笑える英語(無料版)

  • ¥0

    無料

いつになったら、気楽にペーパーバックを読んだりできるのでしょう…。このまま、未来のための苦行を続けていたら、一生無理。英語は教科ではなく、スキル(=楽しむうちに身につくもの)です。ひどい英語アレルギーをジョークで癒やした発行者による殿堂入りメルマガで、英語を楽しみましょう。人前で使えるスタンダードジョークにより、日本語に直してしまう悪い癖を「笑って」矯正します。オチを付けるため、実用的でプレインな英語が使われるジョークは学習にうってつけ。楽しく笑いながら、はりきって参りましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
笑える英語(無料版)
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年02月19日
 
発行部数
4,489部
メルマガID
0000127198
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英文読解

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

-- vol.891 -----------------------------------------------------------
 『:)笑える英語(無料版)』―ジョークで笑って英語脳! 2018/2/19号
            【天才肌の営業マン】
----------------------------------------------------- 配信:4,498部 --

ハロー、ヤスヤスです。

これだからフィギュア・スケートって、たまりませんね! 芸術のうっとりと
スポーツのドキドキで冷静さを失っている上に、金と銀(男子)ですから。

しかし羽生選手の精神力はハンパない。大怪我して、オリンピックがぶっつけ
本番になると聞いた時は、あきらめムード漂った私です。

「普通は…」とか「常識では…」とか耳にしたら、すぐ耳をふさいじゃい
ましょう。私たちはみんな、普通じゃないんですから。

では、悪口に聞こえても、はりきって参りましょう。


■ちょっとした準備

よく「小さな仕事もできないヤツに、大きな仕事は任せられない」なんて
名目で、新人に雑用ばかり押しつける先輩っていますね。

先輩の言うことも「もっとも」ですが、でもみんながみんな、そうとは
限りません。小さな仕事は全然ダメなのに、大きな仕事はなぜかできちゃう
人だっています。いわゆる天才肌ってヤツです。

世に「天才」は限られていますが、「天才肌」は結構いますので、もっと
大事にしてあげなければなりません。


■今週のジョーク「天才肌の営業マン」(George is so forgetful)

"George is so forgetful," the sales manager complained to his
secretary. "It's a wonder he can sell and I'm not sure he'll even
remember to come back."

Just then the door flew open, and in bounced George. "You'll never
guess what happened!" he shouted. "While I was at lunch, I met Old
Man Brown, who hasn't bought anything from us for five years. Well,
we got to talking and he gave me this half-million dollar order!"

"See," sighed the sales manager to his secretary. "I told you he'd
forget the sandwiches."

                  (サイト『Basic Jokes』より出典)


■単語の解説  (*印はその前の母音にアクセント)

・forge*tful「[形]忘れっぽい、忘れがちな」
 発音は「フォゲ*ットフル」。

・compla*in「[動]不平を言う、文句を言う」
 発音は「コンプレ*イン」。

・se*cretary「[名]秘書、事務員」

・wo*nder「(この場合)[名]驚くべきもの」
 発音は「ワ*ンダァ」。

・fly「[動](この場合)(飛ぶように)勢いよく動く」
 活用は -flew(フル*ー)-flown(フロ*ウン)。
 ここで fly の補語になっている open は形容詞です。

・bo*unce「[動]弾(はず)む、(弾むように)勢いよく動く」
 発音は「バ*ウンス」。

・guess「[動]推測する、言い当てる」
 発音は「ゲ*ス」。

・old man「[名](しばしば大文字で)親父(おやじ)、亭主、ボス、親方、
権威ある人」
 ここでは形容詞的に使われています。

・get to (something)「…を始める」
 ここでの get は become、to は toward の意味なので、後に動詞が来る
場合は「to 不定詞」ではなく、「-ing 動名詞」が来ることに注意。

・o*rder「[名](この場合)注文、発注」

・sigh「[動]ため息を吐(つ)く」
 発音は「サ*イ」。

───────────────────────────────────
 このメルマガのバックナンバーを元に、まったく新しい教材ができました。

 本好きを作る「アニマシオン」という手法を使い、自力で英語の海を
 泳げるようになることを目指します。美人のジェリカさんによる音声付き。

 SNSで交流しながら、楽しく英語を「練習」していきましょう。

  ★つながろう「笑える英語」 https://waraerueigo.com/
───────────────────────────────────

■右脳向けの適当な訳

"George is           ジョージは…です
so forgetful,"         それは忘れっぽい
the sales manager       その営業部長は
complained           文句を言った
to his secretary.       彼の秘書へ
"It's a wonder         それは1つの驚くべき事です
he can sell          彼(=ジョージ)が売ることができる
and I'm not sure        そして私は確信しない
he'll even remember      彼が覚えてさえいるだろうか
to come back."        戻ってくるよう

Just then           ちょうどそのとき
the door flew open,      そのドアが勢いよく開いた
and              そして
in bounced George.(→※)   ジョージが弾むように入ってきた
"You'll never guess      あなたは決して言い当てないでしょう
what happened!"        何が起こったか!
he shouted.          彼は叫んだ
"While             …の間
I was at lunch,        私が昼食についていた
I met             私は出会った
Old Man Brown,         権威ある、あのブラウンさんに
who hasn't bought       その人は今まで買っていない
anything            何も
from us            私たちから
for five years.        5年間
Well,             それでね
we got to           私たちは始めた
talking            会話すること
and he gave me         すると彼は私にくれた
this              この
half-million dollar      50万ドルの
order!"            注文を

"See,"             ほらごらん
sighed the sales manager    営業部長はため息を吐いた
to his secretary.       彼の秘書へ
"I told you          私は君に告げた
he'd(=would) forget      彼は忘れるだろうと
the sandwiches."        頼んでいた(=the)サンドイッチを


■解題

何が50万ドルの注文ですか。昼休みも、もう終わるってときに、頼んでいた
サンドイッチを忘れるなんて!

業績が上がって、ボーナスが出るにしろ、今の空腹は満たせません。

天才肌の人って、結局誰かに迷惑をかけているわけなんで、ロクでも
ありませんね。

(→※)
臨場感を与えるために倒置されています。本来は“George bounced in.”。


■笑える英語通信

バックナンバーから新教材を制作しています。音声ファイル付き。
 ・第1弾「入門編」は24ジョーク、142ページ
 ・第2弾「立志編」は52ジョーク、430ページ

  ★つながろう「笑える英語」 https://waraerueigo.com/


■スパルタ、音読ジゴク

声に出して、読みまくろう! 『笑える英語』が無料だからといって、軽く
流してはいけません。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(音読ジゴク3大ルール)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.「うまく」(狙うはネイティブ)
2.「英語toイメージ」(イメージしながら。ゼスチャーが出るくらい)
3.「最低10回」(おでこに変な汗が浮かぶまで)
 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

manager は「メァ*ニジャ」、sandwich は「セァ*ンドウィッチ」。

"George is so forgetful," the sales manager complained to his
secretary. "It's a wonder he can sell and I'm not sure he'll even
remember to come back."

Just then the door flew open, and in bounced George. "You'll never
guess what happened!" he shouted. "While I was at lunch, I met Old
Man Brown, who hasn't bought anything from us for five years. Well,
we got to talking and he gave me this half-million dollar order!"

"See," sighed the sales manager to his secretary. "I told you he'd
forget the sandwiches."

 (戻る。10回以上読んだら、下に進む)


 オーケー、最高! いい感じ。今日はこれまで。次号をお楽しみに。


■「笑える英語」のルール

【無料版】:バックナンバーから一部のジョークを紹介。

【目的】: 1)ジョークで笑って、2)勉強より練習に重きを置いて、
      3)日本語を介在させない英語脳を作り、4)ハッピーになる:)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガタイトル:『笑える英語(無料版)』
発行者: ヤスヤス(多摩川の土手ッペリをジョギング中)
メール: waraerueigo@hotmail.com
ホームページURL: https://waraerueigo.com/
掲示板URL: http://waraerueigo.bbs.fc2.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――────
このメールマガジンは『まぐまぐ!』から発行しています。
解除はこちら: http://waraerueigo.fc2web.com/35kaijo.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ