copyright(c)2005- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ