ITでらくらく建設業

  • ¥0

    無料

現場監督のできるITコーディネータが現場・建設業によく効くIT関連情報を提供するものです。建設業関連におつとめの方、建設業に興味のある方、ぜひご一読下さい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ITでらくらく建設業
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月18日
 
発行部数
109部
メルマガID
0000132138
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ITでらくらく建設業 Vol.731

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 おはようございます。森下です。

 金融業界が厳しい状況にさらされています。大手5行の決算は本
業の利益をします業務純益は減少し続けており、店舗のリストラを
進めています。また三井住友銀行と三菱UFJ銀行はATMの手数
料の相互無料化の検討を始めました。みずほも参加したいところで
すが、通帳の仕様が異なるためにすぐにはできないようです。

 主要20地銀の決算も同様に厳しい状況にあります。ふくおかフ
ァイナンシャルグループの十八銀行統合は公正取引委員会の許可が
降りていない状態ですが、地銀の統合はある程度までは進まざるを
得ない状況になっていると思います。スルガ銀行のリスク軽視の融
資、改ざんに対するモラルの欠如は決して許される内容ではありま
せんが危機的状況の悪い形として認識する必要があると思います。

------------------------------
・建設業を取り巻くIT(3週間に1回)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃このコーナーでは、建設業を取り巻くIT技術やトピックスを┃
┃ご紹介します。「現場でIT」「建設業を取り巻くIT」「建┃
┃設業に役立つホームページ」を週替わりでご紹介します。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
K244 公式サイト構築(再構築)(その20)

 前回に引き続き、掲載内容の具体的な話です。今回は更新情報の
中でも重要な施工事例に関するお話しです。

 建設会社のメインコンテンツといってもいいと思う施工事例です
が、意外と情報量が少ない傾向があります。もちろん、施主様のご
意向で情報が公開できない場合も少なくないですが、載せれる情報
に変換すればいいのにそれができていない可能性がありそうです。

 まずは、公共工事と民間工事に分けて、それぞれの掲載内容につ
いてお話しします。

(1) 公共工事

 こちらはほとんどの情報が公開されていますので、載せにくい情
報はないと思います。発注者、設計者、工期、工事概要・工事数量、
工事場所、施工担当者の声といった項目で掲載できます。この中で
施工担当者の声は完全なオリジナルコンテンツであり、自社の魅力
を表現できる最大の場所だと思います。工事場所に関しては実際の
場所に見に行くことが可能であれば、Google Mapのような地図を掲
載しておくとよりよいです。ある程度時期がたてば、ストリートビ
ューでその建設物をみることも可能になると思います。

 工事の難易度や近隣住民との対話、協力業者との共同作業などた
とえ元請でなくても記載できることはいろいろあります。写真は発
注者に確認する必要はありますが、よほど内部の詳細な情報でもな
い限り掲載できないものは少ないと思います。できれば、完成時だ
けでなく、施工状況、特に施工時の実際に社員が働いている姿が掲
載されるほうがより説得力が増すと思います。

 また、優秀な工事が多ければ、工事成績評定点を表記するのもい
いかもしれません。表彰もされているのであれば、その掲載も行う
のは自社を評価してもらうためにも有効です。

(2) 民間工事

 こちらは規模が大きいモノや公共性の高いモノであれば、いずれ
は一般の人の目に触れるものなので掲載は難しくないでしょう。た
だし、戸建て住宅や工場といったプライバシーや企業機密に触れる
ようなものは表現をぼやかす必要があるかもしれません。逆に場所
の特定や用途の特定ができなければ、掲載はできないわけではあり
ません。

 先ほど同様、発注者、設計者、工期、工事概要・工事数量、工事
場所、施工担当者の声を掲載する際に発注者をA氏とか金属加工業
といった表現として、場所も市町村レベルでとどめる。写真も掲載
できれば行うが難しければ、イラストや近接で部分的な写真とする
などの工夫を行いましょう。

 また、専門業者の場合でも、その部位にとどまらず、建設物全体
の紹介をすることをお勧めします。建設物は全関係者の努力のかた
まりです。1部といえ、それがなければ建設物は完成しません。「
俺たちがいたから完成した」ぐらいの気持ちで掲載してください。
(もちろん、元請の許可はもらってくださいね。)

 次に掲載方法です。数が少ない場合は、とりあえず、竣工の新し
い順番に掲載していってください。ある程度の数になると1ページ
では収まりにくくなります。年度ごとに掲載ページを分けていきま
しょう。

 また、企業によっては様々な業種や地域、工種の仕事を行ってい
ると思います。その場合は、戸建て住宅、マンション、ビル、工場、
道路、鉄道、トンネル、橋梁、ダムといった施設の用途別や地域別
で分けて表示できるようにしましょう。専門業者の場合であれば、
工種や施工目的別での分類もあると思います。

 検索できるような仕組みが理想ですが、一覧表から詳細にリンク
を貼るような形式にすれば、普通のサイトでも作成は可能だと思い
ます。その際にできれば、実績はあるけど詳細は掲載できない工事
実績も掲載しましょう。せっかく、工事を行ったのにどこにも載せ
ないのはもったいないです。

 個人住宅のように発注者が掲載できない場合は発注者空欄で、○
○市、台所リフォームといった表現だけでもいいですし、件数が多
ければ、年度ごとで工事内容別に集計した件数だけを載せることも
有効です。どれだけ多くの工事をどの場所で行っているかは新しい
顧客にとっては重要な情報なのです。

 「地域No.1の実績」といった文言をトップページに掲載されてい
るサイトはよく見かけますが、実際の結果を掲載しているところは
少ないです。本当であれば、市町村別での施工実績数ぐらいは載せ
たほうがいいと思います。

------------------------------
・略語勉強会
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃このコーナーでは、建設業・ITに係わる略語をわかりやすく┃
┃説明します。                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
R731

 JSON(ジェイソン)
 (JavaScript Object Notation)

 直訳するとJavaScriptの物体表記法ですが、いろいろなプログラ
ムでやりとりすることができるデータ交換形式です。Webアプリ
でのデータのやりとりでは標準形式に近い状態で認知されています。

------------------------------
詳しいご相談・お問い合せは、下記アドレスよりどうぞ。
メールでのご相談は無料です。

■発行元    : MINTS(ミンツ)
■発行元URL : http://www.mint-s.jp
■執筆者    : 森下 裕史(hiroshi.morishita@mint-s.jp)
          ITコーディネータ、技術士(建設部門)
          中小企業診断士

   共著:目指せ!シスアドの達人 発売中
   http://www.booknest.jp/detail/00001558

●中小機構 窓口相談の予定日・予約方法は下記をご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/chubu/manage/consult/schedule/index.html
------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ