国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

  • ¥0

    無料

4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来39ヶ月で読者数1万8526名突破!記録破りのNO.1超高度経済成長メールマガジン。マスコミ、政治家も多数愛読。政治経済の裏にある「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月22日
 
発行部数
11,054部
メルマガID
0000154606
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol


<期日前投票は与党3党の不正な選挙の理想郷(シャングリラ)と化している>
シャングリラ
http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/880.html
とんねるず
https://www.youtube.com/watch?v=gRyewkQg1Q4

Denki Groove - Shangri-La [Live at FUJI ROCK FESTIVAL 2006]
https://www.youtube.com/watch?v=tRfqWOOmNXk

<駅前共通投票所は、票を電子データ化してネット送信するため民間業者が票改ざん可能>
<ITを駆使する不正選挙>
与党はついに
このモリカケ問題の難関を「不正選挙」をしかけることで解決しようと考えた。
「不正選挙」を拡大させるために
選挙に
「駅前共通投票所」の拡大
「期日前投票」の拡大(午後8時までというのを延長)
「投票者へのつきそい」
を訴え始めた。

これは 憲法を戦争可能なとんでもない法案に変えてしまうために
考え出された「最大限に不正を可能にするもの」
である

<ハッキング可能な投票所>
不正な票操作をやっても開票場所が遠隔地にあるため
外部からではその場でわからないため駅前共通投票所は不正の
理想郷(シャングリラ)となる。

最近与党が、喜んで 労働基準法改悪を勝手に強行採決しようとしているのは
「不正な選挙(票を電子データ化して票を改ざんしていること)体制」がばれないと思っているからである。

<駅前や百貨店などの人が集まるところに置く共通投票所は不正の城>
「駅前共通投票所」というのは、投票所からの
データをインターネット回線で結び、ネット送信するため
民間業者がハッキング可能になり 票データを改ざんさせていても
わからないからである。

今問題になっているのは、民間選挙業者が
が「票を電子データに変えてネット送信するときに 票データを改ざんさせる」ことなのである。
これにはいろんなバリエーションがある

票を電子データ化させるのは、バーコードが主流であった。

ところが全国各地の不正選挙訴訟の結果、この不正のやり方がばれ始めて、大阪では敗北し始めた。

しかし
期日前投票の投票用紙自体を、その投票用紙をつくる会社を買収することで可能にしてしまった。


要するに票というのは
〇期日前投票所で、夜間にすり替える→ばれはじめた

〇期日前投票所で、同じ人物が何回も投票券を変えて投票にやってくる
→これも目撃者がいるため ばれはじめた。

〇選管職員がグルである。→不正選挙の結果、仙台市青葉区などでは
選管職員が懲戒免職されている。

〇当日投票は比較的まともだが、この当日投票日は
徹底的に「投票時間を短くしたり」「台風を引き起こす軍事技術を駆使して
ものすごい台風が「必ず」やってくる。

〇票データは「電子化してネット送信すると ハッキング可能」

この仕組みを期日前投票集計に使っている。

この「票データ」を期日前投票の集計時に「ハッキングして

票操作をしていた」ことは 2017年の統一地方選挙での堺市選挙管理委員会で

発覚している。(最高裁第二小法廷まで係争)

つまり今の不正選挙は

「期日前投票」を拡大させてその票データをいかに改ざんするか

にあるため

今回の「不正選挙を拡大させる」やり方につながる。

選挙への付き添いとうのは宗教団体が有利になるからである。

何度も同じ人間が投票所に現れることが発覚して問題になっているからだ。

付き添いなど認めたら、「何度も同じ人間が投票券を変えて

やってくる」ことが発覚しにくくなる。→「投票券を変えていろんな期日前投票所に

何度も同じ人物が投票にやってくる謎の部隊が存在している。」

要するに「不正ができる」期日前投票を最大限に

広げて
「不正がやりにくい」当日投票は、いかにして天候を悪くして

 時間を短縮させて規模を小さくするかを競っているのである。

与党が今月までになんとか成立させたいと言っているのはこれは

不正な選挙で打破するために言っているのである。

〇選挙は、選挙メーカーが

なぜか全部オリ〇クス系であることが最近わかった。

〇ム〇シ社

〇ム〇シ社の選挙ソフトをOEMで作成している富士ソ〇ト社

〇富士ソ〇ト社の子会社で
期日前投票所の受付をやっている富士ソ〇トサービスビューロー株式会社

〇期日前投票システムをやっている行政シス〇ム株式会社

〇選挙用パソコンをレンタルしているオリ〇クスレンテック

これらは実はすべてオリ〇クス系なのである。住所を調べよ。
 
コインチェックは大規模なハッキングをされた。

期日前投票所の駅前投票所は、おそらく空前のハッキングがなされて

票データが盗まれる恐れが非常に高い。


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ