大前研一 ニュースの視点

  • ¥0

    無料

最新情報は簡単に手に入る世の中になりましたが、ニュースを正しく読む、正しく解釈するのはまだまだやっぱり難しい…。大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジン「大前研一《ニュースの視点》」です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
大前研一 ニュースの視点
発行周期
毎週金曜日+お知らせ号
最終発行日
2017年11月24日
 
発行部数
22,534部
メルマガID
0000140789
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆ 世の中どうなってんの…?大前さん!━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 大前研一 ニュースの視点 』

2017/11/24 #701
発行部数 168,513部(自社配信+まぐまぐ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

おはようございます。
ビジネス・ブレークスルー大学 オープンカレッジ
問題解決力トレーニングプログラム事務局の石野です。

今週のニュースの視点は、
「英EU離脱問題/イギリス情勢/ドイツ情勢」
の話題について大前研一が解説します。


─────────────────────────  
【1】今週の ~大前研一ニュースの視点~
─────────────────────────

≫英EU離脱問題/イギリス情勢/ドイツ情勢 ~日本の政党はドイツの政党の政策に対する姿勢を見習うべき

英EU離脱問題 ロシア関与のツイッターアカウント
イギリス情勢 保守党議員40人がメイ首相不信任に同意
ドイツ情勢 移民、財政問題で意見対立

─────────────────────────
【2】問題解決力トレーニングプログラム より
─────────────────────────

≫「問題解決ベーシック思考コース」12月開講クラス生募集中

考える/ 表現するための基本となる国語を見直すところからはじめ、
問題解決に必要な思考力を鍛える!お申込は【本日11月24日(金)15時まで】

─────────────────────────
【3】問題解決力トレーニングプログラム より
─────────────────────────

≫『ITビジネスの戦い方』2018年1月開講クラス生募集中!

講師は『モチベーション革命』(幻冬舎)の著者、尾原和啓氏。
2018年1月開講クラスのお申込は【12月21日(木)15時まで】

─────────────────────────
【4】リーダーシップ・アクションプログラム
─────────────────────────

≫リーダーシップ・アクションプログラム(LAP)

◆LAPウェブサイトリニューアルキャンペーン実施中!◆
2018年2月開講のお申込締切りは【2018年1月25日(木)】まで

─────────────────────────
【5】クリックアンケートのお願い
─────────────────────────

─────────────────────────
【6】あとがき
─────────────────────────



■ [1]~大前研一ニュースの視点~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英EU離脱問題/イギリス情勢/ドイツ情勢 ~日本の政党はドイツの政党の政策に対する姿勢を見習うべき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英EU離脱問題 ロシア関与のツイッターアカウント
イギリス情勢 保守党議員40人がメイ首相不信任に同意
ドイツ情勢 移民、財政問題で意見対立

─────────────────────────
▼ロシアは欧米の情報操作に長けている
─────────────────────────
英紙ガーディアンは14日、英国の欧州連合(EU)離脱を決めた
昨年6月の国民投票で、ロシア政府とのつながりが疑われる
ツイッターの多数のアカウントが離脱を支持する投稿を
繰り返していたと報じました。
また、英紙タイムズもロシア関連の15万以上のアカウントが
自動投稿の仕組みを使い、離脱投票の呼びかけを行っていたと報じています。

ロシアとしてはEU弱体化を狙い、
英国に離脱してもらう方が得策だと感じたのかも知れません。
かなり本格的な情報操作が行われています。

ロシアトゥデイやスプートニクニュースなどを使いながら、
対象国のシンクタンクに資金拠出し、クレムリンの意向に沿った見解を流布。
また映像も大いに活用しつつ、SNSやフェイクニュース作成集団を使い、
マルチメディアでクレムリンを利する情報を浸透させ、
自分たちに有利な政治議論が起こるように仕向けていると言われています。

英国のEU離脱についても、ロシアのこうした動きの影響を受けていたということが、
今ごろになってわかってきたということで、全くお粗末な話です。
米大統領選挙においても暗躍したように、
ロシアは相手の情報に入り込んで操作するのが非常にうまいと思います。

日本の対ロシア感情は必ずしも好意的ではありませんから、
日本に対する情報操作はそれほど上手く機能していないようですが、
欧米ではかなり成功していると言えるでしょう。


─────────────────────────
▼今国民投票を行えば、英国民はEU離脱を選択しない
─────────────────────────
英紙サンデー・タイムズが報じたところによると、
英国議会の保守党議員40人がメイ首相に対する
不信任表明に同意したことがわかりました。
閣僚の相次ぐ辞任やEU離脱交渉で進展がないことで、
メイ政権への逆風が強まっています。
英最大野党である労働党のコービン党首も
「メイ首相の指導力がないということが、あらゆる角度から示唆されている」
と指摘しています。

メイ首相の指導力の無さは言わずもがなですが、
母体の保守党が不信任に同意したというのは、
メイ首相にとってはかなり痛手でしょう。
私は任期である来年の3月までメイ首相は持たないと予想しています。
EU離脱交渉も上手くいっていませんし、
さらには外務大臣にボリス・ジョンソン氏を任命するなど
最悪の意思決定だと思います。

メイ政権は一度崩壊して、もう一度国民投票をやり直すべきでしょう。
再度国民投票を実施すれば、EU離脱に反対の国民が
過半数以上いるということが判明するのではないかと思います。
その結果をもって、EUも胸を撫で下ろすというシナリオを私は予想します。

そもそも、英国民はEUの離脱について
正確な情報を知らされないまま投票してしまった、というのが実情です。
「EUに帰属していることで、難民が来る」
「その結果、自分たちの職が奪われている」
というような「デメリット」ばかりを伝えられていました。
結局のところ、現在の英国は完全雇用に近い状況であり、
こうした情報も事実ではありませんでした。

EU離脱に伴い発生する8兆円の手切れ金のことや、
多数の外資系企業が、英国がEU離脱するなら
国外へ出ていくということなど、
EU離脱に伴うマイナス情報を知らされないまま
投票した人がほとんどだと思います。
今は冷静になって、EUに残った方が良いと考えている
英国民が多くなっていると私は見ています。


─────────────────────────
▼日本の政党はドイツの政党の政策に対する姿勢を見習うべき
─────────────────────────
ドイツのキリスト教民主・社会同盟、自由民主党、
緑の党による3党連立に向けた協議が、
メルケル首相の目指す16日の期限を過ぎてもまとまらず、
週末にずれ込む可能性が出てきました。
自由民主党のリントナー党首は、
デジタル化や欧州といったテーマでは
協議の進展がある程度あったが、
移民と財政問題を巡り意見が対立していると述べています。
もし3党が合意できなければ、再選挙の可能性も浮上してきます。

ドイツの「連立」に対する姿勢は非常に厳格です。
各党がそれぞれドキュメントを残しており、
「連立」にあたって合意文書が100ページを超えることもあります。

合意項目について、2ヶ月かけて1項目ずつ検討しています。
各党首が苦虫を噛み潰したような表情になるのも頷けます。
長い時間を掛けて、1つずつ合意形成を行っていくのは
非常に大変なことだと思います。
「いい加減な合意はしない」という、
いかにもドイツ人らしい姿勢です。

この姿勢は日本も見習うべきです。
本来、政党はそれぞれの主義主張を持っているべきです。
「連立」に際して各党の主義主張を調整し、
合意するのは簡単なことではありません。
日本ではいい加減な連立が多すぎます。
安保法制に反対でも、連立ありきで自民党と手を組む公明党。
その昔社会党と連立を組んだ自民党。
いずれも、党首が気軽に握手すれば連立が成立するというレベルで、
そこに主義主張が存在しているとは全く感じられません。

今ドイツでは、財政問題、移民問題、男女の権利問題、地球環境問題など、
様々なテーマで議論が行われています。
メルケル首相としても、連立ありきで妥協するわけにはいきませんから、
場合によっては再選挙をせざるを得ないという非常に苦しい状況です。

このようなドイツの各政党の主義主張に対する断固たる姿勢を見ていると、
日本の希望の党など軽すぎて情けない限りです。
さすがに選挙が終わった後、2ヶ月たっても政権が発足しない
というのは長すぎると思いますが、
日本の政党はドイツの政党を見習うべき点が多いと思います。


---
※この記事は11月19日にBBTchで放映された大前研一ライブの内容を一部抜粋し編集しています


─────────────────────────
▼ 今週の大前の視点を読み、皆さんはどうお考えになりましたか?
─────────────────────────

今週は、イギリスやドイツの話題を中心にお届けいたしました。

移民と財政問題を巡り意見が対立しており、
ドイツでは連立協議が行き詰まるなか、
再選挙へ踏み出す可能性も浮上してきました。

このドイツの「連立」に対する姿勢を例に挙げ、
日本の政党はドイツの政党を見習うべき点が多いと
大前は指摘しています。

長い時間を掛けて、1つずつ合意形成を行っていくのは
非常に大変なことです。

しかし、この合意形成のプロセスを行っておくことで、
意思決定をスムーズにできたり、
実行段階で関係者の協力が得やすくなったりと、
メリットも多くあります。


▼第12回 BBT×PRESIDENT EXECUTIVE SEMINAR
2018年3月2日(金)、3日(土)開催) 申込受付中!
詳細はこちら
http://www.president.co.jp/LP/ohmae_seminar/



■ [2]問題解決力トレーニングプログラム より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫「問題解決ベーシック思考コース」12月開講クラス生募集中

考える/ 表現するための基本となる国語を見直すところからはじめ、
問題解決に必要な思考力を鍛える!お申込は【本日11月24日(金)15時まで】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼問題解決ベーシック思考コースの詳細はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=VkgpHQjS&ga=WAAAAk-1

論理的に物事を考える技術は、
すべてのビジネス・コミュニケーションの基本。

『問題解決ベーシック思考コース』では、
考える/ 表現するための基本となる国語を見直すところからはじめ、
課題解決のアプローチに必要なロジカルシンキングを学びます。

また、事実を正しく認識し、意味を読みとるための分析の技術を学ぶことで、
問題解決に必要な思考力を鍛えることを目的に置いています。

これらの思考力を、講義映像視聴のみならず演習やレポート作成なども
行いながら習得していく、1年間のオンラインコースです。

―――――――――――――――――――
★コース概要
―――――――――――――――――――

●カリキュラム:以下の3つの講座から構成されています

<STEP1> 考える力基礎講座(担当:後正武氏)
・国語力
・ロジカルシンキング
・論理を越える知的思考
・分析の技術
・考える力

<STEP2> 分析する力基礎講座(担当:川上昌直氏、後正武氏)
・会社を見る眼トレーニング
・ビジネスモデル思考法
・ストーリーで読み解く会計の話

<STEP3> 伝える力基礎講座(担当:安藤佳則氏)
・ビジネスコミュニケーション

●受講期間:12ヶ月

●開講日:毎月1日開講

●受講料:350,000円(税抜)

●資格取得:コースを修了されますと経営管理指導士3級の取得申請ができます
―――――――――――――――――――

2017年12月開講の締め切りは【11月24日(金)15時まで】です。

▼『問題解決ベーシック思考コース』の詳細はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=evcUoS7m&ga=WAAAAk-1

==============================================================
◎お問い合わせ:
BBT大学オープンカレッジ 問題解決力トレーニングプログラム/担当 石野
Tel 0120-483-818
Web http://www.lt-empower.com/
==============================================================



■ [3]問題解決力トレーニングプログラム より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫『ITビジネスの戦い方』2018年1月開講クラス生募集中!

講師は『モチベーション革命』(幻冬舎)の著者、尾原和啓氏。
2018年1月開講クラスのお申込は【12月21日(木)15時まで】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼『ITビジネスの戦い方』詳細・お申込はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=kuvPeYAG&ga=WAAAAk-1

ITビジネスを考える上で重要な戦略を学び、
それぞれの歴史と変遷を押さえたITビジネスの本質を学ぶことで、
自らの目と頭を使ってITビジネスにおける勝ち方を学んでいきます。

講師は、数々のプラットフォームビジネスに携わり、
ベストセラーの『ITビジネスの原理』(NHK出版)や
『モチベーション革命』(幻冬舎)の著者でもある尾原和啓氏。

テクノロジーの進化、消費者行動の変化を先見し、
次のビジネスチャンスを捉え、ITビジネスで勝つための
本物の思考法をわかりやすく解説していきます。

▼『ITビジネスの戦い方』体験映像はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=XxwT7KOL&ga=WAAAAk-1

==============================================================
◎お問い合わせ:問題解決力トレーニングプログラム/石野
Tel 0120-483-818
Web http://www.lt-empower.com/
==============================================================




■ [4]リーダーシップ・アクションプログラム より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫リーダーシップ・アクションプログラム(LAP)

◆LAPウェブサイトリニューアルキャンペーン実施中!◆
2018年2月開講のお申込締切りは【2018年1月25日(木)】まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開講から5年目を迎え、470名を超える方々にご受講頂いている
大前研一総監修リーダーシップ・アクションプログラム(LAP)が、
先週、ウェブサイトをリニューアルいたしました。

▼LAP新ウェブサイトはこちらから▼
http://leadership.ohmae.ac.jp/


新サイトでは「受講生の声」のページを大きく刷新、
自分なりのリーダーシップを学んだみなさんの
<<受講後の変化>> が語られています。

▼受講生の声はこちらから▼
http://leadership.ohmae.ac.jp/voice/


現在サイトリニューアルに伴い、
【期間中にお申込みの方全員が対象】となる、
大変お得なキャンペーンを実施中です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-
【 LAPウェブサイトリニューアルキャンペーン 】

★キャンペーン期間:2017年11月17日(金)~2018年1月25日(木)

★受講申込特典:1)~3)のいずれかをお選びいただけます

1)講義で使用する課題書籍15冊(約2万2千円分)
 
2)アマゾンギフト券2万円分

3)サポーティブリスニングスキル 聞き出す力養成講座
 視聴特典(一般販売価格:2万5千円)


さらに!

★ガイダンス参加者特典:
 ガイダンス参加後5日以内に受講をお申込みの方には、
 更に5千円分のAmazonギフト券を進呈致します!


▼合計最大3万円相当!キャンペーン詳細はこちらから▼
 http://www.ohmae.ac.jp/ex/leadership/start/

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-

答えなき時代に人を動かす力を手に入れ、
人を巻き込むリーダーを目指されたい方は、
この機会に是非ガイダンスへご参加ください。


▼無料ガイダンスのお申込みはこちら▼
http://leadership.ohmae.ac.jp/guidance/

▼受講生の声(動画)はこちら▼
http://youtu.be/Gl55y9TzoM4

▼メンバー(部下)育成をお考えの方はこちらをチェック!▼
チームリーダーシップ・アクションプログラム(2018年4月開講)
http://www.ohmae.ac.jp/ex/teamleadership/

▼リーダーシップアクションプログラム 公式Webサイト▼
http://leadership.ohmae.ac.jp/

============================================================
◎お問い合わせ先
リーダーシップ・アクションプログラム 事務局
担当:滝川・臼井・神鳥
TEL: 0120-910-072 or 03-5860-5584 
E-mail: leader-ikusei@ohmae.ac.jp
============================================================




■[5]クリックアンケートにご協力お願いします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の記事はいかがでしたか?  
下記項目のうち、最も当てはまるもののURLをクリックしてください。

────────────
★ 英EU離脱問題/イギリス情勢/ドイツ情勢 ~日本の政党はドイツの政党の政策に対する姿勢を見習うべき

【A】大変参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/a.html

【B】参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/b.html

【C】やや参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/c.html

【D】あまり参考にならなかった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/d.html
────────────

また前号の記事のアンケート結果は下記の通りでした。
ご協力ありがとうございました。

────────────
★ 米ブロードコム/米スプリント/韓国サムスン電子 ~クロスボーダーの合併を成功させる重要な要因とは?

・大変参考になった(43.81%)
・参考になった(34.02%)
・やや参考になった(15.98%)
・あまり参考にならなかった(6.19%)
────────────


この結果は今後のメルマガ作成の参考にして参ります。
引き続きご愛読の程、よろしくお願いします。



■[6]あとがき:寿司の名店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私事ではございますが、先日、誕生日を迎えました!

会社の同僚にもケーキで祝ってもらったりと、
楽しい誕生日を過ごすことができました!

誕生日当日は、大人の階段を上るため、
奮発して寿司の名店に行ってきました!

行く前までは、どんなすごいところなんだろう・・・
私が行っては場違いなのではないか・・・
と、ドキドキしていたのですが、
気さくな大将、落ち着く雰囲気で、
いつまでも居たくなるような空間でした。

そしてなんといってもビックリするほどおいしいお寿司。
特に、あんなに柔らかくてとろける赤貝を食べたことがなく、
貝好きの私としては、あまりの美味しさに、追加で握ってもらうほど。

つまみと握りを交互に出してくれ、
江戸切子で飲む日本酒も最高でした。

本店以外にも、2号店があるそうですが、
看板のないお店で、常連のみの完全なる予約制で1組限定。
顔なじみになると、定休日にも店を開けてくれたり、
優先的に予約を取ってくれるだとか。

顔なじみには到底なれそうにもないので、
この余韻に浸って満足をしつつ、
またいつか行きたいと思います!


(編集部:こず)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次号:2017年12月1日 配信予定
通常号は毎週金曜日発行(+増刊号)

◎バックナンバーはこちら
http://www.lt-empower.com/ohmae_blog/

◎大前研一のHPはこちら
http://www.kohmae.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★メールマガジンの配信停止
次のURLより手続きを行ってください。
http://goo.gl/AibHAl

★配信先メールアドレス変更方法
配信停止を行った後に下記URLより新しいアドレスをご登録ください。
http://goo.gl/y8ZtLL

★備考
本メールマガジンを転送や転載される場合の許可申請は不要です。
ぜひお知り合いの方にもご案内ください。

★発行・編集
BBT大学オープンカレッジ 問題解決力トレーニングプログラム
大前研一ニュースの視点 編集部

Copyright 2017 BUSINESS BREAKTHROUGH INC.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ