妊娠しやすいカラダづくり

  • ¥0

    無料

不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点で、お届けしています。当メルマガは、現役の医師がサポートしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
妊娠しやすいカラダづくり
発行周期
週刊
最終発行日
2017年09月17日
 
発行部数
3,146部
メルマガID
0000116311
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 妊娠・出産

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

____________________________________________________________________

 妊娠しやすいカラダづくり No.744 2017/9/17
____________________________________________________________________


今週の内容__________________________________________________________

・更新情報
・今月のトピックス:男性因子に目を向ける
・当社製品&サービス
・編集後記


更新情報____________________________________________________________

サイト版「妊娠しやすいカラダづくり」の更新情報です。
--------------------------------------------------------------------
2017年9月14日 編集長コラム
栄養素の相互作用について考える
http://www.akanbou.com/column/henshuuchou/20170914.html
--------------------------------------------------------------------
記事についてのご質問は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


今月のトピックス Sep.2017___________________________________________
 
 男性因子に目を向ける
--------------------------------------------------------------------
2015年に日本で行われた体外受精や顕微授精などの高度生殖補助医療は42万4151周期で、その結果、5万1001人の赤ちゃんが生まれ、その数はその年に生まれた赤ちゃん全体の約20人に1人に当たるという調査結果を日本産科婦人科学会がまとめたという報道がなされています。

治療周期数や出生数は、過去最大だったようですが、成功率、すなわち、1回の治療で出産に至った確率は11.7%と低調です。

その主な原因は「年齢」で、成功率は30歳で21.5%、35歳で18.4%、40歳で9.1%、42歳では4.5%と年齢ともに低くなる中で、治療を受けた女性の4割が40歳以上だったとのことです。

このデータからは、年齢的な問題は高度生殖補助医療をもってしても克服することはできないということ、それと同時に、成功率の低さを回数でカバーしようと、頑張って治療を続けている方が大勢いるということがうかがえます。

報道でも、必ず、触れられていますが、「もっと若い頃から、すなわち、治療効果の高いうちに不妊治療を受けられるような社会の体制を整えなければならない」のは、全く、その通りと思いますが、現在進行形で治療を続けている方々にとっては、残念ながら何の意味もありません。

そこで、そのようなカップル、それも、治療を繰り返しても、なかなか結果が伴わないという場合、「男性因子」に目を向けることが、多少なりとも成功率の向上につながる可能性があるということをお伝えしたいと思います。

■ICSI(顕微授精)で男性因子は完全に克服できるのか

1990年からはじまった顕微授精は、特に、それまで妊娠、出産が困難だった男性不妊患者にとって、大きな救いとなりました。

数や運動能力が低く、たくさんの数の精子が卵子のところまで到達するのが難しい場合でも、顕微授精によって「卵子の中まで到達する」ということは確実にクリアできるようになったからです。

ただし、妊娠、出産に至るためには、言ってみれば、受精のスイッチが入って、受精卵になってからが「本番」なわけです。

受精後、胚が形成されるためには、卵子の質だけでなく、精子の質も関与していることが、いくつもの研究で明らかになりました。

もしも、精子の細胞質が悪ければ、初期胚の形成が障害され、精子DNAの損傷率が高ければ初期胚から胚盤胞への形成が障害されるリスクが高くなることがわかりました(1)。

そのため、顕微受精で受精が成立しても、精子の質が低ければ、その後の胚の成育がうまくいかなかったり、妊娠しても流産してしまうリスクが高くなるというわけです。

つまり、大雑把に言えば、精子の数や運動能力の低下は、顕微授精でクリアできても、精子の質はクリアできない部分があると言えるかもしれません。

■男性への抗酸化療法が治療成績の向上に寄与するかもしれない

精子の質、すなわち、精子の細胞質の劣化や精子DNAの損傷は、酸化ストレスが深く関与していると考えられています。

男性不妊と酸化ストレスの関係については、サイト版「妊娠しやすいカラダづくり」の特集をご覧いただきたいのですが、酸化ストレス状態、すなわち、活性酸素が過剰になって酸化力が抗酸化力を上回ると、精子の頭部に格納されているDNAを傷つけたり、体部や尾部の細胞膜の脂質を酸化したりし、精子の質を低下させてしまいます。
http://www.akanbou.com/topics/topics/71.html

そのため、酸化ストレス対策として、抗酸化療法が精子の質の低下の予防や改善になり、妊娠率や出産率の改善につながるかもしれないというわけです。

■体外受精を受けているカップルの男性パートナーの抗酸化サプリメント

体外受精や顕微授精を受けているカップルの男性パートナーの抗酸化サプリメント摂取は出産や妊娠に至る確率を増加させるかもしれないというメタアナリシス(複数の研究論文の結果を統合し、解析した研究)のよる報告がなされています(2)。

ただし、研究デザインの信頼性や被験者数などからエビデンスの質は低く、男性パートナーの抗酸化サプリメントの有効性については、確定的な結論を導くことはできないという「但書き」つきです。

その一方で、特定の集団を対象にした臨床研究で男性の抗酸化サプリメントの有効性を示した研究があります。

オーストリアの研究チームは、1回目の治療周期で妊娠に至らなかった92組のカップルに2回目の治療周期の前に男性パートナーに抗酸化サプリメントを3〜6ヶ月摂取してもらい、1回目と2回目の治療成績を比較しました(3)。

その結果、良好胚盤胞の獲得率が有意に改善されたとのこと。

■リスクファクターを見極め、現実的な対策を講じる

くれぐれも誤解しないでいただきたいのは、体外受精や顕微授精を繰り返しても、なかなか結果が伴わない場合、男性が抗酸化サプリメントを摂取すれば、確実に妊娠、出産に至ることができるということを伝えたいわけではないということです。

そもそも、低い成功率を劇的に改善できる治療法、ましてや、サプリメントなど存在しません。

成功率が低いのは大前提として、どうにもできない「卵子の老化」があるからです。

そして、もしも、それ以外に、どうにかできるファクターが存在しているのであれば、そのファクターに対して、対策を講じることで、少しでも治療成績を向上させることができるのではないかという考え方なわけです。

要するに、原因への治療ではなく、考えられ得る「リスクファクター」をつぶしていくとう作戦です。

同じ治療を漫然と繰り返すよりも、早く妊娠、出産できるようになる可能性にかけるという取り組みです。

リスクファクターは「男性因子」だけではありません。

女性側の脂質や糖の代謝、微量栄養素不足、生活習慣などのファクターが影響しているかもしれません。

いずれにしても、個人差があり、誰にでもあてはまる正解はなく、個別な取り組みになります。

そのためには、自分たちの心身の状態に対する意識を高め、正しい情報に接すること、そして、ドクターや医療従事者との良好な関係を築いて、さらには、自分たちの価値観にも照らしつつ、自分たちの作戦を考えていくことだと、思います。

◎文献
1)Human Reprod. 2004; 19: 611-615
2)Cochrane Database of Systematic Reviews 2014, Issue 12.
3)Androl Gynecol: Curr Res 2014; 2: 4

--------------------------------------------------------------------
記事についての感想やご意見は下記のアドレス宛お寄せ下さい。
info@akanbou.com


当社製品&サービス________________________________________________

・サプリメント:BABY&ME~新しい命のための環境づくり
 http://babyandme.jp/

・翻訳書:妊娠しやすい食生活
 http://www.akanbou.com/shoku/

・妊娠しやすいカラダづくり BOOK GUIDE
http://www.akanbou.com/bookguide/


編集後記____________________________________________________________
台風が日本列島を縦断しようとして、天候が荒れ模様ですが、よい連休を!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
妊娠しやすいカラダづくり[毎週末発行]    VOL.744
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さんを望まれるカップルの”選択"や"意志決定"をサポートします。
--------------------------------------------------------------------
不妊に悩むカップルが、悩みを克服するために、二人で話し合い、考えを整理して、自分たちに最適な答えを出すためのヒントになるような情報を、出来る限り客観的な視点でお届けしています。
--------------------------------------------------------------------
発 行:株式会社パートナーズ
編 集:細川忠宏(日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー)
サイト:http://www.akanbou.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎発行部数
・自社配信: 2,017部
・まぐまぐ: 3,150部
・合計部数: 5,167部(9月17日現在)
--------------------------------------------------------------------
◎免責事項について
当メールマガジンの提供する情報は医師の治療の代わりになるものでは決してありません。プログラムの実行は各人の責任の元で行って下さい。プログラムの実行に伴う結果に関しては、当社の責任の範囲外とさせて頂きます。
--------------------------------------------------------------------
◎注意事項
読者の皆さんから寄せられたメールは、事前の告知なく掲載させていただく場合がございます。匿名などのご希望があれば、明記してください。また、掲載を望まれない場合も、その旨、明記願います。メールに記載された内容の掲載によって生じる、いかる事態、また何人に対しても一切責任を負いませんのでご了承ください。
--------------------------------------------------------------------
◎著作権について
当メールマガジンの内容に関する著作権は株式会社パートナーズに帰属します。一切の無断転載はご遠慮下さい。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ