社長のビタミン・一日一語

  • ¥0

    無料

経営体質には「本気」と「本気もどき」がある。理想に向かって前進すれば壁が現れ、「本気」であれば対策が、「本気もどき」であれば言い訳が出る。毎朝一分間で読める「一日一語」が、あなたの「本気体質」を日々強化!まぐまぐ大賞07&08年・ビジネス部門3位連続入賞!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
社長のビタミン・一日一語
発行周期
日刊
最終発行日
2018年07月07日
 
発行部数
5,684部
メルマガID
0000120805
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

(上記はまぐまぐ様よりの情報提供です)
====================================================================================
★大切なご友人に、このメルマガの登録をおすすめしてくださいネ!★
登録先は⇒ http://bit.ly/1RADVVk

・メイン発行者:「人が輝く残能全開企業」創りを通じて、
大志あるトップの日本一、世界一の夢を実現する企業軍師&
感動経営の伝道師 臥龍(がりゅう)こと角田識之(すみだのりゆき)
★共同執筆者:内田貴久、小林芳子、佐々木千博、橋本祐樹、中村早岐子、渡邊由縁、
小笠原拓哉、入江元太、平野貴子、
===========================================================================================
●「社長のビタミン」のバックナンバーを読むと明日へのアイデアが浮かぶかも!
バックナンバー⇒ http://www.e-garyu.info/mag/vitamin.html#t01
===========================================================================================

【社長のビタミン・一日一語】180707

第4811号の「一日一語」は『愛のこもった制度は生きる』

『(株)佐々木感動マーケティング
感動経営コンサルタントの佐々木千博です。
http://chlabo.com/

先日、人を大切にする経営を実践し、
数々の技能賞(黄綬褒章受章者も3名)や、

滋賀で一番大切にしたい大賞ほか
様々な経営賞を受賞されている
シンコーメタリコンを訪問させて頂きました。

様々な人を大切にする仕組み・制度があるのですが、
形だけの制度ではなく、社長の従業員愛があるからこそ、
それが社風にもなり、機能しているということが良く分かりました。

今回は、育児する女性にイキイキと就業してもらうための制度
をご紹介します。

■イクメン5(ファイブ)
社長(男性)は思ったそうです。子供が生まれた後って、母親は
とても大変そうだから、父親もそれを共有する制度が必要だ!

そして、生まれたのが、子供誕生後に、お父さんを“強制的”
に5連休させる制度です。“強制的”なので取得率100%。

出産直後の5日間は、病院だから父親の必要性は少ない。
それよりも母親が大変な4つのタイミングを女性社員から聞き、
“強制的”に、この4つのタイミングのいずれかで5連休する制度になりました。

■育児出勤制度
“育休休暇制度“ではなく、“育児出勤制度”。
これは育児休暇中に、お母さんが“強制的”に月1回、日時を決めて
赤ちゃんと一緒に出社する制度です。

私の妻も2児の母をしながら、2度の育休をとり、今はフルタイム
で働いているのですが、妻も大賛成でした。

育児で職場を1年ほど離れると、職場に戻る時にどうしても気後れ
したり、職業人感覚が薄れたりすることがあるそうです。

育休中いつでも遊びに来てね♪と言われても、
仕事の邪魔になるのではないか?
などが頭をよぎって行きにくい。

“育児出勤制度“と制度になっていれば、
会社の制度なので、出社が絶対です。
こうすると気兼ねなく出社できます。

職場復帰後にも良い効果が出るそうです。
職場仲間が、職場復帰前から毎月1回、

その赤ちゃんと対面することで、
子供の顔が分かります。愛着が湧きます。

大家族の一員として赤ちゃんを大切に思えるようになります。

すると、本当に大変な職場復帰後、
子供の有事(熱で保育園お迎えなど)に、

「◯◯ちゃんが大変なんやろ!
仕事のことは俺達にまかせて、はやく
迎えててやりな!」となるそうです。

育児出勤する母親と赤ちゃんのおかげで、
職場が優しくなれ、
職場復帰後もサポートできる職場が育つそうです。

勿論、女性の定着率は上がります。

形ばかりの制度をつくっても、機能しません。
気持ちだけでは、なかなか定着しません。

社長と従業員の職場大家族への愛と制度の
相乗効果が、人が輝き力を発揮する素晴らしい職場をつくります。

―――PR―――
「人が輝く会社づくりワークショップ」~クリキンディのつどい~
を毎月、大阪で開催しています。

人が輝く職場の一コマ(感動物語)の動画などを題材に
対話し、学び、一緒に成長する会です。
ベンチマーク同様、素晴らしい企業から学び、
日本の一隅を一緒に照らしましょう。

■今後の開催予定
 ・8月23日(木)19:00~ 大阪近辺

興味ある方は、
sasaki@chlabo.com
までメールください。』

===========================================================================================
●アマゾン:臥龍・特設ページ
⇒ http://amzn.to/2vYEj7R
●臥龍関係でのメディア情報
⇒ http://www.e-garyu.info/media/#t01
●臥龍の講演出講のテーマなど
⇒ http://www.e-garyu.com/annai/garyu_pro.html
===========================================================================================

●臥龍の編集後記

皆さま、記録的大雨、情報に敏感に、行動は早めに!

===========================================================================================

【7月7日がお誕生日の皆さま、おめでとうございます! 】

誕生日とは、ご両親、ご先祖、ご家族に感謝をする日ですね。
そして10年後にあるべき自分像を明確にイメージし、その自分自身から
「今、何を決断し、どう動けば後悔ゼロの人生になるかのアドバイス」を真剣に聞く日ですね。

「人生は二度なし」それに相応しい生き方かどうかを自己確認する日ですね!

“分からないのではない、調べれば、聞けば分かる”
“出来ないことはない。現にやっている人がいる。
同じ人間、やってやれないはずはない”
“難しいはありがたい。難しいことをやり遂げるから差別化になる”

社長に成るは偶然ではなく必然、例え創業者でも、例え二代目、三代目でも、
あなた自身が“この道を選択して生まれ来た”のです。もっと言えば、
少なくとも全員が、自ら主となる「人生経営の社長」として生まれて来ているです。

そして人には、自らの個性を活かして人を喜ばせ、
その喜びを我が喜びとするための「はまり役」、即ち「天職」が必要なのです。

私は27歳のとき「臥龍」役という天職にオーディションし、
そして「臥龍」に成り切って生きてきました。
そのゴールイメージは、従業員数1万人以上を率いる華僑・華人から
「臥龍老師(ウォロン ラオシェ)」と呼ばれることでした。

そして35歳のときに、台湾での講演会に「臥龍老師」の看板が掛かりました。
8年も役創りを重ねれば、その「役柄」が自分の個性と融合することを実感しました。
必ず「板に着く」のです。

5年、10年後の自分に贈る最高の誕生日プレゼントは、
成りたい理想の自分になることです。

「人はなりたい自分になる力」を持っています。
「人には決めれば手に入る力」が備わっているのです。
だから「決めればいいだけ!=意思決定するだけ!」なのです。

誰もあなたのオーデションは止めていません。
止めているとすれば、あなたご自身なのです。
ブレーキペダルもアクセルも、あなたの足元にあるのです。
ブレーキペダルから足を外し、アクセルを床まで踏み込みましょう!

さあ今日も、喜ばせ役としての脚本・主演・演出の一人三役の一日が始まりました。
さあ鏡を見て、「よし!やれる!」の掛け声と共に、今日も元気にステージに
立ちましょう!あなたという素晴らしい役者の登場を、共演者も観客も待っています。

わたし臥龍(ウォロン)は、あなたの潜在力、「未見の我」を信じています!
さあ今日も、「分からない、難しい、出来ない」の“三ナイ追放”を追放し、
「よもや死刑にはなるまい」の開き直りで、トコトンやっちゃいましょう!!

===================================================================================
★メイン発行者:「人が輝く残能全開企業」創りを通じて、
大志あるトップの日本一、世界一の夢を実現する企業軍師
感動経営の伝道師 臥龍(がりゅう)こと角田識之(すみだのりゆき)
・臥龍のプロフィールは⇒ http://www.e-garyu.info/profile/#t01
・「社会起業家・臥龍」のサイト→ http://www.e-garyu.info/index.html 
=======================================================================================
(以下からはまぐまぐ様よりの情報提供となります)








メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ