ビジネス発想源

  • ¥0

    無料

著者サイト

<まぐまぐ大賞2015・ビジネスキャリア部門第1位受賞/まぐまぐ大賞2014・総合大賞受賞> 連載4,000回を突破した、次世代を切り拓くビジネスパーソン向けの情報メディア。ご商売に活かせる発想源を毎日お届け。世に価値あるものを提供したい経営者・マーケティング担当者だけ、お読み下さい。(筆者:弘中勝)

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【ビジネス発想源】   http://www.winbit.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017/05/22  Daily Mail Magazine by M.Hironaka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 このメールマガジン『ビジネス発想源』は、
 お客様に喜んで頂き、社会に有用な価値を生み出す
 マーケティング発想力を鍛える
 実践型ビジネスメディアです。

 本文をお読み頂いた直後に、お手元のノートの上で、
 「今日の発想源実践」の課題を実践して下さい。

 実践をせずにただ読んでいるだけで満足する人、
 お客様の心よりも目先の利益がまず大事という人、
 手っ取り早く稼げる手法ばかりを追い求める人などは、
 この『ビジネス発想源』は適さないと思われますので、
 今すぐ購読解除して下さい。
  → http://www.mag2.com/m/0000134134.html

 お客様のために、社員のために、社会のために、
 自分たちができることは何なのかを真剣に深く考え抜き、
 それを実行することに大きな喜びを感じて頂くための
 実践をお約束できる読者の方のみ、お読み下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日の発想源
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 正しいマーケティングを構築するための発想のヒント。
 必ず最後に実践して下さい。実践無くして向上なし!
────────────────────────────
--------------------------------------------------------
 【第4581回】まず基本の形
--------------------------------------------------------


 昨日紹介した本の内容の続き。


 TBSテレビの藤井健太郎氏はこれまでに
 『クイズ☆タレント名鑑』や
 『水曜日のダウンタウン』などの多くの人気番組を
 生み出し、演出やプロデュースを手掛けてきた。


 藤井氏は、お笑いバラエティ番組を作るには、
 入口と出口がちゃんとあって、
 その過程でどう脱線していくか、
 とやり方が最もベーシックな作り方だと語る。

 行き先がきちんと示されていないと、
 芸人がいくら面白いことを言ったりやったりしても、
 視聴者は意外と見ていられない、


 『クイズ☆タレント名鑑』という番組は、
 題名通り、一応「クイズ番組」ではあるので、
 「クイズの答えを出す」という一応のゴールがある。

 そのクイズという基本形があるから、
 面白いズラし方をするとしたら、
 例えば問題でズラすのは簡単である。


 顔は見たことあるけど、名前がなかなか出てこない
 という有名人の名前を当てる
 「有名人!この人誰だっけ?クイズ」では、
 初回の特番で、元オリンピックレスラーの
 マット・ガファリを出題したところ大盛り上がり。

 誰も応えられなかったことに加え、
 その写真やエピソードの絶妙さで
 番組全体の大オチとなった。

 2回目の特番でも「この人誰だっけ?クイズ」では
 初回のガファリのような絶妙なラインで
 オチになる人物を探したが、なかなか見つからない。

 そして、散々考えた結果、
 「同じ問題を2回出しちゃいけない決まりなんてない」
 ということに気づき、またガファリを出題した。

 それ以降、この企画ではガファリが出題されて
 盛り上がるということがお約束になった。

 「モノマネ芸人いる?いない?クイズ」でも
 スタジオで大受けだったGO!ピロミが毎回選択肢に登場。
 「面白かったら何度でも」というスタイルが
 出来上がっていった。


 「自称そっくりさんクイズ!誰に似ているでしょう?」
 という同番組のクイズ企画では、
 「織田信成に似ている」が正解となる問題を
 3連続で出したの皮切りに、問題の配給遊びが
 コーナーの見どころになっていった。

 ある回では冒頭に「織田信成」を出しておきつつ、
 後半におぎやはぎの「小木」「小木」から
 「EXILEのHIRO」を1回挟んでの「小木」で、
 出演者たちはその変化球に手が出せない。

 それが盛り上がることで、制作側も
 配球により力が入ってどんどんエスカレートしていき、
 配球のための手玉を揃えることに苦労するという
 スタッフ的にも謎の作業が続いた。

 最終的には「織田織田小木小木織田小木小木」
 などと呪文のような出題配球になっていった。


 これらは、
 「クイズでは、同じ答えは出ない」
 というクイズ番組の基本形があるから、
 それをズラす裏切りが面白く見えるようになる。

 番組が独自に作ったルールや展開でも、
 この場合の「クイズ」という万国共通のルールでも一緒。

 現在放送中の『水曜日のダウンタウン』も、
 途中はハミ出したりズラしたりしていても、
 「説を検証する」というゴールへの道筋は作ってある。

 基本の形があれば、裏切ったり
 ズラしたりするのは簡単である、
 と藤井健太郎氏は述べている。



 ▼出典は、昨日も紹介したこの本です。
  TBSの人気バラエティを多く手がけた藤井氏の著作。
  面白い企画を作るための考え方が実例入りで満載。

 ・悪意とこだわりの演出術(藤井健太郎氏著)
  https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B01MCZCA22/winbit-22/



 「自由に発想する」というのは、
 無限な可能性があって制限もなくて一番簡単だ、
 と思ってしまう人が結構います。

 でも、自由だからといって、
 本当にめちゃくちゃなことをやってしまうと、
 誰も理解できないし、面白くありません。

 見たこともないものを見るわけだから、
 どこから入っていいか分からないからです。

 たとえば、今は誰でも動画配信できる時代で、
 どんな動画でもたいていはオッケーですが、
 毎回ただテーマもなくしゃべっているだけ、
 ただ目的もなく撮っているだけの映像を流されても、
 それをじっと見続ける人はいません。

 ブログやSNSに力を入れる人は多いですが、
 仕事の話、ランチの話、ペットの話、愚痴など
 自由だからといろんな記事を投稿しすぎて、
 もはや近い知り合いが近況を知るために読んでいる、
 というだけの日記になっている人もたくさんいます。

 基本となる型がなければ、
 情報の受け手は何を軸に理解すればいいのかが
 分からないのです。

 たとえば、授業の形式になっているのだとしたら
 黒板に書くことは大事なことで、
 チャイムが鳴ったら終わりなんだなと分かります。

 ランキング形式になっているのだとしたら、
 10位のものを紹介している時に、
 「1位まで、全部で10個あるんだな」と分かります。

 料理番組のような形になっているのだとしたら、
 最後に何かできあがって完成するのだな、
 という着地点が分かります。

 そのように、基本となる型がまずあって、
 情報の受け手はそこから理解ができ、
 またその基本となる型からズレが出ることで、
 受け手は「何がズレているから面白いのか」
 ということが理解できるようになるのです。

 基本となる型が分からなければ、
 理解の一歩ができないし、目的地も分からないし、
 何が面白いのかも分からないのです。

 基本となる型は何なのか。

 企画ではそれを明確にすることが大事です。



 【今日の発想源実践】(実践期限:1日間)-------------
  ・「自社の業界の魅力を紹介する3分間番組」を
   動画で制作すると仮定する。どのような番組だと
   分かりやすくて面白いか。実在するテレビ番組を
   基本の形として、アレンジした企画案を簡単に
   ノートにまとめる。


  ※本日の「今日の発想源」はいかがでしたか?
   ぜひ実践した意見や感想を、筆者までお伝え下さい。
   ご意見・ご感想はこちらへ→ http://goo.gl/E1axwp

  ※必ずノートに書き込んで実践してみよう!
   (考えるだけ、PCで打つだけでは意味がありません)



--------------------------------------------------------
▼今日の『トップリーダーズ ~読書発想源』
--------------------------------------------------------

●【86冊目】 [TRs-Select]---------------------
  プロ級にテクニックを向上させるために、
  まずやっておくことは何か。
 -------------------------------------------------

 日本を代表するレーサーが、全国の走り屋たちに教える
 「運転テクニックを向上させるためにまずやるべきこと」
 「速く走るために最初にこだわるべき道具」は、
 多くの人が予想もしない意外なものだった!

 一流のプロフェッショナルほど、
 「基本中の基本」を大事にします。

 それはアマチュアほど軽視しがちな
 メンテナンスや基礎的な道具などがそうです。

 「凡事徹底」という言葉がありますが、
 その道のプロほど決して凡事を軽視しないのです。

 それは決して精神論的なことではなく、
 単純に「そうしたほうが誰よりも上を行くから」
 という非常に効率的なことなのです。

 あなたの会社で「まずプロとしてやらなければ
 ならないことは何か」を若手に教えるとしたら、
 その「基本中の基本」として何を教えますか?


 この続きは『トップリーダーズ』にて!

 ……

 『トップリーダーズ 〜読書発想源〜』は、
 各界のプロたちの叡智や発想を学ぶ、
 トップレベルの発想力を目指す経営者や
 クリエイター向けのnoteマガジン。

 月1980円の月額購読で、
 当月分や過去のバックナンバーが読み放題です。

 同業他社にはない経営力、企画力、発想力を、
 ぜひどんどん持っていって下さい! 

 ・『トップリーダーズ ~読書発想源〜』
   https://goo.gl/XAV7W9



--------------------------------------------------------
▼毎週土曜日は『ビジネス発想源 Special』の日!
--------------------------------------------------------

 この『ビジネス発想源』は日~金曜日の日刊、
 そして土曜日は『ビジネス発想源 Special』として、
 有料メールマガジンにて配信しています。

 日々の『ビジネス発想源』をはるかに凌駕する情報量、
 『ビジネス発想源』にはない良質コンテンツの数々で、
 あなたの発想力・企画力・経営力は
 劇的に向上することでしょう。断言できます。

 1ヶ月は試し読み期間で無料で読めますので、
 無料で試読してみて、合わなければ解約すればOK。

 月額わずか907円で、あなたのビジネス力を大改造します。
 ぜひご利用ください!

 ・『ビジネス発想源 Special』→ http://goo.gl/60FY9j



────────────────────────────
▼「まぐまぐ大賞2016」ビジネス部門第2位を受賞しました!
   https://goo.gl/GAC7Je
────────────────────────────
▼大人気『歴史発想源』シリーズ、Kindleで電子書籍化!
 ・「歴史発想源/赤備軍団篇」/ http://amzn.to/2ibbYoj
 ・「歴史発想源/幕末日野篇」/ http://amzn.to/2dI7xzI
 ・「歴史発想源/鄭氏台湾篇」/ http://amzn.to/2cs49x6
 ・「歴史発想源/民力醸成篇」/ http://amzn.to/29i9jKD
 ・「歴史発想源/南洋雄飛篇」/ http://amzn.to/1lswDpx
 ・「歴史発想源/最上藩祖篇」/ http://amzn.to/1QueeUp
 ・「歴史発想源/ローマ建国篇」/ http://amzn.to/1cMfRgB
 ・「歴史発想源/鍋島藩祖篇」/ http://amzn.to/1NrvWmU
 ・「歴史発想源/長宗我部篇」/ http://amzn.to/1FZuE3m
────────────────────────────
▼気楽に気ままにブログ更新中。
 ・発想源ブログ/ http://blog.winbit.biz/
────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日の「Paddy 一日一景」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 風景を共有するスマホアプリ「Paddy」に登録された
 各地の風景から、個人的に気になったものをピックアップ!
────────────────────────────
 タイトル:竜返の滝
 投稿者:ひろさん
 場所:長野県軽井沢町付近
 日時天候:夕・春・晴

→軽井沢にこんなに荘厳な滝があるんですね。初めて
 知りました。滝が好きなので行ってみたいです。(弘中)

────────────────────────────
 ●Paddyアプリ(ver1.3.2)
   → https://itunes.apple.com/jp/app/id927862051
────────────────────────────
 ・Paddyの公式サイト(試験運用中)
   → http://www.paddying.com/
 ・Paddy事務局のtwitterアカウント
   → https://twitter.com/paddyingcom
────────────────────────────
▼電子書籍「Paddyウォーク」シリーズ、好評発売中!
 ・新宿/渋谷/秋葉原: http://goo.gl/5sycMj
 ・上野/池袋/有楽町: http://goo.gl/2fh9j2
 ・品川/目黒/六本木: http://goo.gl/4X4Y4Y
 ・船橋/大宮/甲府: http://goo.gl/7ap0Js
 ・門前仲町/清澄白河/豊洲: http://goo.gl/eeO3md
 ・巣鴨/大塚/駒込: http://goo.gl/SZcIba
 ・築地/大森/飯田橋: http://goo.gl/G4kj4H
 ・横浜元町/関内/桜木町: http://goo.gl/vdAJYn
 ・東雲/辰巳/新木場: http://goo.gl/LrjeUq
 ・早稲田/面影橋/高田馬場: http://goo.gl/p6eGpF
 ・赤羽/十条/王子: http://winbit.biz/?p=244
 ・経堂/桜上水/芦花公園: http://winbit.biz/?p=246
 ・用賀/桜新町/千歳烏山: http://winbit.biz/?p=248
 ・等々力/上野毛/二子玉川: http://winbit.biz/?p=253
 ・月島/晴海/勝どき: http://winbit.biz/?p=267
 ・大崎/五反田/大井町: http://winbit.biz/?p=271
 ・田端/鶯谷/日暮里: http://winbit.biz/?p=281
▼「Paddyトリップ」シリーズにもチャレンジ!
 ・都心梅七景(1)~(2) http://goo.gl/fmyeyj
 ・都心梅七景(3)~(9) http://goo.gl/8NSSfl
────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おたより】 メッセージ、ありがとうございます!
--------------------------------------------------------

●弘中様、毎日ビジネス発想源の配信ありがとう
 ございます。毎日の課題をノートに書きだすという
 ことがなかなか続けられずにいましたが、弘中様が
 喫茶店で仕事をするとはかどるということを言って
 いたのを思い出し、近所のコメダ珈琲に行って
 みたところ、驚くほど集中でき、以後利用する
 ようになりました。すると、先日、コメダ珈琲の
 話が出ており、メニューを見ると「本当だ、
 ここではこんな容器で飲み物が提供されているのか」
 「こんなこだわりがあったのか」と感心しながら
 そこで課題をおこないました。私もこの4500回の
 節目を機にまた一つやり続ける目標を立てたので、
 続けていこうと思います。


→4500回記念アンケート、ありがとうございます。
 コメダ珈琲がお近くにあるのはそれだけでとても
 アドバンテージがあると個人的に思います。(弘中)


 ※「ビジネス発想源」を質を落とさずに日刊で書けるのも、
  読者の皆様からの感想メールや反響メールのおかげです。
  ぜひ感想や実行した結果などを教えて下さいませ。

  ・感想メールはこちらへ→ http://goo.gl/E1axwp



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼『ビジネス発想源』はいろんなところに。
 ・『ビジネス発想源 Special』/ http://goo.gl/60FY9j
 ・『トップリーダーズ』 / https://goo.gl/XAV7W9
 ・『ビジネス発想源 GOLD』/ http://goo.gl/iISKOr
 ・発想源ブログ/ http://blog.winbit.biz/
 ・twitter『ビジネス発想源』/ http://goo.gl/mW4jCl
 ・facebook『ビジネス発想源』/ http://goo.gl/evYQiO
 ・弘中勝のtwitter/ http://twitter.com/hironakamasaru
 ・弘中勝のfacebook/ http://facebook.com/hironakamasaru
 ・弘中勝のInstagram/ https://goo.gl/vbc9iD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【あとがき】(筆者より)
--------------------------------------------------------

 『ビジネス発想源』をお読み頂きありがとうございます。


 本日も昨日に引き続き『水曜日のダウンタウン』や
 『クイズ☆タレント名鑑』など、数多くの人気番組を
 生み出したTBSの藤井健太郎氏の著作
 『悪意とこだわりの演出術』を取り上げました。

 「番組を見たことがないから何が面白いのか分からない」
 という方も多かったかもしれませんが、この本を
 読んでいる間、もうとにかく笑いが止まらなくて、
 周囲の人に心配されてしまったぐらいでした。

 今はなんかこういう「とにかくみんな面白がって
 やっている」という番組が減ってきているので、
 そんなクリエイターが増えたらいいなと思います。

 ・悪意とこだわりの演出術(藤井健太郎氏著)
  https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B01MCZCA22/winbit-22/


 本といえば、読書をテーマにしたnoteマガジン
 『トップリーダーズ 〜読書発想源〜』も、
 好評をいただいてとても嬉しいです。

 いろんな名著を紹介している「Select」に加え、
 皆さんのお勧め本を紹介していく「Pro’s Bookshelf」、
 発想的に役立つ漫画を紹介する「漫画発想源」など、
 経営や企画のヒントになるものがたくさん学べます。

 ここまで経営者やマーケティング担当者にとっての
 良書を凝縮して紹介する情報源も少ないと思うので、
 よろしければ是非是非、ご利用くださいませ。
 
 ・『トップリーダーズ ~読書発想源〜』
   https://goo.gl/XAV7W9


 それでは、次回の『ビジネス発想源』をお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネス発想源』     執筆:弘中 勝(ウィンビット)
────────────────────────────
 ▽本日の『ビジネス発想源』はいかがでしたか?
  ご意見やご感想など、ぜひご遠慮なくお送り下さい。
  こちらからどうぞ→ http://goo.gl/E1axwp

 ▽本文を許可無く転載することは、何の発想力の訓練にも
  なりませんし著作権もあるので、禁じます。

 ▽購読解除はこちら。今までありがとうございました。
   → http://www.mag2.com/m/0000134134.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      (c)2004-2017 M.Hironaka All Rights Reserved.



(メールマガジン『ビジネス発想源』は
 「まぐまぐ」を利用して配信しております。
 まぐまぐさん、いつもありがとうございます!)


メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ビジネス発想源
発行周期
日刊
最終発行日
2017年05月22日
 
発行部数
133,479部
メルマガID
0000134134
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ