林英臣の元氣メール

  • ¥0

    無料

リーダー層に人気の高いメルマガ。著者は、平成の吉田松陰と呼ばれる松下政経塾1期生。文明800年論による未来予測と、大和言葉に基づく日本思想の第一人者。世界はどう動くのか、どうしたら日本は甦るのか、そして自分の役割とは何か。多数の志士政治家を育成し、全国の若手経営者を勇気づけているコトダマを毎週1~2本配信。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
林英臣の元氣メール
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月17日
 
発行部数
1,678部
メルマガID
0000149323
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆林英臣の元氣メール第1086号☆★ 30年第40号 雅号は綜観(そうかん)
「国王として国家を守るか、出家して精神的指導者となるか…」
平成30年7月16日 皇紀2678年(西暦2018年)本暦(旧暦)六月五日
====================================
こんばんは。連日の猛暑の中、14日は3時間の講義、15日は6時間の講義、
16日は4時間の助言を務め、流石に氣力・体力を消耗しました!
80歳で入滅するまで説法に努めておられた釈尊に学び、小生も顔晴ります。

◆本号の「日記」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆「平成30年夏…見えてきた世界の動き」
☆助言の際に働く霊感が冴え渡る!

◆本号の「評論・随筆」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆組織や活動が広がらないのは…
☆人間は死ななくなる。意識として死ななくなる

◆連載から、ちょっとご紹介!→詳しくは下記をご覧下さい。
人生は苦しみに他(ほか)ならず、苦しみの原因は、何かに執着する心である
煩悩(ぼんのう)にある。この悩ましい煩悩が消えれば、苦が絶たれ、安らぎに
至る。

◆林塾関係者の選挙情報です。人物・識見とも、しっかりしています。
☆10月7日(日)告示→14日(日)投開票
今中真之助塾士(11期生)熊本県宇土市議選
☆10月19日(金)告示→28日(日)投開票
先崎温容塾士(6期生)福島県議会補欠選
☆11月11日(日)告示→18日(日)投開票
岩堀研嗣塾士(6期生)千葉県松戸市議選 

【ご案内】19日(木)は大阪、21日(土)は神戸で講義します!
★林塾国是担当地方議員大会~半日公開講座 7月19日(木)午後1時から
会場:新大阪江坂東急REIホテル(大阪府吹田市)
午後1時~4時 林塾「政治家天命講座」第13期文月例会(参加無料)
 演題「安岡正篤の経世帝王学」~昭和歴代首相が師と仰いだ教えの根本~
午後5時~7時半 国是担当地方議員大会(参加無料)
発表!国是担当地方議員が担う、国家百年の計「新日本創成論」
講師:林英臣(林英臣政経塾塾長)
パネリスト:鈴木英敬氏(三重県知事)
パネリスト:中田 宏氏(元衆議院議員、元横浜市長)
パネリスト:南出賢一氏(大阪府泉大津市長、林塾4期生)
コーディネーター:畑中政昭氏(大阪府高石市議・前議長、林塾4期生)
午後7時半~9時 懇親会(有料5000円)

お申込はこちらへお願いします → hayashihideomi.seikeijuku@gmail.com
お名前、ご住所、連絡先、メールアドレスを明記の上、ご参加日程を下記から
選んでお知らせ下さい。
(1)午後1時から懇親会終了の9時まで全日程ご参加
(2)午後1時~7時半までご参加
(3)午後1時から4時までご参加
(4)午後5時から懇親会終了の9時までご参加
(5)午後5時から7時半までご参加
(6)7時半から9時までの懇親会にご参加(有料)

☆今啓林会(神戸)7月21日(土)午後6時半~9時
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(6)
先祖がいるように祭り、神々がいるように祭れ。知らぬフリして確認せよ 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(6)
日本の風土に適した生活がある~民族・国民の歴史や伝統の違いを忘れるな!
諸悪の根源は大学・財閥・政党・新聞・雑誌なり~学術維新を起こそう! 他
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

====================================
●日記● 平成30年7月14日~16日

◆7月14日(土)、笹塾(小笹嘉洋代表)主催:京都林英臣勉強会で講義。
今日は流動化する世界情勢について、文明法則史学をもとに話す(3時間)。
前半は、本年1月に浜松と神戸で話した時局講話の内容を復習。後半は、
「平成30年夏…見えてきた世界の動き」という新たな見解を加えつつ述べた。
その要点は下記の通り。

「平成30年夏…見えてきた世界の動き」
☆この夏、「日本人よ、早く目覚めよ!」と、天が諭している気がしてならない
☆世界は同時崩壊の危機にある!~高度な相互依存関係が連鎖的に崩れてしまう
☆欧州は欧州内のことで手一杯になってきた~ポピュリズムに抗しきれない
☆欧米間に断裂が起こってきた~G7首脳宣言をトランプ大統領がひっくり返す
アメリカは一方的にイラン核合意から離脱(5/9)
☆チャイナの強みがハッキリしてきた~共産党が全てを指導し意志決定早
だが巨大国家の統制には難しさもある
☆アメリカは、今ならまだチャイナを叩ける、と考えているのかも知れない
大統領補佐官や国務長官に強硬派が揃ってきた
☆米朝首脳会談は、チャイナとの“戦い”に専心するためか
☆そして、米中貿易戦争が始まった!アメリカの制裁とチャイナの報復
 しかし有事となれば、お金を負担し、人命の犠牲を払うのは日本
☆アメリカは持久戦に自信があるのかも~好景気にあり、就業者も増えている
 貿易摩擦はきっかけ、アメリカがチャイナを抑えたいのは通信やハイテク分野
☆金融市場の動揺を嫌うチャイナは当面忍従、長期展望で逆転のチャンスを狙う
☆米中対立で、いよいよ文明交代期の“暴風域(2025~2050)”へ突入
☆ロシアはチャイナの膨張を恐れている
資源に恵まれた中央アジアと、北極海ルートを取られてしまう
☆プラスチックごみが新たな地球環境問題に~環境問題も食糧問題もこれから

講義と懇親会終了後、祇園祭の宵山を見学。お囃子の音色が雅でいい。

◆7月15日(日)~16日(月)、第5回「やまとことば合宿講座」に臨む。
講義6時間、指導と助言4時間。13名の受講者を相手に、一所懸命話した。

人生を決めるのは、先天の素質と後天の学習・環境、そして姓名がもたらす運氣
なり。今回も、助言の際に働く霊感が冴え渡り、氣力・体力を使い切った!

====================================
●評論・随筆●

◆組織や活動が広がらないのは…◆

組織が小さいうちは、何でも自分でやるしかない。でも、ある程度大きく
なったら、人に任せていかないと、それ以上成長しなくなる。

どのタイミングで、何をどこまで任せたらいいのか。
その見極めは確かに難しい。

識見と知恵、情熱と行動力。すべてに優れていても、まだ足りないものがある。
それが器量だ。仲間に任せられる器量というものが乏しいトップのもとでは、
組織や活動が伸びていくわけが無い。

まずは意識から変えよう。自分が起こした会社だが、自分のものではない。
自分がはじめた会だが、自分が勝手に出来る活動ではない、などと気持ちを
切り替えるのだ。

無気力や無責任の勧めとは違う。要するに、無我となり空虚となれるかどうかで
ある。無我、空虚などの言葉に、トップとしての殻を破るヒントがきっと潜んで
いることだろう。

◆人間は死ななくなる。意識として死ななくなる◆

その人の情報はAIに全て保存。
AIは、精巧に創られたアンドロイドに組み込まれる。

AI+アンドロイドによって、個人の感情は継続し、しかも新たな思考が
展開される。念子も勿論出される。

もはや死なないのと同じだから、面倒な肉体は要らない。

そうして、とうとう人は不死を手に入れた。
でも、その後、人類はどうなるのだろうか。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
下記連載は、林英臣が説いてきた「綜學」を解説しています。一言で言えば、
綜學は綜合学問です。現代文明の行き詰まりを解決し、人類を危機から救う
には、人類全体を見渡し、その英知を綜合することの出来る学問が必要である
という思いによって体系化しました。読者の人生や経営の悩みを救うヒントも、
きっと見つかることでしょう。可能な限り、分かり易く書いてまいります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【綜學】現代文明の行き詰まりを救う全体学~連載その88

◇国王として国家を守るか、出家して精神的指導者となるか…◇

仏教の開祖を、釈尊(しゃくそん)と言います。本名はゴータマ・シッダルタで、
釈迦(しゃか)、釈迦牟尼(しゃかむに)とも呼ばれ、釈尊はそれを尊んだ呼び名
です。釈尊が生きたのは、紀元前563から同483年にかけてです(前463
~前383の説もある)。

釈尊は、ヒマラヤに近いシャカ族の小国カピラバストゥに生まれました。釈尊
は、とても感じ易い性格で、幼い頃から物思いにふける傾向があり、老病死に
対して恐れを抱きます。

16歳で結婚し息子をもうけますが、世間的な生き方に満たされることはありま
せんでした。生まれた者は、やがて老い、病に罹って死んでいくという無常
(むじょう、定まることがなくて儚(はかな)いこと)に対する悩みは尽きず、
その解決を求めて家族も地位も捨て、とうとう出家します。釈尊が29歳のとき
でした。

釈尊は乞食修行者となって、厳しい修行に明け暮れる者たちの群れに加わったの
です。釈尊のように王や王子が出家するという出来事は、当時のインドには、
よくあることでした。

シャカ族の小国カピラバストゥは、強国であるコーサラ国の属国でした。シャカ
族の国は既に亡国の兆候を見せており、釈尊は国王として国家を守るか、出家し
て精神的指導者となるかに迷い、後者を選んだわけです。

釈尊は、6年間断食などの激しい修行に励みました。でも悟りは得られず、
やがてガンジス川中流域の、後にブッダガヤと呼ばれることになる村の菩提樹の
下で7日間の瞑想に努めました。

そうして、人生についての普遍的な真理を掴むに至ります。35歳で悟りを開い
たのです。その悟りとともに6年に及ぶ禁欲生活を解き、牧女のすすめる牛乳を
飲んで健康を回復しました(牛乳も禁止されていました)。

それ以来、釈尊は北インドを中心に教えを説きます。釈尊には、人格による
感化力と説得力に優れていました。

こうして、釈尊の原点は「無常に対する苦しみ」にあり、本氣の立志(天命)は
「人々の悩みを救う精神的指導者になる」というところにあったことが分かり
ます。

釈尊の教えは、呪術や祈りに頼ることのない合理的なものでした。何かを当てに
するのではなく、自分自身の思考と行為を変えねば意味がないと。

その教えは、宗教と言うよりも、哲学や学問と言ったほうが的を射ています。
その要点を、一部ですが述べておきます。

人生は苦しみに他(ほか)ならず、苦しみの原因は、何かに執着する心である
煩悩(ぼんのう)にある。この悩ましい煩悩が消えれば、苦が絶たれ、安らぎに
至る。

そのためには、正しく思い、正しく語り、正しく動き、正しく瞑想せねばなら
ない。即ち、よこしまな考えを持たず、嘘を言わず、間違った行為をせず、
落ち着いて心身を統一すればいいのだ。

煩悩に覆われたままでは、真理に暗く、無明(むみょう)から抜け出せない。
この世の無常に気付き、我欲に満ちた自己中心的な生き方から離れ、心を解き
放って無我(むが)となろう。

釈尊は旅と説法を続けましたが、ネパールの国境に近いクシナガラの地で病と
なり、80歳で入滅します。45年間の伝道と教化を終えたのでした。(続く)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林塾・塾士が講義する綜學講座のご案内 ※下記以外にも多数の塾士が、
綜學と原点・大局・本氣・徹底の講義・指導を全国各地で行っています。
関東:「むさしの綜學塾」
綜學師範代・伊藤央(ひさし)塾士(5期生、東京都小平市議)
https://www.facebook.com/musashino.sougakujuku/?fref=ts

関西:「綜學社福丸塾」
綜學師範代・福丸孝之塾士(1期生、大阪府茨木市議)
https://www.facebook.com/sogakushafukumarujuku/?fref=ts

関西:「一般社団法人・松南志塾」
綜學師範代・南出賢一塾士(4期生、大阪府泉大津市長)
https://www.facebook.com/events/117101805577735/?fref=ts

◆綜學実践会のご案内
会場:綜學社京都研修所
担当:末利公一学匠、桑原恭祐学匠
問い合わせは→ koichi.suetoshi@gmail.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
☆林英臣政経塾「政治家天命講座」第13期を開講中!
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
関東講座・関西講座・北陸講座

◆政治家志望ではないが、政治家天命講座には参加してみたいというご要望を
しばしば頂きます。林塾の支援会員になって下されば、全国各地開催の講座を
何回でもご聴講頂けます。林塾の「国是議会」へもご案内申し上げます。
詳しくは下記をご覧下さい。何卒宜しくご支援の程お願い申し上げます。
http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/%e5%bf%97%e6%8f%b4%e4%bc%9a%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林英臣(綜観)が全国各地で熱講!◆
【講演テーマ例】※単発講演だけでなくシリーズ講座も可能です。
☆松下幸之助翁の「遺言」~松下政経塾生に本当に求めていたこと~
☆「側近学」入門~ナンバー2・側近・軍師をどう見つけるか~
☆西郷隆盛が心服した男~橋本左内と『啓発録』に学ぶ立志の基本
☆やまと言葉と日本人の感性~アは開く、ウは閉じる、そして名前の意味は~
☆強国を相手に外交を全うした大政治家、小村寿太郎の胆力はどこから来たか!
☆渋沢栄一と松下幸之助から学ぶ日本経営道~公益経営7つのキーワード~
☆『徒然草』で味わう中世の心 鎌倉武士と質実剛健、もののあはれと無常観
☆織田信長と天下布武~悪名を残してでも立ち向かったのは何のためか?
☆赤穂義士に学ぶ「武士の一分」~忠臣蔵に感動する間は、日本はまだ大丈夫~
☆空海に学ぶ日本人の大きさ~大宇宙と自分を結び、思う存分天命に生きよ!~
☆古事記は人類最高の神話なり!~壮大な宇宙観と天地の生成、人類の大使命~
☆東洋思想で心胆を鍛え、信念を練る~論語、老子、韓非子、孫子の兵法など~
☆伸びる若者が学んでいる立志の基本「原点・大局・本氣・徹底」と綜學十訓
☆山鹿素行の教えと葉隠武士道~今日一日を命懸けとなって生きよ!~
☆「日本のこころ」1万2千年史~日本精神の起源と、その発展~
☆明治維新150年~日本の何がおかしくなったのか~その5つの歪みを正す
☆「新日本創成論」~地方再生の決め手と公益繁栄経済
◆講演お問い合せはこちらから→ http://www.hayashi-hideomi.com/request
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【林英臣著書のご紹介】
★戦前の真実が分かる本!~『大國民讀本を読む』 昭和2年出版の意訳本
日本は明治からおかしくなった~150年間の歪みを正すための答が見つかる!
お名前・〒ご住所・お届け先の電話番号、またはご本人の携帯番号・冊数などを
お知らせ下さい。頒価1000円。  → tokita@nosmedia.co.jp
03・3664・3733(株式会社ノスメディア 常田(トキタ)さん)

★最新著『原大本徹 短編集〈1〉』博進堂1944円 
★復刻版が出来ました→この男に賭けてみたい!『龍馬起つ』博進堂1620円
★復刻版が出来ました→平成の志士へ『日本復活』博進堂1080円
★復刻版が出来ました→世界も日本も総転換『生き筋のシナリオ』博進堂1728円
★『東洋的器量の研究』物欲資本主義を超える文明原理 博進堂1543円
★東洋的人物の研究『人間の奥行きと惹き付ける力』博進堂1620円
★東洋的達人の研究『念子が養う超人的能力』博進堂1800円
★東洋的英知の研究『力を抜けば強くなる』博進堂1296円
★入手しました→立志読本『すべては志からはじまる』四国中央立志会500円
★ロングセラー!大和言葉48音の秘密を解く『縄文のコトダマ』博進堂1029円
★ロングセラー!よみがえる古事記の言霊『やまとことば伝説』博進堂3600円
★リーダーを元氣にする『やるしかない人が読む本』博進堂1543円
★上司が読む心のワクチン!『心の的を射る人・外す人』博進堂1543円
★松下幸之助と韓非子の教え『人を動かす「7つの術」』太陽企画出版1512円
★『人を動かす「7つの術」』は 韓国からオファーがあり翻訳出版されました。
以上、ご注文はこちらからどうぞ→ http://www.hayashi-hideomi.com/books

★共著:『経営者のための日本の心入門講座』政経倶楽部編1000円
(「佐藤一斎~幕末志士三千人の師、その教え方と育て方」講演録掲載)
★共著:『経営者のための近現代史入門講座』政経倶楽部編1000円
★『経営者のための東洋思想入門講座』政経倶楽部編1000円
★共著:経営者からの提言『真・日本再生』政経倶楽部編800円
上記4冊は政経倶楽部事務局へご注文下さい→ info@seikei-club.jp

★CD出版「吉田松陰《立志実践》の教育」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1908.html
★CD出版「林英臣の《側近学》」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1962.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆本メルマガを、お仲間にも是非お勧めください!
「林英臣の元氣メール」のバックナンバー・配信登録・停止はこちら
→ http://archives.mag2.com/0000149323/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆林が唱導している文明論と構想☆
◎「文明維新」東西文明が800年周期で交代。21世紀は世界史激変の転換期
◎「日本改新」2020年頃、日本に新しい社会秩序を誕生させよう! 
◎「国是担当地方議員構想」平成の龍馬を1000人育成!
               
はやしひでおみ 
林英臣政経塾 塾長(政治家天命講座、全国7会場)
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
綜學の研究と普及・綜學社 代表
一般社団法人・政経倶楽部連合会 主席顧問→ http://www.seikei-club.jp
 同法人併設・日本政経連合総研 理事長
公益財団法人・松下政経塾 一期生

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
☆転送・転載・引用など(悪意・乱用でない限り)大歓迎です。出所(林英臣の
元氣メール)を必ず明記して下さい。あらかじめ当方にご一報下されば嬉しく思
います。
林 英臣 e-mail        :soukan@hayashi-hideomi.com
林 英臣 ホームページアドレス :http://www.hayashi-hideomi.com/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ