ビジネス発想源

  • ¥0

    無料

<まぐまぐ大賞2015・ビジネスキャリア部門第1位受賞/まぐまぐ大賞2014・総合大賞受賞> 連載4,600回を突破した、次世代を切り拓くビジネスパーソン向けの情報メディア。ご商売に活かせる発想源を毎日お届け。世に価値あるものを提供したい経営者・マーケティング担当者だけ、お読み下さい。(筆者:弘中勝)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ビジネス発想源
発行周期
日刊
最終発行日
2018年04月19日
 
発行部数
125,844部
メルマガID
0000134134
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【ビジネス発想源】   http://www.winbit.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018/04/19  Daily Mail Magazine by M.Hironaka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 このメールマガジン『ビジネス発想源』は、

 ・お客様や取引先に喜んでもらう商品や企画づくり
 ・社員やスタッフたちが幸せになる事業づくり
 ・社会に有用で有益なコンテンツを生み出すこと

 といったことを目指す経営者やクリエイターの方々に
 マーケティング発想力を毎日鍛えて頂くための
 実践型ビジネスメディアです。

 本文をお読み頂いた直後に、お手元のノートの上で、
 「今日の発想源実践」の課題を実践して下さい。

 ・実践をせずにただ読んでいるだけで満足する人
 ・お客様の心よりも目先の利益がまず大事という人
  ・手っ取り早く稼げる手法ばかりを追い求める人

 などは、この『ビジネス発想源』には適しませんので、
 今すぐ購読解除をお願い致します。
  → http://www.mag2.com/m/0000134134.html

 お客様のために、社員のために、社会のために、
 自分たちができることは何なのかを真剣に深く考え抜き、
 それを実行することに大きな喜びを感じて頂くための
 実践をお約束できる読者の方のみ、お読み下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日の発想源
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 正しいマーケティングを構築するための発想のヒント。
 必ず最後に実践して下さい。実践無くして向上なし!
────────────────────────────
--------------------------------------------------------
 【第4913回】立地とコンセプト
--------------------------------------------------------


 昨日紹介した本の内容の続き。


 グラフィックデザイナーのナガオカケンメイ氏は、
 リサイクルショップを巡っているうちに、
 長く使えるロングライフデザインの品物だけを
 扱うショップがあればいいなと考えた。

 世田谷区の環状8号線沿いに、立地は悪いが
 広くてカフェもできる物件を偶然見つけ、
 2000年に「D&DEPARTMENT PROJECT(D&D)」
 という名前でショップをオープンした。

 当初は全くお客様は訪れなかったが、
 次第にナガオカ氏のデザインへの考えが理解され、
 悪い立地にも関わらず来客数が多くなった。

 自分の地域にもD&Dをオープンしたい、
 という依頼が各地から止まず、D&Dは
 全都道府県のオープンを目指して展開している。


 現在、全国に展開するD&Dの店舗のほとんどは
 最寄り駅から徒歩20分程度の場所で、
 人通りのあまりない場所にある。

 普通なら誰もお店をやろうなどと思わない物件だが、
 想いやコンセプトを「伝える店」はそんな場所にあるべきだ、
 とナガオカ氏は述べる。

 不便な場所にあるお店に来る人は、家を出るときから
 「今日はあの店に行こう」という意思があるからだ。

 またそんな立地なら広い空間でも家賃が低く抑えられ、
 D&Dのように物販があり、カフェがあり、
 勉強会やワークショップを行おうとすると
 ある程度の広さがあることが必須条件であるが、
 人通りの多い場所でなければならない理由がない。


 D&Dは立地についてはこだわり抜くが、
 これまでに失敗したことも何度かあるという。

 2000年に日本橋の商業施設に出店した期間限定店は、
 うまくいかなかった。

 このビル自体のオープン直後で来客数がものすごく多く、
 こちらのコンセプトを伝える接客がなかなかできず、
 しっかり伝えても買ってもらえなかったのだ。

 オープン当初のD&D東京店は集客こそ苦労したが
 利益率は東京店のほうが上だったのである。

 
 立川の駅ビルに出店した時も苦労した。

 東京店のメンバーは定休日になると
 自分たちが扱う商品を作っている工場へ
 見学に行くことがよくある。

 しかし、立川の駅ビルは年中無休であり、
 立川店のスタッフは工場に見学に行くことができないので、
 だんだんマインドを共有できなくなる。

 彼らもショップの売上を伸ばしていくことに
 気持ちを手中せざるを得なくなり、
 D&Dの一員というよりただの売り子のような状態になり、
 当然モチベーションが違ってくる。

 結果として収益は上がったものの、
 そのような状態でお店を続ける意味が
 見出せなくなってきた。


 地方になると、D&Dにふさわしい物件にめぐり合うのは
 さらに難しくなる。

 商業エリアと住宅地がはっきり分かれ、
 商業エリアから離れると一気に借りられる物件が
 なくなってしまうからだ。

 それでもD&Dの物件探しは妥協をしない。


 オーナーの意識さえ明確なら、どんな立地であっても
 意識の高い人がちゃんと来てくれる。

 世田谷区のD&D東京店の物件を決めた時は
 そんなメリットに全て気づいていたわけではないが、
 その過程でそのようなことが分かっていった、
 とナガオカケンメイ氏は述べている。



 ▼出典は、昨日も紹介したこの本です。
  D&DEPARTMENTを全国展開するナガオカ氏の著作。
  長く愛される店作りと店舗経営のヒントが満載です。

 ・D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる
  「伝える店」のつくり方  (ナガオカケンメイ氏著)
 https://amazon.co.jp/o/ASIN/4568505224/winbit-22/



 その辺のコンサルタントやアドバイザーなどは
 なにかと「立地が大事」「アクセスが大事」と言います。

 そのため、立地のよくない場所や
 アクセスの少ないエリアは、価値が大幅に下がります。

 ではその「立地が良い」というのは何を指しているか
 というと、人がよく通る、通行人によく見える、
 ということを基準に表しています。

 しかし、たくさんの野次馬が来るのと、
 少数のファンが来るのとでは、
 利益率が全く違いますし、
 なによりも商売の楽しさが全く違います。

 冷やかしのようにたくさんの人がいて、
 その中で数パーセントの人が買ってくれればいい、
 というような前時代的な考え方だと、
 ただの冷やかしの人に接客時間が奪われて、
 その分本当のお客様に充てる時間が減ります。

 それだったら、たとえ来客数は少なくても、
 ファンのような本当のお客様に
 十分に時間を充てるほうが、親切です。

 そして、一般的な「立地が悪い」という物件で
 賃料が安いのであれば、そこで浮くお金を、
 「どんな場所でも買いに行きたいです」
 という本当のお客様が喜ぶことに
 使ってあげる方が、親切です。

 宣伝を無尽蔵に流している大企業チェーンならば
 良い立地を高額で借りても構いませんが、
 中小の店舗、こだわりの店舗は、
 別にそこに無理に飛び込む必要はありません。
 
 大事なのは「立地の良さ」ではないのです。

 本当のお客様に自分たちの思いを伝えるなら、
 逆に立地の良さに頼ってはいけないのです。

 立地の悪い場所、わかりにくい場所であっても、
 「行きたい」と思ってもらえるようになるには、
 どのようなことが必要でしょうか。



 【今日の発想源実践】(実践期限:1日間)-------------
  ・「立地が良い場所」とは一般的にどういう場所を
   指すか。ノートに列挙する。
  ・「立地が良い場所」ならではのデメリットには
   どういうことがあるか。ノートに書く。
  ・「立地が悪い場所でも、お客様が多い」店には
   どのような特徴があるか。ノートに書く。


  ※本日の「今日の発想源」はいかがでしたか?
   ぜひ実践した意見や感想を、筆者までお伝え下さい。
   ご意見・ご感想はこちらへ→ http://goo.gl/E1axwp

  ※必ずノートに書き込んで実践してみよう!
   (考えるだけ、PCで打つだけでは意味がありません)



--------------------------------------------------------
▼今日の『トップリーダーズ ~読書発想源』
--------------------------------------------------------

●【219冊目】 [TRs-Select]---------------------
  自分たちの業界とは関係のなさそうな人たちと
  積極的に会って話を聞く。
 -------------------------------------------------

 大きなブームとなったテレビ番組の人気企画は、
 放送作家が一般企業の経営者との食事中に聞いた、
 テレビ制作の人間たちがほとんど気づいても
 いなかった若い人たちのブームの兆しを
 検証するために生まれた企画だった!

 何年も同じ業界で働いていると「その業界のことなら
 なんでも知っている」と思いがちですが、
 同じ業界の人とだけ話していては
 時代の流れから取り残されていって、
 お客様の「今」が分からなくなってしまいます。

 自分たちとは直接関係なさそうな職業や
 年代の人たちと積極的に会っていき話していくことが、
 自分の業界の停滞感を一気に打ち壊せる発想を生むのです。

 ……

 『トップリーダーズ 〜読書発想源〜』は、
 各界のプロたちの叡智や発想を学ぶ、
 トップレベルの発想力を目指す
 経営者やクリエイター向けのnoteマガジン。

 月1980円の月額購読で、
 当月分や過去のバックナンバーが読み放題です。

 同業他社にはない経営力、企画力、発想力を、
 ぜひどんどん持っていって下さい! 

 ・『トップリーダーズ ~読書発想源〜』
   https://goo.gl/XAV7W9



--------------------------------------------------------
▼毎週土曜・日曜は『ビジネス発想源 Special』の日!
--------------------------------------------------------

 この『ビジネス発想源』は月~金曜日の日刊、
 そして土曜・日曜は『ビジネス発想源 Special』として、
 有料メールマガジンにて配信しています。

 日々の『ビジネス発想源』をはるかに凌駕する情報量、
 『ビジネス発想源』にはない良質コンテンツの数々で、
 あなたの発想力・企画力・経営力は
 劇的に向上することでしょう。断言できます。

 1ヶ月は試し読み期間で無料で読めますので、
 無料で試読してみて、合わなければ解約すればOK。

 月額わずか907円で、あなたのビジネス力を大改造します。
 ぜひご利用ください!

 ・『ビジネス発想源 Special』→ http://goo.gl/60FY9j



────────────────────────────
▼「まぐまぐ大賞2016」ビジネス部門を受賞しました!
   https://goo.gl/GAC7Je
────────────────────────────
▼大人気『歴史発想源』シリーズ、Kindleで電子書籍化!
・「歴史発想源/南極踏破篇」/ http://amzn.to/2ikklQg
・「歴史発想源/鎌倉功臣篇」/ http://amzn.to/2xzTR2w
・「歴史発想源/農学培養篇」/ http://amzn.to/2vlBWP8
・「歴史発想源/ポルトガル篇」/ http://amzn.to/2sdkrwH
・「歴史発想源/赤備軍団篇」/ http://amzn.to/2ibbYoj
・「歴史発想源/幕末日野篇」/ http://amzn.to/2dI7xzI
・「歴史発想源/鄭氏台湾篇」/ http://amzn.to/2cs49x6
・「歴史発想源/民力醸成篇」/ http://amzn.to/29i9jKD
・「歴史発想源/南洋雄飛篇」/ http://amzn.to/1lswDpx
・「歴史発想源/山形戦乱篇」/ http://amzn.to/1QueeUp
・「歴史発想源/ローマ建国篇」/ http://amzn.to/1cMfRgB
・「歴史発想源/佐賀戦乱篇」/ http://amzn.to/1NrvWmU
・「歴史発想源/四国統一篇」/ http://amzn.to/1FZuE3m
────────────────────────────
▼気楽に気ままにブログ更新中。
 ・発想源ブログ/ http://blog.winbit.biz/
────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日の「Paddy 一日一景」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 風景を共有するスマホアプリ「Paddy」に登録された
 各地の風景から、個人的に気になったものをピックアップ!
────────────────────────────
 タイトル:神田川の桜
 投稿者:あつこさん
 場所:東京都中野区付近
 日時天候:昼・春

→東中野ですね。神田川がカーブしているところに桜が
 かかっているのがいいですね。行きたくなります。(弘中)

────────────────────────────
 ●Paddyアプリ(ver1.3.2)
   → https://itunes.apple.com/jp/app/id927862051
────────────────────────────
 ・Paddyの公式サイト(試験運用中)
   → http://www.paddying.com/
 ・Paddy事務局のtwitterアカウント
   → https://twitter.com/paddyingcom
────────────────────────────
▼電子書籍「Paddyウォーク」シリーズ、好評発売中!
 ・新宿/渋谷/秋葉原: http://goo.gl/5sycMj
 ・上野/池袋/有楽町: http://goo.gl/2fh9j2
 ・品川/目黒/六本木: http://goo.gl/4X4Y4Y
 ・船橋/大宮/甲府: http://goo.gl/7ap0Js
 ・門前仲町/清澄白河/豊洲: http://goo.gl/eeO3md
 ・巣鴨/大塚/駒込: http://goo.gl/SZcIba
 ・築地/大森/飯田橋: http://goo.gl/G4kj4H
 ・横浜元町/関内/桜木町: http://goo.gl/vdAJYn
 ・東雲/辰巳/新木場: http://goo.gl/LrjeUq
 ・早稲田/面影橋/高田馬場: http://goo.gl/p6eGpF
 ・赤羽/十条/王子: http://winbit.biz/?p=244
 ・経堂/桜上水/芦花公園: http://winbit.biz/?p=246
 ・用賀/桜新町/千歳烏山: http://winbit.biz/?p=248
 ・等々力/上野毛/二子玉川: http://winbit.biz/?p=253
 ・月島/晴海/勝どき: http://winbit.biz/?p=267
 ・大崎/五反田/大井町: http://winbit.biz/?p=271
 ・田端/鶯谷/日暮里: http://winbit.biz/?p=281
▼「Paddyトリップ」シリーズにもチャレンジ!
 ・都心梅七景(1)~(2) http://goo.gl/fmyeyj
 ・都心梅七景(3)~(9) http://goo.gl/8NSSfl
────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おたより】 メッセージ、ありがとうございます!
--------------------------------------------------------

●いつもありがとうございます。100回の節目に
 感じることは、自分自身続けない言い訳というもの
 たくさん出てくるものだなと思います。
 これからは続ける言い訳がたくさん出てくるような
 プロフェッショナルになりたいと思います。


→第4800回記念アンケート、ありがとうございます。
 続けたほうがいいメリットを考えて、ワクワク
 しながら続けていくのが一番いいですね。(弘中)


 ※「ビジネス発想源」を質を落とさずに日刊で書けるのも、
  読者の皆様からの感想メールや反響メールのおかげです。
  ぜひ感想や実行した結果などを教えて下さいませ。

  ・感想メールはこちらへ→ http://goo.gl/E1axwp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼『ビジネス発想源』はいろんなところに。
 ・『ビジネス発想源 Special』/ http://goo.gl/60FY9j
 ・『トップリーダーズ』 / https://goo.gl/XAV7W9
 ・発想源ブログ/ http://blog.winbit.biz/
 ・twitter『ビジネス発想源』/ http://goo.gl/mW4jCl
 ・facebook『ビジネス発想源』/ http://goo.gl/evYQiO
 ・弘中勝のtwitter/ http://twitter.com/hironakamasaru
 ・弘中勝のfacebook/ http://facebook.com/hironakamasaru
 ・弘中勝のInstagram/ https://goo.gl/vbc9iD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【あとがき】(筆者より)
--------------------------------------------------------

 『ビジネス発想源』をお読み頂きありがとうございます。

 今回の本文では昨日に引き続き、「D&DEPARTMENT
 PROJECT」を全国各地に展開しているデザイナーの
 ナガオカケンメイ氏の『D&DEPARTMENTに学んだ、
 人が集まる「伝える店」のつくり方 』という本を
 取り上げました。なかなか面白い本です。

 今日は立地の話でしたが、出てきた1号店の東京店は
 ほんと「どうしてこんな場所にカフェがあるんだろう?」
 という不思議な場所にあって、最寄り駅からも結構歩き、
 店を目指す人でなければまず行かない場所です。

 ちょっとデザインの資料が必要になった時にはよく
 このD&D東京店に行くことが多く、最近は仕事場を
 引っ越してさらに近くなったので、頻度が増えました。

 ちなみに山梨店は、甲府城の目の前にあるので、
 お城好きの私はいつも甲府城の観光とセットで
 お土産店に行く感覚で行ったりします。

 ・D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる
  「伝える店」のつくり方  (ナガオカケンメイ氏著)
 https://amazon.co.jp/o/ASIN/4568505224/winbit-22/


 次第に暖かくなってきて、いろいろと新しいことを
 準備中です。形になるかどうか分からない、
 というものも地道にテストで作っていっています。

 Paddyのフォトウォークもそろそろ新しい企画を
 進めておりまして、若い人たちの意見も取り入れて
 何か新しいことをやろうとしております。

 決まりましたら真っ先に発表したいと思いますが、
 ぜひ企画を一緒にやりたい、という方のご参加も
 喜んでお待ちしております。企画をどんどん作れて
 提案できる方なら、大歓迎でございます。
 (何かお力に…というだけでは厳しいですけど)

 新しい出会いもあって、とても楽しい季節。
 一緒にいろいろと楽しんでいきましょうー。


 それでは、次回の『ビジネス発想源』をお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネス発想源』     執筆:弘中 勝(ウィンビット)
────────────────────────────
 ▽本日の『ビジネス発想源』はいかがでしたか?
  ご意見やご感想など、ぜひご遠慮なくお送り下さい。
  こちらからどうぞ→ http://goo.gl/E1axwp

 ▽本文を許可無く転載することは、何の発想力の訓練にも
  なりませんし著作権もあるので、禁じます。

 ▽購読解除はこちら。今までありがとうございました。
   → http://www.mag2.com/m/0000134134.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      (c)2004-2018 Winbit All Rights Reserved.



(メールマガジン『ビジネス発想源』は
 「まぐまぐ」を利用して配信しております。
 まぐまぐさん、いつもありがとうございます!)


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ