心が豊かになる暮らしの情報

  • ¥0

    無料

優しい豊かな心を次世代に残すために、心にしみる仏教の言葉、生活の中の仏教語、仏事の豆知識など、暮らしに役立つ情報を浅草の仏壇屋よりお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
心が豊かになる暮らしの情報
発行周期
月刊
最終発行日
2018年06月01日
 
発行部数
461部
メルマガID
0000115380
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2018年6月1日号            http://www.butsudanya.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 【心が豊かになる暮らしの情報】        
□■□ ~優しい豊かな心を次世代に残すために~     
■□■ Vol.180
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 6月に入った途端に爽やかな空気を感じます。
半袖に着替えて、身も心も軽くなった気分で過ごせる季節になりました。
 いよいよ来週末は鳥越神社のお祭りがあります。
10日の日曜日は東京一重い千貫神輿が町内を回ります。
梅雨入りするのをもう少しだけ待っていて下さい。

◆もくじ
◇今月の一口法話
 ◇六月 <水無月(みなづき)>
 ◇歳時記 <螢狩り><田植え><五月闇>
 ◇生活の豆知識 <梅雨>
 ◇浅草情報 <鳥越の夜祭・茅の輪くぐりほか>
 ◇六月の節季と満月
 ◇夏の名句 <坪井杜国><木下夕爾><松尾芭蕉>

==◇今月の一口法話====================================================

 財少なくも 足るを知るものは これ富なり
 財多きも 足るを知らざるものは これ貧なり 

==◇六月==============================================================
 
<水無月(みなづき)>

 「みなづき」の由来は、酷暑で日照り続き、深山の水までが
枯れ尽くすことから言われました。
 別に、水を田に注ぐ月の意から、「水張り月」「水月(みなづき」が
転訛したとも言われています。

==◇歳時記=============================================================

<螢狩り>

 語源には「火垂る」や「星垂る」などがあげられています。
日本に生息する螢の代表格はヘイケボタルとゲンジボタルです。
交尾のために群れをなして飛び交う様を、「螢合戦」とも呼びます。
人々は明滅する幻想的な光を見て心を和ませていました。

しかし、この光を持ち帰りたいのも人情です。
江戸の町には、螢を丸い虫籠に入れて、螢売りがやってきていました。

<夏の月>

 月といえば秋を思いますが、夏の月も古くから歌に詠まれていました。
清少納言は「枕草子」で、夏の趣として月の頃を挙げています。
短夜の夏の月は、人の暮らしの程近くにあるような、親しみを感じさせます。

<五月闇>

 旧暦の五月は梅雨と重なり、五月雨(さみだれ)は梅雨の雨をいいます。
この頃の暗さが五月闇を呼びます。
昼の暗さ、夜の闇、どちらの解釈もあります。
ちなみに、五月晴れの本来の意味は梅雨の晴れ間の事です。

==◇生活の豆知識======================================================

<梅雨のはなし> 
「つゆ」は日本語の古語「うれる」が訛ったものです。
果物が「熟(う)れる」頃、6月のこの時期によく雨が降り「梅雨」と書いて
「熟(つ)ゆ」と読むようになったと言われています。
語源には「露」の連想から、「ツヒユ(そのなわれるの意)」などの
諸説もあります。
「梅雨」が使われていたのは江戸時代になってからです。

 新暦では6月11日頃が入梅で、夏至をはさんで、約30~40日間を
梅雨の季節としています。

<梅雨入り>
 旧暦では芒種の後の壬(みずのえ)の日が梅雨入りです。
梅雨は七十二候の「梅の実が色づく頃」にあたるので「梅雨」といわれる、
という説もあります。

==◇浅草情報==========================================================

6月2日(土)~3日(日)
「蔵前神社例大祭」
蔵前神社 蔵前3-14-11 03-3851-0617
蔵前神社は、厄除開運の神様をお祀りし、毎年6月第一土曜日、日曜日に、
例大祭が行われます。
本社神輿は江戸神輿の中で最も華麗と言われております。
その彫刻・彫金は一見の価値があります。
本年は本社神輿の渡御は行われませんが、小神輿渡御、山車引巡行は行われます。

6月8日(金)~10日(日)
「鳥越の夜祭」
鳥越神社 鳥越2-4-1 03-3851-5033
鳥越神社神輿は「一千貫」と称し都内随一といわれるスケールを
誇っています。
この神輿を200人ほどの氏子が担ぎ、
夜の宮入りは百数十の高張提燈がかかげられます。

6月30日(土)・7月1日(日)
「お富士さんの植木市」
浅間神社周辺
「お富士さんの植木市」とは浅間神社の祭日の別称で植木市が
開かれるところから呼ばれるようになりました。
ちょうど入梅時で植木を移植するのに最適期にあたり、
お富士さんの植木市で買った木は良くつくといい伝えられて
次第に盛んとなりました。
この植木市は東京でも最大級のもので近県の植木商数百軒が集まります。

6月30日(土)
「茅の輪くぐり」
小野照崎神社ほか 下谷2-13-14 03-3872-5514
六月晦日の夏越の祓(なごしのはらい)に茅で輪を作り、
くぐると福徳があるといわれています。
台東区内では5箇所の神社で行われます。

==◇六月の節季と満月==================================================

<平成三十年六月の節季>

 「芒種(ほうしゅ)」 6月6日(水)
 「芒」とはイネなどの花にあるトゲのことで、穀物の種まきをする頃。
 つまり田植えが始まる時期。

 「夏至(げし)」 6月21日(木)
 最も昼が長い日。
 梅雨入りし田植えなどで 農家が一番忙しい季節でもある。

<平成三十年六月の満月>

 今月は6月28日(木)が満月です。

==◇夏の名句===========================================================

「 うれしさは 葉がくれ梅の ひとつかな 」
~ 坪井 杜国 ~

「 やむとみせて また降る雨の ゆすらうめ 」
~ 木下 夕爾 ~

「 降ずとも 竹植る日は 蓑と笠 」
~ 松尾 芭蕉 ~

======================================================================

もうすぐお盆です。ご準備はお済みですか?

お盆提灯の販売を開始しました。

盆提灯は全品お買い得なインターネット特別価格です。
お早目にご準備ください。

▼お盆提灯は、こちら!
https://www.butsudanya.co.jp/bon_chochin.html

▼新盆用の白提灯は、こちら!
http://www.butsudanya.co.jp/shop_chochin1.html

▼お盆飾りに最適なお盆用品・盆棚はこちら!
http://www.butsudanya.co.jp/shop_bon.html

▼初盆・新盆セットはこちら!
http://www.butsudanya.co.jp/shop_choset.html

======================================================================

腕輪念珠が新たにラインアップ!

【天然石ブレスレット】・【108珠ブレスレット】・【四神ブレスレット】
【木玉ブレスレット】・【般若心経ブレスレット】

京都の数珠職人が作り上げる別格の数珠ブレスレットです。
厳選した天然石、木玉を使い、丁寧に加工された美しい珠で作り上げています。
[輝き][色艶][穴の加工]がひとあじ違う、他では手に入らない逸品です。

▼腕輪念珠・数珠ブレスレットは、こちら!
http://www.butsudanya.co.jp/shop_nenju3.html

======================================================================

念珠大特価!
創業100周年記念 特別感謝フェア

京都の数珠職人が作る「京念珠」を 大特価で販売。
今なら数珠袋付き。

▼大特価京念珠は、こちら!
http://www.butsudanya.co.jp/shop_nenju8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【心が豊かになる暮らしの情報】
======================================================================
通巻180号 2018年6月1日発行(月一回)
編集 仏事コーディネーター 滝田 祐嗣
発行 仏壇屋 滝田商店
営業時間 9:00-18:00(年中無休)
〒111-0042 東京都台東区寿2-8-11 TEL 03-3841-6191 FAX 03-3841-3934
e-mail: takita@butsudanya.co.jp URL: http://www.butsudanya.co.jp/

配信停止はこちら
 滝田商店: http://www.butsudanya.co.jp/mailMagazine.html
 まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000115380.htm

このメールマガジンは『まぐまぐ!』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/

本メールマガジンに掲載された記事を無断転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 TAKITA-SHOTEN co. Ltd
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ