初心者のための卓球上達法 30日間練習プログラム

  • ¥0

    無料

愛ちゃんだって最初は「初心者」だったのです!卓球を始めた方、これから始めようとする方へ、練習方法と上達のヒントを教えます。このメルマガを読んでコツを掴めば、晴れてあなたも卓球選手の仲間入りです!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
初心者のための卓球上達法 30日間練習プログラム
発行周期
週刊
最終発行日
2018年06月19日
 
発行部数
1,325部
メルマガID
0000147448
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > その他スポーツ > 卓球・バドミントン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━[406号]━
★ 初心者のための卓球上達法 ★
2018/06/19 10:00 発行 発行部数:1,340部
━━━━ http://www.e3-pingpong.com/━━━

初心者卓球上達法、e3-pingpongのOBUです。
いつも読んで下さり、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ペンホルダーのバック系技術~その2
○───────────────────○

前号で、

1.グリップの再チェック
2.基本のショート
3.基本のツッツキ・ストップ

の練習方法、注意点などをご紹介しました。


今号はその続きです。(^^)


4.守備(ブロック)
 1)バッククロスでショート対フォアハンド(相手)
  で、基本のショートの練習をします。

 2)何本かに1本、相手にスマッシュしてもらいます。
  貴方はそれをショートの位置でブロックします。
  打球点はショートと同じ様に体の正面、
  おへその前で捉えるように心がけます。

 3)相手にスマッシュしてもらいやすくするため、
  1本前のショートを少し浮かしてあげると良いです。
  返球が難しければ、半歩ほど台から下がり、
  ブロックする位置を少し下げます。

 4)ブロックで返球後、1)のラリーに戻り、以降、
  1)と2)を繰り返します。
  相手も全力スマッシュではなく、8割くらいの力で
  スマッシュし1)のラリーに戻れるようにします。
  半歩下がってブロックした場合は、すばやく前に
  出てショートの位置に戻ります。
  前後のフットワークを意識しましょう。

 5)ブロックで一番大事なことは力を抜くことです。
  「相手に打たれる!」と思うと普通は力が入ります。
  相手に打たれることに慣れるのがこの練習の目的です。

 6)インパクトのコツは「力に対して力で対応しない」
  ことです。強く押し過ぎてはいけません。
  相手の打球の力を利用します。ボールの勢いを吸収
  しながら、少しだけ押してやることです。


5.攻撃その1(プッシュ)
 1)バッククロスでショート対ショート(相手)で、
  基本のショートの練習をします。

 2)何本かに1本、相手にショートを浮かしてもらい、
  貴方はそれをプッシュします。
  ショートよりもミートを強くしてボールを弾きます。
  打球点はショートと同じ様に体の正面、
  おへその前で捉えるように心がけます。

 3)わきを締め、右肘を内側から絞り込むように
  ラケットを押し出します。コンパクトなスイングを
  心掛け、すぐに戻ることを意識します。
  速いボールを送るとその分返球も速くなるからです。

 4)バッククロスでプッシュした後には、チャンス
  ボールがバックに返って来やすいので、すかさず
  回り込んでフォアスマッシュする練習につなげます。
  スマッシュするコースは相手のフォアミドルが
  良いでしょう。さらに返球されたら、バッククロス
  を切る厳しいコース、または相手のフォア側へと
  コースを打ち分けます。

 5)このパターンは、そのまま3球目+5球目攻撃に
  使えます。
   ・バッククロスへスピードロングサービス
   ・バックプッシュ
   ・回り込んでフォアスマッシュ

 6)次にプッシュのコースを変えての練習です。
  バッククロスだけでなく、バックストレートや
  相手のフォアミドルを突く様に練習します。

 7)相手の体勢を崩しチャンスボールが来たら、
  すかさずフォアハンド攻撃に結び付けます。
  バックプッシュを「攻撃準備打」として
  考えると良いです。
  そのためにも、今自分がプッシュした打球が、
  どれほど相手に効いているのかを察知、判断
  しなくてはなりません。

 8)下回転に対するプッシュの場合は、ラケット
  角度をやや上向きにして右横回転を掛けながら、
  身体の左前方に押し出すように打ちます。
  ナックルに対してもラケット角度を台に対して
  垂直にするだけで、後は下回転の場合と同様に
  打ちます。

 9)右横回転を掛けると、次球がバックに返って
  来やすいです。
  これも「攻撃準備打」として使えます。

 10)ただし、深いボールに対してはプッシュは
  やりにくいので、台上で2バウンド以上する
  くらいの短いボールに対して狙っていくのが
  良いと思います。


次号へ続きます。(^^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「初心者のための卓球上達法
   30日間練習プログラム」

 発行責任者  OBU

ご意見・ご感想のメールをお待ちしています。
 info@e3-pingpong.com
※面白いご意見・ご感想は、メールマガジンの
 中で、匿名でご紹介させていただきます。

解除登録は下記からお願いいたします。
 http://www.mag2.com/m/0000147448.htm

発行者Webサイト
 http://www.e3-pingpong.com/

Copyright(c)e3-pingpong All rights reserved.

このメールをお友達への紹介・転送はOKです。
内容を許可無く転載・引用するのはNGです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ