国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

  • ¥0

    無料

4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来39ヶ月で読者数1万8526名突破!記録破りのNO.1超高度経済成長メールマガジン。マスコミ、政治家も多数愛読。政治経済の裏にある「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
発行周期
週刊
最終発行日
2018年01月04日
 
発行部数
11,282部
メルマガID
0000154606
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

今年も日本の政治は売国奴が牛耳ろうとしている<残業代ゼロで100時間ただ働き強要法案>
http://www.asyura2.com/17/senkyo237/msg/866.html

今年も日本の政治は売国奴が牛耳ろうとしている<残業代ゼロで100時間ただ働き強要法案>
2018年が始まった。

年始にはこんな夢を見た。

私が官邸にいる亡国のイージ〇にインタビューをしているのである。

今年はどんなことをやるつもりですか?

亡国のイージ〇「はい 日本国民をだまして 残業代ゼロと残業100時間までただ働きさせる法案を「労働基準法改悪」として強硬採決をします」

あなたに何がいいところがあるのですか?

亡国のイージ〇「はい 私にとっては、日本人の残業代をゼロにしてしかもただ働きを

100時間もさせることで、残業代が減るので、会社の株主である外資株主に配当金が

多く入ります。その分の手数料を裏金としていただいているのです」

「不〇選挙の調子はどうですか?」

亡国のイージ〇「絶好調です!」

不〇選挙は、同じシステムを憲法改悪の 住民投票にも使うんですね。

亡国のイージ〇「その通りです。だから最初から結果が決まっているんです」

あなたの強みはどこにあるのですか?

亡国のイージ〇「はい 首相官邸に常駐することで、いつも警察や検察の動向が

あがってきます。もし自分を取り調べに動いている動きがあれば検察幹部や警察幹部の

人事権を首相の権限を勝手につかって、解任してしまうのです。それがうまくいったのが

東京地検ナンバー2が私を取り調べにむかったときでした。そのときに

首相の権限をつかって首を取りました

最近でも、レイプ犯人の 駆け込み寺として、官邸を機能させています。

われわれに有利になるのならば、罪を免罪してやるということを

PRすることで、安心して官僚は犯罪を行ってくれるのです。

最近でも大相撲を公益法人から儲かる外資の株式会社化に移行させようとしていて

いろいろと日馬富士問題などや変人理事を利用しています。

とにかく、イス〇エルに私が、よく思われるために、戦争産業をもうけさせて私が

手数料を受け取るためにまた北朝鮮にミサイルをタイミングよく

うってもらおうと思っています。

以上が今年みた夢だった。

しかし 官邸にいる亡国のイージ〇という誰からも国民が選んでいない人物が

実は、権限を行使していて日本の政治をつかってせっせと売国を行っている。

これは特別国家公務員であるため背任罪に該当する。また

日本人に良い政策を実現させるようにうそをつく行為も「詐欺罪」に該当する。

そして国民から選ばれた人間でないものが、首相官邸に入れる

制度は、国民主権に反する憲法違反であるため

即時廃止すべきである。

実際にはどこの馬の骨かわからない人間が総理大臣をできるのだ。

しかも国民から選ばれてない人物ができるのである。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ