SSS多読通信

  • ¥0

    無料

SSS式英語多読を行っている方々のための週刊メールマガジンです。今週の掲示板の投稿から厳選した多読に役立つ投稿や、新着書評からお勧めの書籍などをピックアップしてお伝えします。多読のお供にどうぞ!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
SSS多読通信
発行周期
月刊
最終発行日
2017年11月09日
 
発行部数
8,213部
メルマガID
0000118505
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        SSS多読通信 第415号 (2017/11/9)

        ~読める本、読みたい本をお気楽に~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】100万語通過報告 (10/11~11/5)
【2】今号のお薦め本 「Shaun Tanの絵本」   (メリーベル)
【3】SSSコラム  「Back to basics」   (近眼の独眼龍)
【4】SSSニュース              (SSS英語多読研究会)
【5】編集後記                  編集:メリーベル

───────────────────────────────────
【1】100万語通過報告 (10/11~11/5)
───────────────────────────────────
この期間の100万語通過報告はありませんでした。
───────────────────────────────────
【2】今号のお薦め本 「Shaun Tanの絵本」  (メリーベル)
───────────────────────────────────
1974年生まれのオーストラリア出身のイラストレーターで作家。舞台や映
画製作も手がける。「The Lost Thing」で第83回アカデミー賞短編アニメー
ション賞受賞。さまざまなタッチを使い分ける画風がすばらしい。
"The Lost Thing"
http://www.amazon.co.jp/Lost-Thing-Shaun-Tan/dp/0734411383/sss-22
……………………………………………………………………………………………
■Rules of Summer                 YL0.6 107語
……………………………………………………………………………………………
とある兄弟が過ごした夏の掟。
文章は多くは語らず、SFで不穏なイラストが読者の想像力を掻き立てる。
(おりふせさんの書評より)
http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024564
……………………………………………………………………………………………
■The Arrival                
……………………………………………………………………………………………
移民した男性がとまどいながらも、新天地で生きていくさまを描いた、まるで
無声映画のような作品。ミステリアスな生き物たちが比喩的に登場します。
最後のページがとてもいい。
http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000013410
……………………………………………………………………………………………
■Eric     YL1.6   475語
……………………………………………………………………………………………
ホームステイにやってきた交換留学生のエリックに、わが町を楽しんでもらお
うと頑張るけれど、エリックが興味をもつのは、地面で見つけた小さいモノば
かり…。
http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024590
───────────────────────────────────
【3】SSSコラム  「Back to basics」      (近眼の独眼龍)
───────────────────────────────────
基本に立ち返って考えてみるのは大事でしょう。そんな暇もなく、sink or
swimでやってみてしまうことも少なからずある私でも、やはりback to basics
とはよく思います。
 さて、話は一見がらっとかわって、10/31に行わなければならなかった仕事に
小さなプロジェクトの状況報告がありました。Halloween当日ですし、それほど
重大なプロジェクトでもなかったので、報告資料に息抜きがてら、trick or
treatの画像をいれました。その画像を出しながら、このプロジェクトは失敗す
る or うまくいくと言いたかったのです。でも、これが難しい。
 頭韻、alliterationは、難しい。多読してきたおかげで、英語には慣れたし、
頭韻を踏んでいれば大抵は気付いて楽しめるようになったけれど、頭韻を踏んで
何かを言おうとすると、stuckしてしまいます。今回はベースがtrick or treat
ですから、できれば子音+子音で頭韻を踏みたいと思ったら、5分かかって出てき
たのが、stuck or start。なんとかプロジェクト関係者には分かっていただけまし
た。
 
back to basics
sink or swim
trick or treat
Mickey Mouse
Donald Duck
Peter Pan
Big Ben
Intel Inside
Coca Cola
Big Ben
above the belt
 
うう、頭韻の例なんていくらもあるのに、自分でなにか言おうとすると難しいです
ね。もっとたくさんの英語に触れる、back to basics、ことで克服するしかないの
かな。
───────────────────────────────────
【4】SSSニュース             (SSS英語多読研究会)
───────────────────────────────────
■ 多読関連講演会・セミナー
───────────────────────────────────
11/19(日)日本多読学会児童部会名古屋セミナー

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
実践報告、分科会(英語教室、学校、社会人支援など)、懇親会
詳しくは http://jera-tadoku.jp/workshop/2017-jidou-nagoya.html
───────────────────────────────────
■ YLと語数のページの更新情報
───────────────────────────────────
https://www.seg.co.jp/sss/YL/index.html
を、毎月更新しています。 10月は、

Cherub
Dresden Files
Famous Five
Fly Guy
Reading Planet

のデータを更新、新規追加しました。
みなさんからの情報提供も歓迎します。
───────────────────────────────────
【5】編集後記                    (メリーベル)
───────────────────────────────────
京都国立博物館で開催されている「国宝展」に行ってきました。さすがに一期、
二期とも混雑していました。Twitterで混雑状況を随時お知らせしてくれるので、
参考にしましたが、お昼半ばと夕方前が狙いめかも(入館までの待ち時間が少な
い)。三期は「金印」、四期は「燕子花図屏風」が登場します。頑張って行って
きます。
*ミュージアムショップのトラりんチョコと特製千寿せんべい美味しい♪
───────────────────────────────────

          多読通信、次号もお楽しみに!
        今 週 も H a p p y R e a d i n g !

───────────────────────────────────
多読通信に関するみなさまのご意見・感想などをお待ちしております。
・掲示板への投稿
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=2108]
・多読通信アンケートフォーム
[url:http://www.seg.co.jp/sss/information/formmail.html]
※アンケートフォームでいただいた質問に対するお返事を掲示板上で行う
場合があります。ご了承ください。
───────────────────────────────────
※このメールマガジンは『まぐまぐ!』 [url:http://www.mag2.com/] を利用して
発行しています。配信申込・中止・アドレス変更はこちらへ
[url:http://www.mag2.com/m/0000118505.html]
───────────────────────────────────
発行:SSS英語多読研究会( [utl:http://www.seg.co.jp/sss/] )
───────────────────────────────────

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎SSS多読通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒[url:http://archive.mag2.com/0000118505/index.html]

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎SSS多読通信
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0000118505/index.html?l=gch0d86a19

◎SSS多読通信
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000118505.html?l=gch0d86a19

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ