広島メディアマガジン

  • ¥0

    無料

広島の各種イベントや様々な情報等をフォローする、投稿型のメールマガジンを目指しています。別途に1日10円の日刊有料メールマガジン、広島eマガジンを発信しておりますが、より地域の方に貢献できるメディアに挑戦していきたいと思っております。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
広島メディアマガジン
発行周期
不定期
最終発行日
2017年12月06日
 
発行部数
101部
メルマガID
0000159954
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 中国

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

==========================================
----------広島メディアマガジン 12,5---------
==========================================

1、12月7日~10日「現代に蘇るエミール・ガレの華麗な世界」

2、12月17日夜間より「玉屋サンクスホール」がスタート

3、12月10日屋久杉玉磨き&おとのわ 祝詞&クリスタボウルライブ

4、先人の叡智から学べ!「2018年の運勢講座」


==========================================

※これは、まぐまぐを活用して配信しておりますが、メインは、
1日10円の日刊メールマガジンを配信しております。
なお、日刊有料メルマガは10日程度、サンプルを配信中です。
http://www.hiro-emaga.net/

日刊有料メルマガの配信数は700、この内容と同じものを
これまで、名刺交換した方などに不定期に配信している
無料メルマガの配信数は3,000です。


=======================================================
1、12月7日~10日「現代に蘇るエミール・ガレの華麗な世界」

日本・ルーマニア初期国交100周年記念     

ルーマニア大使館後援

現代に蘇るエミール・ガレの華麗な世界展

日時/12月7日(木)~10日(日) 10:00~19:00
場所/広島市中区本通り9-23 ニュー 3階

このたび、ルーマニア大使館の後援ともとに、アールヌーヴォー
の先駆者“エミール・ガレの華麗な世界展”を開催する運びとな
りました。

ガラス工芸作家エミール・ガレの作風を受け継ぐルーマニアの
職人によるランプや花器、及び茶道具等約40~50点を展示い
たします。

フランスのガレ工房からRomania Buzau地方に移住した一番
弟子のモンテッシーにより、ガレの作風はルーマニアの多くの
職人たちに伝承され、ガレ亡き後も脈々と受け継がれ、
“Tip Galle” として製造されています。

それらの作品は、自然界に生きる蝶や蜻蛉のほか、葡萄や桜
などの植物をモチーフにした自然主義のガレの作風を、高度な
技術を駆使して現代に蘇らせています。

この機会にぜひルーマニアの歴史と芸術的文化をお楽しみく
ださい。

--------------------------
<以下、プレス資料より抜粋>

日本・ルーマニア初期国交100周年記念

現代に蘇るエミール・ガレの世界“Tip Galle Collection”

ガレ工房からルーマニアに伝承されたハンドメイドのガラス工芸品

広島市中区本通の婦人服店“ニュー”の桑本仁子(代表:桑本盟
久)と申します。この度、美術工芸品を愛する方を対象に『現代ガ
レ・コレクション展示即売会』を「日本・ルーマニア初期外交100周
年記念の特別企画」としまして、12月7日(木)より10日(日)まで、
ルーマニア大使館後援のもとに開催することになりました。

1、「美術工芸品を愛する多くの人」     

2.【コンセプト】 「文化交流」×「ガラス工芸品」  
現代のガラス工芸技術を結集したハンドメイド作品を展示

3、【リリースのポイント3つ】

・ガラス工芸作家エミール・ガレの作風を受け継ぐルーマニアの
 職人によるランプや花器、及び茶道具等約40~50点を展示

・エミール・ガレの華麗な世界”とルーマニアの歴史と芸術的文
 化を紹介

・アクセスの良い広島の中心地・本通りニューの3階特設会場
 にて開催

4、【日本・ルーマニア国交100周年記念企画開催にあたって】

フランスのガレ工房からRomania Buzau地方に移住した一番
弟子のモンテッシーにより、ガレの作風はルーマニアの多くの
職人たちに伝承され、“アールヌーヴォー”(新しい芸術)として、
ガレ亡き後も脈々と受け継がれ、Galle(tip)の作品として発表
されています。

自然界に生きる蝶や蜻蛉のほか、葡萄や桜などの植物をモチ
ーフにした自然主義の作風と、日本文化の影響(ジャポニズム)
に触発された山水画文様などが特色です。

日本・ルーマニア国交100周年記念行事の一環として、このたび
ルーマニア大使館の後援のもとに開催することになったこの展
示会において、ルーマニアと日本の文化交流がさらに深まって
いくことを願っております。

“エミール・ガレの華麗な世界展”

日程/12月7日(木)~12月10日(日) 一般公開
場所/株式会社 ニュー3F特設会場
    広島市中区本通9-23 TEL: 082-248-1391


日本・ルーマニア文化交流会 ~国交100周年記念企画~


月日の経つのは早いもので、日本とRomania の初期国交樹立後、
100年が経ちました。当Romania も世界の経済発展と共にEUに
加盟後、一歩一歩でありますが、確実に進展し てまいりました。

Romania 特産品アールヌーボーのGalle Glass(tip)製品を通じて
広島市の有力な皆様方と文化交流の場を開催させて戴くことに
大変光栄に思います。

是非、この機会にGalle Glassの芸術的素晴らしさを堪能いただ
き、Romaniaの歴史と文化に触れて戴ければ幸いです。素晴ら
しいこの機会を設けて戴いた(株)ニューの桑本氏に感謝申し上
げると同時に、成功をお祈りいたします。なお、当大使館として
全面的バックアップいたします。

また是非広島市民の皆様にRomania に関心を持っていただき、
本国を訪問戴ければこの上ない喜びです。来るGalle Fairの成
功をお祈りいたします。

http://www.fashionable-new.com/   


=======================================================
2、12月17日夜間より「玉屋サンクスホール」がスタート

あの玉屋が、高齢社会にマッチした葬儀会館「玉屋サンクス
ホール」を12月17日夜間より、段原大通り沿いにオープンする。
http://www.tamaya4949.jp/

株式会社玉屋の児玉賢司社長さんから、この前お会いした際、
https://www.facebook.com/kodama.kenji1
「また、記事を書いて欲しいことがある」と云われていて、先日、
たまたま、そのチラシを読者の方からいただきましたので、チラ
シから紹介させていただきます。

<ごあいさつ>

高齢社会になり、さまざまな理由で少人数の家族葬が増加して
います。その家族葬に適した葬儀会館「玉屋サンクスホール」を
このたび段原大通りにオープンします。

玉屋サンクスホールのサンクスは「感謝」で、旅立たれるお方に
感謝し、ゆっくりお別れできる場にしていただけたらと思います。

<特徴>

・割安なさまざまな家族葬プランをご用意
・悲嘆を和らげる明るい雰囲気と心温まるご接待
・少人数用葬儀会場あり(10人様位)
・約50人様のホールと控室が2会場あり
・ご高齢者に優しいバリアフリー

玉屋サンクスホール

住所/広島市南区霞1-5-8
広大病院行きバス段原南バス停より徒歩1分
駐車場約20台 近くにコインパーキングあり(サービス券発行)

<オープニング見学会とミニ葬儀講座・フルートコンサート>

日時/12月16日(土)・17日(日)
    10:00~16:00(2日間とも)
場所/玉屋サンクスホール 広島市南区霞1-5-8

※見学会場案内の表示看板あります。

☆ミニ葬儀講座・・・家族葬・最近の葬儀叙情など
16日と17日の11:00~12:00

☆葬儀相談コーナー
費用・手順・会場・家族葬など随時

☆フルートコンサート・・・懐かしい+最近の曲
16日と17日の13:00~14:00

☆コーヒー・お茶コーナー・・・無料

ご来場者様にはプレゼントを進呈します。

創業昭和6年 株式会社 玉屋

本社/広島市南区段原南1-20-11
TEL 082-261-4949 → 24時間・年中無休

※☆ミニ葬儀講座・・・家族葬・最近の葬儀叙情など
16日と17日の11:00~12:00・・・はたぶん、
児玉さんご本人が話されると思いますが、これが
非常に面白く、ためになるお話です。ご都合がつく方は
是非、この「ミニ葬儀講座」はホント、お薦めです!

http://www.tamaya4949.jp/


=======================================================
3、12月10日屋久杉玉磨き&おとのわ 祝詞&クリスタボウルライブ

https://www.facebook.com/events/1321231938005623/

12/10(日)
11:00~16:30 屋久杉玉磨き (定員25名)
19:00?20:30 おとのわ(祝詞×クリスタルボウル)ライブ

本イベント主催者の、心人~cocorobito~です。
今回、皆様に屋久島の心地よさを味わっていただきたいと思い、
東広島でイベント開催させていただきます。屋久島に行かれた
ことのある あなた にはその再現に。まだ行かれた事のない
あなた には、屋久島を感じる初めての時間になると嬉しいです。

私が屋久島を訪れたのは一度。でも、その時の屋久島の、あの
自然が、あの深い森が忘れられず、機会があれば、また行きた
いと思いつつも、なかなか行動には移せない、想いだけが募る
日々。そんな頃でした。私が、なーやさんと出会ったのは。ただ、
ただ、また、あの屋久島に触れたいという想いで参加しました。
おかげさまで、屋久島の心地よさを再感でき、お守りまで得、今
も、手元で屋久島を感じられています。

☆屋久杉玉磨き と
☆クリスタルボウルライブ の二部構成です。

☆まずは、屋久杉玉磨き。
あなたが目にする屋久杉は、もう既におおまかに形成されてい
ます。屋久島在住のなーやさんが、貴重な屋久杉を丹精込め
て島で作業されたものです。沢山あり、目移りします。その中か
ら、あなたの直感で、連れて帰る屋久杉を、たった一つ選びま
す。出会いの始まりです。

その一つに、たっぷりの時間をかけ、愛情を込め、想いを込め
て磨いていきます。屋久杉と向き合う時間は、身もココロも研ぎ
澄まされ、まるで自分自身を磨いているようです。自分の過去を
振り返り、未来を託すよう。徐々に変化していく屋久杉に自分自
身が映し出されるかもしれません。

磨く事に一生懸命で、言葉は少なくなりがちですが、その場にい
るみんなと繋がっている感覚は明らかにあります。時間を共に
する仲間と今を味わい、屋久島の大自然もそばに感じる素敵な
時間になります。

そして、磨きあげた屋久杉は、数時間前に出会った時とは、ま
るで別物で、スゴイ変化です。ビックリしますよ。とても輝いてい
ます。その輝きは、今後の あ・な・た かも。素敵な御守りの出
来上がりで す。

なーやさんは、これを「切符」とも教えてくれます。さて、どこ行き
の何切符なのでしょうね。答えは、御参加されてのお楽しみです。

☆屋久杉を磨いた後は、その屋久杉に魂を入れる
「おとのわ」Liveの時間。
なーやさんのクリスタルボウルと、はるひさんの祝詞です。
なーやさんのクリスタルボウルの音色には、水の音・風の音・波
の音・森の音・鳥の声・虫の声、全ての自然界の音が詰まって
おり、その温もりさえも感じられます。

クリスタルボウルの音色とともにあげて頂ける、はるひさんの祝
詞は、言霊パワーが力強く、また、とても愛おしく、懐かしく、優
しく包まれたような感覚にもなれます。あなたの根源に響き、魂
が喜びに溢れ、ただただ震えます。

2人の織りなす言霊と音霊。目を瞑り聴き入ると、いつのまにか、
心地良い空間に包まれています。そして、ふと気付いた時には、
深い世界の扉の中へ。幻想的で不思議な世界感です。是非浴
びて感じて頂きたいです。

気ぜわしい12月ではありますが、2017年を頑張った自分への御
褒美に、素敵な時間いかがですか。東広島に居ながらにして、
屋久島が感じられる時間です。ご一緒楽しみましょう。御縁ある
方のお越しお待ちしております。

ーーー
【東広島芸術文化ホール「クララ」練習室1.2】
屋久杉玉磨き&クリスタボウルライブ☆☆

☆日時
12/10(日)
11:00~16:30 屋久杉玉磨き (定員25名)
19:00~20:30 おとのわライブ

☆会場 
広島県東広島市?条栄町7番19号
最寄駅 JR西条駅 徒歩7分

☆参加費
屋久杉玉磨き 5000円(小中学生3000円)
おとのわライブ 3000円(小中学生無料)

☆参加お申込
1、本イベントページで、まず、参加ボタンを押していただいた上で
2、下記、申込フォームよりお申込み下さい。
↓申込フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/36fef4c9536251


☆お問い合わせ
本イベントページへの投稿か、または以下に御連絡下さい。
心人~cocorobito~ 090-2805-5900 cocorobito7@gmail.com

https://www.facebook.com/events/1321231938005623/


=======================================================
4、先人の叡智から学べ!「2018年の運勢講座」

先日、西条で受講しましたが、やっぱり、凄い内容です。これで、
2018年の心構えがかなり、見えてきます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1515154341864974&set=a.189084654471956.44669.100001112675614&type=3&theater

※参加希望の方、関心ある方は返信メールをお寄せ下さいませ!!

世界最古の学問であり、天文学であり、統計学でもある気学は、
古来より君主が国造りや統治のための学問として用いてきまし
た。

その気学を使って占う2018年の世界の動向と個人の運勢を1日
で学べる、年末恒例の特別講座。

2018年の運勢講座

天の気=天干(宇宙・政治)戊(つちのえ)
地の気=地支(地球・経済)戌(いぬ)
人の気=人星(生命・生活)九紫火星(きゅうしかせい)

講師/貝瀬公弥(かいせ く み)
高知県出身。1972年生まれ。大学卒業後出版社で雑誌編
集に携わるが、出産後に退社。
子育てをしながら藤井康夫氏より九星気学、姓名鑑定、メ
ンタープログラムを師事。名古屋、神戸、広島、香川、高知、
シンガポールにてスクールを定期開催。
企業研修、教育機関等での講演会も好評。
・株式会社クローバー代表取締役
・財団法人ウエイクナーズ理事
・学校法人やまもも学園評議員。

12月13日(水) 13:00~17:00 広島クラス 昼の部
会場/合人社ウェンディひとまちプラザ 5階 研修室C
広島市中区袋町6番36号
受講料/10,800円

12月20日(水) 18:00~22:00 広島クラス 夜の部
会場/広島市三篠公民館 研修室1
広島市西区打越町10番23号受講料:10,800円
受講料/10,800円

※参加希望の方、関心ある方はメールをお寄せ下さいませ!!
yoshihide@hiro-emaga.net


=======================================
*価値ある情報を配信し、地域社会に貢献する、
1日10円の日刊有料メールマガジン
広島eマガジンは10日程度のサンプルを配信中!!
http://www.hiro-emaga.net/


==========================================
1日10円の日刊メールマガジン、広島eマガジン(配信数700)、
不定期無料メルマガの広島ネットマガジン(配信数3000)では
皆様のお仕事、行事等の広報に貢献できたらと思っております。

広告掲載料は1回5,000円。5回分前払だと20,000円(1回4,000円)
となっております。詳細は、メールにてお問合せ下さいませ。
yoshihide@hiro-emaga.net

****************************
「広島メディアマガジン」について

メールマガジンは1995年インターネットにアクセスしたときから、
発行し続けてきました。バックナンバーは下記サイトにあります
広島ネットマガジン・インデックスサイト(目下配信数約3000)
http://www.mag2.com/m/0000159954.html

そして2001年夏から、1日10円の日刊メールマガジン、
広島eマガジン(目下配信数約700)をスタートしました。
http://www.hiro-emaga.net/

広島発日刊有料メールマガジン・広島eマガジン編集長
長谷川 嘉秀 YOSHIHIDE HASEGAWA
yoshihide@hiro-emaga.net
☆ブログ
http://ameblo.jp/yoshihide11/
☆facebook
http://www.facebook.com/yoshihide.hasegawa

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ