大前研一 ニュースの視点

  • ¥0

    無料

最新情報は簡単に手に入る世の中になりましたが、ニュースを正しく読む、正しく解釈するのはまだまだやっぱり難しい…。大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジン「大前研一《ニュースの視点》」です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
大前研一 ニュースの視点
発行周期
毎週金曜日+お知らせ号
最終発行日
2017年09月22日
 
発行部数
22,706部
メルマガID
0000140789
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆ 世の中どうなってんの…?大前さん!━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 大前研一 ニュースの視点 』

2017/9/22 #692
発行部数 168,211部(自社配信+まぐまぐ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

おはようございます。
ビジネス・ブレークスルー大学 オープンカレッジ
問題解決力トレーニングプログラム事務局の石野です。

今週のニュースの視点は、
「中国自動車市場/三菱自動車/欧州自動車市場/ソーラーカー」
の話題について大前研一が解説します。


─────────────────────────  
【1】今週の ~大前研一ニュースの視点~
─────────────────────────

≫中国自動車市場/三菱自動車/欧州自動車市場/ソーラーカー ~急速なEV化は日本の自動車産業の裾野を破壊する

中国自動車市場 ガソリン車やディーゼル車の製造・販売禁止を検討
三菱自動車 中国での販売店舗 2017年度に300店へ
欧州自動車市場 欧州勢のEVシフト鮮明
ソーラーカー ソーラーカーの新星続々

─────────────────────────
【2】問題解決力トレーニングプログラム より
─────────────────────────

≫『企業分析と価値創造』講座 2017年10月開講クラス生募集中!

企業価値の本質を見抜くために必要な財務分析・ビジネスモデル分析を学ぶ
2017年10月開講のお申込締切りは【2017年9月25日(月)15時】まで

─────────────────────────
【3】問題解決力トレーニングプログラム より
─────────────────────────

≫『20代向け 考える力・書く力講座』2017年10月開講クラス生募集中!

6ヶ月間、オンライン講義視聴と演習を繰り返し
論理的に物事を考え、伝える力を鍛える

─────────────────────────
【4】BBT×PRESIDENT より
─────────────────────────

≫【締切間近!】第11回 BBT×PRESIDENTエグゼクティブセミナーのご案内

大前研一直伝!~経営者のための戦略思考~
右脳と左脳を刺激し、世界基準の発想力を育てる

─────────────────────────
【5】クリックアンケートのお願い
─────────────────────────

─────────────────────────
【6】あとがき
─────────────────────────



■ [1]~大前研一ニュースの視点~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国自動車市場/三菱自動車/欧州自動車市場/ソーラーカー ~急速なEV化は日本の自動車産業の裾野を破壊する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国自動車市場 ガソリン車やディーゼル車の製造・販売禁止を検討
三菱自動車 中国での販売店舗 2017年度に300店へ
欧州自動車市場 欧州勢のEVシフト鮮明
ソーラーカー ソーラーカーの新星続々

─────────────────────────
▼急速なEV化は日本の自動車産業の裾野を破壊する
─────────────────────────
中国政府がガソリン車やディーゼル車の製造・販売禁止
の検討を始めたことが分かりました。
フランスと英国が2040年までに禁止を表明したことに追随し、
導入時期の検討に入ったものです。
EVを中心とする新エネルギー車に自動車産業の軸足を移し、
環境問題などに対応する考えです。

中国の自動車産業は今でも2500万台規模ですが、
仮にこれが実現すれば中国の電気自動車は
世界最大規模になるでしょう。カリフォルニア州と中国は、
EVのみを許可するとも言われていますが、
中国はフランスと同じようにプラグインハイブリッド車も
認めるのではないかと私は見ています。

EV化の波は、この1ヶ月で急速にトレンドが形成されました。
日本も対応を誤ると、大変な事態を迎えることになると思います。
ただ厄介なのは、EV化対策に成功し、
上手にシフト出来た場合にも、日本には課題があります。
それは日本が世界に誇る部品産業が大打撃を受けるということです。
EV化は数十年かけてやるくらいで考えないと、
日本にとっては自動車産業の裾野の部分が
大きく壊されるリスクがあると私は感じています。

三菱自動車は中国での販売店舗を2017年度に
16年度比4割増の300店に増やす方針を明らかにしました。
環境規制強化でガソリン車の販売が禁止されることをにらみ、
プラグインハイブリッド車など新エネルギー車の投入に備えるものです。
販売が好調なロシアとインドネシアでは増産を検討するとのことです。

昨年、日産自動車が三菱自動車の約3割の株式を保有し、
アライアンスを組みました。私に言わせれば、
なぜ100%保有しないのか理由がわかりません。
いずれにせよ、三菱自動車は経営陣がしっかりしていれば、
日産・ルノーにとっても大きな役割を果たしてくれる存在になります。
三菱自動車の強みは、日産・ルノーが弱い地域で強いこと、
そして電気自動車に強いことです。

三菱自動車の地域別販売台数を見ると、
ロシア、北米、日本、中国となっていて、
日本以外での販売台数が多くなっています。
また、「その他」の地域での販売台数も多く、
中東、アフリカ、中南米などにおいても、20万台も販売しています。
パジェロ、ランサーなどが田舎の悪路で人気を得ているのでしょう。

将来の電気自動車を見据える意味もありつつ、
現時点でも地域補完の効果は大きく、
日産・ルノーにとっては非常にありがたい存在になっていると思います。


─────────────────────────
▼理想的なEVのあり方は、プラグインハイブリッド車
─────────────────────────
日経新聞は「欧州勢のEVシフト鮮明」と題する記事を掲載しました。
ドイツで12日、フランクフルト国際自動車ショーが開幕し、
独フォルクスワーゲンは約300ある全車種に電気自動車(EV)か
ハイブリッド車(HV)のモデルをそろえることを明らかにしました。
またダイムラーやBMWもEVの品揃えを拡充する方針で、
これまでの自動車と同様、いかに使いやすく魅力的なEVを
低価格で提供できるかの勝負になってきたとしています。

各社の電動化戦略を見ると、VW、ダイムラー、BMW、ルノー、
ジャガー・ランド・ローバーなどは明確に方針を示しました。
一方で、トヨタは全方位体制で、
ホンダも若干腰が引けている状態です。

とはいえ、トヨタは本格的に取り組み始めれば、
すぐにでも優位性を発揮できると思います。
というのは、理想的なEVのあり方は、
プラグインハイブリッド車になるからです。
これまでのハイブリッド車では、
馬力を必要とする時に動力源を切り替えていましたが、
これからのEVは都市部ではバッテリーで動くようにして、
バッテリー充電が不足する可能性が高い郊外では
ガソリンで動くようにする、という形になるでしょう。

この形式のプラグインハイブリッド車が主流になれば、
現在のEVよりも圧倒的に安定感が増すはずです。
ハイブリッド車に関して、
トヨタには多くの経験とノウハウがありますから、
優位性を確保することは難しくないでしょう。

一方、EVのダークホースとして頭角を現しつつあるのが、
ソーラーカーです。日経新聞は12日、
『「充電なしでEV走れます」ソーラーカーの新星続々』
と題する記事を掲載しました。

オランダアイントホーフェン工科大学の卒業生が立ち上げた
ライトイヤー社が自社で開発したソーラーカーの予約を開始したと紹介。
また中国の漢能(ハネジー)控股集団も昨年、
太陽光発電だけで走る試作車を公開したとのことです。

ソーラーカーは屋根にパネルを入れることで、
走行中に太陽光発電により充電し、
プラグインを必要としない仕組みです。
もちろん、天候による影響も大きく受けますが、
EVのあり方としては、ダークホース的な存在として見逃せません。


---
※この記事は9月17日にBBTchで放映された大前研一ライブの内容を一部抜粋し編集しています



─────────────────────────
▼ 今週の大前の視点を読み、皆さんはどうお考えになりましたか?
─────────────────────────

今週は、自動車市場の話題を中心にお届けいたしました。

EV化の波は、この1ヶ月で急速にトレンドが形成されました。

日本も対応を誤ると、大変な事態を迎えることになると
指摘する一方、EV化対策に成功し、上手にシフト出来た場合にも、
日本が世界に誇る部品産業が大打撃を受ける
という課題が日本にはあるとも指摘しています。

このような不確実な世の中で成功を収めるには、
状況の変化に応じて競合よりも早く行動を起こすことが重要です。

そのために必要なことは、不確実要因の展開によって
可能性のある将来に応じた一連のシナリオを用意し、
それぞれのシナリオにおける脅威や機会を議論しておくことです。

そうすることで、環境変化の予兆を早く感じることができ、
いざその時が来た際に迅速に行動に移すことができます。


▼「大前研一 特別講義」の特典付き!『現代版 企業参謀』講座 
結果を出すための「戦略的思考」を学ぶ
2017年10月開講クラス生のお申込は【2017年9月25日(月)15:00まで】
http://tr.webantenna.info/rd?waad=Ixmg46PN&ga=WAAAAk-1




■ [2]問題解決力トレーニングプログラム より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫『企業分析と価値創造』講座 2017年10月開講クラス生募集中!

企業価値の本質を見抜くために必要な財務分析・ビジネスモデル分析を学ぶ
2017年10月開講のお申込締切りは【2017年9月25日(月)15時】まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼『企業分析と価値創造』講座の詳細はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=VW4vaCvm&ga=WAAAAk-1

組織体系・オペレーション・事業戦略など「目に見えない」企業価値の本質を
見抜くために必要な財務分析・ビジネスモデル分析を学びます。
また、豊富なケース演習により、「使える」スキルを目指します。

この講座の講師を務めるのは、「企業分析力養成講座」の著者であり、
約15年間に渡り、M&A(企業の合併、買収)ビジネスの現場で仕事を行い、
カネボウやダイエーなどの企業再生に携わった、
デューデリジェンスのプロ、山口揚平氏。

この講座を通して、山口氏より、自らの頭で考え、
物事の本質を見抜く力を体得します。


―――――――――――――――――――
★コース概要
―――――――――――――――――――
●受講期間:4ヶ月

●開講月:4月、7月、10月、1月 

●受講料:120,000円(税抜)

●受講スタイル:オンライン講義+修了レポート
―――――――――――――――――――

2017年10月開講クラスの締め切りは【2017年9月25日(月)15時】までです。

▼『企業分析と価値創造』講座の詳細はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=MCud1tu8&ga=WAAAAk-1

==============================================================
◎お問い合わせ:
BBT大学オープンカレッジ 問題解決力トレーニングプログラム/担当 石野
Tel 0120-483-818
Web http://www.lt-empower.com/
==============================================================




■ [3]問題解決力トレーニングプログラム より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫『20代向け 考える力・書く力講座』2017年10月開講クラス生募集中!

6ヶ月間、オンライン講義視聴と演習を繰り返し
論理的に物事を考え、伝える力を鍛える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼『20代向け 考える力・書く力講座』の詳細はこちら
http://tr.webantenna.info/rd?waad=gLPvwRzQ&ga=WAAAAk-1

すべてのビジネスの基本である、論理的に物事を考え、
伝える力を鍛えるために、「ロジカルシンキング」「提案書作成」
「議事録作成」「ロジカルライティング」の4つのテーマを
講義映像と演習問題を繰り返し行うことで学びます。

また、講師やラーニングアドバイザー(LA)によるフィードバックにより、
自己学習では気づかなかった「思考の癖」に気づくことができ、
「考える力」「書く力」を体得することができます。

さらに、大前研一が発信する最新ニュース番組「大前研一ライブ」、
5,000時間以上に及ぶビジネス関連番組視聴など、充実した副教材もご用意。

副教材を活用することで、学習効果を更に高めることができます。

2017年10月開講クラスのお申込みは【2017年9月25日(月)15時】まで!
演習+添削で「考える力」「書く力」を鍛えませんか?


==============================================================
◎お問い合わせ:問題解決力トレーニングプログラム/石野
Tel 0120-483-818
Web http://www.lt-empower.com/
==============================================================




■ [4]BBT×PRESIDENT より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫【締切間近!】第11回 BBT×PRESIDENTエグゼクティブセミナーのご案内

大前研一直伝!~経営者のための戦略思考~
右脳と左脳を刺激し、世界基準の発想力を育てる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼第11回 BBT×PRESIDENTエグゼクティブセミナー
http://www.president.co.jp/LP/ohmae_seminar/


ビジネス・ブレークスルーとPRESIDENT社による共同開催セミナーを
「熱海せかいえ」にて開催します!

せかいえで学び、食事し、そして語り合う「超プレミアム」な時間。

少人数限定で、超一流講師陣と膝を突き合わせて学ぶ、
濃密な2日間を過ごすことができます!

※今年度より、より多くの方にご参加いただけるよう、価格を改定しております。
※BBTのプログラムを受講されている方、ニュースの視点の読者の方は、
 一般価格より2割引でご参加頂けますので、この機会に是非ご検討ください。

▼セミナーの詳細はこちらから
http://www.president.co.jp/LP/ohmae_seminar/

------------------------------
■特徴
------------------------------
・少人数限定なので超一流の講師陣から密接な直接指導を受けることができる
・最高の空間で、学ぶだけでなく、会食など大前研一と直接交流を深めることができる
・自分が参加する回のみならず、年4回すべてのセミナー映像を通して学びを深められる

------------------------------
■開催概要
------------------------------
〇日程
・2017年11月24日(金)、25日(土)

〇会場
・ATAMIせかいえ(静岡県熱海市伊豆山269-1)

〇テーマ
・AI SHIFT
~ AIシフトする産業と新しいビジネス ~

〇講師
・大前 研一(株式会社ビジネス・ブレークスルー 代表取締役社長)
・亀山 敬司(株式会社DMM.com 取締役会長)
・吉崎 敏文(日本アイ・ビー・エム株式会社 執行役員 ワトソン事業部長)
・岡島 博司(トヨタ自動車株式会社/先進技術統括部 主査 担当部長
      前TOYOTA RESEARCH INSTITUTE Chief Liaison Officer (チーフ・リアゾン・オフィサー)
・石山 洸(デジタルセンセーション株式会社/取締役COO )

〇参加費
・1名540,000円(税込み)のところを432,000円(税込み)にてご参加頂けます。

企業トップと参謀あるいは幹部、後継者の2名でのご参加をお勧めします。
(トップと参謀役が経営の重要課題についての理解を深め、活発な議論を交わしてもらうためです)
さらに、2名でせかいえの同室をご利用いただく場合は、1名432,000円(税込み)の特別優遇価格で
ご案内していますが、今回は345,600円(税込み)にてご参加いただけます。

※別室をご希望の場合は、お一人様はせかいえとは別にリゾート型宿泊施設をご用意いたします。

<参加費に含まれるもの>
特典1:経営専門チャンネル「ビジネス・ブレークスルー」年間視聴(220,320円消費税込み)
特典2:今年度開催するBBT×PRESIDENTエグゼクティブセミナー全4回(第9回~12回)のうち、未参加分講義ビデオ視聴
宿泊費:会員制 宿泊施設「ATAMI せかいえ」滞在費(飲食費・懇親会費全て)
その他:テキスト代

○申込締切
10月24日(火)
締切日時点で定員に達していない場合、追加申込みを受け付けることがあります。
詳細はお問い合わせください。  


------------------------------
■お申込み方法
------------------------------
こちらのHPからお申し込み下さい。
http://www.president.co.jp/LP/ohmae_seminar/

------------------------------
■『ATAMI せかいえ』について
------------------------------
下記URLより、せかいえの魅力をご確認いただけます。
http://atamisekaie.jp/

------------------------------

大前と過ごす濃密で充実した2日間が皆さんをお待ちしています。
是非ご検討ください。


==============================================================
◎お問い合わせ先
BBT大学総合研究所 「BBT×PRESIDENT エグゼクティブセミナー」係
TEL: 03-3239-0328 E-mail: bbtpresident@bbt757.com
==============================================================




■[5]クリックアンケートにご協力お願いします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の記事はいかがでしたか?  
下記項目のうち、最も当てはまるもののURLをクリックしてください。

────────────
★ 中国自動車市場/三菱自動車/欧州自動車市場/ソーラーカー ~急速なEV化は日本の自動車産業の裾野を破壊する

【A】大変参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/a.html

【B】参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/b.html

【C】やや参考になった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/c.html

【D】あまり参考にならなかった
http://www.lt-empower.com/mag2/question/d.html
────────────

また前号の記事のアンケート結果は下記の通りでした。
ご協力ありがとうございました。

────────────
★ ロシア情勢/日ロ関係 ~極東を重視するプーチン大統領の意図


・大変参考になった(64.76%)
・参考になった(22.88%)
・やや参考になった(7.20%)
・あまり参考にならなかった(5.17%)
────────────


この結果は今後のメルマガ作成の参考にして参ります。
引き続きご愛読の程、よろしくお願いします。



■[6]あとがき:台風と子供
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3連休に全国各地へ影響をもたらした台風18号。
史上初、日本の本土4島(九州・四国・本州・北海道)に
全て上陸した台風となったそうです。

旅行を計画していたけど、台風であきらめてしまった
という方も多いのではないでしょうか。

私も台風の影響を考え、遠出をすることはやめてしまったのですが、
連休最終日は、翌日の出張が前泊入りだったため、
大阪まで新幹線で移動をしていました。

新幹線で隣の席に1歳のお子様連れの家族がおり、
ひょんなきっかけで、お子さんと一緒に遊ぶことに。

そのご家族は、北海道から岡山まで帰る飛行機が
台風の影響で欠航となり、函館から岡山まで
新幹線で移動しているところだったそうです。

陸路での移動のため、移動時間はなんと9時間以上。
子供が退屈しないように工夫をしたり、
子供が迷惑をかけないように周りに気を配ったりと、
お子様連れでの移動は本当に大変そうでした。

そのお子さんは、「ねんね」と「まんま」しか話せない
と聞いていたのですが、一緒に遊ぶ中で
「ブーブー(豚)」「モウモウ(牛)」「出た!」
という言葉が話せるようになりました。

2時間半という短い時間の中でしたが、
お子さんの成長を垣間見ることができ、
嬉しい気持ちになりました。


(編集部:こず)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次号:2017年9月29日 配信予定
通常号は毎週金曜日発行(+増刊号)

◎バックナンバーはこちら
http://www.lt-empower.com/ohmae_blog/

◎大前研一のHPはこちら
http://www.kohmae.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★メールマガジンの配信停止
次のURLより手続きを行ってください。
http://goo.gl/AibHAl

★配信先メールアドレス変更方法
配信停止を行った後に下記URLより新しいアドレスをご登録ください。
http://goo.gl/y8ZtLL

★備考
本メールマガジンを転送や転載される場合の許可申請は不要です。
ぜひお知り合いの方にもご案内ください。

★発行・編集
BBT大学オープンカレッジ 問題解決力トレーニングプログラム
大前研一ニュースの視点 編集部

Copyright 2017 BUSINESS BREAKTHROUGH INC.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ