使えるビジネス心理学

  • ¥0

    無料

経験豊富なカウンセラーがビジネスシーンで“使える心理学”を経営者の立場から、上司の立場から、部下の立場からと様々の角度からご紹介します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
使えるビジネス心理学
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月13日
 
発行部数
2,527部
メルマガID
0000132820
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●------------------------------------------------------------------●
    使えるビジネス心理学 【 197号 】
                       by Counseling Service
●------------------------------------------------------------------●

ビジネスシーンで使える心理学を経営者の立場から、上司の立場から、
部下の立場からと様々の角度からプロカウンセラーがご紹介します。
※http://www.counselingservice.jp/lecture/category/business/
※2017年8月末までのバックナンバー: http://ameblo.jp/tukaelbusiness/


----------------------------------------------------------------------
今週のテーマ
■ 職場の対人関係を楽にする、3つの視点(前編) ■
----------------------------------------------------------------------
                        講師:成井裕美


【職場の問題の9割は、対人関係である】

そうよく言われますが、実際に、下記のような調査が行われたことがあります。

-------------------------------
2015年12月1日からの「ストレスチェック制度」の施行に伴い、リサーチ会社
の株式会社マクロミルが、20歳~59歳までの働く男女1000名を対象に、2015年
11月20日~11月22日の期間、インターネットで「ストレス実態調査」を実施
(有効回答数は1000名)
働く男女の86%が「ストレスを感じている」と回答。
そのストレスの原因は「仕事、職場の人間関係」が多数となった。

・働く男女1000人ストレス実態調査
http://www.macromill.com/r_data/20151127stress/index.html
-------------------------------

会社の規模や、自営か会社員か?に関わらず、私たちが「仕事」をする上で、
どうしても避けて通れないのが「対人関係」ですよね。

「会社に行きたくない」
「仕事の事を考えるのが憂鬱」
「職場の雰囲気が悪い」
「仕事に喜びを感じれない」

そんな悩みから、体調不良やひどい場合はうつ病になるケースも、カウンセリ
ングでお話を聞いていくと多くの場合は
上司や同僚、取引先との対人関係や、セクハラ・モラハラと言われるような理
不尽な相手との関係性や不当な扱いをする、
あの「○○さん」へのストレスというというところに行き着くことが多くあり
ます。

出会う相手全員と信頼関係を築き、心を通じ合わせることができるならば、そ
れほど素敵なことはありませんが、なかなか「みんな仲良く」というのは難し
いもの。

しかし、ほんの少しだけ「視点を変える」だけで、対人関係の問題の解決策を
引き出すことができます。

今回は「前編」「後編」に分けて、『対人関係を楽する、3つの視点』につい
てお話したいと思います。


●視点1:「行動の”理由”」にフォーカスする

対人関係でのストレスが少ない人や、人間関係を気づくの上手な人がごく自然
と行っておるのが、
相手の言葉や行動そのものを受け止めて振り回されるのではなく、相手のその
【行動の”理由”にフォーカス】している、ということです。

例えば職場に、あなたにキツく当たる上司がいたとします。
例えばあなたが何かミスをした時に、まるであなたの人格までをも否定するか
のごとく叱責されたり、、
あなたの頑張りや成長を評価してくれるでもなく、「ほんとに大丈夫なの
か?」「次は失敗するなよ」と信頼を感じることができない。

そんな上司から今日もまた、助言やアドバイスではなく「叱責」という形で指
導を受けた。

・・・そんな場合、あなたならどう感じるでしょう?


多くの人は、相手があなたを否定したその「言葉」や、信頼のない態度で接し
てきたその「行動」を受け止める為、、
「なんであんな態度を取られなきゃいけないんだ!」
「腹が立つ!」「気分が悪い!」
と相手に対して不満や怒りを感じることでしょう。

しかし、相手の「行動の”理由”にフォーカスする」人はこんな風に捉えます。

「何が、あの人にこのような行動を取らせているのだろう?」
「何があれば、あの人はあんな行動を取らずに済むのだろう?」


叱責されて「俄然、やる気出てきた!」という人の方が稀ですから、
通常は部下を育てる意味でも、正しい方向に導く意味でも、「叱責」という行
動での指導には意味がありませんよね?

しかし、あの上司には良くも悪くも「その表現方法を取るなりの”理由”があ
る」訳です。

その、相手の「行動の”理由”」にフォーカスすることで、相手の状況や気持
ち、相手のニーズに目を向けることができますし、
それを理解することで、「相手を動かす為のアイデア」が浮かびやすくなりま
す。


もしかしたらその上司は、昔自分の上司から同じような扱いをされていたので、
「叱る」という形でしか部下の育て方を知らないのかもしれません。

もしかしたらその上司は、部下のミスに関し、自分の上からの評価が下がる事
や、更に上の上司から起こされることに関し不安を感じ、ヒステリックになっ
ているのかもしれません。

もしかしたらその上司も、別のことでストレスが溜まっており、あなたに八つ
当たりしているだけなもかもしれません。


「何が、あの人にこのような行動を取らせているのだろう?」

その”理由”が分かれば、私たちは相手の言動によって自分の存在や価値を否
定されたと傷つくことことも、振り回されることも減ります。


「何があれば、あの人はあんな行動を取らずに済むのだろう?

今、自分と相手との間に、信頼関係が結べない”理由”が分かれば、「じゃあ、
こんな風にしてみたらどうだろう?」と、相手の好ましくない行動を変えても
らう為にできること、を見つける事ができます。

もし相手が、一方的にあなたに辛く当たってきている時には、相手の中で「あ
なたに対する誤解や思い込み」があり、それが相手の「行動の理由”」になっ
てるケースも多くあります。
そうした場合は、相手にそれに気づいてもらうように促すことで、人間関係を
改善に導くことが可能になります。

その時にも今回の視点は有効ですので、お試し下さいね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎成井裕美

大阪地区担当カウンセラー
親子や対人関係、恋愛の問題、コミュニケーション、死や性に関する問題やよ
りよい自分になる為の自己改革まで、あらゆる問題の底にある人生の絶望的な
部分や隠された怒りを得意とする。
感情・感覚・理論をフルに使った心理分析や分かりやすいレクチャーには「な
んでそこまで分かるんですか!?」と深い気づきや、前向きな気持ちを持てる
と支持を集める。
“誰でも本当は問題を乗り越える力を持っている”という信念を持ち、その人
が持っている本当の力や才能を引き出しサポートするカウンセリングを行う。

□成井裕美のブログ&プロフィールはこちら
            < http://blog.livedoor.jp/cs_narui/>


★初回無料!(名前)の電話・面談カウンセリングのご予約は
 カウンセリング予約センター 06-6190-5131まで
(受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■□ 講演・執筆のご依頼を承ります 
□ ご希望の方は< info@counselingservice.jp >にお問い合せください ■
■□


●------------------------------------------------------------------●
「使えるビジネス心理学」への、ご意見、ご感想、ご要望をお寄せください。
お待ちしています。
Mail: < info@counselingservice.jp >
○------------------------------------------------------------------○


★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆
   カウンセリングのご案内          

◎初回無料!電話カウンセリング
 60名以上の心理カウンセラーを初回無料でお試しいただけます。
  < http://www.counselingservice.jp/service/service-muryo.html >

○ 東京・大阪・名古屋・福岡他で面談カウンセリング
  < http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html >

◎あなたのお気に入りカウンセラーを見つけよう!
  < http://www.counselingservice.jp/fromus/fromus.html >

    電話受付時間:12:00~20:30(月曜日定休日、月曜祝は翌日)
     予約センター:06-6190-5131
      個人カウンセリングは年中無休。土日祝も営業中!

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆


●------------------------------------------------------------------●
   面談カウンセリングのご案内        
○------------------------------------------------------------------○

☆ご利用いただいたお客さまの声☆
「今までわからなかった疑問が一気に解消した」
「カウンセリングを受けたら目からうろこの連続でした」
「面談が終わったとき、心が軽くなっているのを感じました」

◎詳しくはHPをご覧ください☆
 < http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html >
○ご予約は、カウンセリング予約センター06-6190-5131まで
   (受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)


●------------------------------------------------------------------●
   心理学ワークショップのご案内
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリングサービスの心理カウンセラーが、毎回異なるテーマを
取り上げて行うワークショップです。
自分を見つめるために、自分をより知るために、恋愛、ビジネス、家族、
対人関係に役立てるために、ぜひお越しください。
 < http://www.counselingservice.jp/workshop/index.html >


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリングサービスのメルマガ       
○------------------------------------------------------------------○

 ◎カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座◎
   ○すぐに役立つ心理学を週2お届け
    >>> < http://www.counselingservice.jp/ml/ml2.html >

 ◎毎日読める★恋と仕事の心理学 ◎
   ○あなたの恋と仕事をバックアップします。
    >>> < http://www.counselingservice.jp/ml/ml.html >


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリング予約センターのTwitterのご案内
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリング予約センターのTwitterを開設しました。
予約センターのお休みや、予約開始日のご案内、満席情報などを
つぶやいております。
https://twitter.com/cs_yoyaku
よろしければフォローお願いします。


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリングをご利用の皆さまへ
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリングサービスより、予約メール登録のご案内です。
< http://www.counselingservice.jp/cs-mailcampaign.html >
どうぞ、お申込みいただきますようご協力お願いいたします。


----------------------------------------------------------------------

 発行: カウンセリングサービス
 URL : < http://www.CounselingService.jp/ >
 Mail: < info@counselingservice.jp >

カウンセリング予約センター:06-6190-5131
 お問合せTEL : 06-6190-5611(神戸メンタルサービス)
     FAX : 06-6190-5612
 大阪: 〒564-0063 吹田市江坂町1-23-17-602
 東京: 〒141-0001 目黒区駒場4-6-8
 営業時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 Copyright (C), 2001-2016 カウンセリングサービス
 ※掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。

----------------------------------------------------------------------
◎使えるビジネス心理学のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000132820.html
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ