心が豊かになる暮らしの情報

  • ¥0

    無料

優しい豊かな心を次世代に残すために、心にしみる仏教の言葉、生活の中の仏教語、仏事の豆知識など、暮らしに役立つ情報を浅草の仏壇屋よりお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
心が豊かになる暮らしの情報
発行周期
月刊
最終発行日
2018年04月01日
 
発行部数
463部
メルマガID
0000115380
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2018年4月1日号            http://www.butsudanya.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 【心が豊かになる暮らしの情報】        
□■□ ~優しい豊かな心を次世代に残すために~     
■□■ Vol.178
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年度がスタートしました。
真新しい制服やスーツを着た学生や社会人を見ると思わず応援したくなります。 
今年は早く桜が開花しましたが満開になりましたか?
夜はまだ寒いですので暖かい格好で夜桜を楽しんで下さい。

◆もくじ
◇今月の一口法話
 ◇四月 <卯月(うづき)>
 ◇歳時記 <お釈迦様の誕生日はすべての始まり>
 ◇仏事の豆知識 <甘茶>
 ◇浅草情報 <花まつり・早慶レガッタほか>
 ◇四月の節季と満月
 ◇春の名句 <松尾芭蕉><高浜虚子><小林一茶>

==◇今月の一口法話====================================================

 奪い合えば足らぬ 分け合えば余る

==◇四月==============================================================
 
<卯月(うづき)>

 「うづき」の由来は、旧暦四月頃に卯の花が盛りになることから
名づけられました。
また、稲や種を植える月から「植月(うづき)」、あるいは、
十二支の四番目の「卯(うさぎ)月」の説もあります。

==◇歳時記============================================================

<お釈迦様の三大行事>

 4月8日はお釈迦様が生まれた日。2500年も前のことです。
この日には全国の多くの寺院で「花まつり」が行われます。
「花まつり」とは、降誕会(ごうたんえ)の別名であり、
ほかにも潅仏会(かんぶつえ)や仏生会(ぶっしょうえ)などと呼ばれます。
悟りを開いた日である「成道会(じょうどうえ)12月8日」と、
一生を終えた日である「涅槃会(ねはんえ)2月15日」とともに、
降誕会はお釈迦様に関する三大行事のひとつです。

<誕生の情景を復元する花まつり>

 お釈迦様はルンビニの花園で摩耶夫人の右脇から誕生しました。
その喜びに天から龍が降りてきて香湯を灌ぎ、産湯をつかわせたと伝えられています。
生まれるとすぐに7歩進んで、右手を天を指し、左手で地を指して
「天上天下唯我独尊」と唱えたとは有名な話。
そのときの姿が花まつりでお参りする誕生仏となりました。

 花で飾った花御堂の中に誕生仏を安置して、香湯のかわりに甘茶を灌ぐのが、
花まつりのしきたりです。
無病息災を願い、甘茶がアジサイ科のヤマアジサイの変種「小甘茶」を
乾燥させて作ります。
緑茶にお砂糖を入れるわけではないのです。

<長い歴史を持つ花まつり>

 花まつりはインドから伝わった行事です。
日本では推古天皇の時代(606)に元興寺で初めて行われたという記録があります。

 平安中期の仏教説和集「三宝絵詞(さんぽうえことば)」には、
「4月8日はすべての物が生まれる季節」と説かれています。
当時の4月8日は今の5月ごろに当たります。
もともと日本には、この季節に山に登って花を摘んで神にまつる風習や、
農耕開始に当たって山の神様や田の神様に豊作を祈願する行事がありましたから、
お釈迦様の誕生日も合わさって4月8日は特別な日となったわけです。
 また、「三宝絵詞」には
「4月8日に母親への感謝を今日しなくていつするのだ」
というように書かれています。
4月8日はお釈迦様の誕生を祝うとともに、この世に生んでくれた両親や
ご先祖様に感謝する日だったのです。

==◇仏事の豆知識========================================================

<甘茶>

 お花祭りの時、お釈迦様の誕生仏に灌ぐのが「甘茶」です。
これはお釈迦様が誕生した時に降り注いだ甘露の法雨(かんろのほうう)に
ならったものです。
 この法雨は、お釈迦様の誕生を喜んだ龍王が降らしたもので、
お釈迦様はこの雨を産湯としました。

 現在では紫陽花(あじさい)に似た食物の枝を切り取り加工したものを
煮出して使いますが、その甘さを蔗糖の四百倍の甘さがあります。
 甘茶にはサポニンが多く含まれ、コレステロールを減少させ、
脂質の代謝を促すとされています。
 また、二日酔い防止にも効果があるとされています。

==◇浅草情報==========================================================

3月20日(火)~4月8日(日)(桜の開花状況によります)
「隅田公園桜まつり」
隅田公園 03-3844-1221
隅田公園内には約700本の桜があります。
3月下旬から4月上旬にかけて美しいピンクの花が隅田川両岸をふちどります。

3月26日(月)~4月8日(日)(桜の開花状況によります)
「上野さくらまつり」
上野公園 03-3832-0084
上野公園一帯には約1300本の桜があり、開花時には花見客で賑わいます。
ここは、かつて寛永寺を創建した天海僧正が吉野山から
桜を移植させたところです。
以来、江戸第一の桜の名所として今日に及びます。

3月31日(土)~4月1日(日)(桜の開花状況によります)
「桜橋花まつり」
隅田公園 03-3876-3566
桜満開の隅田公園にて歌謡ショーや、地元産業皮革製品のバザールなどが
行われます。

4月8日(日)
「花まつり」
浅草寺ほか 03-3844-1221
お釈迦様の誕生を祝い、午前10時から仏誕図を掛けて法要が始まり、
本堂内陣・本堂前などに花御堂を設けて釈迦の誕生仏を安置します。
本堂周辺では参拝の人々に甘茶の接待や花の無料配布などが行われます。

4月8日(日)
「白鷺(しらさぎ)の舞」
浅草寺境内 浅草2-3-1 03-3844-1221
白鷺の舞は平安時代の風雅を伝えるもので、白鷺をかたどった
衣装をつけた踊り子等40名が浅草寺境内を舞踊ります。

4月21日(土) 
「浅草流鏑馬」
言問橋付近、隅田公園特設会場
江戸時代に浅草神社の正月行事として行われていた流鏑馬を復活・継承しました。
隅田公園内の特設会場にて、狩装束姿の射手が疾走する馬上から矢を放つ、
勇壮で迫力のある「流鏑馬」が行われます。荒天の場合は中止になります。

4月22日(日) 
「早慶レガッタ」
両国橋~白鬚橋 03-5246-1146
昭和53年に復活した早慶レガッタは両国橋から白鬚橋間4000mのコースで
競います。
http://www.the-regatta.com/

===◇四月の節季と満月==================================================

<平成三十年四月の節季>

 「晴明(せいめい)」   4月5日(木)
 清らかに明るい季節が訪れるという意味。
 草木が芽吹き生き物ははつらつとし、清浄で美しい気持ちの良い季節。

 「穀雨(こくう)」   4月20日(金)
 すべての穀物の芽を出させる雨が降るという意味。
 日差しが強くなる季節。

<平成三十年四月の満月>

 今月は4月30日(月)が満月です。

==◇春の名句===========================================================

「 春風に ふき出し笑ふ 花も哉 」
~ 松尾 芭蕉 ~

「 海女沈む 海に遊覧 船浮む 」
~ 高浜 虚子 ~

「 たらの芽の とげだらけでも 喰れけり 」
~ 小林 一茶 ~

======================================================================

腕輪念珠が新たにラインアップ!

【天然石ブレスレット】・【108珠ブレスレット】・【四神ブレスレット】
【木玉ブレスレット】・【般若心経ブレスレット】・【鑑別書付ブレスレット】

京都の数珠職人が作り上げる別格の数珠ブレスレットです。
厳選した天然石、木玉を使い、丁寧に加工された美しい珠で作り上げています。
[輝き][色艶][穴の加工]がひとあじ違う、他では手に入らない逸品です。

▼腕輪念珠・数珠ブレスレットは、こちら!
https://www.butsudanya.co.jp/search/jyuzu.php?pg=t1

======================================================================

念珠大特価!
創業100周年記念 特別感謝フェア

京都の数珠職人が作る「京念珠」を 大特価で販売。
今なら数珠袋付き。

▼大特価京念珠は、こちら!
https://www.butsudanya.co.jp/search/jyuzu.php?pg=d1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【心が豊かになる暮らしの情報】
======================================================================
通巻178号 2018年4月1日発行(月一回)
編集 仏事コーディネーター 滝田 祐嗣
発行 仏壇屋 滝田商店
営業時間 9:00-18:00(年中無休)
〒111-0042 東京都台東区寿2-8-11 TEL 03-3841-6191 FAX 03-3841-3934
e-mail: takita@butsudanya.co.jp URL: http://www.butsudanya.co.jp/

配信停止はこちら
 滝田商店: http://www.butsudanya.co.jp/mailMagazine.html
 まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000115380.htm

このメールマガジンは『まぐまぐ!』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/

本メールマガジンに掲載された記事を無断転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 TAKITA-SHOTEN co. Ltd
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ