ビジネス真実践

  • ¥0

    無料

【注意!】当メルマガでは、常に営業・マーケティングの本質部分に迫ります。小手先のテクニックを求める方、向上心の無い方、行動力の無い方は、時間の無駄になってしまいますので、絶対に登録しないで下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ビジネス真実践
発行周期
毎週:火・木午前8:00発行※祝日の場合は翌日
最終発行日
2017年07月20日
 
発行部数
4,427部
メルマガID
0000129545
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビジネス真実践 ~ 実践の中に真実がある

おかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。
毎週火曜・木曜午前8:00発行 
※但し、祝日の場合は翌朝発行


2017/7/20 


        発行者:中久保 浩平


書籍「ビジネス真実践」http://goo.gl/tmmRe



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┌─『目次』───────────────
 │【今回のテーマ】顧客満足と商品価値
 │【まぐまぐニュース】過去の人気記事
│【あとがき】
 └──────────────────

-------------------------------------------------


■メールマガジンポリシー

ご愛読いただきありがとうございます。
発行者の中久保 浩平です。

このメールマガジン【ビジネス真実践】では、
悩める経営者、ビジネスマンの為に、私自身が、
コンサルタントという仕事を通して実体験から学んだこと、
直接見たり、聞いたり、読んだりしたこと、肌で感じた事、
クライアントとの中で得たもの、などを中心にお送りしています。
従って、簡単にこうすれば儲かる、楽に集客ができるなどという
類の情報は一切配信しておりません。
また今後もそのような情報を配信していくつもりもございません。

ぜひ、みなさまの経営、お仕事、お客様や社内の為にお役立て下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマ

【顧客満足と商品価値】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■潜在的満足を顕在化する



販売や営業をしていると

お客さんは、目の前にある商品そのものを求めていると思っていませんか?



確かにお客さんは目の前にある商品を求めて購入します。

ですが、そこには、その商品を必要とする理由があります。
いわゆるニーズやウォンツといったことです。

それこそが、お客さんが感じる商品に対する価値観です。

その価値観を察知することが第一線の現場ではとっても重要です。

「いわれなくても、当たり前じゃ!」
「それぐらいのことわかってますよ。」

って反論されそうですが、
頭でわかっているだけで、いざ、売り場や営業している場面、
宣伝文句なんかを見てみると、

「ほんまにわかってますぅ?」

というところは、結構多いものです。


目の前の商品が売れればそれでいいじゃん。
サービスを利用してもらったんだからそれで良くね?
たくさんご来店くださってるんだからいいじゃないですか。

で済ませている会社やお店がそうです。


マーケティングには定義がありませんが、
売れればそれでいい、お客さんが集まればいい、
または、そういう仕組みを作ればOK、
というのがマーケティングではありません。


たとえば、新しい洋服を買いにいきました。
デザインも色も好みで試着するとサイズもピッタリ。

店員さんからも
「よくお似合いですわ~。これからのシーズンにも
ピッタリなんですよ。」

と話しかけられ、すっかりご機嫌。
で、そのまま購入。

よくあることです。
確かにこれでOKなのかも知れません。


ですが、そのお客さんはまたそのお店に帰ってくると思いますか?
商品ではなく、お店のファンになってくれるでしょうか?
その確率はどれくらいでしょうか?

この確率をどうやっていけば自然と上がっていくのか?

ってことを考える必要があり、
実際に考えたことを実践していく、
これがマーケティングです。

本当に繁盛しているお店や会社はこのことを十分に理解しています。


確率を自然と上げていくには、お客さんを誘導したり、
煽ったりといったテクニックでは絶対に通用しません。

そんなものではなく、

お客さんが感じる商品価値に対して理解を一歩深めることが
ポイントになります。

たとえば、先ほどの洋服店の場合だと、
お客さんが試着して気にいって満足しているということ以上に、

実際にその洋服を着て出かけた先で友人や家族から

「その服、いいね。」
「おしゃれだね。」

という褒められる。

あるいは、

「気分が落ち込んでいたけど、その服を着れば
気分転換になって、気が少し晴れた。」
などというところに商品価値がある、ということを知る、

ということです。


つまり、商品は、お客さんの中で物質的な価値以上に
価値あるものとして感じているということです。

そのことを知っておくと、

「よくお似合いですわ~。」

なんて誰でもできるトークで終わることなんてありません。
もっと他に伝えるべきことがあることが解ります。
※あなたならどのようにこのお客様へ話しかけますか?
考えてみてください。


これはサービス業にも言えること。

たとえば、肩こりがひどくてマッサージに行きました。

確かにマッサージを受けると気持ちがいい。
コリも取れ、体もらくになり、すっきりしました。

でも、ほんとの価値は”気持ちがいい”とか”コリが取れてすっきり”
ということではありません。

マッサージを受け、肩こりが治ったことによって、
デスクワークが今まで以上にはかどるようになった。
それに伴い集中力も上がるようになった。

足のむくみだと、”むくみが取れてスッキリした”
というのが価値ではなく、

むくみが取れたことによって、立ち仕事が辛くなくなった。
あるいは、お気に入りのブーツがはけるようになった。

など、マッサージそのものによる快適さ以上に
価値を感じているのです。


英語が話せるようになりたい、
→ 話せるようになった満足ではなく、話せるようになって
どうなったか?海外の友達を作りたい、留学したい、就職に有利・・・

痩せたい
→ 痩せたという事実だけでなく、痩せたことによって
どうなったか?好きな服を着れる、モテルようになる・・・

美味しいものを食べたい
→ 美味しいという満足ではなく、美味しいものを食べてきた
ということを友達に話したいとか、自慢したい・・・


など、どこでもいえることです。


まとめてみると、
お客さんにとって商品やサービスの価値というのは
物質的や時間的な満足だけでなく、さらにその先にある
満足なのです。
潜在的に持っている満足なのです。


従って、商品やサービスそのものに対する価値ではなく、
その先にある、それ以上の価値を察知し、
伝えていくことができると
お客さんから選ばれる確率も自然と高まっていくのです。

潜在的に感じている満足を顕在化しお伝えしていくことです。


簡単にいうと・・・

「えっ、そこまで考えてくれてたんですか?」

というようなことをお客さんから言われるようになることです。

そんなことが、信頼関係を育んでいき、選ばれる人、お店、会社になるのです。

結果、顧客満足No1となるのです。



■今日のまとめ


『お客さんが商品やサービスに対してどんな価値観を持っているかを感じとる。』


・自社の商品(あるいはサービス)を列挙する。
・列挙したものにお客さんはどのようなところでどのような価値を感じているか?
考えノートにまとめる。社内でも共有する
・書籍「ビジネス真実践」はこちら
⇒  http://goo.gl/tmmRe

・「ビジネス真実践」まぐまぐニュース人気記事
⇒ https://goo.gl/RMhmaF



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


営業戦略・マーケティング戦略
プランニングサポート
コンサルティング

ner-rap(ネアラップ)
http://ner-rap.com/



■今回の「ビジネス真実践」はいかがでしたでしょうか?
ご意見・ご感想など、ぜひお送り下さい。
ご遠慮なくどうぞ→ info@ner-rap.com


※このメルマガは著作権により保護されています。
従って、許可無く内容をWEBサイトやメールマガジンへ転載
することを原則として禁じています。
但し、発行した内容が、同僚・部下、上司、取引先様等へ伝えることが
役に立つというのであれば出典先を「ビジネス真実践」と明らかにして転載して
下さい。その際ご一報下さると幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■まぐまぐニュースで「ビジネス真実践」を
取り上げていただいてます。

ご確認頂いたうえで、よろしけばお友達や同僚、
取り引き先様などへも教えてあげて下されば幸いです。

過去の人気記事
⇒ https://goo.gl/RMhmaF



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【あとがき】


お客さんのニーズやウォンツに応えること、
というのは最低条件であり、どこでもやってることです。

その半歩、一歩先を察知することが
どこかではなく、あなたの会社、お店、
あるいはあなた自身が選ばれるためには
必要なことなのです。


お客さんは常に選択をしています。

その選択基準として

お客さんでさえ分からなかった商品価値というものを
伝えることです。

商品、サービスそのものではなく
その先を見ていれば難しいことではありません。

ぜひチャレンジを。



▼音声ドラマ!


ダメリーマンが世界を?いや、会社を救う!?

世界は救いませんが、とある会社を救います(笑)


営業成績ビリケツのサラリーマンが、
ちょっとづつ「気づき」ながら、
しかし、確実に成長していくという、
ちょっとためになるショートストーリーです。

そんなストーリーを『全話完全音声』収録しましました。


ラジオドラマを聴いている感覚で、是非お楽しみください!

僕もちょい役で出演させてもらいました(笑)

http://book.dmm.com/detail/b671agobs00171/



▼こちらは原作本です。

「お荷物ダメリーマンときどきエリート
    ~ところてん男子90日の戦い」
http://goo.gl/USmXVe



▼「ダメリーマン、読みたいけどスマホで読めない!」
という方へ・・・
スマホやタブレット端末で電子書籍を読むには?
をブログにアップしましたので、ご参考ください。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11770090856.html


▼こちらは、ipadやiPhoneで最も手間がかからず 「ダメリーマン」
を読むには?という記事をアップしました。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11785622506.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2008-2017 kohei nakakubo All Rights Reserved.

※まぐまぐさん、いつも配信システムを使用させて頂き
ありがとうございます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ