ビジネス真実践

  • ¥0

    無料

◆まぐまぐ大賞2017 受賞【注意!】当メルマガでは、常に営業・マーケティングの本質部分に迫ります。小手先のテクニックを求める方、向上心の無い方、行動力の無い方は、時間の無駄になってしまいますので、絶対に登録しないで下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
ビジネス真実践
発行周期
毎週:火・木午前8:00発行※祝日の場合は翌日
最終発行日
2018年05月24日
 
発行部数
4,448部
メルマガID
0000129545
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビジネス真実践 ~ 実践の中に真実がある

おかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。
おかげさまで、まぐまぐ大賞2017 ビジネス部門


毎週火曜・木曜午前8:00発行 
※但し、祝日の場合は翌朝発行


2018/5/24


        発行者:中久保 浩平

書籍「ビジネス真実践」はこちら
⇒  http://goo.gl/tmmRe


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┌─『目次』───────────────
 │【今回のテーマ】成功事例から学んでも成功しない。
 │【まぐまぐニュース】過去の人気記事
│【あとがき】
 └──────────────────

-------------------------------------------------


■メールマガジンポリシー

ご愛読いただきありがとうございます。
発行者の中久保 浩平です。

このメールマガジン【ビジネス真実践】では、
悩める経営者、ビジネスマンの為に、私自身が、
コンサルタントという仕事を通して実体験から学んだこと、
直接見たり、聞いたり、読んだりしたこと、肌で感じた事、
クライアントとの中で得たもの、などを中心にお送りしています。
従って、簡単にこうすれば儲かる、楽に集客ができるなどという
類の情報は一切配信しておりません。
また今後もそのような情報を配信していくつもりもございません。

ぜひ、みなさまの経営、お仕事、お客様や社内の為にお役立て下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマ

【成功事例から学んでも成功しない】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■答えありきでは得られるものはない。

業績がイマイチという会社やお店の
経営者からのご相談を受けると決まって、

「弊社と同じ業界での成功事例を教えてください。」

というような方が少なからずいます。

「なぜ知りたいんですか?」
って尋ねると、

「ヒントになるからです。」
と応えてくれます。

他社(同業の場合が多い)の成功事例を知ることで、
「どうすれば上手く行くのか?」
「なぜあの会社は成功しているのか?」
そのヒント、秘訣をうかがい知ることができるので、
上手くいっていない会社にとっては
まさに教科書、教材に映るようです。
成功事例満載のビジネス本が売れるのもうなずけます。

ですが、成功事例が正しい教科書、教材であっても
そこには既に完成された答えがあるため、
それ以上の思考や発想力を養うことはできません。

「こうやればいいんだな。」
と、そこでゴールを決め込んでしまい
それ以上のことを考えることが無くなってしまうからです。

ですので、成功事例は、ヒントにこそなれ
思考力や発想力を養う教材にはなり得ません。
視野が拡がるようで拡がらないのです。
行動力がアップするようでアップしないのです。

しかし、成功事例とは逆に失敗事例に目を向けてみると、

・売れるようするにはどのような献策が必要か?
・どの部分を改善し成功へと導けるだろうか?
・うちならこうした失敗をどう乗り切るべきか?

などと思考や発想は多岐にわたるようになります。
「こうすればいい」という答えがそこには無いからです。

実は、こうした答え無き答えを求めようという働きにこそ、
思考力や発想力を養うことができます。


極々当たり前ですが、どのような成功事例も
数えきれなほどの失敗の上に成り立っています。
売れない商品を何度も改良し
ヒットする商品が1つ生まれたとか、
人気メニューが誕生するまでに100品以上のメニューを
開発してきたなど。

ですから、商売やビジネスを他から学ぶなら、
単に成功事例を見聞きするだけでなく、
その裏にある失敗事例へも目を向け、
全体のバランスを見るようにすることがとても大切です。

他社やあるいは自社の成功事例だけでなく、
失敗事例に目を向けてみましょう。

きっと、今まで見えていなかったことや新たな発見、
問題を解決するヒントがたくさんあることに気がつくはずです。

そして何よりそのことによって商売やビジネスをする上で
必要な地力が養われていきます。


■今日のまとめ

『成功事例だけでは得るものはない。』

・自社、競合他社の失敗例を集める。
・集めた事例を基に社内で改善策、施策を立てる。
・書籍 ビジネス真実践
⇒ http://goo.gl/tmmRe


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今回の「ビジネス真実践」はいかがでしたでしょうか?
ご意見・ご感想など、ぜひお送り下さい。
ご遠慮なくどうぞ→ info@ner-rap.com

※このメルマガは著作権により保護されています。
従って、許可無く内容をWEBサイトやメールマガジンへ転載
することを原則として禁じています。
但し、発行した内容が、同僚・部下、上司、取引先様等へ伝えることが
役に立つというのであれば出典先を「ビジネス真実践」と明らかにして転載して
下さい。その際ご一報下さると幸いです。


■まぐまぐニュース
ビジネス真実践 アーカイブ
http://www.mag2.com/p/news/tag/ビジネス真実践

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【あとがき】

成功事例は耳障りも良くウケがいいです。
わくわくする人も多いです。
ですが、それまで、というのがほとんど。

成功事例以上の突き抜けた成功をする人は
ほとんどいません。

結局、猿真似で終わり、
そのレベルで満足しているからです。

答えなき答えを導き出し、ビジネス力をつけるのは
失敗からしか学べません。



▼音声ドラマ!

ダメリーマンが世界を?いや、会社を救う!?

世界は救いませんが、とある会社を救います(笑)


営業成績ビリケツのサラリーマンが、
ちょっとづつ「気づき」ながら、
しかし、確実に成長していくという、
ちょっとためになるショートストーリーです。

そんなストーリーを『全話完全音声』収録しましました。


ラジオドラマを聴いている感覚で、是非お楽しみください!

僕もちょい役で出演させてもらいました(笑)

http://book.dmm.com/detail/b671agobs00171/



▼こちらは原作本です。

「お荷物ダメリーマンときどきエリート
    ~ところてん男子90日の戦い」
http://goo.gl/USmXVe





▼「ダメリーマン、読みたいけどスマホで読めない!」
という方へ・・・
スマホやタブレット端末で電子書籍を読むには?
をブログにアップしましたので、ご参考ください。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11770090856.html


▼こちらは、ipadやiPhoneで最も手間がかからず 「ダメリーマン」
を読むには?という記事をアップしました。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11785622506.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2008-2018 kohei nakakubo All Rights Reserved.

※まぐまぐさん、いつも配信システムを使用させて頂き
ありがとうございます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ