運動部を楽しくするマガジン

  • ¥0

    無料

草野球とラグビーを愛する人のためのメールマガジンです。へたっぴリーグ管理人のツカチュウ&ラグビースクール事務局担当者の二人が真面目に楽しくレポートします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
運動部を楽しくするマガジン
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月15日
 
発行部数
126部
メルマガID
0000137124
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 野球 > サークル

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         週刊へたっぴリーグベースボール NO.478

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 週刊へたスポ
  日本でもっともユニークな草野球リーグ<へたっぴリーグ>。
  今週の予定と見所をある事ない事織り交ぜてご報告します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■週刊へたスポ 9.16-18号

みなさま、1か月ぶりのこんにちは。
自称副編集長のしげったです。

さっそくですが、先日の阪神・巨人戦で登板した藤浪投手はまたもやデッドボー
ルから調子を崩してしまいました。
かわいそうに・・・。投球スピードがもうちょっとだけ、もうちょっとだけ私に
近いスピードだったら、ぶつけたバッターのことなんか心配しないで済むのに。
なまじ160キロなんて豪速球を投げるものだから、ぶつけた相手打者に申し訳
ない気持ちになってしまうのだろうなぁ。

すいません、のっけから不適格な文章を書いてしまったような気がします。
誰も気にとめてませんよね。ねっ!!

金曜日のお昼休みか仕事帰りにボーッとしながら読むのがへたすぽです。軽~く
流していきましょう。


さてプロ野球のペナントレースは最終盤、佳境を迎えています。
セ・リーグ、パ・リーグ共に首位チームは独走。マジックナンバーは着々と減っ
ていき、もういつ優勝してもおかしくない状況です。
それとももう優勝したのかな。だとしたら、おめでとうございます!
(編集部注:残念ながら両チームとも今日現在M1です)
ホークスファン、カープファンはウキウキですね。羨ましい限りです。
優勝チームが決まると言うことは残り10球団のファンはがっかりしているとい
うことで、開幕前の皮算用が無残にもブチ壊されたということです。

ファイターズファンは思っているかもしれません。
「おかしいなぁ、大谷は最多勝&HR王のはずだったのに…」

ジャイアンツファンは思っているかもしれません。
「おかしいなぁ、山口俊はフタ桁勝ってるはずだったのに…」

全ての妄想は泡と消え、今頃は来るべき新シーズンに向けて新たな妄想のネタを
仕込んでいる最中に違いありません。

いや、このコラムを読むへたっぴリーガーの皆様は、年齢的にもうこんなケツの
青い妄想癖からは卒業してるかな。


さてさてそんな見るもツライ現実はひととき忘れて(ホークス&カープのファン
のみなさま、改めておめでとうございます!)、海の向こうアメリカの大リーグ
の世界をのぞいてみましょう。

大リーグの世界では近年、過去の常識とされていたことが覆される理論がいくつ
か生み出されています。
そのひとつが、野球通の皆様ならご存知かと思いますが、フライボール革命。
これは簡単に言うと、ゴロやライナーを打つよりもフライを打つことを意識しろ、
という理論です。

僕らは今まで、ボールを打つ時はバットを上から叩きつけてゴロ、もしくはライ
ナーを打てと教わりました。
ゴロを打てば、守備はゴロを捕る、ボールを(ファーストに)投げる、(ファー
ストが)その送球を捕る、という3動作が必要になり、ミスをする確率があがる。
それに対してフライは捕るという1動作だけなのでミスの確率が低い。
だからゴロやライナーは称賛され、フライは批難されてきました。
実際チャンスでバッターがフライを打ち上げると、攻撃側は「あ~ぁ」と落胆の
声を上げて、バッターはがっかりします。
内野ゴロでアウトになった場合のバッターがそこまで責められることはありませ
んよね。

フライボール革命の理論ではこのような理屈を否定します。
バットを上から叩きつけてボールの芯に当たった完璧なあたりでもシングルヒッ
ト止まりじゃねえか、と。
だったらボールの中心から少し下をアッパースイング気味に打った方が、飛距離
が出てホームランになりやすいぞというのです。

長打を打つのにボールの少し下を叩くというのは、まぁ今までも王さんや松井さ
んなど長距離打者の特長として言われていたことなので違和感もあまりないので
すが、ミソはアッパースイング気味で打つというところです。
レベルスイングの大家、張本勲さんからは「カーツっ!!!」と大目玉を食らい
そうです。

それではアッパースイングが推奨されたことで何が起きたのでしょうか。
なんと!これはドジャースでも活躍した石井一久さんがフジテレビで言っていた
ことですが、投手にとって低めに投げることが絶対的優位ではなくなってしまっ
たのです。確かに大リーグ中継をテレビで見るとびっくりすることがたびたびあ
ります。
内角、外角の低めといった投手にとって最高と思われるボールが、どでかいホー
ムランに仕留められてしまうことがあるのです。

だから今は高めのボールがずっと有効になってきてるんですよ、と石井さんは話
していました。

一例としてドジャースの前田健太投手の今シーズンの投球を分析してみると、ス
トライクゾーンとなる真ん中低めの被打率は3割9分5厘に対して真ん中高めは
9分4厘。打たれた打球速度も真ん中低めは142.2km/h、高めは135.
5km/h。
大リーグの選手は高めの球よりも低めの球をより多くヒットにしているのです。
そして高めの球に手を出すと力のない打球に終わることが多くなるのです。

これは今までの球界の常識からは考えられない傾向です。もちろん投手のタイプ
によってかなり違いがあり、事実、上原投手やダルビッシュ投手は低めで抑える
ことが多いので、一概にこれが正解という投球パターンはありません。

でも面白いですよね。今まで低めさえ投げておけば…と言われていた常識が打ち
破られて新しい理論が生まれるのって。
野球が進化してるって感じがしませんか。もちろんイタチゴッコみたいにまた新
しい対策が生まれるのでしょうけど、それでも100年前の理論をいつまでも大
事に抱えているよりも、ワクワクします。

ちなみにヤンキースの田中投手は残念ながら今年は全く精彩がないです。ストラ
イクゾーンの被打率は3割を越えていて、かろうじて右打者の外角高めと低めで
抑えている印象です。
日本のメディアは、アメリカで報道されている日本人選手に対する厳しい論評を
あまり紹介してくれないので実態が見えづらいのですが、データを見る限り田中
投手はとても窮屈な投球をしている印象です。ストライクとボールを含む低めの
球は65%に及ぶのですが(高めは18%)、ストライクゾーンに入ると被打率
は2割4分7厘、ボール球になると1割7分4厘。
おそらく田中投手のピッチングパターンは、勝負球をスライダーやスプリットに
して、ストライクゾーンからボールゾーンに落ちる球で打ち取る形でしょう。し
かしちょっと手元が狂って、同じ低めでも真ん中寄りにくると3割以上打たれて
しまう。なんだかひとつの失投も許されないピッチングに見えて仕方ありません。

このままじゃ来年きびしくないかなと思うのですが、隔年エースと呼ばれること
もある田中投手ですから、きっと巻き返してくれるはずと期待してます。

それでは、隔年エースどころか、11年ぶりに大噴火しているオレの太陽フレア
(前回の巨大フレアは2006年)を、だれか受け止めてくれ!と所構わず叫び
まくっているツカチュウ編集長にかわって今週の予定をば。
========================================================================
◇9月16日(土)
■10:00~12:00 二子第二
[と]イフイズエアーズ × Caravelle Drunkers[へ]

■12:00~14:00 夢の島野球場 8面
[つ]SELENS × 湘南Black Sox[た]

■12:00~14:00 川崎市多摩スポーツセンター(川崎市多摩区)
[と]BATBEERZ × Tokyo Niners[へ]

■13:00~15:00 大田区多摩川緑地
[ぴ]Gigers × レイダース[い]

■13:00~15:00 六郷橋緑地1号面
[ぷ]BlueWings × i-Fighters[り]

■13:00~15:00 多摩川緑地4号面
[ぷ]GAME SETS × 横浜ブルージェイズ[へ]

■14:00~16:00 夢の島野球場 9面
[つ]SELENS × 湘南Black Sox[た]

■14:00~16:00 川崎市多摩スポーツセンター(川崎市多摩区)
[と]BATBEERZ × Tokyo Niners[へ]

■15:00~17:00 横浜市栄区・金井公園
[た]横浜バスターズ × ロイヤルズ[ぷ]

■15:00~17:00 六郷橋緑地1号面
[ぷ]BlueWings × i-Fighters[り]

■16:00~18:00 川崎市多摩スポーツセンター(川崎市多摩区)
[と]BATBEERZ × Tokyo Niners[へ]

■17:00~19:00 東調布公園野球場
[ぴ]ゼロワン × HOPE[つ]

■17:00~19:00 世田谷公園B面
[ぴ]キリシマ.R × Spicula[り]


◇9月17日(日)
■09:00~11:00 ガス橋緑地4号面
[ぷ]ドラフトビアーズ × ★★ 募集中 ★★

■11:00~13:00 多摩川緑地2号面
[つ]CUBS × Yokohama Tadashis[さ]

■13:00~15:00 三ツ池公園
[つ]ホッパーズ × 六土手CHAMPONS[た]

■14:30~16:30 砧野球場C面
[さ]アストロ球団 × もみじレイモンド[つ]

■15:00~17:00 大田区 東調布公園
[ん]KISS × スワローズファン友の会[さ]

■18:30~20:30 御幸球場
[へ]Caravelle Drunkers × TCS[へ]


◇9月18日(月)
■08:00~10:00 小田
[と]イフイズエアーズ × ★★ 募集中 ★★

■09:00~11:00 多摩川緑地グラウンド
[べぇ]ドジャーンズ × D´セイバーズ[と]

■10:00~12:00 小田
[と]イフイズエアーズ × 広島東京カープ[さ]

■11:00~13:00 多摩川緑地3号面
[へ]TCS × ドジャーンズ[べぇ]

■13:00~15:00 和光市運動場
[ぐ]東京スワローズ × ★★ 募集中 ★★


◇9月21日(木)
■18:30~20:30 世田谷区弦巻中学校グランド
LG PAPA GIANTS × ★★ 募集中 ★★ 


========================================================================

へたっぴリーグ公式戦のシーズンもいよいよ最終盤、首位チームが大きく勝点を
伸ばしている組もあれば、デッドヒートを繰り広げている組もあります。
勝ちにこだわり過ぎてギスギスするのもつまらないですが、野球を楽しむちょっ
としたスパイスとして順位争いを意識してみるのも悪くないと思います。

灼熱の季節がすこしおだやかになっている今、最高の野球シーズンです。ぜひと
も熱い試合を楽しんで下さい。

それではまた



●編集後記
こんにちは。ツカチュウ@編集長です。
フムフム、しげったにしてはなかなかデータを駆使した内容でした。アッパース
イング理論、しげったの山なりのボールには有効かもしれないですね。
っていうか、あんだけ死球与えといて相手打者の心配全然してないんか~い!

★へたっぴリーグベースボール 公式サイト
 http://hetappi.net/

★Facebook
http://www.facebook.com/hetappibaseball


【著者略歴】
しげった
バイキンズ21代表にして、いつの間にかへたスポ副編集長に。
試合にはいつもキャサリンという、エロい愛人を連れてくる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「週刊へたスポ」に記事として掲載されたサイトを利用になる上で発生したあら
ゆる損害に関して、編集発行人は一切の賠償責任を免れます。
「週刊へたスポ」に掲載された記事の転載については、発行人の方にご一報くだ
さい。許可の無い転載は禁止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ