「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を

  • ¥0

    無料

2004年より配信開始し、4冊の著書が生まれた「運の達人」が11年目を迎えリニューアル!独立を果たし、投資家として十分すぎるほどの収入を得ながら好奇心のおもむくまま生活を楽しんでいるあおぞらきりんが3つのコンテンツを提供していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を
発行周期
隔月
最終発行日
2017年10月01日
 
発行部数
5,385部
メルマガID
0000125481
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を
Vol.63 2017年10月1日発行 【配信部数】5,404部

隔月1日AM8:00配信 
───────────────────────────────────
★当メルマガについて★
2004年より「運の達人」を発行開始。強運者の「強運の秘訣」を研究し、自ら
も実践。10年経過して今は個人投資家として独立。「豊かで楽しい生活」を
体験しているあおぞらきりんの日々を綴っていく開運メルマガです。
───────────────────────────────────
【今週の目次】
1.開運コラム
2.今回の1冊
3.日々雑感
4.編集後記

■あおぞらきりん公式サイト
→ http://unntatu.com/

■『文庫版 3分でわかる運のちから』(大和書房)580円(税込)
単行本で8刷、文庫版で6刷とおかげさまでロングセラーになりました。
「運の達人」で学んだエッセンスを凝縮し、基本となる考え方が詰まっています。
→ http://tinyurl.com/mko7fqq

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1.開運コラム

10年間に渡り強運者の秘訣を研究、実践して来た中から学んだ「開運の秘訣」を独自の体験と視点からお伝えしていきます。

【タイトル】信念の力

最近観たテレビで、藤井サチさんというモデルさんが自宅(実家)を公開していました。

渋谷区にある豪邸で、広さは何と16LLDDKK。とんでもない広さです。

藤井サチさんのお父さんである藤井清孝さんは、元ルイ・ヴィトンジャパンの社長とのことでした。ヴィトン豪邸ともいえますね。

その時、以前読んだ本の中に、元ルイ・ヴィトンジャパンの社長さんが解説を書いた自己啓発本があったことを思い出しました。

本は、CMブリストルという方が書いた『信念の魔術』。早速、読み返してみました。

CMブリストルはアメリカの実業家で、1948年に本書を執筆。潜在意識や引き寄せの法則の古典ともされている本です。

ちなみに、日本語版は1964年に発行され、2008年時点で46刷となるロングセラーを記録しています。

そして、2001年に発行した新版の解説を書いているのが、元ルイ・ヴィトンジャパンの社長さんでした。

ただし、解説者の名前は秦郷次郎さんという別の方

ルイ・ヴィトンジャパンの創業社長であり、藤井清孝さんの一つ前の社長さんだったのです。記憶違い。

知りたかった人ではなくちょっと残念でしたが、大成功者には変わりありません。改めて解説を読んでみました。

秦さんが、『信念の魔術』を読んだのは20年も前とのことで、1980年あたりということになります。まだ青年期の頃でしょうか。

病気で入院していた時に友達から本をもらったそうで、「その気になれば病気も治る」という意味が込められていたとのこと。

以来、信念を持つ大切さを知り、CMブリストルさんが提唱するメソッドを実践。現在にいたるというわけです。

秦さんは、社長時代、新入社員の方には必ず『信念の魔術』を推薦していたそうです。

そして、目標を毎年4つか5つ箇条書きにして、それを毎朝見ることをすすめています。脳の力には限界があるため、目標は4つか5つで十分とのこと。

実際、秦さん自身も毎年目標を紙に書き、手帳のポケットに、目標を書いたカードを入れているとのこと。

その年にできなかった目標は、翌年に持ち越しているそうです。

目標を立てて何度も何度も潜在意識に擦りこませる。願望実現の基本中の基本であり、継続すると日々の行動も変わってくるものです。

私の場合も2つ程度ですが、手帳に今年の目標を書き込んでいます。やはり、毎日はその目標に向かって行動していますね。

継続するのはなかなか大変ですが、あまり負荷をかけずに自然な習慣として取り組んでみましょう。

5年、10年と時が経つごとに大きな変化となっていくことと思います。

■参考
『【新訳】信念の魔術』C.M.ブリストル 著※現在の版では、秦さんの解説はありません
⇒ http://amzn.to/2fFaMhg

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2.今月の1冊

読書が好きでいつも週3~4冊位のペースで本を読んでいます。その中からおススメしたい1冊を紹介していくコーナーです。

■『1000冊読む!読書術』轡田 隆史著 
著者の轡田隆史さんは、朝日新聞で論説委員などを歴任したのちに退社。その後、テレビ番組『ニュースステーション』でコメンテーターなどをされていました。

著書も多く出されており、中でも『「考える力」をつける本』はベストセラーに。

私はこの本も含め、何冊か読んでおり、轡田さんの広く深い知識を楽しんでいます。

本書はそんな轡田さんの知の源泉である「読書」について綴られたエッセイ。「1000冊読む」をキーワードにしています。

目次は下記の通り。「読む」ことについて多岐に渡り語られています。

=====
【1章】「多読」は絶対、あなたを変える
本を1000冊読むと、何が起こるのか?

【2章】本を読めば読むほど、頭はよくなる
読書習慣のある人、ない人の「埋められない差」

【3章】「できる人」は、なぜ読書家なのか?
人間的魅力とその遊び心とは?

【4章】「読む力」は何を与えてくれるのか?
要約力、表現力、発想力で育てる方法

【5章】「1000冊読破」からの贈り物
もし、本がなかったら世の中はどうなる?
=====

内容は本書のタイトルの「読書術」というよりは、本をテーマにして様々な話題を取り上げたエッセイ。

実に多種多様な話題を取り上げ、轡田さんの見識ぶりには感心するばかり。1冊で雑多な知識を得られる形式は、得した気分になります。

しかも出てくる本は『聖書』や『親鸞上人』などずいぶんと高尚。普段なかなかお目にかかれない書物です。

読書の推進というよりは、轡田さんの知識の深さを楽しむ感じになりました。読書家の方はやはり魅力的です。

また、活躍している方の多くは、かなりの読書家なんだなということも改めてわかりました。

アメリカの初代大統領、リンカーンは大の読書家であり、オバマ元大統領もなかなかの読書家なのだそうです。

オバマ大統領の愛読書は、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』。日本人でいうところの司馬遼太郎の本のようなものでしょうか。

さて、1000冊読書をすると何が起きるのか?本書では最後の最後にこう書かれてあります。

====
「1000冊読破」なんて、たやすいことであり、読めば読むほど、「わからないこと」が増えてゆく幸せにひたれるのである。

「1000冊読破」は、意味があるようでもあり、ないようでもある。答えは、これからも読みつづけていく書物のなかに在るはずだ。(242ページ)
====

私自身も毎年かなりの量を読んでいますが、読んでも読んでも飽きず、次の本をまた読みたくなってしまう。

そこに意味があるかと問われると、やはり、意味がないのかもしれないかとも思ってしまいます。

ただ、日々、様々なことを知ることが出来、内面的に充実し、豊かになれるというのは確実でしょうね。


★今回ご紹介した本はこちらからご購入出来ます★
⇒ http://amzn.to/2fGuhWF

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3.日々雑感

今月体験した様々な出来事からいくつかピックアップして紹介する日記的なコーナーです。

・ロアラブッシュ(表参道・フレンチ)@表参道(9月11日)
昭和初期に住宅用邸宅として建てられた西洋館で、旬の素材を生かした創作フレンチを堪能できるお店。アンティーク調で豪華な空間です。

個室で食事。ハト肉を目の前で焼いて切ってくれたりとエンターテインメント性もあります。

その時の動画→ https://youtu.be/Hu33X3J9kJE

・鋼の錬金術師展@東京ドーム(9月15日)
2001年から2010年まで連載されていた漫画「鋼の錬金術師」。

映画化記念の展示会に参加しました。

その時の動画→ https://youtu.be/SbrdTW38X30

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<<編集後記>>
今年から地方に引っ越し。自然が多く、夜も静かです。

何かと刺激の多い東京暮らしもよいけれど、のんびり地方暮らしもそれはそれで良いですね。

「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を
【発行人】あおぞら きりん
【ご意見ご感想】info@unntatu.com
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000125481.html
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ