みんなのビジネス情報局

  • ¥0

    無料

アイ・コミュニケーションが運営するビジネス実践塾の情報を中心にお届けするメルマガです。 出版情報、セミナー情報、教材情報、マーケティング情報など、 様々なジャンルの情報をお届けします。 また、ビジネス実践塾の会員さんからの限定情報もお届けします。 ここでしか得られない情報が満載!まずはご登録下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
みんなのビジネス情報局
発行周期
週刊
最終発行日
2018年06月19日
 
発行部数
34,252部
メルマガID
0000115344
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■ビジネス実践塾 新規入会募集中(6月27日12時まで)
 『PR戦略の基本~メディアに出るのは難しくない~』(68分)

 http://www.jissenjyuku.jp/lp/index0.html

 ↑  ウェブサイト★フルリニューアル記念★
    1カ月目は無料でお試しいただけます!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
アイ・コミュニケーションの平野友朗です。

今週は仕事をおさえているので、
事務作業がドンドン捗ります。

週末に発売予定の『図解でわかる! メール営業』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798053732/scp-22/

こちらの書籍では、購入者特典を準備しています。

●メール営業に役立つテンプレート集(10選)
●メール営業について平野友朗が解説した特別セミナー(MP3)
●メール営業力アップに役立つ講座の割引券(4,320円OFF)

営業用のテンプレートは中々いいものがありません。
それなら、作ってプレゼントしよう……ということで作っています。

アポを取る、依頼をする、催促するなど
よくありがちなシチュエーションを再現しています。

ちなみに音声ファイルは、『0.1%の成長』の読者さんには
完全無料で提供中。

https://goo.gl/8pbT48

テンプレートはまだ完成していませんが、
こちらは書籍の購入者様にのみに提供しますね。

ダウンロード用のURLは書籍でご確認ください!


発売まであと3日。
今日・明日でなんとか準備をせねば。


●『図解でわかる! メール営業』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798053732/scp-22/

絶賛予約受付中です。


それでは、メインコンテンツにいってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■なんでもいい。条件を決めよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高すぎる自由度。

それは思考をするときの足かせにしかなりません。

・なんでも出来る
・好きに考えていい

そうなると糸口もないため、
思考がドンドン分散し、まともな答えが出ません。

そのため、敢えて不自由にする。
これをオススメしています。

たとえば、月末までにあと100万円の売上が必要。

そうなったときに、自由度が高いと

・広告を出す
・チラシを巻く
・紹介キャンペーンをやる
・セット売りをする

などいろんなアイデアは浮かぶかもしれません。
しかし、正直精度が低いように思います。

ここからもっと発散させて、しっかり収束させる。
それでもいいです。

しかし、会議の現場を見ていると、
表面的な発散しか出来ず、いつも通りのアイデアに収束することも多い。

結局、自由度が高ければ、回答のバリエーションは多いですが
考え尽くしていないものばかりになるでしょう。


だからこそ制約条件を設ける。

たとえば、こんな感じです。


●お金を1円もかけられない
●追加で使える時間は、1日1時間
●ウェブサイトに手を入れられない
●上司は手伝ってくれない
●一人でやらないといけない
●会社から出ずに作業できるもの

なんでもいいのです。

こうして制約条件を作ることで、
違う思考が生まれてくるのです。

結局、今の条件の延長戦で考えると
いつもの思考パターンにしかなりません。

しかし、売上100万円ではなく、1億円アップ。
このように条件を厳しくすることで思考が別のレベルにいきます。


思考をするときの癖は人それぞれ。

私の場合は、こうやって条件を決めることをよくやります。

これによってひと味違うアイデアが出せますよ。


本を販売するときも

●書店で一冊も売れなかったらどうするか
●出版社が非協力的ならどうするか
●お金を100万円かけていいならどうするか

このようにずっと自問自答しています。


━━━━━━━━━━━━━━
■平野からの今日の問いかけ
━━━━━━━━━━━━━━

なんでもいい。条件を決めてみませんか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】Audible(オーディブル)を試してみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kindleに続いてAudible(オーディブル)を
申し込んでみました。

https://www.audible.co.jp/

月額1,500円で朗読した書籍が聴き放題。

私はiPhoneのアプリで聞きます。

会社で設定して数種類の音源をダウンロード。
(会社のWi-Fiは使い放題なのでありがたい)

普通に本を読むよりも3倍くらい時間がかかる気がしますが
もしかしたら、小説などはいいのかも。

どんな気づきがあるか分かりませんが……
とりあえず、無料期間の1カ月使ってみます。

実践塾でも初月無料キャンペーンを
たまにやることがありますが、
初月をどう使ってもらうべきか。

どんなアプローチをされるかも楽しみ。

最近目が疲れてきたので、耳を使ってみます!


===


本日の記事は、『毎日0.1%の成長』からの抜粋記事です。

『0.1%の成長』の購読はこちらから。
http://www.sc-p.jp/products/mail/index.html

※登録すると、音声など盛りだくさんのプレゼントがあります!

-------------------------------------------------------------------

■ビジネス実践塾 新規入会募集中(6月27日12時まで)
 『PR戦略の基本~メディアに出るのは難しくない~』(68分)
 http://www.jissenjyuku.jp/lp/

■平野友朗 最新刊『仕事を高速化する「時間割」の作り方』
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833422522/scp-22/

■ビジネスメールを学ぶなら「ビジネスメールコミュニケーション講座」
 http://business-mail.jp/bmcombasic

■ビジネスメールを教えたいなら「認定講師養成講座」
 http://businessmail.or.jp/

■ビジネスメールの少人数出張研修(86,400円~)
 http://business-mail.jp/training/all

■初めてのメルマガ配信なら「アイ・メール」
 http://imail-system.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ広告の詳細はこちら。ビジネス実践塾の会員および、
 アイ・コミュニケーションが認めた情報のみご掲載いただけます。
 http://jissenjyuku.jp/about/privilege.html#advertisement
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者:株式会社アイ・コミュニケーション 『みんなのビジネス情報局』
 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
 http://www.sc-p.jp/ info@sc-p.jp

■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
 ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。

■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。
 http://www.mag2.com/m/0000115344.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━























































































(以下、まぐまぐ!さんからのメッセージ・広告です)

               ・
               ・
               ・
               ・
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ