語学スクールの窓から

  • ¥0

    無料

英会話・TOEIC・英検・ビジネス英語・受験英語・幼児英会話・小学生英会話・帰国子女英会話・フランス語・中国語・韓国語・留学の学習に。英会話スクールの代表が語る。外国語や教育に興味ある人にお薦め!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
語学スクールの窓から
発行周期
不定期
最終発行日
2018年05月29日
 
発行部数
113部
メルマガID
0000139733
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英会話

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□--------------------------------------------□■
「語学スクールの窓から」391号    2018/05/29

英会話・フランス語・中国語・日本語を教えている
語学スクールの窓から見えてくることを中心に、語学
やその他、様々な事について、私個人の意見や感想を
書いています。

■□--------------------------------------------□■
■目次■
1.ご挨拶
2.コラム 第229回「海外日本人学校からの帰国子女」
3.編集後記
_________________________

1.ご挨拶

 こんにちは。皆さんいかがお過ごしですか。
6月を前にして、九州はすでに梅雨に入ったと先日、

報道されていました。ここ横浜地方も間もなく梅雨に
入ると思います。この時期になっても、例年と少し

異なり、私たちのスクールでは、まだ新入会希望者の
体験受講が続いています。大変有り難いことです。

 6月3日は当校で英検が実施されます。5級~準1級
まで、受験する生徒たちはよく頑張っています。きっと

良い結果が待っているものと期待しております。

 6月4日~9日までは当校の少し早い夏休みで、
レッスンはお休みとなります。

info@tbcj.com メールはここまで。

_________________________

2.「海外日本人学校からの帰国子女」229号
 
 英語圏の日本人学校からの小学生の帰国子女を最近、
数名面接しました。現地校やインターナショナル校に

通っていた帰国子女は、英語能力に関しては、現地の
同年齢の子供たちとほとんど同じ程度の英語能力を

身に付けています。しかし日本人学校に通っていた
子供たちの英語能力は千差万別です。一応、海外日本

人学校でも週3時間程度は英語の授業があるのですが、
学校外で私費で現地の英語の家庭教師を雇って、自宅

で週1回・2回学習してきた子や、現地の社会に家族
ぐるみ溶け込んで生活してきた子、または学校の英語

の時間以外は英語に接する機会を持たなかった子等々、
様々です。一般的に言えることは、彼ら彼女たちは、

当校の帰国子女のコースに入るには、英語力が足りず、
また、一般の小学生の英会話コースに入って学ぶには、

レッスンが優しすぎるという中途半端な位置にいます。
それで英語能力だけで判断して、低学年の帰国子女の

コースに高学年の帰国子女を入れても、あまり上手く
いきません。

私たちの帰国子女コースのレッスンカリキュラムでは、
主に会話を中心として展開し、リーディングとライ

ティングは年齢に合った原書を貸し出し、家でそれを
読んでくることと、毎日、日記か読書感想文を英語で

書いてきて、それを毎週提出してもらい、翌週までに
担当講師がその課題を添削して返却します。言語能力

の向上には、読書と作文が大切ですが、それをレッスン
中に行うと会話の時間が十分とれないので、リーディング

とライティングは課題とする教育カリキュラムを組んで
います。今回、帰国子女クラスレベルには少し足りず、

一般のクラスのレベルよりは高い英語力を持っている、
小学生の特別クラスを開講することにしました。これで、

生徒の英語力と年齢に合わせた、より柔軟な英語教育が
実施できるものと思います。


                  祷 治満
_________________________

◆編集後記
 
 6月4日~9日まで、奄美に帰省して魚釣りをしてきます。
古い友人にたちに会い、美味しい魚とお酒を飲んで、島唄

を唄って楽しい時間が過ぎていきます。毎回、その様な帰省
が出来るのも、父母が亡くなった後も、兄姉が奄美で暮らし

ていて下さるお陰です。

-------------------------
■□-----ここから以下は、毎回同じ文章です。

■「あなたのクリックが役立ちます」

 皆さんがワンクリックするだけで、1回につき、熱帯
雨林保全や難病や教育が受けられない子供たち、そして

盲導犬などを支援するNPOに、スポンサー企業から1円
が寄付されます。

もしよかったら一日一善、クリックしてください。

   http://www.dff.jp/

_____________________________
  
「バイリンガルセンター」

 英会話・フランス語・中国語・日本語を教えている小
さな語学スクールです。至らぬ点も多々あると思います。

当校で学ばれている生徒の方々、或いは他校で学ばれた
経験のある生徒の方々の意見をお寄せ下さい。少しでも

良いスクールにしていきたいと思っております。英語を
学びたい方、「語学スクールの窓から」のエッセーや、

その他の情報を得たい方が、お知り合いにおられました
ら、このメルマガを教えて下さい。下記から登録できます。

「まぐまぐ」から配信されます。登録は無料です。解除
も自由に出来ます。

http://www.mag2.com/m/0000139733.htm
「まぐまぐ」の配信システムを利用しています。

◆コラムのバックナンバーは下記のブログで読めます。
http://blog.livedoor.jp/inorih/

    
皆さんからのお便りを持っています。それが励みです
ので、よろしくお願いします。

info@tbcj.com メールはここまで。

_________________________
【マガジン名】 語学スクールの窓から
【発 行 元】 バイリンガルセンター
 綱島校 :横浜市港北区綱島西3-7-19マリンビル2F
      TEL:045-544-5376
 北山田校:横浜市都筑区北山田2-11-2
      TEL:045-264-7102
【発行責任者】 祷 治満
【ホームページ】   http://tbcj.com
【ご意見・お問合せ先】info@tbcj.com
【登録の変更・解除】 http://www.mag2.com/m/0000139733.htm 
_________________________
まぐまぐID 0000139733 「スクールの窓から」第391号
2018年05月29日発行(創刊2004年9月22日)祷 治満
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ