毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン

  • ¥0

    無料

Amazon.co.jp立ち上げに参画した元バイヤー、読売新聞コラム連載、BS11「ベストセラーBookTV」レギュラーコメンテーター、現在はYahoo!ニュースビジネスで連載中の土井英司が、旬のビジネス書の儲かる「読みどころ」をピンポイント紹介。毎日発行、開始から既に3000号を超える殿堂入りメルマガです。テーマ:「出版/自分ブランド/独立・起業」

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン
発行周期
日刊
最終発行日
2017年08月21日
 
発行部数
55,849部
メルマガID
0000135008
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

     ビジネスブックマラソン Vol.4779
  『「好きなことだけやって生きていく」という提案』

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

■〔1〕本日の一冊

■〔2〕編集後記

■〔3〕これがラストチャンス!
    第17期『10年愛される「ベストセラー作家」養成コース』受付中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔1〕本日の一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『「好きなことだけやって生きていく」という提案』
角田陽一郎・著 アスコム

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776209365/businessbookm-22/ref=nosim

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07479ZTW9/businessbookm-22/ref=nosim

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2wni3J1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、土井英司です。

本日ご紹介する一冊は、TBSで「さんまのスーパーからくりTV」
「中居正広の金曜日のスマたちへ」などの番組を担当し、著者とし
ても『最速で身につく世界史』などのベストセラーを持つ角田陽一
郎氏が、「好きなことだけやって生きていく」方法を指南した一冊。

あらゆる仕事がAIやコンピュータに置き換えられていくトレンド
のなか、「嫌なことを我慢してやること」には、だんだん意味がな
くなってきています。

代わって支持されているのが、「好きなことをやる」という傾向。

この「好きなことをやる」の問題は、「好きなことで食えるのか」
「好きなことがそもそも見つかるのか」ということですが、それに
対して、著者は明確な答えを用意しています。

<好きなことを創造できると、必然的に「好きなことだけやって生
きていける」確率は高まっていきます>

著者に言わせれば、<好きなことを仕事にできていない人は、「好
きなこと」に縛られている人。好きなことを仕事にできている人は、
「好きなこと」を創造できる人>。

では、どうすれば好きなことを創造できるのか。

著者はこうも述べています。

<世の中の事象、他人から得た情報、自分自身の失敗、つい「面倒
くさい」と思ってしまうこと、そのすべてをとにかくおもしろがっ
て好きになる。そうやって増えた「好きなこと」の中から、今でき
ることをやっていけばいい>

アイデア創造のヒントであり、また生き方・働き方のヒントでもあ
る本書。

さっそくそのエッセンスを見て行きましょう。

-----------------------------------------------

もし今、あなたが「つまらない」と思っているものがあれば、一度
考えてみてください。あなたは、その「つまらないもの」と、きち
んと向き合いましたか?

あなたの限界を打ち破れるのは、自分ではなく他人

今、「好きなこと」があるかどうかは関係ない。まずは「好きなこ
と」を増やすことに、全力を尽くす

何でもすぐに検索することで、「いろいろなことに興味を持つ」
「知らないことは調べる」という習慣を身につけることが大切

世の中のすべてのことは、必ず自分とつながっている。そこに気づ
けば、嫌いなことさえ「好きなこと」に変えられる

たとえば、「世界史は複雑で苦手」という人は、興味のあることと
世界史をつなげてみてください。もしサッカーに興味があるなら、
好きなサッカーチームのある町の歴史を調べてみてはどうでしょう

仕事の「できる」「できない」を分ける三つの意識
「当事者意識」「お客さん意識」「被害者意識」

「なじみのあるフレーズ」×「最新のアレンジ」で、ヒット曲

「流行りもの」を馬鹿にしてはいけない。「売れる理由」は売れて
いるものの中にこそある

あなたの「想い」を、いかに世の中に広げるか。それこそが「好き
なことだけやって生きていく」鍵になる

プライベートな想いはその人のオリジナリティであり、とても重要
です。しかし、「パブリックにする」という作業を経なければ、そ
れは他者に見せる「コンテンツ」にはなり得ません

「作り手のプライベートが、他人のプライベートになりうるか」が
大きな分岐点

創造は、この世で一番の快楽をもたらしてくれる。それが「好きな
ことだけをやって生きる」べき理由

一つだけでいい。「好きなことだけやって生きていく」ために「若
さ」以外の武器を身につける

-----------------------------------------------

働き始めの若い方、またはキャリアチェンジを図りたい方に、ヒン
トとなる考え方が書かれています。

また、著者自身がいろんな番組を作ってきた経験から、どうすれば
自分のアイデアが人に伝わるのか、ヒットが出せるのかという点も
しっかり書き込まれています。

明石家さんまさんのトーク術についてのコメントも、勉強になりま
した。

ぜひ読んでみてください。

-----------------------------------------------

『「好きなことだけやって生きていく」という提案』
角田陽一郎・著 アスコム

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776209365/businessbookm-22/ref=nosim

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07479ZTW9/businessbookm-22/ref=nosim

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2wni3J1

-----------------------------------------------

◆目次◆

第1章 「好きなこと」を増やすだけで、あなたの人生は大きく変わる
第2章 新しいアイデアは、必ず「好きなこと」の中から生まれる
第3章 伝え方一つで、「ダメ」なアイデアも「いい」アイデアに変わる
第4章 「うまくいかないときにどうするか」が、好きなことをし
    続けられるかを決める

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日のメルマガが送られていなかった理由がわかりました。

どうやら配信日時の設定が間違って今日になっていたようです。
大変失礼しました。

来月は「10年愛」の同窓会を山口でやる予定で、既に40名以上が
集まってくれています。

昨年のニューヨークに引き続き、盛り上がりそうですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔3〕これがラストチャンス!
    第17期『10年愛される「ベストセラー作家」養成コース』受付中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出版を志すみなさま、大変長らくお待たせいたしました!

第17期『10年愛される「ベストセラー作家」養成コース』の募集
を開始いたします!

◆10年愛される「ベストセラー作家」養成コース
9月開講 第17期生の募集開始です!
https://eliesbook.co.jp/training

この「10年愛」は、世界700万部、空前の大ベストセラーとなった
こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』はじめ、シリーズ
20万部を突破した『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』、
著者累計40万部を突破した『年収1億円思考』、14万部を突破した
『「超」入門 失敗の本質』、26万部を突破した『稼ぐ人はなぜ、
長財布を使うのか?』など、数多くのベストセラーを生み出した、
ビジネス・実用書分野で日本一の著者養成講座。

まずは、入門講座を受講いただき、選考を経て、本講座にお進みい
ただきます。

一生モノの著者ブランド理論、企画ノウハウ、キーワード作りの極
意、さらにはマーケティングのポイントまで、出版に必要なすべて
のノウハウをぎゅっと6カ月に詰め込んでお伝えします!

これまでの出版実現実績は、約50%。

期によっては出版決定率80%を超えています。

ただ出版するだけでなく、強固なブランドを築きたい、ベストセラ
ーを狙いたいという方に、ぜひご参加いただきたい講座です。

募集人数は、A、Bコース合わせてたった24名です。

ぜひこの機会をお見逃しなく!

人生は一度きりです。
みなさまの挑戦、お待ちしております!

◆10年愛される「ベストセラー作家」養成コース
9月開講 第17期生の募集開始です!
https://eliesbook.co.jp/training

まずは入門講座をお申し込みください!

第3回:2017年8月25日(金)
     19:00~21:00(開場18:30)
https://eliesbook.co.jp/system/app/login.php?itemCode=S20170825

※現在、19名お申込み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼最近読んでよかった本はこちら

1.『世界史を創ったビジネスモデル』野口悠紀雄・著 新潮社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106038048/businessbookm-22/ref=nosim

2.『幸福の「資本」論』橘玲・著 ダイヤモンド社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478102481/businessbookm-22/ref=nosim

3.『誰がアパレルを殺すのか』杉原淳一、染原睦美・著 日経BP社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822236919/businessbookm-22/ref=nosim

4.『生涯投資家』村上世彰・著 文藝春秋
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163906657/businessbookm-22/ref=nosim

5.『宅配がなくなる日』松岡真宏、山手剛人・著 日本経済新聞出版社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532321530/businessbookm-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼BBMのバックナンバーはこちら!
 ⇒ http://eliesbook.co.jp/review/

▼これから行われる出版・ビジネス関連セミナー
 ⇒ http://eliesbook.co.jp/category/event

▼ご意見、お問い合わせは、
⇒ bbm@eliesbook.co.jp

▼マガジン登録、変更、解除
⇒ http://www.mag2.com/m/0000135008.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】有限会社エリエス・ブック・コンサルティング
      代表取締役出版コンサルタント 土井英司
【会社概要】 http://eliesbook.co.jp/company   
        
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、
 無断転載することを禁止します。
 各種コンテンツに転載する場合は事前に当社までご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ