税金を払う人・もらう人

  • ¥0

    無料

「税金を払う人」と「税金をもらう人」を具体的に紹介していきます。どうすれば「税金をもらう人」になれるのかもお伝えします。このメルマガを読むことによって、早くあなたも「税金をもらう人」になってください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
税金を払う人・もらう人
発行周期
週刊
最終発行日
2017年08月10日
 
発行部数
2,377部
メルマガID
0000133180
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□□□ □□□ □□□ □□□ □□■ □□■ □□■ □□□

税金を払う人・もらう人
                       
 作者:税理士 今村 仁 2017/8/10 VOL.504 購読者:2,400名

□□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□■ □□□ □□□

おはようございます、「税金を払う人・もらう人」の今村です。

IT導入補助金の審査結果が出ましたね。
いかがでしたでしょうか。

当社は無事採択され、当社が支援させて頂いた約60社についても
おおむねご満足いただける内容となりました。

IT補助金(採択決定一覧)
https://www.it-hojo.jp/doc/pdf/grant_decision_02.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■■【本日のシャウト】
 □■□
 □■□ 「こども保険、に騙されるな!」
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■こども保険

「こども保険」といっても、民間の生命保険会社が取り扱っている類のもので
はありません。

2017年3月29日に、自民党の若手議員による「2020年以降の経済財政構想小委
員会」が、保育や幼児教育を無償にするために創設を提言した「こども保険」
の事です。

その仕組みは、「厚生年金加入者から厚生年金保険料率0.2%(本人負担0.1%、
事業主負担0.1%)、国民年金加入者から160円/月を上乗せ徴収」して、
それらを財源に幼児教育・保育の実質無償化につなげるというものです。

■老人優遇と天引き制度

耳障りの良い話ですが、問題は2つあります。

まずは、こども保険料の負担者は、厚生年金加入者や国民年金加入者ですから、
いわゆる現役世代(主に60歳以下)だということです。

つまりは、選挙投票を積極的に行い(そういう意味で)政治家が最も恐れる
「老人」には負担を求めないということです。

政治家の考えそうな手口です。

また、もう1つの問題は、その徴収の仕方です。

「税金でも良かったのになぜか社会保険料負担という形式」で、更には、
「実際支払うようにしても良いのになぜか給料天引きという形式」。

現在受け取っている年金を削減するような老人に負担を求める施策を提案する
と、選挙で負けてしまいます。
選挙に投票に行く割合が高い老人が、ノーを意志表示するからです。

また、「消費税」が良い例ですが、「増税」というと、国民全般において総じ
て印象が悪くなります。

それほど変わらない内容でも「社会保険料が増える」というほうが、
なぜか印象が良く見えます。

現に、厚生年金保険料が毎年10月に上昇していますが、今のところ
目立った国民の反発はありません。

更には、天引き制度にすると、国民の反発は相当やわらぐことでしょう。

■こども保険、に騙されるな!

日本の租税負担率は、1990年度で約28%だったのが、消費税8%を含んでもなお
約25%と低下しています。

いかに「増税」が、日本国民にとって難しい政策であるかがわかります。

しかし、一方で、社会保障負担率は、1990年度で約11%だったのが、現在では
17%と増加しています。

ちなみに国民負担率(租税負担率+社会保障負担率)は、1990年度で39%、
現在では42%となっていますが、イギリスやフランス、ドイツなどと比べて
日本は低い水準になっています。

「こども保険」のような周りくどい言い方をせずに、必要なものはきちんと
説明をした上で、「増税」という形で、それが例え「消費税増税」であっても、
実行するべきでないかと思うわけです。

子どもや子育て世代への支援のために財政支出を行うということなら、税金を
財源とする一般財源(使途を定めずに取る)でまかなうのが王道ではないで
しょうか。

税金に対してビビり過ぎているのが、現在の政治家。

「老人優遇」であり、「天引き」で見えにくくもあり、「こども保険」という
ネーミングも小賢しいなぁと思うわけです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想やご意見、実体験の話など、メールありがとうございます。
いただいたメールにはすべて目を通し、すべての方に返信させて
いただいています。
みなさんからのメールは本当に力にさせていただいています。

今後とも、ご意見・ご感想お待ちしています。
 → imamura@money-c.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎私たちは「経営者へのお役立ち度★世界一」の税理士事務所を目指します!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★☆★★☆★★★★★★★
【発行者】マネーコンシェルジュ税理士法人/相続承継M&Aセンター(株)
     代表 今村 仁
【職業】税理士・税金コンサルタント
【活動拠点】大阪、京都、神戸、滋賀、奈良、東京、横浜
【HP】メインhttp://www.money-c.com 創業5年http://sogyo5.money-c.com
【メルマガ登録・解除】 http://www.mag2.com/m/0000133180.htm 
【作者に直接メールする】 imamura@money-c.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★★★★★★
このメルマガは「節税は義務、納税は権利」をスローガンに毎週木曜日に配信

★社内・取引先など転送は自由です。どんどん転送してください。
 税金に関心のある方が増えることを期待しています。

★ご意見・ご質問・仕事の依頼など、どんな些細なことでもメールを
 いただければ、お返事を書かせていただきます
 (但し税金の個別質問についてはご遠慮ください)。
 → < imamura@money-c.com >


【編集後記】
■新卒入社
9月より当社に新卒の女性が入社します。
明るく元気な女性なので、広報担当もしてもらう予定です。
楽しみです。


Copyright 2004 All rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ