みんなのビジネス情報局

  • ¥0

    無料

著者サイト

アイ・コミュニケーションが運営するビジネス実践塾の情報を中心にお届けするメルマガです。 出版情報、セミナー情報、教材情報、マーケティング情報など、 様々なジャンルの情報をお届けします。 また、ビジネス実践塾の会員さんからの限定情報もお届けします。 ここでしか得られない情報が満載!まずはご登録下さい。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

おはようございます。
アイ・コミュニケーションの平野友朗です。

お客さまとコンタクトとる手段は、
ますます多様化しています。

それは、先日発表した
『ビジネスメール実態調査2017』でもあらわれています。

http://businessmail.or.jp/archives/2017/06/02/7246

※結果は無料で閲覧可能です

コミュニケーション手段は、電話、対面、メール。
このあたりがもともと主流でした。

そこに、Skype、Facebook、LINEなど、
新たなツールがドンドン加わってきています。

この手段を使いこなしていかないと
望む結果は得られないなぁ~と最近感じています。

たとえば、セミナーの参加費用の振り込みが無い場合、
今までは、メール+電話の併用で催促していました。

しかし、メールのレスポンスがまったくない。
電話をしても繋がらない。

個人申し込みの方は、その傾向があります。

そして、当日ふらっとやってきて
「気付きませんでした」と言われることもまれにあります。

そんなときにFacebookでメッセージを送ると
数分で返信があることも珍しくありません。

おそらく

●返事が簡単
●既読が相手に分かる

ということも理由の一つでしょう。

コミュニケーションは、相手が求めている手段を使うべき。
そして、「確認」という目的を果たすならなおさらです。

5回、10回と電話をかけ続けるよりも
別の手段を併用した方が良いケースもあります。


こういったツールの併用の有用性は、
ビジネス実践塾の会員さんとのコンタクトでも感じます。

会員さんにはメルマガを送っているし、
出張時には、地域ごとにメールも送っています。

でも、それだけだとリーチできていない可能性も否めません。
そこで、最近はFacebookメッセージも併用しています。

重要顧客との接点を増やす。
文字通り「点」を増やすべきでしょう。

手間がかかる手法だが、関係性を強化するには有効です。

先日、ビジネス実践塾の会員さんが
Facebookを利用しているかすべてチェックしました。

そして個別にコンタクトを取れるように準備中です。
やっぱり、こういったことをやっていかないと、
接点を増やす事はできませんね。


━━━━━━━━━━━━━━
■平野からの今日の問いかけ
━━━━━━━━━━━━━━

お客さんとの接点を増やしませんか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】新幹線に感謝!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は、名古屋で『絶対達成社長の会』の朝会に参加。
そして、夕方まで顧問先を訪問していました。

行きの新幹線は大雨の影響で若干遅れましたが、
帰りは、時間通り。

飛行機は遅れも目立ちますが
電車の正確さは、本当に凄いですね。

遅れた分を取り戻す修正力。
いつも同じ時間で運行する正確性。

遅れて初めて意識できますが
「きちんと動いていること」に感謝です。

ありがとう!

「当たり前」が崩れて、初めて感謝できますね。
これからは、そうなる前にも感謝をしたいところです。


===


本日の記事は、『毎日0.1%の成長』からの抜粋記事です。

『0.1%の成長』の購読はこちらから。
http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html

※登録すると、音声など盛りだくさんのプレゼントがあります!

-------------------------------------------------------------------

■平野友朗最新刊『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4905073782/scp-22/

■ビジネス実践塾 新規会員募集中!『平野友朗流PR戦略』(6/27まで)
 http://www.jissenjyuku.jp/lp/

■ビジネスメールを学ぶなら「ベーシック編」
 http://business-mail.jp/bmcombasic

■ビジネスメールを教えたいなら「認定講師養成講座」
 http://businessmail.or.jp/

■ビジネスメールの少人数出張研修(86,400円プラン)
 http://business-mail.jp/training/deliverybmc

■初めてのメルマガ配信なら「アイ・メール」
 http://imail-system.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ広告の詳細はこちら。ビジネス実践塾の会員および、
 アイ・コミュニケーションが認めた情報のみご掲載いただけます。
 http://jissenjyuku.jp/about/privilege.html#advertisement
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者:株式会社アイ・コミュニケーション 『みんなのビジネス情報局』
 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
 http://www.sc-p.jp/ info@sc-p.jp

■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
 ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。

■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。
 http://www.mag2.com/m/0000115344.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


















(以下、まぐまぐ!さんからのメッセージ・広告です)

               ・
               ・
               ・
               ・
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
みんなのビジネス情報局
発行周期
週刊
最終発行日
2017年06月23日
 
発行部数
36,584部
メルマガID
0000115344
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ