時事問題で楽しくマスター!使える会計知識

  • ¥0

    無料

旧題「日経でマスター!使える財務分析」。決算書、会計知識、財務分析を、日経新聞等と絡めて解説!効果…(1)お金の流れがわかる(2)企業診断ができる(3)株式で利回り10%以上が可(4)ビジネスで差がつく(5)日経新聞が深く読める!→サンプルは発行者サイトで!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年01月22日
 
発行部数
27,284部
メルマガID
0000133281
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今年6月の簿記検定1級に短期合格するには?
⇒ http://bokikaikei.info/mboki1mag

--------------------------------------------------
2018.1.22   711-2

★時事問題で楽しくマスター!使える会計知識★

--------------------------------------------------
※解除の手続はご自身で!→ http://www.mag2.com/m/0000133281.html
--------------------------------------------------

【CONTENTS】

[1]第147回日商簿記検定1級の合格報告を受けました
→→→ https://youtu.be/nzmwNWo_PdI

[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

[3]編集後記
--------------------------------------------------

こんにちは。

公認会計士の柴山政行です。

今夜は、東京はすごい雪です(゜д゜)

さっき、家の前で子供たちは
「わーい、雪ダルもつくろ♪」と
はしゃいでいましたが。。。

今頃、交通機関はたいへんですね。
帰宅される方は、十分にご注意ください。
そして、あすの朝の出勤も、おたがいに、
滑ったり怪我などしたりしないよう、
気をつけましょう!!

ところで。。。
柴山式簿記講座の合格体験記を
ご覧になったことはありますでしょうか?

合格した方々は、試行錯誤しながらも
自分の学習スタイルを見つけ、
継続して取り組んでいます。

学習環境は、人それぞれ違います。

年齢・職業・性別・学習時間など
ご自身の状況に近い合格者の声は
とても参考になると思います。

自分に足りていないことを探す、
学習の手がかりを探す、という視点で
読み返していただくと多くの気づきがあることでしょう。


合格体験記はこちら
 http://bokikaikei.info/mmaggoal

 
柴山式簿記講座の受講相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/MoI17thWvMx49K57/


柴山式簿記短期マスター講座

 簿記1級対策 → http://bokikaikei.info/mboki1mag
 簿記2級対策 → http://bokikaikei.info/mboki2mag
 簿記3級対策 → http://bokikaikei.info/mboki3mag


初心者でも、たった5時間でわかる!
簿記経理基礎セミナー 
→ http://www.kaikei-tisiki.net/lp/bokikeiri


それでは、今回のメルマガテーマです。


[1]第147回日商簿記検定1級の合格報告を受けました
→→→ https://youtu.be/nzmwNWo_PdI

先日、メールにて
第147回日商簿記1級の合格報告を受けました。
おめでとうございます!

今回は会計学で税効果会計と
新設分割による事業分離など、
新しい会計基準および公認会計士レベル
とも思える事業再編の問題が出されたり、
10年前とはずいぶんと出題内容が
進化したように思います。

もちろん、そのような出題でも、
たとえば第2問の税効果会計は
予想配点10点のところ、
柴山式簿記1級講義の例題を
思い出し、冷静に対処すれば
10点満点を取れた問題でしたよ~。

論点は先進的ですが、難易度としては
基本的な問題でした。

第3問の新設分割は、
後半が難しかったので、
前半で部分点を積み上げられたかが
ポイントになります。
とはいえ、やはりテキストレベルの
例題をしっかりこなし、その範囲で
できるところを正解にすれば、
やはり合格点には届いたでしょう。

今回の試験を見ても、
基本技術の重要性を
あらためて認識した次第です。

次に続く1級の学習者も、
ぜひがんばってくださいね。

応援しています。


公認会計士・税理士
柴山政行




[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

この講座は、柴山独自の視点で

「企業財務ニュース解説」
「経済ニュース解説」
「会計のワンポイント解説」
「毎月異なる上場企業の財務分析」

をお届けいたします。

今月のテーマはこちら
http://shibayama-kaikei.com/

特典として全20テーマ251分の
会計実践ゼミも視聴できます。

テーマの一覧はこちら
http://shibayama-kaikei.com/tokutendouga/

(個別の解説動画は会員の方しか見れません)

これだけの内容を
初月無料(0円)でご利用できます。

特典だけでも会計や経済ニュースの理解に
役立つ解説をご用意しています。

ぜひお試しください。
http://bokikaikei.net/master/



[3]編集後記

年初からいくつかのトラブル対応に
あたっていたため、進行が遅れがちです。

今週、急ピッチでリカバーしています(><)

そんな中でも、私が依頼する前に、
スタッフからもどんどん提案し、動いてくれるので
とても助かっています。

一人でできることは限りがあるので
頼もしいものです(^^)


ジンドウ



■著書一覧 

「(生)決算書レッスン ―有名企業の実物でたっぷり学ぶ」
「いちばんわかりやすいはじめての簿記入門」
「マンガでわかる! はじめての簿記」
「ポケット図解 会計がよ~くわかる本」
「日本一やさしい『決算書』の読み方」
「銀座の立ち飲み屋でなぜ行列ができるのか?」
「ボキトレ 日めくりドリル 日商簿記2級 商業簿記&工業簿記」
「銀座を歩けば経済がわかる! 」
「餃子の王将」決算書で儲けのポイントがサクッとわかる
「できる人の会計士思考入門」
「儲かる会社に変わるバランシート革命」
「半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか」
「サバイバル会計学」
「簿記単」
「グーグル会計学」
「Google経済学」
「一目で見抜く!財務諸表解読法」
「トラの子を増やす 決算書の読み方」
「最新減価償却の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「原価計算の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「出る順問題集日商簿記3級」
「3時間でわかる原価計算入門」
「3時間でわかる会計学(共著)」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 商業簿記」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 工業簿記」
「3時間でわかる簿記入門」
「最短でうかる!日商簿記3級講座」

※取材、講演、税務顧問、財務分析等の
ご依頼・お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/MoI17thWvMx49K57/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<ご注意下さい。>
分析内容につきましては、慎重を期しておりますが、決算書から読み取った
範囲での著者の私見によるものです。事実を保証するものではありません。
また、本メルマガの内容から生じた損害等についての責任は一切負いません。
以上をご了承の上、お楽しみくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、本メールマガジンについてのご感想・ご意見・ご質問などがありまし
たら、ぜひぜひ、およせくださいませ。
⇒ contact@bokikaikei.net
発行者 柴山会計ラーニング株式会社 柴山 政行
Mag2ID 133281   http://bokikaikei.net/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ