大前研一 ニュースの視点

  • ¥0

    無料

最新情報は簡単に手に入る世の中になりましたが、ニュースを正しく読む、正しく解釈するのはまだまだやっぱり難しい…。大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジン「大前研一《ニュースの視点》」です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
大前研一 ニュースの視点
発行周期
毎週金曜日+お知らせ号
最終発行日
2018年05月18日
 
発行部数
23,230部
メルマガID
0000140789
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆ 世の中どうなってんの…?大前さん!━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 大前研一 ニュースの視点 』

2018/5/18 #726
発行部数 167,663部(自社配信+まぐまぐ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

おはようございます。
ビジネス・ブレークスルー大学 オープンカレッジ
問題解決力トレーニングプログラム事務局の石野です。

今週のニュースの視点は、
「武田薬品工業/リクルートHD/富士フイルムHD/米携帯電話大手」
の話題について大前研一が解説します。


─────────────────────────  
【1】今週の ~大前研一ニュースの視点~
─────────────────────────

≫武田薬品工業/リクルートHD/富士フイルムHD/米携帯電話大手~武田薬品の未来は日本企業ではなくなる

武田薬品工業 シャイアー買収で合意
リクルートHD 米グラスドアを買収
富士フイルムHD 米ゼロックス買収手続きに一時停止命令
米携帯電話大手 2019年に合併で合意

─────────────────────────
【2】問題解決力トレーニングプログラム より
─────────────────────────

≫『新 問題解決必須スキルコース』2018年6月開講クラス生 募集中

ビジネスに必要不可欠な「問題解決力」と「論理的思考力」を習得する
6月開講クラスのお申込みは【5月25日(金)15:00】まで

─────────────────────────
【3】問題解決力トレーニングプログラム より
─────────────────────────

≫『20代向け 考える力・書く力講座』2018年7月開講クラス生募集中!

6ヶ月間、オンライン講義視聴と演習を繰り返し
論理的に物事を考え、伝える力を鍛える

─────────────────────────
【4】p.school より
─────────────────────────

≫親子で学べるオンライン・プログラミング・スクール<p.school>より

自分のアイデアを形にするプログラミングスクール、p.schoolとは?
【 先着25名に!】プログラミング制御ができる\高性能ドローン/プレゼントキャンペーン

─────────────────────────
【5】クリックアンケートのお願い
─────────────────────────

─────────────────────────
【6】あとがき
─────────────────────────



■ [1]~大前研一ニュースの視点~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

武田薬品工業/リクルートHD/富士フイルムHD/米携帯電話大手~武田薬品の未来は日本企業ではなくなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

武田薬品工業 シャイアー買収で合意
リクルートHD 米グラスドアを買収
富士フイルムHD 米ゼロックス買収手続きに一時停止命令
米携帯電話大手 2019年に合併で合意

─────────────────────────
▼武田薬品の未来は日本企業ではなくなる
─────────────────────────
武田薬品工業は8日、アイルランド製薬大手シャイアーの買収で合意したと発表しました。
買収額は約460億ポンド(約6兆8000億円)で
日本企業による海外企業の買収では過去最大となります。

端的に言うと、これで武田薬品は今後日本人の経営者が主導する可能性は低く、
日本の企業ではなくなっていくことになると思います。
クリストフ・ウェバーCEOを選んだ時から、
このような道が決まっていたとも言えます。
ウェバー氏にしてみれば、依頼どおりにCEOも務めたし、
世界トップ10に入ったという自負があるでしょう。
もしクビになるなら、どうぞご自由にという心境だと思います。

シャイアーの買収にあたって厄介なのは、
企業の内部・中身が一体化していないことです。
シャイアーは、特殊な薬を開発していた小さい企業をいくつも買収を重ね、
最終的に税金の安いアイルランドへおさまっているという企業です。
武田薬品はまとまりがある良い企業ですが、
この買収により変質してしまうでしょう。そう考えると、
よほど天才的な経営手腕を発揮する日本人が現れない限り、
武田薬品を経営することは難しいと思います。
ルノー・日産連合と同様です。

武田薬品とシャイアーが合併すると、
売上高は約3.3兆円で製薬会社としては
世界で6位~7位の巨大企業になります。
その規模の企業を牽引するという意味でも、
日本人経営者が誕生するのは難しいと感じます。

武田薬品の株価は下落傾向が見られます。
シャイアーは良い薬を保有していますが、
主なマーケットは米国なので、
日本のマーケットにおいての好材料とはなっていないのだと思います。


─────────────────────────
▼リクルートであっても多国籍企業への適応は難しい
─────────────────────────
リクルートホールディングスは9日、
米国のオンライン求人サービス大手グラスドアを
約12億ドル(1285億円)で完全子会社化すると発表しました。
グラスドアは現役社員や元社員の口コミを集め、
それをもとに求人企業とマッチングするサービスを展開しているということで、
2012年に買収したインディードとシナジー効果を発揮できるとしています。

CMでも話題のインディードをすでに買収しているリクルートですが、
資金は十分に持っているので、今後も世界一になるまで
拡大を目指していくことでしょう。
まだ世界トップのスイスのアデコに比べれば小さいですが、
それでもようやく6合目レベルに到達したと言えます。

今後は、より「人」の問題が顕在化してきます。
リクルートと言っても、アデコのような多国籍企業を
経営する体質は持っていません。
この問題をどのように解決していくのか。
経営は難しい局面を迎えます。
日本企業の多くが海外の企業を買収したあと、
この手の問題に躓いてしまいます。
リクルートは日本企業の中では柔軟な体質を持っていると思いますが、
それでもやはり難しい領域の問題だと私は思います。


─────────────────────────
▼富士フイルムは撤退も考慮すべき
─────────────────────────
富士フイルムホールディングスが
米事務機器大手ゼロックスを買収する計画について、
米ニューヨーク州上級裁判所は、先月27日、
ゼロックスに対して手続きの一時停止を命じました。
「ゼロックスの価値を過小評価している」とする大株主の評価を認めたもので、
これに対して富士フイルムは上訴する姿勢を示しましたが、
今後買収案の変更などを迫られる可能性もあります。

この動きは、カール・アイカーン氏が反対して
値段を釣り上げているだけでしょう。富士フイルムとしては、
釣り上がった高値で買収する結果にならないように
注意してもらいたいところです。

富士フイルムの古森会長の威信に傷がつくかも知れませんが、
無理に高値掴みをする結果を招くなら、
手を引くというのも選択肢の1つだと思います。
無理に意地をはるべきではないでしょう。


─────────────────────────
▼孫正義社長はスプリントの経営再建に失敗した
─────────────────────────
ソフトバンクグループ傘下で米携帯電話4位のスプリントと
3位のTモバイルUSが2019年を目処に合併することで合意したと発表しました。
合併に伴いソフトバンクは議決権を間接的に公使できる権利を
ドイツテレコムに付与する方針です。

ソフトバンクの孫正義社長は、
スプリントの経営再建に失敗したと言われています。
Tモバイルが契約者数を伸ばしているものの、
スプリントとTモバイルが合併しても、
上位2社であるベライゾンとAT&Tに追いつくことはできません。
つまり、3位と4位が合併しても3位のまま、という状況です。

孫正義社長としては、スプリントが原因となって
ソフトバンク自体の評価が伸び悩む事態を避けたいと考えた結果、
ドイツテレコムという選択肢が出てきたのだと思います。
もちろん、5G関連投資を一緒に進めるという必要性もあるでしょうが、
それが一番の理由ではないと私は見ています。

もっと別の奇策を狙っているとする記事もありますが、
もしそんなことが可能ならば、
スプリントがTモバイルの後塵を拝する結果になっていること自体が
あり得ないと私は思います。実際にスプリントの客数は減り、
安売りしているという事実もあります。

そのような状況で、スプリントのマルセロ・クラウレ氏を
ソフトバンク本体のCOOに選任しました。
私としては、ニケシュ・アローラ氏の失敗を思い出してしまいます。
今度こそ本当に大丈夫なのか?
不安を拭い去ることができない心境です。


---
※この記事は5月13日にBBTchで放映された大前研一ライブの内容を一部抜粋し編集しています



─────────────────────────
▼ 今週の大前の視点を読み、皆さんはどうお考えになりましたか?
─────────────────────────

今週は、注目企業を中心にお届けいたしました。

武田薬品工業はシャイアーの買収で合意し、
買収額は約460億ポンド(約6兆8000億円)で
日本企業による海外企業の買収では過去最大となります。

これに対して大前は、シャイアーの買収にあたって厄介なのは、
企業の内部・中身が一体化していないことであり、
よほど天才的な経営手腕を発揮する日本人が現れない限り、
武田薬品を経営することは難しいと指摘しています。

M&Aの成功の条件は、買収直後から経営力を発揮し、
経営資源を統合させるプロセス(PMI)を徹底し、
スピーディーに統合を完了させることです。

買収に成功したら終わりというものではなく、
早期にシナジー効果を実現するために、
経営トップの強いリーダーシップによって
迅速な統合を進めていくことが必要となります。


▼【5/20(日)大阪、6/3(日)名古屋開催】BBT大学副学長・宇田左近、登壇!
人生100年時代の勝ちパターン/負けパターンとは?(宇田左近・講演)
副学長とBBT学生が語る、オンライン大学の実態とは?(大学説明会)
http://tr.webantenna.info/rd?waad=dvW3sjCt&ga=WAAAAk-1&ugad=dvW3sjCt





■ [2]問題解決力トレーニングプログラム より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫『新 問題解決必須スキルコース』2018年6月開講クラス生 募集中

ビジネスに必要不可欠な「問題解決力」と「論理的思考力」を習得する
6月開講クラスのお申込みは【5月25日(金)15:00】まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼『新 問題解決必須スキルコース』の詳細・お申込はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=guMUdQxw&ga=WAAAAk-1&ugad=guMUdQxw

ビジネスに必要不可欠な「問題解決力」と「論理的思考力」を習得する
オンラインプログラム『新 問題解決必須スキルコース』。

『新 問題解決必須スキルコース』では、
基礎編で問題解決の基礎をインプットし、演習編でアウトプットすることで、
普遍的なスキル「問題解決力」を鍛えていきます。

基礎編では、問題解決力を身につけるために必要なインプットとして、
「MECE」「SoWhat」「ピラミッド構造」や「問題解決の7ステップ」を
講義映像と演習問題を通じて学習します。

演習編のケースでは、実務経験を積めるようなトレーニングを目指し、
リアリティを大切にしたケースにリニューアルしました。

問題解決のステップごとに演習問題と解説映像を用意し、
解説映像では、試行錯誤時の頭の使い方や
よくあるつまずきポイントなども解説しています。

また、添削対象問題も31問まで大幅拡充。
一つ一つのステップで、取り組んだアウトプットに対して添削を行うので、
自分の思考の癖やつまずきポイントに気づき、
各ステップを着実に習得することができます。

さらに、実際にExcelを動かしながらデータ活用やデータ分析を行い、
ビジネスの問題を解決していく内容も新たに追加。

初めて問題解決を学ぶ方はもちろん、
エクセルでのデータ分析や資料作成に磨きをかけ、
問題解決スキルのレベルアップを図りたい方にもおすすめです。

------------------------------------------
■概要
------------------------------------------
●コース名:『新 問題解決必須スキルコース』

●受講期間:6ヶ月

●開講月:毎月1日開講

●講義視聴時間:約30時間

●価格:25万円(税抜)

●副教材:大前研一ライブ、CS-BB視聴、大前研一通信PDF版、英語コンテンツライブラリ

●資格取得:コースを修了されますと経営管理指導士3級の取得申請ができます

------------------------------------------

普遍的スキルである「問題解決力」をあなたも鍛えませんか?

▼『新 問題解決必須スキルコース』の詳細・お申込はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=guMUdQxw&ga=WAAAAk-1&ugad=guMUdQxw

==============================================================
◎お問い合わせ:
BBT大学オープンカレッジ 問題解決力トレーニングプログラム/担当 石野
Tel 0120-483-818
Web http://www.lt-empower.com/
==============================================================




■ [3]問題解決力トレーニングプログラム より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫『20代向け 考える力・書く力講座』2018年7月開講クラス生募集中!

6ヶ月間、オンライン講義視聴と演習を繰り返し
論理的に物事を考え、伝える力を鍛える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼『20代向け 考える力・書く力講座』の詳細はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=iTO0bQiU&ga=WAAAAk-1&ugad=iTO0bQiU

すべてのビジネスの基本である、論理的に物事を考え、
伝える力を鍛えるために、「ロジカルシンキング」「提案書作成」
「議事録作成」「ロジカルライティング」の4つのテーマを
講義映像と演習問題を繰り返し行うことで学びます。

また、講師やラーニングアドバイザー(LA)によるフィードバックにより、
自己学習では気づかなかった「思考の癖」に気づくことができ、
「考える力」「書く力」を体得することができます。

さらに、大前研一が発信する最新ニュース番組「大前研一ライブ」、
5,500時間以上に及ぶビジネス関連番組視聴など、充実した副教材もご用意。

副教材を活用することで、学習効果を更に高めることができます。

2018年7月開講クラスのお申込みは【6月22日(金)15時】まで!
演習+添削で「考える力」「書く力」を鍛えませんか?


==============================================================
◎お問い合わせ:問題解決力トレーニングプログラム/石野
Tel 0120-483-818
Web http://www.lt-empower.com/
==============================================================




■ [4] p.school より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫親子で学べるオンライン・プログラミング・スクール<p.school>より

自分のアイデアを形にするプログラミングスクール、p.schoolとは?
【 先着25名に!】プログラミング制御ができる\高性能ドローン/プレゼントキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[ p.school ]は、プログラミング教育を主体としたOnlineスクールですが、
プログラミング・教養・ビジネスを立体的に学ぶことで、
実社会にて自分で構想でき、自分のアイデアを実現できる
人材の育成を目指しています。

ITの急速な進歩で世の中が激変する21世紀。
グローバルリーダーには「母国語」、「英語」に加え、
第三の言語である「プログラミング言語」を含めた
"トリリンガル"であることが求められています。
[p.school]は、お子様が「第三の言語=プログラミング」を身につけ、
将来リーダーシップを発揮していただけるように開発された
オンライン・プログラミング講座です。

▼詳しくは、こちらまで
https://pschool.bbt757.com/


【 キャンペーン実施中!! 】
6月開講の「入門編」「基礎編」いずれかのコースにお申込の方に、
先着で25名様に小型ドローンをプレゼントいたします!
受講を検討されている方は、ぜひこの機会をご活用ください!

プログラミング講座で学習したことを活かして、
実際にドローンを制御するプログラムを自分で書き、
動かすという一連の流れを体験できる本キャンペーン。

このドローンをきっかけに、プログラミング世界の広がりや、
科学技術の楽しさを体験していただければと思います。

詳細はコチラ!!⇒ http://bit.ly/2L2Ze1N


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★対象のコース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《 入門編 》
――――――――――――――――――
ビジュアルで体感的に「プログラミング的思考」を習得できる『Scratch』を中心に学習。
プログラミングはそんなに難しいものじゃない!と実感できる講座です。

● 対象:プログラミングが初めての方


《 基礎編 》
――――――――――――――――――
アルゴリズムの理解をはじめ、ビジュアル言語からテキスト言語に移行する準備をします。
最後はプログラミング言語『Processing』を使い作品を完成させます。

● 対象:入門編を受講した方、プログラミングの経験があるが基礎から学びたい方


好奇心の幅をぐーっと広げる、そして将来につながるプログラミングが学べます!

※お子さまだけではなく、大人の方にもご受講いただける講座です
※どちらのコースが合っているのか迷われた際は、事務局にお気軽にご相談ください

----------------------------------
▼6月開講講座、お申込は【 5月25日(金) 】まで
https://pschool.bbt757.com/
----------------------------------


===========================
◎お問い合わせ:
p.school 事務局/丸山
Tel: 03-6380-8707
E-mail: p.school@bbt757.com
HP: https://pschool.bbt757.com/
===========================




■[5]クリックアンケートにご協力お願いします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の記事はいかがでしたか? 
下記項目のうち、最も当てはまるもののURLをクリックしてください。

────────────
★武田薬品工業/リクルートHD/富士フイルムHD/米携帯電話大手~武田薬品の未来は日本企業ではなくなる

【A】大変参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/a.html

【B】参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/b.html

【C】やや参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/c.html

【D】あまり参考にならなかった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/d.html
────────────

また前号の記事のアンケート結果は下記の通りでした。
ご協力ありがとうございました。

────────────
★米フェイスブック/米クアルコム/米インテル~自動運転ソリューションに向けて、事故責任問題について政府は真剣に考えるべき

・大変参考になった(41.19%)
・参考になった(34.97%)
・やや参考になった(17.10%)
・あまり参考にならなかった(6.74%)
────────────


この結果は今後のメルマガ作成の参考にして参ります。
引き続きご愛読の程、よろしくお願いします。



■[6]あとがき:バルセロナでのサッカー観戦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日のスペイン旅行のメインの一つであった
バルセロナのカンプノウでのクラシコ観戦。

サッカーのスペインリーグ、リーガ・エスパニョーラの
レアル・マドリードとFCバルセロナの試合は
「エル・クラシコ」(伝統の一戦)と呼ばれ、
数あるナショナルダービーの中でも注目されている一戦です。

サッカーでの激戦はもちろんなのですが、
特に、バルセロナのカンプノウで開催されるクラシコは、
サッカー以外でも注目ポイントがあります。

それは、観客がカタルーニャの国旗を掲げながら、
「独立を!」とカタルーニャ州のスペインの独立を訴える前半17分です。

カタルーニャが墜落した1714年の出来事をきっかけとし、
前半の17分に「in-de-pendencia!」
と一斉にスタジアムが声を上げはじめます。
一気にスタジアムの空気が変わる瞬間です。

昨年も独立の住民投票など、
カタルーニャの独立問題がでていましたが、
このような歴史的背景も含めて、
テレビ観戦では感じることができない生での観戦は
本当に良い経験ができたと感じています。


(編集部:こず)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次号:2018年5月25日 配信予定
通常号は毎週金曜日発行(+増刊号)

◎バックナンバーはこちら
http://www.lt-empower.com/ohmae_blog/

◎大前研一のHPはこちら
http://www.kohmae.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★メールマガジンの配信停止
次のURLより手続きを行ってください。
http://goo.gl/AibHAl

★配信先メールアドレス変更方法
配信停止を行った後に下記URLより新しいアドレスをご登録ください。
http://goo.gl/y8ZtLL

★備考
本メールマガジンを転送や転載される場合の許可申請は不要です。
ぜひお知り合いの方にもご案内ください。

★発行・編集
BBT大学オープンカレッジ 問題解決力トレーニングプログラム
大前研一ニュースの視点 編集部

Copyright 2018 BUSINESS BREAKTHROUGH INC.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ