弁護士谷原誠の【仕事の流儀】

  • ¥0

    無料

人生で成功するには、論理的思考を身につけること、他人を説得できるようになることが必要です。テレビ朝日「報道ステーション」などテレビ解説でもお馴染みで、「するどい質問力」(10万部)、「弁護士が教える気弱なあなたの交渉術」(アマゾン1位獲得)の著者で現役弁護士の谷原誠が、論理的な思考、説得法、仕事術などをお届け致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
弁護士谷原誠の【仕事の流儀】
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月19日
 
発行部数
15,438部
メルマガID
0000143169
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

大変な人不足です。

採用や人材活用に悩んでいる方は、以下の
セミナーをどうぞ。

「採用応募を増やす方法」と
「人材活用のための助成金活用術」の2本立てです。

開催日は以下の日程です。

3月15日(木) 16:30~
5月17日(木) 16:30~

詳しくはこちら
http://valley-field.com/lp/saiyou/

====================

●交通事故被害者のための無料小冊子がダウ
ンロードできます。

交通事故の被害に遭った方は、無料ですの
で、ダウンロードしてみてください。

なんと、2万人以上の人がダウンロード
しています。

http://www.jiko-sos.jp/report/?mag

====================

●労災の被災労働者の方へ

仕事中に事故に遭った場合、労災の手続を
しますが、勤務先の会社に安全配慮義務違
反などがあった場合には、勤務先の会社に
損害賠償請求ができる場合があります。

無料小冊子でチェックしましょう。

「知らなきゃ損する 労災の損害賠償手続」
http://www.rousai-sos.jp/free/booklet.html

===================


こんにちは。

弁護士の谷原誠です。

時間管理は、基本的に自分自身の時間の使い
方を考えることですが、仕事においては、実
は「対人関係」も見逃せないファクターとな
ります。

たとえば、上司が部下に指示を出して仕事を
する場合、上司が自分の時間を使ってもでき
る仕事を、部下に任せるのが通常だと思います。

つまり、部下と関係することが、自分、そし
て組織全体の時間管理となっています。

上司になると、部下に仕事を譲渡し、コアと
なる仕事をすることが求められます。

しかし、部下ができたにもかかわらず、いっ
こうに忙しさから解放されない人がいます。

むしろ、より一層忙しくなってしまった、と
いう人すらいます。

うまくいかない一つのパターンのは、上司に
ありながら、組織内の仕事をすべて抱え込み、
自分でやろうとする傾向のある人です。

ある種の責任感なのか、「この仕事は自分に
しかできない」という固定観念なのか、部下
を信頼していないのか、様々な要因があるで
しょうが、組織全体でやるべき仕事を抱え込
んでは、自分の時間はいくらあっても足りま
せん。

部下に仕事を任せた後も、差が出ます。一度
指示して仕事を任せても、部下は途中で、質
問や相談をしに来ることが多いでしょう。

その時の反応を考えてみましょう。

中には、「やっぱり自分がやらなくては」と
自分で一から始めてしまうパターン。

自分でやったほうが早い場合も多いものです
が、これでは、それまで部下が使った時間、
そして自分の時間と、膨大な無駄が発生します。

また、質問や相談を受けてから「じゃあ、ち
ょっと考えておくよ」と、回答をペンディン
グするのもよくありません。

その時間、部下は仕事を進められなくなり、
同時に上司の時間を消費することになり、無
駄な時間が発生してしまいます。

ここで、刻一刻と砂が落ちていく砂時計を想
像してみてください。

この砂時計の砂は、与えられた時間です。

そして、砂時計を持っている人は、自分の時
間が消費されていきます。

仕事を部下に渡す時、時間の砂時計を一緒に
部下に渡すことになります。

それ以降、部下の砂時計の砂がどんどん減っ
ていきますが、上司の砂時計はストップし、
時間がプールされることになります。

そして、他の砂時計を使って、他のより重要
な仕事に時間を投下することができます。

ところが、部下が質問や相談に来たときに、
「やっぱり自分がやらなくては」と仕事を引
き取ってしまうと、同時に砂時計は上司に移
り、上司の時間がどんどん減っていくことに
なります。

反面、部下の砂時計はストップし、プールさ
れることになります。

これは、無駄なことですね。

また、部下が質問や相談に来たときに、「じ
ゃあ、ちょっと考えておくよ」と、回答をペ
ンディングしまうと、同時に砂時計は上司に
移り、上司の時間がどんどん減っていくこと
になります。

反面、部下の砂時計はストップし、プールさ
れることになります。

上司がすべきことは、砂時計を、部下に早く
渡すことです。

相談や質問などをされた時は、上司と部下の
真ん中に砂時計が置かれます。

2人の時間が消費されるということです。

この場合、部下にすぐに砂時計を返さなくて
はなりません。

手取り足取り指導するような指導方法だと、
自分が砂時計を手にした状態が続きます。

自分がつきっきりで指導したり、一から十ま
で答えを教えるのではなく、方法や考え方、
調べ方などを教え、完全に手渡すことがポイ
ントです。

そして、部下が砂時計を使って仕事をし、ま
た結果を持って上司のところに来る。

その間、上司は、他の砂時計を使ってより重
要な仕事をする、という状態が望ましい状態
だと思います。

組織のメンバーが全員、適切に砂時計を持っ
ている状態が、最も時間効率の良い状態。

結果を出す組織のリーダーになるため、時を
刻む砂時計を意識しながら、管理の在り方を
考えてみましょう。



さて、貴重な時間を使ってでも読んでいただ
きたい本です。

「気持ちよく『はい』がもらえる会話力」
(文響社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4866510404/

次のような内容となっています。

◎予算がないときは「異次元取引」を持ち掛けろ

◎子供を勉強させるには「命令」より「観察」

◎夫(妻)に家事をお願いするときは「カウンセリング型交渉」が効く

◎拒絶されたら、すぐに質問をする

◎部下は質問で命令せよ

◎小手先の心理テクニックは相手に見透かされる

◎感情のバーター取引で交換条件を成立させる

◎反論せずに反論する「ポジティブカウンター」とは! ?

◎お金がないときは「異次元取引」を持ちかける! ?

◎威力が2倍になるクロスカウンター交渉

◎「信頼」が最強のイエスウエポン

◎WIN-WINの罠に気を付けろ

仕事とプライベート両方に使えます。

「気持ちよく『はい』がもらえる会話力」(文響社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4866510404/



今回は、ここまでです。


あとは、編集後記で。


私のFacebookページもどうぞ。
約26,000人が「いいね」を押しています。
法律情報満載です。
http://www.facebook.com/bengoshi.sos


私のTwitterです。
http://twitter.com/mtanihara

====================

契約書や労務書式、内容証明書式が400
書式無料!

こちらから
http://myhoumu.jp/

====================

経営者のための労働トラブル対処マニュアル
は、こちらから
http://roudou-sos.jp/roudoubook/

====================

●社員の方、残業代をもらっていますか?

最近、私の事務所には残業代請求の依頼が
次々と舞い込んできています。

それだけ、残業代をきちんと払っていな
い会社が多い、ということですね。

残業代請求の時効は2年なので、早めの
請求が大切です。

年俸制、固定残業制の方も大丈夫です。

最近、トラック運転手、飲食店店長、
パチンコ店勤務などの事例が多いです。

もし、残業代を払ってもらっていない
ようであれば、請求した方がいいでしょう。

完全成功報酬制があります。

まずは、こちら。
http://roudou-sos.jp/zangyou2/


====================
【編集後記】

仕事関係の本を読む時、座って読んでみたり、
立って読んでみたり、歩きながら読んでみた
りします。

昔、司法試験受験生の時も色々やってみまし
た。

私は、ゆっくり歩きながら読むのが、一番頭
に入ってくるようです。

外ではできませんが。(>_<)



今日も、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


そして、また次回もぜひ読んでください!


では、あなたに健康と幸せが訪れますように
祈っています。

====================

●弁護士谷原誠のブログです●

http://taniharamakoto.com/

★交通事故の被害者はこちら
http://www.jiko-sos.jp/

★労働問題の相談はこちら
http://roudou-sos.jp/

★事業や会社を経営している方の
事業再生はこちら
一緒に事業を再生させましょう!
http://www.sai-sei.biz/

★セミナーや研修をご希望の方は、個別に
メールにてお申し込みください。

最近、「質問力」についての研修講師の
依頼が増えています。

ちなみに、士業事務所の経営顧問も
やっていますので、事務所経営に助言が
欲しい人は、連絡ください。
 
====================



----------------------------------------
■発行者 弁護士 谷原誠(マガジンID:0000143169)
〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目3番
麹町プレイス2階 弁護士法人みらい総合法律事務所
東京弁護士会所属
■連絡先 ≫ makoto-t@cam.hi-ho.ne.jp
■登録&解除 ≫ http://www.mag2.com/m/0000143169.htm
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ