毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン

  • ¥0

    無料

Amazon.co.jp立ち上げに参画した元バイヤー、元読売新聞コラムニスト、元BS11「ベストセラーBookTV」レギュラーコメンテーター、元ラジオNIKKEIレギュラー。現在は、ビジネス書評家、著者、講演家、コンサルタントとして活動中の土井英司が、旬のビジネス書の儲かる「読みどころ」をピンポイント紹介。毎日発行、開始から既に4000号を超える殿堂入りメルマガです。テーマ:「出版/自分ブランド/独立・起業」

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン
発行周期
日刊
最終発行日
2018年07月18日
 
発行部数
55,144部
メルマガID
0000135008
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

     ビジネスブックマラソン Vol.5074
          『突破するデザイン』

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

■〔1〕残席2! 8/8(水)博多で出版セミナーやります!

■〔2〕本日の一冊

■〔3〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔1〕残席2! 8/8(水)博多で出版セミナーやります!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

九州エリアにお住まいの方に朗報です!

来る8月8日(水)、博多でひさびさの出版セミナーを行います!
上半期ベストセラーの分析から個人のブランディング、企画書の作
り方、出版相談コーナーまで盛り込んだ、お得な内容です!

◆博多 出版成功会議
――成功する企画書のつくり方と出版を通じたアジア進出について
https://eliesbook.co.jp/system/app/login.php?itemCode=S20180808

しかも今回は、「出版を通じたアジア進出について」ということで、
博多を起点に、これからアジア進出したいビジネスパーソンと議論
する場を設けます。

ここから新しいムーブメントを仕掛けたいと思っているので、ぜひ
ご参加を!

少数精鋭ということで、参加費2万円(税込)、10名のみの募集です。
どうぞ積極的にご参加ください!

みなさまのご参加お待ちしております!

◆博多 出版成功会議
――成功する企画書のつくり方と出版を通じたアジア進出について

日時:2018年8月8日(水)14時~16時(13時45分受付開始)
場所:イル・パラッツォ(福岡市中央区春吉3-13-1)
http://www.ilpalazzo.jp
講師:土井英司
https://eliesbook.co.jp/system/app/login.php?itemCode=S20180808

<当日の内容>
1.今、売れているのはどんな企画か(上半期ベストセラーを振り返りながら)
2.あなたのブランディングについて
3.通る企画書の作り方
4.出版を通じたアジア進出について(アジアで売れる企画の特徴)
5.出版相談コーナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔2〕本日の一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『突破するデザイン』ロベルト・ベルガンティ・著 安西洋之・訳 日経BP社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822255255/businessbookm-22/ref=nosim

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B073VDYX9J/businessbookm-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、土井英司です。

本日ご紹介する一冊は、ひさびさの掘り出し物。

ミラノ工科大学教授で、リーダーシップ論、イノベーション論を専
門とするロベルト・ベルガンティ氏による名著です。

『突破するデザイン』とは、わかったようでわからないタイトルで
すが、本書が投げかけてくるメッセージは、これからの商品開発・
マーケティングにおいて重要な示唆を含んでいます。

流行の「デザイン思考」ではなく、「意味のイノベーション」。

そしてそれがなぜ、今求められているのか、その理由が腑に落ちま
した。

著者によると、今の時代、<人々は選択肢が増え続け、複雑で不可
解な人生の意味を理解することを楽しんでいる。人生が変化し続け
るため、人々は絶えず「新たな意味」を探し求めるのだ>。

だから、商品開発者やマーケター、経営者がやるべきは、「問題解
決」ではなく、「意味のイノベーション」なのです。

本書には、この「意味のイノベーション」をどうやって進めればい
いのか、実際に成功した企業の事例も交えながら紹介されています。

この意味のイノベーションを考える過程は、じつに満たされたもの
で、「ああ、僕たちはそのために仕事をしているんだ」とえも言わ
れぬ幸福を感じました。

赤ペンチェックするまでもなく「買い」の一冊ですが、納得しない
方のために、いくつかポイントをピックアップしてみましょう。

-----------------------------------------------

私たちは「意味を見つける」ために目覚めるのである

もしあなたが人々に愛されるモノゴトを創造したいのであれば、問
題解決からは離れた方がよい。愛について考えるのだ

気に入らないことがたくさんある。例えば、サーモスタットだ。本
当にゾッとするくらいひどい。心から愛せるサーモスタットをつく
りたいんだ。(中略)ネストラボはサーモスタットに今までにない
意味を与えることに成功した。人々は温度を管理したいのではない。
できれば温度管理などすることなく、ただ快適に過ごしたいのである

この世界で価値をつくり出すための主役は、単なる意味ではなく
「新しい意味」である

意味のイノベーションとは、進むべき方向の変化、判断のものさし
の変化である

今やロウソクは無駄で古めかしいものではない。現代的で意味があ
るものなのだ

「私たちのアイデンティティは今や選択の問題となっており、アイ
デンティティを受け継ぐのではなく、発明するようになった。私た
ちは好きなだけ自分自身を再発明すべきである」(バリー・シュワルツ)

無限の選択肢は、私たちが逃した選択肢を惜しむ感情を引き起こし、
そういった失敗に対する自責の念を生む一方、次への期待を換気し
やすい

バラエティーの少ない世界では、より多くのソリューション、より
多くの方法をつくることが賞賛される。一方、より多くの選択肢が
ある世界では、妥当な方針、妥当な理由、言い換えれば、意味の重
要性を見いだすことが賞賛に値するのである

ヴォックスは顧客の人口動態の大きな変化、とりわけヨーロッパの
人口高齢化を憂慮していた。(中略)ヴォックスは、コモディティ
ー化を避けるため、新しいビジョンを提案した。寝室を「リビング
ベッドルーム」に変換するのだ。寝室を家の中心にすることで、高
齢者は家族や友人に会って話ができ、楽しく過ごせるようになる

思い出づくりの手段から、コミュニケーションの手段へと写真の意
味が変化した

・「話すことの信頼」それがなければ、私たちは未成熟な考えを共
 有することはできない
・「行動の信頼」それがなければ、禁止された実験を行う勇気は持てない
・「聞くことの信頼」それがなければ、批判的な意見を真摯に取り
 入れることができない

生贄は、今の市場において不人気であってはいけない。大成功して
いるが、人々が商品の意味に親しみながらも、その価値に潜在的な
不満を持っているものがよい。たとえば、アルファロメオの生贄は、
ハイエンドなドイツ車メーカーだった

-----------------------------------------------

タイトルと翻訳の粗さが残念でしたが、それを補って余りある素晴
らしい内容でした。

どうすれば、人々に真に愛される商品・サービスが作れるのか、な
ぜ商品開発を「自分」から始めなければならないのか、どうすれば
素晴らしい商品を世に出すチームが作れるのか…。

目からウロコがボロボロ落ちる内容でした。

ぜひ、買って読んでみてください。

-----------------------------------------------

『突破するデザイン』ロベルト・ベルガンティ・著 安西洋之・訳 日経BP社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822255255/businessbookm-22/ref=nosim

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B073VDYX9J/businessbookm-22/ref=nosim

-----------------------------------------------

◆目次◆

はじめに
第1章 意味のイノベーション あふれるアイデアに圧倒される世界
Part1 価値 意味のイノベーションが重要である理由
第2章 新たな意味の探究 人々にとっての価値
第3章 意味による競争優位 ビジネスの価値
Part2 意味のイノベーションの原則 アイデアを超えて意味へ
第4章 内から外へのイノベーション 贈り物をつくる
第5章 批判精神 深いビジョンの探究
Part3 意味のイノベーションのプロセス 方法論とツール
第6章 ビジョンをつくりだす 「自分」から「人々」へ
第7章 意味のファクトリー 内部での批判
第8章 解釈者のラボ 外部からの批判
付録 新しい意味の拡がり 意味のイノベーションの事例
日本語版へのエピローグ
日本語版解説 「なぜ?」を追求して愛すべき商品をつくる手法
原注

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔3〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日、「土井英司の自分プロデュース研究所」が、アメーバのオフ
ィシャルブログになりました。

これからもマメに更新していくので、どうぞよろしくお願いいたします!

◆土井英司の自分プロデュース研究所
https://ameblo.jp/eliesbook/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼最近読んでよかった本はこちら

1位『社会は変えられる』江崎禎英・著 国書刊行会
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336062781/businessbookm-22/ref=nosim

2位『人はだれでもエンジニア』ヘンリー・ペトロスキ・著
北村美都穂・訳 鹿島出版会
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4306093042/businessbookm-22/ref=nosim

3位『最高の結果を出すKPIマネジメント』中尾隆一郎・著 フォレスト出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894519844/businessbookm-22/ref=nosim

4位『最強の営業法則』ジョー・ジラード、スタンリー・H・ブラウン・著 フォレスト出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894517930/businessbookm-22/ref=nosim

5位『世界を変えた14の密約』ジャック・ペレッティ・著
関美和・訳 文藝春秋
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163908501/businessbookm-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼BBMのバックナンバーはこちら!
 ⇒ http://eliesbook.co.jp/review/

▼これから行われる出版・ビジネス関連セミナー
 ⇒ http://eliesbook.co.jp/category/event

▼ご意見、お問い合わせは、
⇒ bbm@eliesbook.co.jp

▼マガジン登録、変更、解除
⇒ http://www.mag2.com/m/0000135008.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】有限会社エリエス・ブック・コンサルティング
      代表取締役出版コンサルタント 土井英司
【会社概要】 http://eliesbook.co.jp/company   
        
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、
 無断転載することを禁止します。
 各種コンテンツに転載する場合は事前に当社までご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ