税金を払う人・もらう人

  • ¥0

    無料

「税金を払う人」と「税金をもらう人」を具体的に紹介していきます。どうすれば「税金をもらう人」になれるのかもお伝えします。このメルマガを読むことによって、早くあなたも「税金をもらう人」になってください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
税金を払う人・もらう人
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月17日
 
発行部数
2,371部
メルマガID
0000133180
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

コンサル人材募集中!https://www.money-c.com/recruit/
□□□ □□□ □□□ □□□ □□■ □□■ □□■ □□□

税金を払う人・もらう人
                       
 作者:税理士 今村 仁 2018/5/17 VOL.531 購読者:2,400名

□□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□■ □□□ □□□

おはようございます、「税金を払う人・もらう人」の今村です。

「後悔しない相続対策」今の内に、これだけは!
~財産を渡す側・受取る側が生前にやるべき事わかります~
https://www.money-c.com/mcs/mcs21/mcs21hp.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■■【本日のシャウト】
 □■□
 □■□ 「仮想通貨に代えて金銭補償」
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■仮想通貨NEM流出事件

仮想通貨交換業者であるC社は、2018年1月下旬、外部からの不正アクセスを
受けて、仮想通貨「NEM」約580億円分(当時のレート)を流出させてしまい
ました。

3月上旬からは、上記不正流出の救済として、対象となる顧客約26万人に
総額約460億円の補償をスタートさせました。

一方で、4月16日、大手金融会社がC社を完全子会社化し、経営体制を刷新する
としました。

■損害賠償金であれば非課税

上記の補償が、税務上のいわゆる損害賠償金に該当するのであれば、
税金のかからない非課税となります。

NEM所有者からすると、売りたくもないのに強制決裁されたのだから、
損害賠償金だという主張もわからなくもないのですが、残念ながら、
4月16日に国税庁より、下記のお達しが出ました。

=============================
仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合
=============================

(質問)
仮想通貨を預けていた仮想通貨交換業者が不正送信被害に遭い、預かった仮想
通貨を返還することができなくなったとして、日本円による補償金の支払を
受けました。

この補償金の額は、預けていた仮想通貨の保有数量に対して、返還できなくな
った時点での価額等を基に算出した1単位当たりの仮想通貨の価額を乗じた
金額となっています。

この補償金は、損害賠償金として非課税所得に該当しますか。

(回答)
一般的に、損害賠償金として支払われる金銭であっても、本来所得となるべき
もの又は得べかりし利益を喪失した場合にこれが賠償されるときは、非課税に
ならないものとされています。

ご質問の課税関係については、顧客と仮想通貨交換業者の契約内容やその補償
金の性質などを総合勘案して判断することになりますが、一般的に、顧客から
預かった仮想通貨を返還できない場合に支払われる補償金は、返還できなくな
った仮想通貨に代えて支払われる金銭であり、その補償金と同額で仮想通貨を
売却したことにより金銭を得たのと同一の結果となることから、本来所得とな
るべきもの又は得られたであろう利益を喪失した部分が含まれているものと
考えられます。

したがって、ご質問の補償金は、非課税となる損害賠償金には該当せず、
雑所得として課税の対象となります。

なお、補償金の計算の基礎となった1単位当たりの仮想通貨の価額がもともと
の取得単価よりも低額である場合には、雑所得の金額の計算上、損失が生じる
ことになりますので、その場合には、その損失を他の雑所得の金額と通算する
ことができます。

■利益の場合は雑所得

上記の通り、「補償金-NEMの取得価額=雑所得」となります。

平成30年の所得なので、来年である平成31年3月15日までに、確定申告をする
必要があります。

ちなみに、NEMの取得価額が補償金の金額より高くて、マイナスとなる場合は、
年金などの他の雑所得と損益通算することが可能です。

売りたくもないのに無理やり売らされて税金払えとはヒドイ!、というご意見
もあるようです。

NEMのまま返還できれば、このようなことにはならかったのですが・・・。
返ってきただけ得と考えるべきか・・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想やご意見、実体験の話など、メールありがとうございます。
いただいたメールにはすべて目を通し、すべての方に返信させて
いただいています。
みなさんからのメールは本当に力にさせていただいています。

今後とも、ご意見・ご感想お待ちしています。
 → imamura@money-c.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎私たちは「経営者へのお役立ち度★世界一」の税理士事務所を目指します!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★☆★★☆★★★★★★★
【発行者】マネーコンシェルジュ税理士法人/相続承継M&Aセンター(株)
     代表 今村 仁
【職業】税理士・税金コンサルタント
【活動拠点】大阪、京都、神戸、滋賀、奈良、東京、横浜
【HP】メインhttp://www.money-c.com 創業5年http://sogyo5.money-c.com
【メルマガ登録・解除】 http://www.mag2.com/m/0000133180.htm 
【作者に直接メールする】 imamura@money-c.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★★★★★★
このメルマガは「節税は義務、納税は権利」をスローガンに毎週木曜日に配信

★社内・取引先など転送は自由です。どんどん転送してください。
 税金に関心のある方が増えることを期待しています。

★ご意見・ご質問・仕事の依頼など、どんな些細なことでもメールを
 いただければ、お返事を書かせていただきます
 (但し税金の個別質問についてはご遠慮ください)。
 → < imamura@money-c.com >


【編集後記】
■東京赤坂
にオフィスをオープンします。
またご連絡しますね。


Copyright 2004 All rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ