Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技

  • ¥0

    無料

ビジネスユーザーのためのOffice活用サイト「Be Cool Users」が、Word・Excel・PowerPointの中から毎回1つをピックアップし、テーマに沿った使いこなしテクニックをお届け!時折登場するBe Cool Usersならではのセリフを使った覚え方は必見!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月07日
 
発行部数
4,104部
メルマガID
0000133104
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
インターネット・パソコン > MS Office > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Be Cool Usersマガジン--Word、Excel、PowerPointの技
~Vol.115~
http://www.becoolusers.com/
http://sozai.becoolusers.com/
http://kokoro.kir.jp/
http://dic.becoolusers.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは、Be Cool Users 管理人、えっびーです。


私はお弁当とかお惣菜を新幹線の中で食べると、なぜか気分がアガります!

先日も、東京行きの新幹線の中で食べるものを買い込まなきゃ!と、
意気揚々と早めに家を出ました。


我が地元、仙台駅の駅ビルには、
「エスパル」という大きなショッピング施設がありまして、
食べ物を売るお店も、そこにずらりと並んでいます。

今日はあのお店であれを買おうかな、
いやいや、あっちのお店のあれの方がいいかな、などなど、
普段あまり立ち寄らないお店で買うグルメを楽しみにしていました。


何を買ったのかといいますと・・・
この続きはあとがきにて。





────────────────────────────────────
<目次>

 ● 前の選択で次の選択肢が変わる連動ドロップダウンリスト(Excel)

 ● 2段階目のドロップダウンリストの設定が肝(Excel)

 ● あとがき
────────────────────────────────────




────────────────────────────────────
● 前の選択で次の選択肢が変わる連動ドロップダウンリスト(Excel)
────────────────────────────────────

当サイト「Be Cool Users Office」で、
コンスタントに人気なのが、ドロップダウンリストに関する記事。

ドロップダウンリストを設定するための基本的な操作から、
応用的な設定方法まで、
様々な記事を公開しています。

3ヶ月ほど前には、
「テーブル」という機能の特徴を活かし、
元データを追加するだけで、
選択項目が自動で増えてくれるドロップダウンリストについても
特集しました。


今回は、そんな人気のドロップダウンリストを、
かなり応用的に設定してみよう!という特集です。


どんなドロップダウンリストを設定するのかというと、
1段階目のドロップダウンリストで選択したものに合わせて、
2段階目のドロップダウンリストの選択肢が変わるという、
連動するドロップダウンリストの設定方法をご紹介します!


例えば、
1段階目のドロップダウンリストでは「部署名」を選ぶようになっていて、
1段階目で「営業部」を選択すると、
2段階目のドロップダウンリストには、営業部に所属している人の名前が、

1段階目で「経理部」を選択すると、
2段階目のドロップダウンリストには、経理部に所属している人の名前が、
選択肢として表示されるドロップダウンリストです。




────────────────────────────────────
● 2段階目のドロップダウンリストの設定が肝(Excel)
────────────────────────────────────

1段階目のドロップダウンリストは、
特に何か仕掛けをつくるわけでもなく、普通に設定すればOK。

今回ご紹介する連動するドロップダウンリストでは、
2段階目のドロップダウンリストを設定するときがポイントになります。


2段階目のドロップダウンリストは、
1段階目で選択したものに合わせて内容を変えなければいけないわけですから、
1段階目で選択したデータと同じ名前を持つセル範囲のデータが
リスト表示されるようにすればよいことになります。


でもですね、2段階目はここに罠があるんです。
ドロップダウンリストを設定する[データの入力規則]ダイアログボックスの
[元の値]欄に、1段階目のデータが入っているセル番地を指定すれば、
「このセルのデータと同じ名前の範囲を、リストの元データにしてね」
という設定になるんじゃないかと思ってしまいがちなんですが、
そうはなりません。

これは実際に操作してみると、何が過ちなのかすぐに分かるので、
是非操作してみていただきたいです!


正しい考え方は、
「このセルのデータと同じ名前の範囲を、リストの元データにしてね」
としたい場合、
1段階目のデータはただのデータではなく、
そういう名前の範囲があるから、その範囲を認識してね、ということを
Excelさんに理解してもらわなければなりません。


ここでピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
ここ数ヶ月で何回か出てきている、
INDIRECT関数の出番です!


▼ INDIRECT関数の基本(Excel)
http://www.becoolusers.com/excel/indirect01.html?utm_source=mag&utm_medium=email&utm_campaign=115-01



そして、実際の2段階のドロップダウンリストの作り方はこちらです!

▼ 前の選択で次の選択肢が変わる連動ドロップダウンリスト(Excel)
http://www.becoolusers.com/excel/indirect-list.html?utm_source=mag&utm_medium=email&utm_campaign=115-02





────────────────────────────────────
●あとがき
────────────────────────────────────

今日はお肉系をたくさん買い込もう!
と、足取り軽く仙台駅に到着。

なのに、なんか様子がおかしいのです。


定休日。


シャッターがズラーっとおりていました。


このうっぷんを晴らすべく、
帰りの東京駅では、
「30品目が入ったお惣菜セット」なる、豪華な一品を買いました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少しでも多くの方に、
これらの技でちょっとした感動を味わっていただけたら・・・
と思っております。
どうぞご自由にお友達などに転送してください。
(C) KOKORO, All rights reserved.
────────────────────────────────────

【発行】Be Cool Users--Word,Excel,PowerPointの技
http://kokoro.kir.jp/
────────────────────────────────────
【購読・購読解除について】 http://www.mag2.com/m/0000133104.html
────────────────────────────────────
【連絡先】 kokoro.info@kagoya.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ