心が豊かになる暮らしの情報

  • ¥0

    無料

優しい豊かな心を次世代に残すために、心にしみる仏教の言葉、生活の中の仏教語、仏事の豆知識など、暮らしに役立つ情報を浅草の仏壇屋よりお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
心が豊かになる暮らしの情報
発行周期
月刊
最終発行日
2018年02月01日
 
発行部数
464部
メルマガID
0000115380
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2018年2月1日号            http://www.butsudanya.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 【心が豊かになる暮らしの情報】        
□■□ ~優しい豊かな心を次世代に残すために~     
■□■ Vol.176
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 まだまだ、寒い日が続いております。。
各地では大雪を降らしているようですが大丈夫でしょうか? 
2月3日は節分です。
「鬼は外!福は内!」子供たちの元気な声が聞こえてくるでしょう。 

◆もくじ
◇今月の一口法話
 ◇二月 <如月(きさらぎ)>
 ◇歳時記 <恵方巻><初午>
 ◇浅草情報 <節分・東京マラソンほか>
 ◇二月の節季と満月
 ◇冬の名句 <椎本才麿><松尾芭蕉><青木月斗>

==◇今月の一口法話====================================================

 よきことを思い よきことをして よきことがありますように

==◇二月==============================================================
 
<如月(きさらぎ)>

 「きさらぎ」の由来は、寒さが厳しく、着物の上にさらに重ねて着るので、
「衣更着(きさらぎ)」、または、「生更ぎ(いきさらぎ)」が転訛した
ともいわれています。

==◇歳時期==========================================================

<恵方巻>

 恵方巻(えほうまき)は、節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司です。、
これは恵方巻きをよく食べる近畿地方を中心とした風習であります。
「恵方寿司」とも呼ばれています。
 節分の夜にその年の恵方に向かって、目を閉じて一言も喋らず、
願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかじりするのが習わしとされています。

 商売繁盛や無病息災を願ってともされていて、七福神に因み、
かんぴょう、キュウリ、シイタケ、だし巻、うなぎ、でんぶ等の七種類の具を
入れて食べます。
 これには福を食べるという意味合いもあるみたいです。

 今年の恵方は南南東やや南方面だそうです。

<初午>

 二月最初の午の日は、お稲荷様の縁日です。
お稲荷様は農耕の神様で、きつねはその使いとされています。

 後に開運や商いの神様としても信仰されるのは、一時代を築いた
「田沼意次」が庭にお稲荷様を祭ったからといわれています。

 江戸の初午は子供たちが狐の絵馬や赤い幟(のぼり)を揚げて、
騒ぎ楽しみました。

 今年の初午は2月7日(水)です。
(地域によっては2月1日を初午とする地方もあります。)


==◇浅草情報==========================================================

2月3日(土)
「節分」
浅草寺・鳥越神社・下谷神社
室町時代の頃より新春を迎えるにあたり、災難、厄難退散の行事として
「福は内、鬼は外」を唱え、豆を撒きました。
近年は各社寺で年男と称して著名人を招くことが多いようです。
浅草寺では1時と2時の2回にわたり、信徒の有志が年男になり
本堂東側回廊の舞台で、また西側影向堂の舞台では観光連盟主催による
豆撒きが古式追儀式の終了後2時半~6時までの間5回に分けて
行われます。

2月3日(土)
「福聚の舞」
浅草寺 浅草2-3-1 03-3844-1221
「福聚の舞」は昭和39年4月浅草寺宝蔵門落慶のさいに創始され、
以降は節分に奉納されています。
この舞は観音の福徳を讃え、七福神の故事からとったものといわれます。

2月3日(土) 
「うけらの神事」
五條天神社 上野公園4-17 03-3821-4306
悪鬼を追い新春を迎える儀式です。
平安時代の古式にしたがい神職と鬼との問答などがあり、また、
うけら焚きをして一切の悪鬼、悪業を退散させます。
この「うけら」とは、若芽が食用になるキク科の草をいいます。

2月8日(木)
「針供養 」
浅草寺 浅草2-3-1 03-3844-1221
田の神を祀る日は婦女子が針仕事を休んだといわれます。
この日浅草寺淡島堂では三宝に乗せた豆腐に1年間の使用済みの針をさして
大護摩供養をします。

2月25日(日)
「江戸流しびな」
隅田公園吾妻橋付近 03-3847-2200
子供の無病息災をひな人形に託し、川に流す「流しびな」は
春の訪れを告げる隅田川の風物行事として行われます。

2月25日(日)
「東京マラソン2018」
マラソンの詳細はこちら http://www.marathon.tokyo/
3万人の市民ランナーが参加する国際的な大規模マラソンが東京で開催されます。
マラソンコースは、新宿都庁前から東京ビックサイトまでの42.195キロが設定され、
浅草雷門前をランナーが走ります。
マラソンスタートは都庁前9時10分です。

===◇二月の節季と満月==================================================

<平成三十年二月の節季>

 「立春(りっしゅん)」 2月4日(日)
 節分の翌日で、春が始まると言う意味。
 1年の始まりで旧暦では正月にあたる。

 「雨水(うすい)」 2月19日(月)
 雪が溶けて空から振ってくるのは雨に変わる時期。
 寒さが和らぐ季節です。

<平成三十年二月の満月>

 今月は満月の日はありません。

==◇冬の名句===========================================================

「 むつまじや 追儺(ついな)の宵の 人の声 」
~ 椎本 才麿 ~

「 獺(かわうそ)の 祭見て来よ 瀬田の奥 」
~ 松尾 芭蕉 ~

「 蜆汁 三州味噌の からさよし 」
~ 青木 月斗 ~

======================================================================

腕輪念珠が新たにラインアップ!

【天然石ブレスレット】・【108珠ブレスレット】・【四神ブレスレット】
【木玉ブレスレット】・【般若心経ブレスレット】・【鑑別書付ブレスレット】

京都の数珠職人が作り上げる別格の数珠ブレスレットです。
厳選した天然石、木玉を使い、丁寧に加工された美しい珠で作り上げています。
[輝き][色艶][穴の加工]がひとあじ違う、他では手に入らない逸品です。

▼腕輪念珠・数珠ブレスレットは、こちら!
https://www.butsudanya.co.jp/search/jyuzu.php?pg=t1

======================================================================

念珠大特価!
創業100周年記念 特別感謝フェア

京都の数珠職人が作る「京念珠」を 大特価で販売。
今なら数珠袋付き。

▼大特価京念珠は、こちら!
https://www.butsudanya.co.jp/search/jyuzu.php?pg=d1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【心が豊かになる暮らしの情報】
======================================================================
通巻176号 2018年2月1日発行(月一回)
編集 仏事コーディネーター 滝田 祐嗣
発行 仏壇屋 滝田商店
営業時間 9:00-18:00(年中無休)
〒111-0042 東京都台東区寿2-8-11 TEL 03-3841-6191 FAX 03-3841-3934
e-mail: takita@butsudanya.co.jp URL: http://www.butsudanya.co.jp/

配信停止はこちら
 滝田商店: http://www.butsudanya.co.jp/mailMagazine.html
 まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000115380.htm

このメールマガジンは『まぐまぐ!』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/

本メールマガジンに掲載された記事を無断転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 TAKITA-SHOTEN co. Ltd
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ