スーパー経理ウーマン

  • ¥0

    無料

日常の経理事務はもちろん、給与計算から接客応対まで、経理担当者のための情報満載!税務・社会保険事務・労務だけでなくOAからビジネスマナーまで幅広く仕事の情報を入手することができます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
スーパー経理ウーマン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年04月20日
 
発行部数
4,771部
メルマガID
0000119027
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Kensyu Publishing━

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
        経理・総務から社会保険事務までお任せください!
       週刊「スーパー経理ウーマン」は毎週金曜日の発刊です!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


No.667 2018.04.20号(毎週金曜日発行・祭日休刊)     購読料 無料

_____________________________________________________________________________

小さな会社の経理ウーマンはなにかと大変! 日常の経理事務はもちろんのこと、給与
計算から接客応対までこなさなければなりません。そんな経理ご担当のみなさん! 
情報収集は、専門誌編集者が総力で作成する週刊「スーパー経理ウーマン」にお任せく
ださい! ちなみに、われら編集者たちが作っている月刊誌はこちらです。→→→→→

http://www.kens-p.co.jp

当マガジンの情報を実務に適用される場合は、必ず顧問の税理士さんまたは所轄の税務署
・社会保険事務所等にご相談ください。なお個別のお問合せにはご返答できませんので
ご了承ください。

■今週のContents ◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. [エッセイ] 現役編集者が語る「汗と涙のエディター日記」
2. [今月の事務] 4月の事務 ここがポイント!
3. [ワンポイント知識] 「棚卸資産」の評価方法のことがスラスラ分かるQ&A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃[エッセイ] 現役編集者が語る「汗と涙のエディター日記」
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東京地方は桜の季節も終わり、早くも初夏の陽気です。
皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。

さて本日、「月刊経理ウーマン」5月号が発刊になりました。
ということで、5月号の内容をご案内させていただきますね。

5月号の特集は、
「社会保険・税金の取扱いから高齢者雇用の助成金まで
/保存版・社員が60歳定年を迎えたときの手続き便覧」です。

皆さんの会社の定年は何歳でしょうか? 定年を迎えた社員のなかには、
そのまま退職する人もいれば、継続雇用を希望する人もいます。

退職者に関しては社会保険の資格喪失手続きが必要ですし、継続雇用の場合は
資格喪失と資格取得を同時に行なうことになります。

頻繁に起きるケースではないだけに、実務の担当者としては事務処理に迷うことも
多いのではないでしょうか。

そこで5月号の特集では社会保険の手続きから定年延長等で助成金まで、
社員が「60歳定年」を迎えたときの事務手続きについてまとめてレクチャーしました。

また、あわせて「定年退職者にアドバイスしてあげたい社会保険の知識」も解説して
います。ぜひ保存版としてご活用くださいね!

その他、5月号では次のような記事も掲載しています。

「こうすれば社員にも会社にもメリットが生じる! 得する出張旅費の支給の仕方
教えます」

社員や役員が出張した場合には出張旅費を支給するのが一般的ですよね。この出張旅費
については、基本的には、もらった本人は所得税・住民税を払わなくていい、社会保険
料の報酬に該当しないといった数々のメリットがあります。また、会社にとっても、法
人税法上損金になる、消費税法上の課税仕入れとなる、社会保険料の節約になる、とい
ったメリットがあります。
ただし税務面からいえば、どんな形で支給してもよいというものではありません。

そこで、社員も会社も得する「出張旅費」の支給の仕方をアドバイスしました。目から
ウロコの内容ですよ! ぜひ参考にしてください!!

その他、
「あなたの会社の決算書-税務署はここを見ている!」
「固定資産を売却・廃棄・除却したときの税務処理」
「最低でもこれだけは知っておきたい税効果会計の基本知識」
など、5月号には経理担当者にとってのお役立ち記事が満載です。

皆さん、この機会にぜひ手にとって読んでみてくださいね!!

--------------------------------------------------------------------------------

経理ウーマン5月号のお申し込みは、お名前・ご住所・ご連絡先・お電話番号と
あわせて「経理ウーマン5月号希望」とお書きいただき、下記までメールを。税
送料込みで950円です。郵便振替用紙を同封して送らせていただきます。
なお会員制の雑誌のため、在庫が切れる場合がありますのでご了承ください。

info@kens-p.co.jp

お電話でのお申し込みはこちらからどうぞ。
→0120-458934(通話料無料のフリーダイヤルです)

▼「月刊経理ウーマン」の内容はこちらで紹介しています!

http://www.kens-p.co.jp/publics/index/92/

▼年間購読のお申込みはこちらからどうぞ!

http://www.kens-p.co.jp/publics/index/3/


▼バックナンバーのお申込みはこちらからどうぞ!

http://www.kens-p.co.jp/shop/shop.php?mode=product&action=
list&schema=product_2&schema_no=

▼デジタル版も販売しています!

国内最大級の雑誌・定期購読専門オンライン書店、「Fujisan.co.jp」にて、
デジタル版の販売を開始! スマホやタブレット端末でも、経理ウーマンを
ご覧いただけます。


http://www.fujisan.co.jp/product/1281680180/


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃[今月の事務] 4月の事務 ここがポイント!
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆抜本改正された事業承継税制


自社株の承継に係る課税の特例措置(事業承継税制)について、相続税や贈与税の
納税猶予や免除が、期間限定でより受けやすくなる改正が行なわれます。

経営者の世代交代がこの10年内に予想される企業にあって、「黒字経営が続き内部
留保が大きい」、「株式の後継者への移転がこれから」といった場合に有効な内容
となっています。


[確定申告・中間申告]


以下の確定申告・中間申告の提出と納税の期限は、5月1日(火)です。

・2月決算法人の確定申告
・8月決算法人の中間(予定)申告
・5月・8月・11月決算法人の消費税の中間申告(半期または四半期分)


┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ 「棚卸資産」の評価方法のことがスラスラ分かるQ&A
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


会社が保有する棚卸資産は、決算時において必ず評価をして棚卸資産としての金額を
確定することになりますが、この評価は企業の経営成績や、税金計算のもとになる利益の
額に大きく影響を及ぼすことになるため、とても重要といえます。そこで以下に、棚卸資
産の評価方法から経理の日頃の心得についてQ&Aで解説していくことにしましょう。


Q1.そもそも「棚卸資産」ってなに?


棚卸資産とは、会社が販売目的のために保有する資産や、そうした資産を製造するために
必要な資産のことをいいます。
販売目的のための資産としては製品や商品、製造目的のための資産としては、原材料、
仕掛品、半製品などがあります。

そしてこの様な棚卸資産は、一般に「在庫」とも呼ばれており、販売目的の事業にせよ、
製造目的の事業にせよ、収益を獲得するための最も基本的な資産といえます。
またこの在庫の金額を計算するため、各会社では在庫の棚卸を行ないます。
この場合の在庫の棚卸には、「帳簿棚卸」と「実地棚卸」の2つの確認方法があります。

帳簿棚卸とは、日々の入出庫を個別に記録していき帳簿上の期末の在庫数量を計算し
ていく方法です。
一方実地棚卸とは、一定時点で保有する在庫の現物の数量をカウントすることにより
在庫数を確定させ、一定時点での在庫金額の計算をしていく方法です。具体的には、
期末における在庫の数量に対して、単価を乗じて期末の棚卸高を計算します。

多くの場合、帳簿上の数量と実際の数量との間で生まれる誤差を解消するために、
定期的に実施されます。
実務上では、帳簿棚卸をしても、商品が紛失したりすることで実際の在庫と乖離する
ことがあるため、帳簿棚卸を行ないながらも期末に実地棚卸をしている会社が多いよ
うです。

また帳簿棚卸は日々記録していかなければならないため、実地棚卸のみを行なっている
会社もあります。
どちらにしても実地棚卸は、各会社で行なわれています。


(つづく)


■―PR―■―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◇月刊「経理ウーマン」はおかげさまで創刊から23年目を迎えました!◇


<最新号(2018/5月号の記事内容>


特集/社会保険の取扱いから高齢者雇用の助成金まで
保存版・社員が「60歳定年」を迎えたときの手続き便覧


最新号その他の記事


●あなたの会社の決算書─税務署はここを見ている!
●最低でもこれだけは知っておきたい「税効果会計」の基本知識
●得する「出張旅費」の支給の仕方教えます
●固定資産を「売却・廃棄・除却」したときの税務処理
●仕事の合間に使ってみたい「肩こり・首こり」即効解消グッズ集
●有名人が語る「私の金銭哲学」(IKKOさん)


http://www.kens-p.co.jp/publics/index/92/


――――――――――――――――――――――――――――――――――■―PR―■
発行元:株式会社研修出版
住 所:〒112-0002 東京都文京区小石川5-3-4-8F
TEL 03-3830-0804
FAX 03-3830-0818
http://www.kens-p.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ