「知識をチカラに!」 情報社会を生き抜くために

  • ¥0

    無料

ビジネスパーソン、起業家、経営者の方へ。ビジネス書で得た、知識を活かす力がつく!毎回「1つの有益な情報」と「1冊の価値あるビジネス書」を紹介・書評するビジネスメルマガ。まぐまぐ読者さんの本棚にも紹介。知識を自分の力にして、ビジネス力を上げよう!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
「知識をチカラに!」 情報社会を生き抜くために
発行周期
月~金曜日
最終発行日
2017年12月15日
 
発行部数
7,885部
メルマガID
0000139905
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★ご登録、ご愛読ありがとうございます。
 今日のテーマは、ジョブ理論

バックナンバー: http://www.biztikara.com/
       : http://tikara.bizpnet.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 「知識をチカラに!」 情報社会を生き抜くために      2932号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〜本を「耳で」読む習慣が、あなたの日常を変える!〜
       【日本最大のオーディオブック配信サービスFeBe】

 詳しくはコチラ↓↓
  http://www.bizpnet.com/etc/audiob.html

「本を読みたいけれど、時間がない・・・」
「勉強したいことが山ほどあって追いつかない。効率化したい。」
そのようにお思いの方も、実はまだ使える時間があることをご存じですか?

それは、あなたの「耳のスキマ時間」。
耳だけ空いていれば、本を読むことができてしまう方法があるんです!

それが、本を「耳で」読む新しい読書の形、“オーディオブック”。

書籍をプロのナレーターが朗読し、音声化したオーディオブックなら、
手が空いていない作業中や、移動中でも、手軽に読書をすることが可能。

オーディオブックを使えば、例えばこんな時でも読書ができるんです!
 ★満員電車の中で語学テキストを“読む”
 ★家事をしながらエッセイを“読む”
 ★ランニングをしながら自己啓発書を“読む”
 ★車を運転している間にビジネス書を“読む”
 ★寝る前に、目を閉じて小説を“読む”

使い方はとってもカンタン。
パソコンで、CDに焼いて、MP3プレイヤーに入れて、スマートフォンで。
あなたのお使いの機器を使って、いつでもどこでも読書が楽しめます。

さあ、あなたもオーディオブックで、新しい読書を始めませんか?

 詳しくはコチラ↓↓
  http://www.bizpnet.com/etc/audiob.html



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 「知識をチカラに!」 情報社会を生き抜くために      2932号

         http://www.biztikara.com/  2017/12/15

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 ★こんにちは。こばやしです。


  少し早いのですが、2017年のメルマガは、この号で最後です。

  これまでのバックナンバーはこちらです。
  http://www.biztikara.com/

  年末年始に、何か読みたい方は探してみてください。

  来年、2018年は、1月12日頃に再開予定です。

  といったところで、今日も、「知識をチカラに!」、発行します。


-----------------------------------

■このメルマガの内容

◇現代は、情報社会と言われます。

◆1号に1冊、本をご紹介します、知識を身に付けるためには、
 読書も有益な方法です。本からも気づきを得ましょう。


■■知識を自分のチカラにするために■■

◆自分だったらどうだろうかと考えることが、
 情報や知識を自分のチカラとして活かすための第一歩です。

◆あなたも、情報や知識を自分のチカラにするために、自分だったら
 どうだろうかと考えて、ブログのほうに自分の考えを書いてみて下さい。

          ★ブログ →  http://www.biztikara.com/

◇わたしも、このメルマガを発行していくことで、”知識をチカラに”したい
 と思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆◆ 今日の「ビジネス書をチカラに!」 ◆◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⇒『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』
 クレイトン・M・クリステンセン、タディ・ホール、カレン・ディロン、
 デイビッド・S・ダンカン
  http://www.bizpnet.com/book/2017/12/jobriron.html

-----------------------------------

■ジョブ理論

クレイトン・M・クリステンセン氏が、以前から書いていた、「ジョブ理論」に
ついてまとめている本ですね。

これまで、クリステンセン氏が、他の本などでも書いてきたジョブ理論という
ものがわかります。



▼ ここに注目・言葉・名言 ▼

「・ジョブとは、特定の状況で人あるいは人の集まりが追求する進歩である。
・成功するイノベーションは、顧客のなし遂げたい進歩を可能にし、困難を
解消し、満たされていない念願を成就する。また、それまでは物足りない
解決策しかなかったジョブ、あるいは解決策が存在しなかったジョブを
片づける。」(p.62)


■ジョブ理論:ジョブとは?

ジョブというと、仕事とか雇用、職業とかいったことが一般的な意味ですよね。

ここでは、「解決すべきこと」といった意味合いで使われているように
思います。

解決すべきことのために、その「ジョブ」の解決策を選んで購入する。

よく言われる例は、穴を開けるために、ドリルを買う、というものですね。

「穴を開ける」がジョブで、ドリルを買うが、解決策を買うということです。


■ジョブ理論:ジョブを中心とした組織

「プロセスには力がある。プロセスの力によって、社員は各自のタスクを
一貫した方法で繰り返し実行することができる。プロセスが顧客の片づけるべき
ジョブを中心としてつくられていれば、つまり、顧客の求める進歩を促し、
体験を届けることに最適化されていれば、競争優位の大きな源になる。」
(p.262)


■競争優位の大きな源

顧客の求める進歩を促し、体験を届けることに最適化されていると、
競争優位の源になるということです。

片づけるべきこと、ジョブを解決することができるように最適化されいてる
企業、組織は、競争優位に立ちやすいということですね。

なぜなら、顧客は、ジョブを片づけるために、商品やサービスを購入するから
ということです。


▼取り入れたいと思ったこと

ジョブ理論は、顧客が何を求めているのかを考える、考え方というような
ところかなと思います。

自分が作りたいものを作る、売りたいものを売るというのとは違って、
顧客の片付けたい用事、ジョブから考えるということですね。

そのような考え方をする際に、ジョブ理論的に考えるとわかりやすいですね。


▼ あわせて読みたい ▼

★『コトラー マーケティングの未来と日本』フィリップ・コトラー
  http://www.bizpnet.com/book/2017/06/kotlermirai.html

フィリップ・コトラー氏が、これまでのマーケティングとこれからの
マーケティングについて書かれています。

俯瞰的に、マーケティングを知ることができます。

これまでのマーケティングとこれからのマーケティングを一冊で理解したい
なら、本書はわかりやすいと思います。

ということで、読んでみてください。


■『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』
 クレイトン・M・クリステンセン、タディ・ホール、カレン・ディロン、
 デイビッド・S・ダンカン
  http://www.bizpnet.com/book/2017/12/jobriron.html

イノベーションとジョブ理論。

その関係性などについて書かれています。

片付けたい用事のために、商品やサービスを、顧客は購入する。

こういったことを考えたい方が読まれると良いと思います。



▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 クリステンセン氏のジョブ理論について書かれています。
 顧客が購入する商品やサービスを考えたい方が読まれると、
 参考になると思います。



▼ おすすめしたい方 ▼

マーケティング担当者。
経営者。


★『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』
 クレイトン・M・クリステンセン、タディ・ホール、カレン・ディロン、
 デイビッド・S・ダンカン
  http://www.bizpnet.com/book/2017/12/jobriron.html



★【今日の読書「ビジネス書をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━

◇   用事を片づけるための解決策を提供する

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ 用事を片づけるための解決策を考えてみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼前の号で紹介した本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法』
 ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー、ブレイデン・コウィッツ
  http://www.bizpnet.com/book/2017/12/sprint.html

★★★★☆(★4.3)

 Googleベンチャーズが開発したSPRINTという仕事のやり方を紹介して
 います。
 この方法で仕事を進めたり、改善すると、成果が出やすいように思いました。
 仕事を改善したい、プロジェクトを成功させたい。
 そんな方が読まれると、参考になる一冊です。



-----------------------------------

最近、読書術、速読術について、問い合わせが多いので、
こちらにまとめました。

★★★もっとビジネス書を活用して成果を出したい人のための、
   ビジネス書の読書術・速読術・活用術
   http://www.biztikara.com/entry/soku-doku-jyutu

  これまで、このテーマでセミナーを数回開催して、
  好評の内容をまとめたものです。
  ページ数は少ないですが、これまでいろいろとわたしが試してきた中で、
  残った役に立つ厳選したノウハウをお伝えしています。

▼▼もっと速く本を読んで、読んだ本をもっと活用したい。
 ↓そういう方は、ぜひ購入して読んでみてください。
   http://www.biztikara.com/entry/soku-doku-jyutu



-----------------------------------
 【読者のみなさまへ:お願い】

■たくさんの方に、このメルマガを読んで、知識をチカラにしていただきたい
 と思っています。


★このメルマガ「知識をチカラに!」をお友達、同僚、お知り合いなどに、
 ご紹介ください。

 このメルマガを読んで、少しでもおもしろいと思われた方は、
 このメルマガを転送するか下記をコピーして、お友達などにご紹介下さい。


   このメルマガ面白いです。読んでみて下さい。
   おもしろかったら、友達や知り合いにも、紹介してみてください。

    「知識をチカラに!」 情報社会を生き抜くために
      →  http://tikara.bizpnet.com/memaga.html


 ▼できれば、複数の方に、ご紹介ください。よろしくお願いします!!

-----------------------------------
 〓〓 編集後記 〓〓

■『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』
 クレイトン・M・クリステンセン、タディ・ホール、カレン・ディロン、
 デイビッド・S・ダンカン
  http://www.bizpnet.com/book/2017/12/jobriron.html

ジョブ理論のような考えは、わかっている人には、わかっていることですが、
人に説明するとなると、意外とむずかしいというのはありますね。


そういう意味で、読んでみると良いというのもあると思います。


■2017年のメルマガは、この号で最後です。

 これまでのバックナンバーはこちらです。
  http://www.biztikara.com/

  年末年始に、何か読みたい方は探してみてください。

  来年、2018年は、1月12日頃に再開予定です。


-----------------------------------
 【このメルマガのご感想など】

  このメルマガのご感想やご提案、応援メッセージ、ネタ提供など、
  下記メールアドレスまで、お気軽にお送りください。
  この本おもしろいので、読んでみて!などもお待ちしています。

   ⇒ mail@bizpnet.com

 (このメールに返信するでも、mail@bizpnet.comにメールが送れます。)

 ※頂いたメールは、メルマガ内やブログで、ご紹介することもございます。
  (もちろん、個人を特定できるような情報は、書きませんので、
   ご安心下さい。)

-----------------------------------
 【発行人のブログ】 

  インターネット、スマホの情報などを書いています。

 スマホウェブデジタル情報ブログ
  http://web.sinka0.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【広告掲載について】

 当メルマガへの広告を募集しています。

 わかりやすいご紹介のコメントをつけて、掲載させていただきます。


 当メルマガ読者の方への、有益な広告をお待ちしています。


 ▼掲載料金
  ●ヘッダー:12,000円 ●ヘッダー3回:30,000円
  ●フッター:10,000円 ●フッター3回:25,000円

 詳しくは、以下のフォームより、お気軽にお問合せください。
  http://koukoku.bizpnet.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     【発行人】  こばやし
 【バックナンバー】  http://tikara.bizpnet.com/
            http://www.biztikara.com/
 【メールアドレス】  mail@bizpnet.com
          (メールをお送りいただいても、こちらに届かないと
           いうことがあるようです。しばらく経っても返信が
           ない場合は、 http://www.biztikara.com/ の
           ブログに、コメントしてください。)

 【メルマガの解除】  http://www.bizpnet.com/melmaga.html
           今後このメルマガがご不要の場合は、
           お手数ですがご自身で解除をお願いします。
           今まで、お読みいただきありがとうございました。
          (アドレスを変更する場合は、一度解除して、再登録し
           てください。)

   【ブログ制作】  http://www.web-smile.com/

 広告その他に関しましては、読者の方に有益と思われるものをご紹介してい
 ますが、このメルマガに記載されているサービス・商品をご利用になられて
 発生したトラブル、不利益、損害に関しまして、当方では、一切の責任を
 負いかねますので、御了承ください。

 Copyright(C)2004-2017 kobayashi. All Rights Reserved.
 無断転載、転用禁止。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 また次号まで、「知識をチカラに!」をお楽しみに!
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ