毎日スキルアップ通信

  • ¥0

    無料

ビジネスのスキルアップに必要な種々のノウハウややる気の元を平日9時にお届けしています。あなたの能力はもとより、自己改革への動機づけ、モチベーションアップなど、日に日に向上していく自分を発見することができるメルマガです。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日スキルアップ通信
発行周期
平日日刊
最終発行日
2017年09月19日
 
発行部数
12,482部
メルマガID
0000130996
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > ビジネスマナー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

======================================
毎日スキルアップ通信
     2017年9月19日(火)
     あなたの夢の実現を応援します
     平日日刊 中小企業診断士 川野圭介
======================================

今月のテーマ
【創業】

  第1週 9/ 4(月)~9/ 8(金)「創業に向けて」
  第2週 9/11(月)~9/15(金)「決断する」
○第3週 9/19(火)~9/22(金)「マーケティング編」
  第4週 9/25(火)~9/29(金)「第2ステージへ」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 マーケティング編【第1回】
 『儲けるための基礎知識』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 起業して3年後も経営を続けることができてい
る人は7割、10年後も経営者の立場であり続ける
ことができている人は1割とも言われています。

 数字だけみると、起業して成功するのは難しい
と言えるかもしれません。

 でも、それには理由があるのです。
 起業される多くの方は、それまで経営の経験が
ありません。

 経営に関してまったくの素人であり、手探り
状態で利益を追求しなければいけないからです。

 信用もブランドも持たない状態から顧客を獲得
するのは大変です。

 経営者になってからは、これまでのサラリーマ
ンとして働いていた経験やスキルはあまり役に立
ちません。

 その一方で10年後も事業を続けていることが
できている人もいます。

 きっと彼らは経営者が何たるものか学んでいた
り、あるいは一度、会社経営の経験をしたことが
ある人たちではないでしょうか。

 起業後に売上を拡大していくためには経営者と
しての意識や知識が必要なのです。

 たとえば魚を獲るためには海や川の状況把握、
魚によって異なる習性、食いつきのよいえさの
選定方法、魚を獲るための道具の知識やノウハウ
が必要になります。

 商売を始めるときも同じです。
 儲け続けるためには環境分析や市場の絞り込み
あるいはポジショニングなどに関する知識や方法
を学ぶ必要があります。


 マーケティングという言葉は誰でも知っている
と思います。

 でも、マーケティングの意味を小学生でも理解
できるようにわかりやすく説明しなさいと言われ
ると困る人も多いのではないでしょうか。

 一般的には「マーケティング」は次のように
定義されています。

「顧客が真に求める商品やサービスをつくり、
 その情報を届け、顧客がその商品を効果的に
 得られるようにする活動や、そのすべてを
 表す概念」

 マーケティングを勉強している人にはウンウン
とうなづける説明ですが、たいていに人には、
ピンとこない説明です。

 マーケティングの目的は何かを考えればいいの
です。

 つまり、マーケティングとは「儲けるための方
法」なのです。


「儲け話がありますよ!」
「え、ほんとに!」

 と、うまい具合にいけばいいのですが、本当に
儲ける話だったら誰も他人のあなたに話すはずが
ありません。

 そもそも実際に儲かる話など、人は教えてくれ
ません。

 「儲け話」はないけれど、「儲かる方法」を
自らつくり出すことはできます。

 そのために、マーケティングはあるのです。

 まず、儲けるためのネタ探しから始めます。

(1) 顧客が抱えている問題とは何か
(2) 顧客が望むべき解決方法は何か
(3) 問題を解決することによる顧客のベネフィッ
  ト(利益)は何か

 顧客が現在、真に抱えている問題点まず洗い出
します。

 その問題点を解決する方法は顧客が望むもので
なければいけません。

 たとえばダイエットは顧客が抱えている問題と
いえます。

 その解決法として食事制限を提供したとしても
顧客にはそれを受け入れてはもらえないでしょ
う。

 なぜなら、食事制限が効果的な解決方法である
ことは誰もが知っています。しかもそんな大変な
思いはしたくないというのが本音だからです。

 仮に、美味しいものを食べながら楽にダイエッ
トできる方法を提供できたなら、それこそが顧客
にとってベネフィットということができます。

 顧客のニーズやベネフィットが明らかになった
ら、次に行うべきことは、現在のその市場におい
てすでに儲けている企業のビジネスモデルを調査
することです。

 競合他社のビジネスモデルを徹底的に調べるこ
とで、その市場において、どのような方法を用い
れば、高い利益を得ることができるか知ることが
できます。

 昨今ではインターネットを活用したビジネスの
展開を図る企業がたくさんあります。

 まずは自身がその顧客になってビジネスモデル
のすべてを細かく調べ上げましょう。

 ビジネスモデルのなかで特に有効に機能してい
る部分を参考にします。

 これらに自らの独自性を加えることで、比較的
容易に、競合他社のシェアを奪い、儲けるための
ビジネスモデルを組み上げることができるので
す。


本日の参考図書

『起業して儲けるためのマーケティング戦略』
 村沢竜一 Kindle 価格:250円
      Kindle Unlimited:読み放題対象
 http://amzn.to/2f3peeW



------------------------------------------------------
【今週の新刊ご紹介・プレゼント図書】 

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう新版』
 トム・ラス
(1,944円 日本経済新聞出版社 2017.4.13)
 http://amzn.to/2hcidsC
------------------------------------------------------

 人は、短所の克服よりも、長所を伸ばすことに
エネルギーを使った方が、何倍もの成長を手にす
ることができます。

 ところが、現実の世界では、人は仕事に取り組む
とき、自分の最も得意とする技術やスキルを使っ
ているかというと、3分の2の人たちがそう思って
いないことが調査でわかっています。

 最も得意なこと、すなわち自分の強みに専念す
る機会のない人が払う代償は大きいと言えます。

 1000人以上を対象にした最近の調査で「自分の
最も得意とすることを行う機会を毎日持っている
か」という質問に「まったくそう思わない」と答
えた人のうち、仕事に意欲的で生産的な人はただ
の1人もいませんでした。

 これとは対照的に、毎日強みに取り組む機会が
ある人は、ない人よりも6倍も意欲的かつ生産的
に仕事に打ち込んでいるという結果が出たので
す。

 ほとんどの学習プログラムは「本当のあなたで
はない人」になるための支援を目的としていま
す。

 私たちは「強み」よりも「欠点」のために多く
の時間を割いています。

 「何にでもなりたいものになれる」というアメ
リカンドリームはこの際捨て去った方がいいでし
ょう。

 あなたが「強みゾーン」にいないとしたら何が
あなたに起きているでしょうか。

 簡単にいえば、まったくの別人になっているの
ではないでしょうか。

 あなたが職場で抱く仕事への意欲や生産性は、
強みを活かしている人に比べてその6分の1に
とどまっているはずです。

 職場で自分の強みを発揮できないとなると、次
のような状態に陥っている可能性があります。

・仕事へ行くのが不安だ
・顧客をないがしろにする
・前向きには考えられず、創造的でなくなる

 「強みのゾーン」にいないと、仕事だけでなく
人間関係や健康にも深刻な影響が及びます。


 本日、ご紹介しました
『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう新版』
 トム・ラス
(1,944円 日本経済新聞出版社 2017.4.13)
 http://amzn.to/2hcidsC
を1名様にプレゼントします。


ご応募はこのメルマガに返信する方法でお願い
します。

その際、ペンネームと簡単なメッセージを添え
てください(*ペンネームとメッセージは公開す
ることがあります)

たくさんのご応募をお待ちしております。
締め切りは9月24日(日)正午までとします。
当選者は、9月25日(月)に発表します。



--------------
当選者発表
--------------

先週紹介しました
新刊プレゼント
『アイデア』アイデアはどこからやってくるのか
 加藤昌治1,620円(CCCメディアハウス2017.3.1)
 http://amzn.to/2wS9AuN
の当選者はT2ロケットさんでした。
おめでとうございます。



-------------
編集後記
-------------

台風18号が全国縦断し、宮崎市は台風の目の通過
点だったのですが、中心より離れた外縁部分の
地域の方が雨風は強く、各地にその爪痕を残した
ところです。被災され方が一日も早く普段の生活
に戻られますようお祈りします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【毎日スキルアップ通信】

 毎日スキルアップ通信のTwitterができました。
 フォローしてくださいね。
 ⇒ https://twitter.com/mainichiskill


今日も一日いい日でありますように^^

ぐ) メールアドレス
( ヲ kou の後に @johou.net を付けてね
     
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『登録:解除』
まぐまぐ 
http://archive.mag2.com/0000130996/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ