フェアウッド・マガジン-世界のニュース

  • ¥0

    無料

環境に優しい木材を推進するため、違法伐採問題、森林管理や林産物の認証、森林経営や林業、そして環境問題に関する情報を、研究者、業界、NGO、消費者、政府などさまざまな分野から集めて、皆様にお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
フェアウッド・マガジン-世界のニュース
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年08月01日
 
発行部数
546部
メルマガID
0000147706
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 環境・エコ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  F A I R W O O D M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
         第156号           2017年8月1日

  --- フェアな木材を使おう ---  http://www.fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夏の本格的な暑さを前に、世界各国で大規模な森林火災が報告されています。
森林火災の長期化と頻発により、木材市場へも深刻な影響が懸念されています。
日本国内では、九州地方を中心とした豪雨被害と森林管理の関連について考え
させられる事態となっています。
───────────────────────────────────
【違法伐採問題】
●2017.07.18 朝鮮日報:違法伐採木材の貿易制限で協力強化 韓中日が局長級対話
韓国と中国、日本は18日、持続可能な森林経営を話し合う4度目の3カ国対話
を中国青海省の西寧で開催し、違法に伐採された木材の貿易制限で積極的に
協力することで一致した。違法伐採は森林減少の主因となっている。韓国山
林庁が伝えた。
局長級が出席するこの対話は、2012月の3カ国首脳会議で出された共同声明を
受け14年から毎年開催されている。韓国はこの席で、違法伐採された木材と
関連製品の輸入を禁じる改正法が来年3月から施行されることを紹介した。
出所はこちら
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/18/2017071802158.html

【世界の森林減少】
●2017.07.29 AFP:欧州最大規模の原生林、ポーランド政府に伐採中止命令 欧州司法裁
欧州司法裁判所(ECJ)は27日、ポーランド政府に対し、欧州に残る最大の原
生林の一つ、ビャウォビエジャ(Bialowieza)の森での伐採の即時中止を命じ
た。同裁判所の報道官が28日、明らかにした。
ポーランド東部、ベラルーシとの国境沿いに広がるビャウォビエジャの森の
歴史は1万年前にさかのぼり、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の
世界遺産(World Heritage Site)に登録されている。欧州最大の哺乳類、
ヨーロッパバイソンをはじめ希少な動物や植物の豊かな生態系がある森とし
ても知られる。
詳しくはこちら
http://www.afpbb.com/articles/-/3137466

●2017.06 WWF:木材のスコアカード2017:木材および紙製品の購入企業における持続可能性の取り組み進捗
WWFの「木材のスコアカード」では、木材や木材製品の購入企業による持続可
能性に関する取り組みの2年ごとの進捗状況を調べています。これは、2020年
までに持続可能な林産物市場の確立を目指し、非持続可能な木材の英国市場
への流入を防ぐWWFのキャンペーンを補完するものです。
この目標を達成するため、WWFは多数の英国の企業に対し、持続可能な供給源
から木材および木材製品を購入すること要求し、100%持続可能な英国市場へ
移行するためのWWFのキャンペーンへの支持を求めた。 持続可能な未来に向
かう諸企業の進捗を調査する目的で、英国内で取引を行なう128社の企業がレ
ビューされた。 これは2度目のレビューにあたり、初版は2015年に出版され
ている。
原文はこちら(英語)
https://www.wwf.org.uk/sites/default/files/publications/Jul17/WWF_Timber_Scorecard_2017_0.pdf

●2017.07.24 Reuters:インドネシアの環境大臣、森林利用ライセンスの永久停止を望む
インドネシアの環境大臣は月曜日、原生林と泥炭地に指定された土地使用の
ための新たなライセンスの発行に永久的なモラトリイアムを設けたいと述べた。
モラトリアムは、今年5月にジョコ・ウィドド大統領が、森林減少による火災
からの排出削減努力の一環として、3度目の拡大が為されている。
「現状、モラトリアムは延長され、再び拡大されただけである。私は、永久
的なモラトリアムを望んでいる」と、環境林業相のシティ・ヌルバヤ・バカ
ル氏は述べた。 「我が国の原生林は、伐採されるべきではない」。
原文はこちら(英語)
http://www.reuters.com/article/us-indonesia-palmoil-environment-idUSKBN1A90QK

●2017.07.24 TheWallStreetJournal:カナダ森林火災で木材価格急騰、米住宅にも打撃
カナダで発生した森林火災が木材価格を押し上げ、米住宅建設会社への供給
を脅かしている。
カナダ西部ブリティッシュコロンビア州で森林火災が拡大する中、木材先物
価格は7月に急上昇し、米国の卸売業者の多くが在庫不足に見舞われている。
卸売業者は今年、ドナルド・トランプ米政権とカナダ政府との通商問題を巡る
緊張で価格変動が大きくなったことを受け、木材在庫を減少させてきた。
そうした中で発生したカナダの森林火災は、木材産業にとって約10年ぶりと
なる大打撃に発展した。
詳しくはこちら
http://jp.wsj.com/articles/SB10407860046319114120904583287490816793074

●2017.07.17 NHK NEWS WEB:ヨーロッパで森林火災相次ぐ 地球温暖化が影響か
ヨーロッパ各地でこの夏、森林火災が相次ぎ、新たにクロアチアで火が燃え
広がっているのが確認されました。研究者のグループは、森林火災は記録的
な高温によって引き起こされ、地球温暖化がその背景にあると指摘しています。
ヨーロッパ中部のクロアチアでは15日から16日にかけてアドリア海沿いの複
数の地域で起きた森林火災が道路沿いの植え込みの木などに燃え移りながら
拡大し、住民が避難する事態となりました。
現地メディアによりますと、合わせておよそ200人の消防隊員が消火に当たり
住宅などへの延焼を防いでいるということです。
詳しくはこちら
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011061861000.html

【パーム油関連】
●2017.07.19 FutureDirections:インドネシア・マレーシア“我々のパーム油を使って下さい”
インドネシアとマレーシアの貿易相が7月13日、マレーシア・サラワク州首都
クチンで会談した。会談では、EUが4月に採択したパーム油と熱帯雨林の減少
に関する決議に従い、パーム油の問題について議論された。公式発表によると
両大臣は、深刻な森林破壊を、同様に引き起こすだろう他の商品や植物油が
有利になるような、EUのパーム油に対する不当な扱いに対し、さらにはその
決議が、マレーシア・インドネシア産のパーム油のEU市場への輸出に悪影響
を与えるだけでなく、何百万という小規模農家の生計に深刻な影響を及ぼし
ていることに深い失望を示した。今年4月に可決したEUの決議は、森林減少と
違法伐採を抑制するための大きな努力のひとつとして、EU市場に入ってくる
パーム油に単一の認証スキームを要求するものである。両国の大臣は、この
問題について今月中に再び議論する予定である。 
原文はこちら(英語)
http://www.futuredirections.org.au/publication/indonesia-malaysia-please-use-palm-oil/

【中国情報】
●2017.7.12 木材圏:ラオス政府が再生林も含む原木の輸出を禁じる
ラオス政府は7月24日、これまで以上に明確かつ厳格な原木輸出禁止規定を公
表した。天然林・再生林にかかわらず、未加工の原木はすべて輸出できなく
なる。さらに、違法な取引を防止するため、以前政府が発行していた毎年20万
立法メートルの伐採許可を破棄することも発表された。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/48538.html

●2017.07.04 木材王国:ベトナムの2017年上半期の木材及び木製品の輸出額は13%増
ベトナムの木材及び木製品の輸入に関する需要はますます増え、輸出量は引き
続き増加している。ベトナム農業農村開発省が公表した統計によると、今年
1-6月の上半期のベトナムの木材及び木製品の輸出額は36億米ドルで、昨年
同期比13%増であった。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/48454.html

【日本は今!】
●2017.07.25 J-FIC:流木の原因は森林の機能を超える豪雨、林野庁現地調査
林野庁は、7月19日~21日に実施した「九州北部豪雨に伴う流木災害等現地調
査」の結果概要をまとめた。森林の土砂崩壊防止機能などの限界を超える記
録的豪雨によって山腹崩壊等が発生したとの見方を示した。また、作業道が
原因となって崩壊が発生した箇所は、「確認できなかった」とした。同庁は
必要に応じて追加調査を行う予定。
詳しくはこちら
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/tisan/170721.html

●2017.07.07 J-FIC:構造用集成材などの関税を7年かけて撤廃、日欧EPA
日欧EPA交渉が7月6日に大枠で合意し、EUからの輸入額が多い構造用集成材
(関税率3.9%)やSPF製材(同4.8%)など林産物10品目の関税について、
同協定発効後7年間をかけて撤廃することが決まった。政府は国内対策を検討
する。
詳しくはこちら
http://www.j-fic.com/rinseibn/rn561.html

●2017.07.20 日本経済新聞:地産地消へ里山発電所 稼働 山形・最上町 バイオマス、間伐材など利用
再生可能エネルギー発電のZEエナジー(東京・港)とZEデザイン(京都市)
は、山形県最上町で木質バイオマスガス化発電所の営業運転を始めた。
バイオマスエネルギーによるまちづくりを進める最上町と連携しながら未利
用の森林資源を使い、地域内の循環経済づくりを進める。
稼働したのは「もがみまち里山発電所」=写真=で、発電規模は1000キロ
ワットと小規模。地元の間伐材、未利用材で足りるよう規模を抑えた。
詳しくはこちら
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO1901225019072017L01000/

●2017.07.20 くにまちコム:豪雨被災地の木造仮設建設を支援 地震経験の熊本県
福岡・大分豪雨の被災地支援で、熊本県が木造仮設住宅の整備や災害廃棄物
処理など熊本地震の経験で培ったノウハウを提供している。これを参考に福
岡県は19日、初の木造仮設住宅の建設に着手した。
熊本県住宅課は、豪雨災害発生から1週間後の12日、職員2人を福岡県に派遣。
熊本地震や5年前の九州北部豪雨で被災者に好評だった木造仮設住宅について
図面や仕様書、内閣府との協議に用いた資料を添えて、自治体側の業務の流れ
を説明した。
詳しくはこちら
http://kumanichi.com/news/local/main/20170720004.xhtml

--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★8月3日(木)開催「パーム油と人権ー生産現場で起きていることー」
http://hrn.or.jp/news/11678/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業の海外進出にともない、進出先の生産拠点では、労働者や地域住民に対す
る深刻な人権侵害や環境汚染が見られる地域が少なくありません。日本がアジ
アで展開するビジネスは、アパレル、スポーツ、食糧、木材等、多岐にわたり
ます。HRNはこれまで、日本企業の取引先の労働者の人権や環境が守られるよ
う、アジアの開発途上国を中心に調査・提言を続けてきました。
このたびHRNは、地球・人間環境フォーラムの飯沼佐代子氏とレインフォレス
ト・アクションネットワーク日本代表部の川上豊幸氏、HRN会員の齋藤誠弁護
士をお招きして、「パーム油と人権」をテーマにした勉強会を開催します。
需要の急速な拡大とともに生産量が拡大したパーム油。パーム油の世界最大
の生産地である東南アジアでは、パーム・プランテーションが急速に拡大し、
森林生態系や住民の土地利用の驚異になっています。さらに、農園内におけ
る労働者の人権が深刻な状況にあります。このような現状を踏まえて、飯沼
氏には「パーム油の環境・社会問題」、川上氏には「パーム油と人権を巡る
NGOと企業の動き」というテーマでそれぞれお話をいただき、会場から質疑応
答も受け付けます。
2016年11月、日本政府は、国連ビジネスと人権に関する指導原則の国内行動
計画を策定することを決定しており、今後どのような国内行動計画が策定さ
れるか、そしてどのような策定プロセスで進んでいくのかが注目されていま
す。この機会に、是非パーム油をめぐる様々な問題について皆さんに考えて
いただくきっかけになればと思っております。多くの皆さんのご参加をお待
ちしています!

【日時】2017年8月3日(木)19:15~21:00(開場19:00)
【会場】JICA地球ひろば セミナールーム600
〒162-8433東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内)
・JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
・東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
・東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分
【参加費】1,000円

【スピーカー】
◇飯沼佐代子(地球・人間環境フォーラム)
◇川上豊幸(レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表)
◇齋藤誠(弁護士、ヒューマンライツ・ナウ会員)

【参加申込】
参加申込フォームよりアクセスし、必要事項記入の上、お申込みください。
上記からお申込みができない場合は、HRN事務局(info@hrn.or.jp)宛に、
件名を「8/3 勉強会参加希望」として、お名前、ご連絡先を明記の上、
お申し込みください。
※当日参加も可能ですが、人数確認の為できるだけ事前のお申込みにご協力
いただけますと助かります。
【主催】
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クラウドファンディング開始のお知らせ
▼絶滅の危機に瀕したオランウータンの保護活動をサポートしたい!▼
https://readyfor.jp/projects/coporangutan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
熱帯林行動ネットワーク(JATAN)では、インドネシアでオランウータンの保
護活動を行うCOP(Centre for Orangutan Protection)を支援するための費用
を集めるクラウドファンディングプロジェクトを7月5日(水)に公開します。
COPは、2007年にインドネシアで設立されたオランウータン保護団体です。オ
ランウータンの救助・保護活動にとどまらず、オランウータンを絶滅の危機に
追いやる根源となっている違法な農園開発への働きかけなど多岐にわたる活動
を行っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆違法伐採についてのコーナーを更新しました
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッド・パートナーズのWEBサイトの違法伐採についてのコーナーをリ
ニューアルし、最近の国際的な違法伐採対策や、フェアウッド・パートナーズ
による日本国内の違法伐採対策を強化するための取り組みについて紹介してい
ます。
資料や過去に開催したセミナーの一覧などもございます。是非ご覧ください。

<構成>
・インドネシアの違法伐採
・ロシアの違法伐採
・消費国側の違法伐採対策
・各政党の立法に向けた動き
・NGOによるセミナー・資料とメディア掲載
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆パーム油について知るためのWEBサイト紹介
『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プランテーション・ウォッチでは、パーム油の消費者向けと企業向けのウェブ
サイトを立ち上げています。

一般消費者向けには、『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイトを通じ
て、【パーム油】が身の回りの多くの食品に多く含まれていること、そして、
その【パーム油】の生産のためのプランテーション 開発が引き起こしている
環境問題や社会問題について伝え、情報を発信しています。

パーム油を調達している企業向けには、パーム油の調達リスクに対処し、サプ
ライチェーン管理を実践するための情報や手順をまとめた情報提供サイト「パ
ーム油調達ガイド(http://palmoilguide.info)」があります。
是非、サイトをご覧いただき、ご活用ください。

『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
http://www.gef.or.jp/activity/forest/hitotoki/
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格:12,000円)(税別・送付料込)
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-5825-9735
E-mail: info@fairwood.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ