時事問題で楽しくマスター!使える会計知識

  • ¥0

    無料

旧題「日経でマスター!使える財務分析」。決算書、会計知識、財務分析を、日経新聞等と絡めて解説!効果…(1)お金の流れがわかる(2)企業診断ができる(3)株式で利回り10%以上が可(4)ビジネスで差がつく(5)日経新聞が深く読める!→サンプルは発行者サイトで!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月23日
 
発行部数
27,676部
メルマガID
0000133281
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今からはじめて2級に短期合格するには?

簿記2級対策 → http://bokikaikei.info/mboki2mag
簿記3級対策 → http://bokikaikei.info/mboki3mag


来年6月の日商簿記1級に合格!
⇒ http://bokikaikei.info/mboki1mag

--------------------------------------------------
2017.9.22   694-2

★時事問題で楽しくマスター!使える会計知識★

--------------------------------------------------
※解除の手続はご自身で!→ http://www.mag2.com/m/0000133281.html
--------------------------------------------------

【CONTENTS】

[1]すべての基本問題を完璧にするつもりで、徹底的に学習しよう!
→→→ https://youtu.be/lH1wq0umfG8

[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

[3]編集後記


みなさんこんにちは!

公認会計士の柴山政行です。

クリエイティブな仕事は、
午前中に行ったほうが
よいと言われています。

新しいことを考え出したり、
複雑なプロジェクトを検討するときは
特にそうですね。

これは仕事に限らず。
簿記検定などの資格試験の
学習においても同様です。

机に向かった時間よりも
試験で得点できる実力をつけられたか?
が大事ですね。

ぜひ、学習のリズムを
見直してみましょう。

柴山式簿記講座の受講生さんは
それぞれ自分の学習スタイルを見つけて
合格証を手にしています。

合格体験記一覧
⇒ http://bokikaikei.info/001


柴山式簿記検定対策講座の
受講相談も受付中です。

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/MoI17thWvMx49K57/


「今は簿記の知識がゼロだけど、、
 なんとしても11月に2級まで合格したい」

「やっと簿記3級の範囲が終わったけれど
 来年6月には1級合格レベルの力をつけたい」

という意識が高い方のために
お得な割引セットもご用意しています。

3級・2級セット
http://bokikaikei.info/2007/11/dvd.html

2級・1級セット
http://bokikaikei.info/2013/03/post_758.html





それでは、本日のテーマです。


[1]すべての基本問題を完璧にするつもりで、徹底的に学習しよう!
→→→ https://youtu.be/lH1wq0umfG8


ときどき、日商簿記検定1級や
税理士簿記論・財務諸表論の
受験相談を受けることがあります。

とくに、過去何回か受験されて
結果が出ていない方に
共通するのがこれ。

「例題を多くても半分くらいしか
制限時間内に解けない」

何を悩んでもいいですが、
そもそも基本についていない。

ただそれだけ。

ジャブやワンツーや
ガードなどの基本スキルが
ないのに、「ボクシングのプロのリングに
上がりたい!!!!」
と言われたら、トレーナーは
なんというでしょうか。

「アホかお前は」
で終了ですね。

同じこと。
例題がぜんぶ完璧に解ける状態で
本試験に行けば、誰もが合格できる
チャンスが生じます。

受からないのは、その反対の状態で
本試験会場に行こうとするからですね。

過去問(良質の総合問題)10回分以上で
応用力と付けるのと同時に、
例題(商会160くらい、工原70くらい)
をすべて制限時間内に正解できること、
これができるかどうか、それだけの
シンプルな判断基準です。


日商簿記1級に限らず、
2級・3級のほか、
資格試験一般そして仕事にも
通じるお話ですね。

「基本練習を全範囲まんべんなく
徹底的にやり続けていますか?」

こういった地味な努力を
愚直に続けられる人を、本当の
プロというのだと思います。



柴山政行




[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

この講座は、柴山独自の視点で

「企業財務ニュース解説」
「経済ニュース解説」
「会計のワンポイント解説」
「毎月異なる上場企業の財務分析」

をお届けいたします。

今月のテーマはこちら
http://shibayama-kaikei.com/

特典として全20テーマ251分の
会計実践ゼミも視聴できます。

テーマの一覧はこちら
http://shibayama-kaikei.com/tokutendouga/

(個別の解説動画は会員の方しか見れません)

これだけの内容を
初月無料(0円)でご利用できます。

特典だけでも会計や経済ニュースの理解に
役立つ解説をご用意しています。

ぜひお試しください。
http://bokikaikei.net/master/




[3]編集後記

明日は熊谷市に分院を開院する
クリニックの内覧会へ行ってきます。

内覧会開始前の早い時間に伺い
WEBサイトへ掲載する写真と動画を
撮影するお仕事です。

不測の事態に備えて前日夜から熊谷入り。
早めに移動し、明日に備えます。

医療と健康をテーマにした
素晴らしい施設なので、
今から楽しみです(^^)

ジンドウ



◇セミナー、講演、取材などは、大歓迎です。
お気軽にお問合せください!

→ contact@bokikaikei.net


■著書一覧 

「ポケット図解 会計がよ~くわかる本」
「日本一やさしい『決算書』の読み方」
「銀座の立ち飲み屋でなぜ行列ができるのか?」
「ボキトレ 日めくりドリル 日商簿記2級 商業簿記&工業簿記」
「銀座を歩けば経済がわかる! 」
「餃子の王将」決算書で儲けのポイントがサクッとわかる
「できる人の会計士思考入門」
「儲かる会社に変わるバランシート革命」
「半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか」
「サバイバル会計学」
「簿記単」
「グーグル会計学」
「Google経済学」
「一目で見抜く!財務諸表解読法」
「トラの子を増やす 決算書の読み方」
「最新減価償却の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「原価計算の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「出る順問題集日商簿記3級」
「3時間でわかる原価計算入門」
「3時間でわかる会計学(共著)」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 商業簿記」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 工業簿記」
「3時間でわかる簿記入門」
「最短でうかる!日商簿記3級講座」

※取材、講演、税務顧問、財務分析等の
ご依頼・お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/MoI17thWvMx49K57/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<ご注意下さい。>
分析内容につきましては、慎重を期しておりますが、決算書から読み取った
範囲での著者の私見によるものです。事実を保証するものではありません。
また、本メルマガの内容から生じた損害等についての責任は一切負いません。
以上をご了承の上、お楽しみくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、本メールマガジンについてのご感想・ご意見・ご質問などがありまし
たら、ぜひぜひ、およせくださいませ。
⇒ contact@bokikaikei.net
発行者 柴山会計ラーニング株式会社 柴山 政行
Mag2ID 133281   http://bokikaikei.net/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ