心の糧・きっとよくなる!いい言葉

  • ¥0

    無料

言葉には、すごいパワーがあります。 私たちを元気づけ、希望を灯し、一歩を踏む出す勇気を与えてくれます。 このメルマガでは、そんな「いい言葉」や「いい話」が、 私たちの素晴らしい「心の糧」となること願って紹介していきます。 発行者は、『元気がでる魔法の口ぐせ』『ラッキー!』『ハッピー!』などの著者、中井俊已です。 お贈りする「名言名句・いい言葉」「幸運になれるいい習慣」「心温まるいい話」などが、 どうかあなたを幸せに導きますように・・・。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
心の糧・きっとよくなる!いい言葉
発行周期
週2回(月・金)
最終発行日
2017年12月11日
 
発行部数
4,734部
メルマガID
0000141254
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

メルマガ上下のPRは、まぐまぐさんからです。

★あなたの夢を応援するメルマガ★
**********************************************************************

心の糧・きっとよくなる!いい言葉
  2017.12.11 Vol.1323
  作家 中井俊已
  http://www.t-nakai.com
**********************************************************************


「心の糧」をご覧くださってありがとうございます。

このメルマガで、私が本から学んだり人から教えていただいたりした
「いい言葉・いい習慣・いい話」などを提供していきます。

あなたの夢と人生を応援できますように・・・

あなたの強く優しく豊かな「心の糧」となりますように・・・

《おもな内容》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.【今日の話】  人、物事の良い面も観る  二宮尊徳の物語

2.【あなたへ】  良いところがある

3.【編集後記】  カズオ・イシグロ著『日の名残り』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のお話】 
───────────────────────────────────


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人、物事の良い面も観る  二宮尊徳の物語

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


世人は蓮の花を愛して泥を嫌がり、大根を好んで下肥を嫌がる。

私はこういう人を半人前という。蓮の花を養うものは泥である。

大根を養うものは下肥である。

蓮の花や大根は、泥や下肥を好むことこの上なしではないか。

世人の好き嫌いは、半面を知って全面を知らない。

これまさに、半人前の見識ではないか。

どうして一人前ということができよう。
                         二宮尊徳

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼学問が好きな金次郎(後に尊徳)は、武士の暮らしぶりを学ぼうと、
 25歳のときに小田原藩の家老・服部家に奉公に出ました。


 しかし、服部家は収入以上の暮らしぶりで財政は破綻寸前でした。

 服部家は金次郎が財務処理能力に長けていることに気づき、
 経済の立て直しを依頼しました。
 
 金次郎は、徹底した倹約と借入金の返済で、4年で再建したそうです。



▼金次郎の手腕を見抜いた藩主・大久保忠真は、
 分家である旗本・宇津家の領地で、荒廃している桜町の復旧を命じました。

 当時、桜町は困窮していました。

 浅間山の噴火によって農地は火山灰で覆われ
 使い物にならなくなったからです。

 さらに冷害がもたらした天明の大飢饉で、
 人々は食料を求めて土地を離れてしまい、農地は荒れ放題。

 収穫が激減し生産意欲を失った農民たちは、
 朝から酒を飲み博打を打っていました。

 要求されていた年貢は4000俵ですが、
 実際に納められていたのは5分の1の800俵しかありませんでした。



▼このような荒れ地を金次郎はどのようにして復興させたのでしょう。

 ひと口に言えば、「報徳の教え」をもってです。

 二宮尊徳は、過去現在諸々の思想に感謝して、
 その思いに報いることを「報徳」といいました。

 尊徳の言う「徳」とは万物に備わる徳、
 すなわちそれぞれの長所、潜在的な力を意味します。

 「荒地には荒地の徳があり、借金には借金の徳がある」と言っています。

 少年時代、捨て苗を拾い、荒地の水溜りを耕して米を収穫し、 
 成人してからは借財の問題点を整理して、財政再建に導きました。

 災いも捉え方によっては、徳に変わるのです。



▼さらに、人が幸福を得るには、一所懸命に働き、
 質素な生活をし、貯蓄に励む。

 困っている人を見たら助け、人への思いやりを実行する。

 このような心さえあれば、どんな荒廃した村も必ず復興すると説いたのです。

 ですから藩主が「資金にいくら入用か」と聞いたとき、
 金次郎は「一銭もいりません」と答えました。 

 「荒地を開墾するには荒地の力を、
  貧乏を救うには貧乏の力をもってやります」と。 

 かっこいいですね。



▼着任後、まず領地をくまなく自分の足と目で実態調査した金次郎は、
 農民たち自らが将来も持続して自ら村を運営するよう指導しました。

 そのため、少し裕福な人が貧しい人を助け合るシステムを作ったり
 お金や農具を無償で貸し出したり、勤労意欲を引き出すために、
 表彰したり、米や農具などの褒美を与えたりしました。


 さらに村から出て行った人が戻ってきたり、
 よその土地から農民が領内に移住したりすることを奨励。

 お金を与えて援助しました。



▼また、貧しさから産まれたばかりの赤ん坊を殺す
 間引きが横行していると知ると、
 5歳までの子を持つ親に養育費の補助をしました。

 このような改革をどんどん実行していき
 、農民の生活を立て直していきます。

 二宮金次郎が立て直しに関わった村の数は、605です。



▼金次郎の教えと実践は、
 私たちも大いに学べるところがあるではないでしょうか。


 たとえば、「報徳」という考え方。
 
 どんなものにもよいところがあります。

 どんな人にもよいところがあります。
 
 どんな状況でも、よいところを見つけていけます。


 「小さなことでも自分にできるよいことを見つけて実行すれば、
 人の役に立つ」という教えは、老若男女を問わず有益です。


                       


★きっとよくなるヒント ★


  すべての人、すべてのもの、よいところを活かす。 (^.^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典

寺田 一清 (著, 編集) 『二宮尊徳一日一言』http://urx.blue/HmCU

NHK「先人たちの底力 知恵泉」
「小さなことからコツコツと ~二宮尊徳 人生立て直し術」2016/03/30放送

報徳博物館(公益財団法人 報徳福運社)HPhttp://www.hotoku.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ あなたへのメッセージ ◆◇◆
───────────────────────────────────

★良いところがある ★


 おしゃべりなら、話題が豊富でしょう。

 無口なら、黙々と仕事ができるタイプでしょう。

 でしゃばりなら、積極的な人でしょう。

 引っ込み思案なら、思慮深いのでしょう。


 コインやお札にも裏表があります。

 あなたにも、良いところがあります。

たくさん。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ お知らせ ◆◇◆
───────────────────────────────────

◆電子書籍『人生で一度は読んでおきたい!偉大な人達の48の感動物語』 
発行されました!http://qq3q.biz/H6PM
これは絶版となっていた『人生がうまくいく48の物語』の電子書籍版です。

◆東京(近辺)での講演依頼をご希望の方へ

 来年2018年は、約2か月間、東京(目黒区)に滞在します。
講演の依頼されたい方、このチャンスをご利用ください。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P53217567

◆『1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね 』好評発売中です。
 http://www.t-nakai.com/nagasaki.html 

◆『感謝の習慣が、いい人生をつくる』好評発売中です。
http://www.t-nakai.com/kansya.html

◆『ねこ天使とおかしの国に行こう!』(幼年童話)好評発売中です。
  http://www.t-nakai.com/nekotenshi1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 編集後記 ◆◇◆
───────────────────────────────────

大分のある読書会に参加しようかと思うのですが、次の課題図書は、
ノーベル文学賞作家のカズオ・イシグロ著『日の名残り』
                    http://urx.mobi/Hs50
映画はかなり前に観たことがあるのですが、小説は未読です。

小説は、さすがに読んだ人の評価が高い。

これを機に読んでみようと、さっそく購入しました。
        (^.^)


いつも読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:作家 中井俊已(なかいとしみ)
───────────────────────────────────
ご連絡先: toshiminakai@gmail.com HP:http://www.t-nakai.com/
登録・解除: http://archive.mag2.com/0000141254/index.html
メルマガ「教育プラスアップ1」http://www.mag2.com/m/0000181659.html
メルマガ「聖書・聖人の名言」 http://www.mag2.com/m/0000280661.html
***********************************

◆中井俊已の本はこちらです。http://www.t-nakai.com/tyosho.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までご覧くださり、ありがとうございました。(^.^)
まぐまぐさんにも感謝!

メルマガ上下のPRは、まぐまぐさんからです。




メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ