栗野的視点

  • ¥0

    無料

「中小企業の活性化」をテーマにしたジャーナリスト・栗野 良の経営・社会評論。「九州・岡山の技術」「九州の頑張る企業」も紹介。ベンチャーサポート組織「リエゾン九州」代表。最近は中小企業の活性化、流通、経営に関する講演活動を精力的に行っている。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
栗野的視点
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年07月20日
 
発行部数
261部
メルマガID
0000138716
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆オウムに走ったエリート達

 エリートと言えば思い出すのがオウム真理教に走り、次々と犯罪に手を染めた
者達。彼らの中には現役医師や弁護士、科学者としての道を歩みつつあった者達
もいた。それらの仕事に従事する者は客観的事実や証拠、根拠に基づいて思考し、
行動するはずで、非科学的な考えとは最も遠い距離にいると思われていた。まし
てや「空中浮遊」というトリック写真のようなものに騙され信じ込むとは。
 最近は「超魔術」を操ったり、ガラスの向こうの物だって手を突っ込んで取り
出せてみせるマジシャンは1人や2人ではない。彼らの方がよほど「超能力者」
に見えるが、医師や弁護士、科学者達がエビデンス(証拠、根拠)の代わりに
「超能力」を信じ、稀代の詐欺師を「尊師」と敬い、彼の命ずるままに殺人に手
を染めたのだからエリートほど壊れやすく、危険な存在はないかもしれない。

 なぜエリート(へ)の道を捨て、彼らは「信仰」の道へ走ったのか。それは当
時の時代背景と無縁ではないだろう。
 今から20数年前といえばバブル経済崩壊で価値観が一変した時代。それまでは
猫も杓子もカネ、カネ、カネで舞い、踊っていた。そういえば扇子をヒラヒラさ
せ、夜毎踊っていた連中もいた。そう、誰も彼もが舞い上がり、モノに踊らされ
ていたのだ。

 それが一夜で景色が一変。夢から覚めた目に映った景色は妖しいまでに輝いて
いたゴールドではなく色のないモノクロームの世界。そして誰も彼もが疲れた表
情をしていた。それはパラダイムの変化というより「宴のあと」の気怠さだった。

 物質崇拝の虚しさに気づいた人々が向かう先は精神世界、スピリチュアルの世
界。しかし、そこでもカネが支配していることに気づかず、純粋な精神に触れて
自分の精神も清めたいと望む人達がヨガや新興宗教に向かったのはある意味当然
といえるだろう。オウム真理教の前身、オウム神仙の会が生まれたはこういう時
代だった。

 目先の目標のみでなく、自分自身をも見失った人々は「自分探し」の旅を始め
ていた。大きな社会変化やパラダイムの変化が起きる時、人々の思考は内なる反
省に向かう。
 全共闘世代は「自己否定」という形で、それまでの自分達の生き方を反省、見
直し、新しい生き方を模索した。
 バブル崩壊前後に青春を送った世代は新たな生き方を模索するというより、水
に浮かぶ水草のようにゆらゆらと揺れながら、それでも従来とは違う自分の生き
方をなんとか見つけようとしていた。「自分探し」という言葉で。

 だが、全共闘世代のように強烈な「アンチ(反)」を持たない世代は羅針盤の
ない船のように漂ようことしかできず、自分では向かうべき漠然とした方向すら
分からずにいた。
 本来なら宗教が、解決策にはならないにしても魂の安らぎぐらいは与える役割
を果たすべきところだが、儀式宗教と化した既存宗教にはそのような役割を果た
すことも、期待されることもなかった。
 結局、行き場を失った者達が求めたのが「魂の救済」を謳うスピリチュアルや
新興宗教であり、オウム真理教はそこにうまく入り込んだといえる。

 問題はエリートと目される人達がなぜ、いとも簡単に取り込まれたのかという
ことだが、彼らの人生はジグザグではなく、ほぼ直線で来ていたが故に、そのコ
ースが行き止まりやジグザグに見えると、それを乗り越えたり迂回路を取るとい
う判断が自分ではできない。別の言い方をすれば、敷かれた線路の上なら最速で、
いくらでも走れるが、自分で路線を敷いて走るのは苦手ということだ。
 そこに現れたのが麻原彰晃と名乗る松本智津夫だった。彼は進路を見失ってい
た「迷える者達」に進路を指し示した。進路が明確になれば、それに答えようと
する傾向はエリートほど強い。

 エリートの欠点は他の世界や寄り道をすることを知らないだけでなく、前提を
疑うことを知らないということだ。決まったことには従う。決定事項の実行を命
じられれば、その目的や命令の正当性に疑問を挟むことをしない。かつての日本
軍の参謀、将校達のように。

 「自己否定」という言葉で自分達の人生を見つめ直した60年代後半の若者、バ
ブル経済崩壊後に「自分探し」という言葉でさまよい始めた若者に対し、今のエ
リートは「自己肯定」型である。
 現在の自分の立場になんら疑問を感じることもなく、さも当然であるかの如く
に認識している。当然、弱者や他者に対する配慮などまったくないし、そうする
必要性すら感じてない。

 それは政治家も同じで、2世、3世議員であることに微塵も疑問を感じてない
だろう。政治家の家に生まれ、政治家になるのは当然、という意識しかない。そ
こにあるのは「政治」を製造業や流通業などの職業と同一視する考えだけだ。
 そういう連中が「国民のための政治」や格差是正などできるはずがない。「選
挙制度改革」と称して議員定数を減らすのではなく、逆に増やす法案を通したこ
とでも明らかだ。彼らの頭の中にあるのは、繰り返し言うが「国民の生活」では
なく「自己肯定」論理だけ。こうした「エリート」が増殖しつつあるのが今だ。
 その先に待っているのは狂信的な「エリート」層に導かれる狂信的な世界かも
しれない。

****************************************************************
栗野 良
 ジャーナリスト(Technology & Economy)

OFFICE KURINO 〒811-1362
福岡市南区長住5-11-23-403
 Skype:kurino30
 
 E-mail kurino@liaison-q.com
 HP  http://www.liaison-q.com(九州・岡山の技術・頑張る企業収録)
 
 ブログ「栗野的視点~ジャーナリスト・栗野の辛口コラム」
       http://blog.goo.ne.jp/kurino30
 ブログ「栗野的風景~フォトエッセー」
      http://blog.livedoor.jp/kurino30/
*****************************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ