心の糧・きっとよくなる!いい言葉

  • ¥0

    無料

著者サイト

言葉には、すごいパワーがあります。 私たちを元気づけ、希望を灯し、一歩を踏む出す勇気を与えてくれます。 このメルマガでは、そんな「いい言葉」や「いい話」が、 私たちの素晴らしい「心の糧」となること願って紹介していきます。 発行者は、『元気がでる魔法の口ぐせ』『ラッキー!』『ハッピー!』などの著者、中井俊已です。 お贈りする「名言名句・いい言葉」「幸運になれるいい習慣」「心温まるいい話」などが、 どうかあなたを幸せに導きますように・・・。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

メルマガ上下のPRは、まぐまぐさんからです。

★あなたの夢を応援するメルマガ★
**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
  2017.6.26 Vol.1275
  作家 中井俊已
  http://www.t-nakai.com
**********************************************************************


「心の糧」をご覧くださってありがとうございます。

このメルマガで、私が本から学んだり人から教えていただいたりした
「いい言葉・いい習慣・いい話」などを提供していきます。

あなたの夢と人生を応援できますように・・・

あなたの強く優しく豊かな「心の糧」となりますように・・・

《おもな内容》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.【今日の話】   おもてなしの心が斬新なアイディアと行動力を生む。

2.【あなたへ】    おもてなし

3.【編集後記】   よかったら、どうぞ・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のお話】 
───────────────────────────────────

▼★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

おもてなしの心が斬新なアイディアと行動力を生む。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


▼大分市は、人口は毎年増えていて、48万人くらいだそうです。

 特に、JR大分駅の周辺は開発が進んでいて、近年新しくなりました。

 その駅前広場に建っている2人の銅像、ご存じでしょうか。

 その一つ、大きな銅像は、キリシタン大名の大友宗麟。
 http://www.niigata-u.com/files/oita/solin01.html

 もう一つ、手を広げて立つのは聖フランスコ・ザビエルです。
 http://www.niigata-u.com/files/oita/sabi01.html



▼では、となりのJR別府駅正面に建っているのはだれでしょう?

 はい、これは・・・

 別府市の観光開発に尽力した実業家・油屋熊八の銅像です。
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukuokadeasobitai/beppueki_jr.html



▼この銅像は、とてもユニークです。

 熊八の銅像は両手をあげ、そのマントに小さな鬼がぶら下がっています。

 さらに、油屋熊八の銅像の台座には、

 「子どもたちをあいしたピカピカのおじさん」

 と書かれているのです。(笑)

 これって、どういうことなんでしょう?



▼油屋熊八は、1863年、愛媛県宇和島の米問屋に生まれました。

 30歳のときに大阪に出て、米の相場で成功し、巨万の富を手にします。

 しかし、34歳で相場に失敗し、全財産をなくします。

 そこで、心気一転、アメリカへ渡り、放浪の旅を続けます。

 その間、キリスト教の洗礼を受けました。

 38歳のとき帰国。

 46歳のころ、米国滞在中に妻が身を寄せていた
 別府へ移り住み、旅館を経営し始めました。



▼熊八は自分の旅館のためだけではなく、
 別府の町全体が潤うことを願って行動しました。

 たとえば、客寄せ。

 当時の別府港は桟橋がなく、船の発着は危険で
 船客には不評でした。

 そこで、熊八は大阪商船の本社に乗り込み、
 桟橋建設を約束させ、完成しました。

 そのおかげで船は毎日就航するようになり、
 大勢の客を安全に運んでくるようになったのです。



▼また、熊八は別府宣伝のために知恵をしぼり、
 自らキャッチフレーズを考えました。

「山は富士、海は瀬戸海、湯は別府」。

大正14年、熊八はこのキャッチフレーズを標柱にして
富士山頂に建てさせました。

昭和2年、大阪毎日新聞が「新日本八景」の人気投票を行ったとき、
別府温泉は全国一位に選ばれます。



▼さらに当時は珍しい定期観光バスを走らせることも考えました。

 その結果生まれたのが、
 大人気となった「地獄めぐり」と「遊覧バス」。

 そのバスに女性の案内役を乗せ、
 日本初の「バスガイド」が生まれます。



▼これらの新しいことを始める時は、
 地元の業者から反発を受けましたが、
 熊八はねばり強く説得し続けました。

 しかも、これらの宣伝活動は、すべて自費で行ったため、
 彼のホテルの経営は楽ではありませんでした。

 また、熊八は誰とでも友人のように接し、
 人の地位で態度を変えることはなかったそうです。

 ある時はホテルの客が従業員の失敗に怒った時、
 従業員をかばい、土下座までして詫びました。



▼そんな熊八のまわりには、わが町のためならなんでもしようという
 面白い人たちが集まったそうです。

 みんな子どもたちが大好きで、「オトギ倶楽部」を結成し、
 子どもたちを寓話や歌や演奏などで楽しませました。

 その「オトギ倶楽部」で、
 「ピカピカのおじさん」とよばれていたのが、

 熊八の銅像の台座に刻まれた

 「子どもたちをあいしたピカピカのおじさん」

 という文字の由来です。



▼子どもも大人も大切にした熊八のモットー(口ぐせ)は、
 
 聖書の言葉

 「旅人をねんごろにせよ。
 (旅人をもてなすことを忘れてはいけません)」でした。

 つまり、「おもてなしの心」です。
 
 そして常に、隣人のため、地域の人々のため、
 お客のために働きました。

 そのような熊八には、斬新なアイデアが生まれ、
 志を共有する者が集まり、事業も継続拡大していったのです。



▼観光地の売出しや開発には、公費の支出が当たり前な現代とは違い、
 別府温泉の宣伝はすべて熊八個人の私財と借財でまかなわれていました。

 そのため熊八の死後、彼の自動車会社や旅館は
 借金の返済のため売り払われました。
 
 しかし、その行動力と独創力に敬意をこめ、
 「別府観光の父」「別府の恩人」としていまも市民から慕われています。

 また日本有数の温泉地となった湯布院の礎を築いたことも、
 熊八の功績として知られています。



▼熊八が唱えた「おもてなしの心」で、

 別府や湯布院を舞台に、

 これまでどれだけ多くの人が癒され、元気になり、
 明日への活力を得たことでしょうか。

 皆さんも、別府や湯布院で、心も体も温めてください。



★ きっとよくなるヒント ★

                              
            おもてなしの心をもって人に接する。(^.^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【参考文献】
「地獄のある都市 油屋熊八と別府観光・地獄巡り」 
  社団法人別府市観光協会発行
 「Please No.138.139『観光地別府の未来を描いた男 油屋熊八』」 
               九州旅客鉄道株式会社発行
 「ヘブライ人への手紙」
  13章2節 「旅人をもてなすことを忘れてはいけません」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ あなたへのメッセージ ◆◇◆
───────────────────────────────────

★おもてなし★


 こんにちは。

 よくきてくださいました。

 一言、声かけられるだけでもうれしいものです。


 ゆっくりしていってくださいね。

 なにか、わたしにできることはありませんか。

 一言で、おもてなしの心が伝わります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ お知らせ ◆◇◆
───────────────────────────────────

◆『感謝の習慣が、いい人生をつくる』好評発売中です。
http://www.t-nakai.com/kansya.html

◆『ねこ天使とおかしの国に行こう!』(幼年童話)好評発売中です。
  http://www.t-nakai.com/nekotenshi1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 編集後記 ◆◇◆
─────────────────────────────────── 

よかったら、どうぞ・・・。

別府の温泉
http://kyokai.beppu-navi.jp/

湯布院の温泉
http://www.yufuin.gr.jp/

おもてなしの心で迎えてもらえそうですよ。

                             (^.^)

いつも読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:作家 中井俊已(なかいとしみ)
───────────────────────────────────
ご連絡先: toshiminakai@gmail.com HP:http://www.t-nakai.com/
登録・解除: http://archive.mag2.com/0000141254/index.html
メルマガ「教育プラスアップ1」http://www.mag2.com/m/0000181659.html
メルマガ「聖書・聖人の名言」 http://www.mag2.com/m/0000280661.html
***********************************

◆中井俊已の本はこちらです。http://www.t-nakai.com/tyosho.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までご覧くださり、ありがとうございました。(^.^)
まぐまぐさんにも感謝!

メルマガ上下のPRは、まぐまぐさんからです。




メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
心の糧・きっとよくなる!いい言葉
発行周期
週2回(月・金)
最終発行日
2017年06月26日
 
発行部数
4,902部
メルマガID
0000141254
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ