弁護士谷原誠の【仕事の流儀】

  • ¥0

    無料

著者サイト

人生で成功するには、論理的思考を身につけること、他人を説得できるようになることが必要です。テレビ朝日「報道ステーション」などテレビ解説でもお馴染みで、「するどい質問力」(10万部)、「弁護士が教える気弱なあなたの交渉術」(アマゾン1位獲得)の著者で現役弁護士の谷原誠が、論理的な思考、説得法、仕事術などをお届け致します。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

税理士さんは、ぜひご覧ください。
どんどん増えています。
5月27日(土)までです。
http://myhoumu.jp/zeisupport/


====================

●交通事故被害者のための無料小冊子がダウ
ンロードできます。

交通事故の被害に遭った方は、無料ですの
で、ダウンロードしてみてください。

なんと、2万人以上の人がダウンロード
しています。

http://www.jiko-sos.jp/report/?mag

====================

●労災の被災労働者の方へ

仕事中に事故に遭った場合、労災の手続を
しますが、勤務先の会社に安全配慮義務違
反などがあった場合には、勤務先の会社に
損害賠償請求ができる場合があります。

無料小冊子でチェックしましょう。

「知らなきゃ損する 労災の損害賠償手続」
http://www.rousai-sos.jp/free/booklet.html

===================


こんにちは。

弁護士の谷原誠です。

私は大学時代、体育会の器械体操部に所属し
ていました。

体操は、昨年のリオ・オリンピックでも日本
人選手が大活躍しましたので、最近興味を持
ったという方も多いでしょう。

ところで、体操競技をみていて、このような
疑問を持ったことはありませんか。

体操の技は、次々に高度なものが開発されて
います。

技のレベルは、見るからにどんどん上がって
おり、少し昔のオリンピック等の映像を見る
と、現在よりずいぶん簡単な技しかしていな
いように見えます。

現在と昔の競技レベルが大きく異なるという
ことは、ほかのスポーツにもあることですが、
体操は特に見た目に顕著です。

なぜ、同じ人間が行うのに、技のレベルが上
がっていくのでしょうか。昔の選手よりも今
の選手が優れているからなのでしょうか。

いうまでもないことですが、いつの時代もオ
リンピックに出る人、ましてやメダルを獲る
人はトップ中のトップ。

常人とは比べ物にならないレベルにいる人た
ちです。トレーニング方法などは確かに向上
しているといえますが、今の人よりも昔の人
が劣っているわけではありません。

では、なぜ今の人が、昔は考えられなかった
難易度が高い技ができるかというと、すでに
その技を成功させた人がいて、その技が「で
きる」と証明されているからです。

難しい技も、だれかが成功させ、ほかの人が
模倣する過程でノウハウが蓄積します。

どこで踏切って、どう体重移動するかなど、
方法論ができあがります。

できるという確信がある場合と、できるでき
ないに疑いがある場合とでは難易度は雲泥の
差。

もし、昔のトップクラスの選手が、今の高難
度の技のやり方を覚え、時間をかけて練習す
れば、成功させることはできるはずです。

また、今後も、今の人が見ると信じられない
ような技が、次々に開発されるはずです。

そう考えると改めて感じるのが、はじめて技
を成功させた人のすごさです。

そこには身体能力だけではない、一種の天才、
創造性があります。だからこそ、技を開発し
た人は、今はそれが高校生でもできる技であ
っても、ずっと尊敬され続けるのです。

思うに、新技を開発した人もまた、周りから
見ると不可能と思える技であっても「できる」
という確信があったからこそできたのだと思
います。

体力や技術があるのは当然ですが、この思い
の強さが才能の一つなのでしょう。

これは、ビジネスの世界でもいえることです。

すでにノウハウになっている仕事を成功させ
るのも簡単なことではありませんが、大きな
成功をする人、市場を変えるイノベーション
を起こすビジネスを創造する人は、「できる」
という思いの強い人。

それが、自分の可能性に疑いを持ち、行動を
ためらってしまう人との、圧倒的な差となる
のではないでしょうか。

私たちは新しい技を開発できるわけではない
し、ビジネスで大成功をおさめるわけでもあ
りません。

しかし、日々の小さなこと、小さな目標であ
っても、「できるかな?」などと思わず、

「必ずできる!では、できるためには、どう
すればいいか?」

と自問自答し、少しずつ成功体験を積み重ね
ていくことが大切なのではないか、と思います。


「強い人が勝つとは限らない。すばらしい人が勝
つとも限らない。『私はできる』と考えている人
が結局は勝つのだ」(ナポレオン・ヒル)



今回は、ここまでです。


議論に負けて悔しい思いをしている人に。

「私と仕事、どっちが大事?」は、なぜ間違いなのか?
https://www.amazon.co.jp/dp/4860639839/



あとは、編集後記で。


私のFacebookページもどうぞ。
約26,000人が「いいね」を押しています。
法律情報満載です。
http://www.facebook.com/bengoshi.sos


私のTwitterです。
http://twitter.com/mtanihara

====================

契約書や労務書式、内容証明書式が400
書式無料!

こちらから
http://myhoumu.jp/

====================

経営者のための労働トラブル対処マニュアル
は、こちらから
http://roudou-sos.jp/roudoubook/

====================

●社員の方、残業代をもらっていますか?

最近、私の事務所には残業代請求の依頼が
次々と舞い込んできています。

それだけ、残業代をきちんと払っていな
い会社が多い、ということですね。

残業代請求の時効は2年なので、早めの
請求が大切です。

年俸制、固定残業制の方も大丈夫です。

最近、トラック運転手、飲食店店長、
パチンコ店勤務などの事例が多いです。

もし、残業代を払ってもらっていない
ようであれば、請求した方がいいでしょう。

タイムカードなどの証拠がなくても
大丈夫です。

完全成功報酬制があります。

まずは、こちら。
http://roudou-sos.jp/zangyou2/


====================
【編集後記】

iPhoneの音声入力が優れものだと気づきまし
た。

文章をさくさく書くことができます。

ビジネス書作家にとっては、利用しない手は
ありません。

執筆スピードがかなり上がることになるでし
ょう。

まだメルマガはパソコン入力ですが、そのう
ち音声入力で書くようになるかもしれません。

でも、さすがに裁判書類は、まだまだパソコ
ン入力です。
(*・`д・)ガンバルッス!!



今日も、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


そして、また次回もぜひ読んでください!


では、あなたに健康と幸せが訪れますように
祈っています。

====================

●弁護士谷原誠のブログです●

http://taniharamakoto.com/

★交通事故の被害者はこちら
http://www.jiko-sos.jp/

★労働問題の相談はこちら
http://roudou-sos.jp/

★事業や会社を経営している方の
事業再生はこちら
一緒に事業を再生させましょう!
http://www.sai-sei.biz/

★セミナーや研修をご希望の方は、個別に
メールにてお申し込みください。

最近、「質問力」についての研修講師の
依頼が増えています。

ちなみに、士業事務所の経営顧問も
やっていますので、事務所経営に助言が
欲しい人は、連絡ください。
 
====================



----------------------------------------
■発行者 弁護士 谷原誠(マガジンID:0000143169)
〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目3番
麹町プレイス2階 弁護士法人みらい総合法律事務所
東京弁護士会所属
■連絡先 ≫ makoto-t@cam.hi-ho.ne.jp
■登録&解除 ≫ http://www.mag2.com/m/0000143169.htm
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
弁護士谷原誠の【仕事の流儀】
発行周期
不定期
最終発行日
2017年05月22日
 
発行部数
15,882部
メルマガID
0000143169
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ