使えるビジネス心理学

  • ¥0

    無料

経験豊富なカウンセラーがビジネスシーンで“使える心理学”を経営者の立場から、上司の立場から、部下の立場からと様々の角度からご紹介します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
使えるビジネス心理学
発行周期
不定期
最終発行日
2018年04月18日
 
発行部数
2,461部
メルマガID
0000132820
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●------------------------------------------------------------------●
    使えるビジネス心理学 【 225号 】
                       by Counseling Service
●------------------------------------------------------------------●

ビジネスシーンで使える心理学を経営者の立場から、上司の立場から、
部下の立場からと様々の角度からプロカウンセラーがご紹介します。
※http://www.counselingservice.jp/lecture/category/business/
※2017年8月末までのバックナンバー: http://ameblo.jp/tukaelbusiness/


----------------------------------------------------------------------
今週のテーマ
■ 職場で感じる怒りへの対処法 ■
----------------------------------------------------------------------
                        講師:帆南尚美


新年度になりますと、就職したり部署を異動したりで人間関係が一新した、と
いう方もいらっしゃるかもしれません。
心機一転、その人たちと気持ち良く仕事ができるといいですよね。

ところが毎日一緒に仕事をしていると、次第に同じ人に同じような怒りを感じ、
とても気分が悪いと思うことが出てくるかもしれません。

あの同僚の言葉はいつもとげとげしい。どうして人の気分を害するような言い
方をするんだろう。もう話をするのも嫌だ、とか。

あの上司は全く頼りにならない。部長ならもっとしっかりしてくれ、とか。

職場で愚痴を言い合う相手がいれば、仕事帰りの一杯・・などは、当然のよう
に怒りのガス抜き大会のような時間になってしまうかもしれません。

でも本当はもっと前向きなことを考えたいのにな、とか、毎日同じ怒りの繰り
返しは嫌だな、というときは、どうすれば良いのでしょうか。

●怒りは感情の蓋

同じような怒りを毎日のように感じるのは苦痛ですよね。そんなときは、怒り
の下にある感情について考えてみると、何か別のやり方が見えて来るかもしれ
ません。

心理学では、怒りとは感情の蓋であるという言い方をします。
私たちは、「ある感情」を感じたくないときに、その感情に蓋をするようにし
て、代わりに怒りを感じているのだというのです。

怒りの下にあるその「ある感情」とは、悲しさや寂しさなどであり、「分かっ
て欲しい」、「助けて欲しい」、「愛して欲しい」、のいずれかであるともい
います。

もし誰かに怒りを感じているとしたら、あなたはこれらのうち、どの感情が下
に隠れていると思いますか?

あんなに頭に来ていた同僚に対して「分かって欲しい」と思っていたんだ、と
か、上司に対して、実は「助けて欲しい」と思っていたんだ、とか、怒りで隠
れていた感情を理解するだけで、へぇ、なるほど、など少しほっとした気分に
なるかもしれません。

「そうか、自分にはそんな感情があったから怒りを感じていたのだな。」と自
分の怒りを自分で理解してあげることがまずは大切なのかもしれませんね。

でも怒りの下にどのような感情が隠れているのかがわかっても、怒りがおさま
らないというときは、どうすればいいのでしょうか。

●欲しいものを手に入れるには

私たちは、物理的に人に何かを与えると、当然のように自分の手持ちが減って
しまいます。例えばお金を人にあげれば、自分のお金は減ってしまいますね。

ところが心の法則は逆だと言います。与えれば与えるほど増えると言うのです。

例えばあなたが人に愛を与えれば与えるほど、あなたの中の愛が増える、と言
います。

上の話の中で、怒りで蓋をした感情について考えましたが、「分かって欲し
い」「助けて欲しい」「愛して欲しい」というのは、どれも「〇〇して欲し
い」というものです。

そしてこの「〇〇して欲しい」というものを、「与えれば与えるほど増える」
という心の法則に当てはめてみましょう。 私たちは「欲しいもの」を与えれ
ば与えるほど増える、すなわち「欲しいものがあったら、自分から与えると手
に入る」というように考えられます。

もしあなたが、「上司に助けて欲しい」と思ったとしたら、あなたが何か助け
てあげられることがあるかもしれない、と考えてみると思い当たることがある
かもしれません。
そして、自ら助けることで、「助けて欲しい」という思いが減り、怒りも減っ
ていくのではないでしょうか。

えーっ、今でさえ上司をこんなに助けているのに?

そう思うかもしれませんね。
でも、そう思いながらも、まだ上司を助けていないことがあるとしたら、何な
のだろうと少し思いを巡らせてみると、意外なところで気づきがあるかもしれ
ません。

●与えようとするときに気を付けたいこと

心の法則は、与えれば与えるだけ増える、ということですが、人に与えようと
するときに気を付けたいことがあります。

まず、相手だけが得をすることを嫌々ながらもしてしまわない、ということで
す。これは自分を犠牲にすることです。ビジネスでもよく言うWin Winの関係
は、心にも言えることだと思います。相手も自分も勝てる方法、嬉しく幸せを
感じる方法を見つけてみませんか。

そして、これをやってあげたのだから、こう返してくれるべきだ、という相手
からの見返りを期待することもお勧めできません。
心理学では期待は失望の母ともいいます。こうしてくれるべき、と思うことが
あったとしたら、自分が期待をしてしまっているのだな、と気づいて、やめよ
うと思うことが大切かもしれません。

自分を犠牲にせず、相手からの見返りを期待しない、ということは難しく聞こ
えるかもしれません。しかし相手に与えることで、相手も自分もハッピーにな
る方法が必ずあるはずだと信じ、その方法を探していくことが、より多くの気
づきを得ること、そして日々の怒りからも解放されることに繋がるのではない
でしょうか。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎帆南尚美(ほなみなおみ)

東京地区担当カウンセラー。
職場の人間関係、友人関係、家族の問題を主に扱う。
解決したい問題があるときに、悪いところを探して正そうとするのではなく、
自分の魅力や才能を受け取れば物事をまったく別の見方でとらえることができ、
自分の枠から自由になってのびのびと楽に毎日を送れるようになる、というス
タンスでカウンセリングを行っている。
25年超の外資系企業での経験から、上司、同僚、後輩との関係改善や働きやす
い職場とは?に興味があり工夫をしてきた。上司と部下とのポジション逆転、
年下の上司、閑職への異動、正社員と派遣社員の関係、人の目につきにくいパ
ワハラ、同期との競争意識と足の引っ張り合い、ステップアップを選択する勇
気、仕事への興味の喪失、社内恋愛、社内不倫、世界の国々の人との仕事の進
め方など、職場で起きる色々な「困った」に必ずや良い解決方法があり、また
今「困った」ことが必ず将来に良い影響を与えるはず、との信念でカウンセリ
ングを行なう。


□帆南尚美のブログ&プロフィールはこちら
           < http://blog.livedoor.jp/cs_naomi_ho/ >


★初回無料!(名前)の電話・面談カウンセリングのご予約は
 カウンセリング予約センター 06-6190-5131 まで
(受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■□ 講演・執筆のご依頼を承ります 
□ ご希望の方は< info@counselingservice.jp >にお問い合せください ■
■□


●------------------------------------------------------------------●
「使えるビジネス心理学」への、ご意見、ご感想、ご要望をお寄せください。
お待ちしています。
Mail: < info@counselingservice.jp >
○------------------------------------------------------------------○


★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆
   カウンセリングのご案内          

◎初回無料!電話カウンセリング
 60名以上の心理カウンセラーを初回無料でお試しいただけます。
  < http://www.counselingservice.jp/service/service-muryo.html >

○ 東京・大阪・名古屋・福岡他で面談カウンセリング
  < http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html >

◎あなたのお気に入りカウンセラーを見つけよう!
  < http://www.counselingservice.jp/fromus/fromus.html >

    電話受付時間:12:00〜20:30(月曜日定休日、月曜祝は翌日)
     予約センター:06-6190-5131
      個人カウンセリングは年中無休。土日祝も営業中!

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆


●------------------------------------------------------------------●
   面談カウンセリングのご案内        
○------------------------------------------------------------------○

☆ご利用いただいたお客さまの声☆
「今までわからなかった疑問が一気に解消した」
「カウンセリングを受けたら目からうろこの連続でした」
「面談が終わったとき、心が軽くなっているのを感じました」

◎詳しくはHPをご覧ください☆
 < http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html >
○ご予約は、カウンセリング予約センター06-6190-5131まで
   (受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)


●------------------------------------------------------------------●
   心理学ワークショップのご案内
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリングサービスの心理カウンセラーが、毎回異なるテーマを
取り上げて行うワークショップです。
自分を見つめるために、自分をより知るために、恋愛、ビジネス、家族、
対人関係に役立てるために、ぜひお越しください。
 < http://www.counselingservice.jp/workshop/index.html >


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリングサービスのメルマガ       
○------------------------------------------------------------------○

 ◎カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座◎
   ○すぐに役立つ心理学を週2お届け
    >>> < http://www.counselingservice.jp/ml/ml2.html >

 ◎毎日読める★恋と仕事の心理学 ◎
   ○あなたの恋と仕事をバックアップします。
    >>> < http://www.counselingservice.jp/ml/ml.html >


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリング予約センターのTwitterのご案内
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリング予約センターのTwitterを開設しました。
予約センターのお休みや、予約開始日のご案内、満席情報などを
つぶやいております。
https://twitter.com/cs_yoyaku
よろしければフォローお願いします。


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリングをご利用の皆さまへ
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリングサービスより、予約メール登録のご案内です。
< http://www.counselingservice.jp/cs-mailcampaign.html >
どうぞ、お申込みいただきますようご協力お願いいたします。


----------------------------------------------------------------------

 発行: カウンセリングサービス
 URL : < http://www.CounselingService.jp/ >
 Mail: < info@counselingservice.jp >

カウンセリング予約センター:06-6190-5131
 お問合せTEL : 06-6190-5611(神戸メンタルサービス)
     FAX : 06-6190-5612
 大阪: 〒564-0063 吹田市江坂町1-23-17-602
 東京: 〒141-0001 目黒区駒場4-6-8
 営業時間:12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 Copyright (C), 2001-2017 カウンセリングサービス
 ※掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。

----------------------------------------------------------------------
◎使えるビジネス心理学のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000132820.html
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ