毎日5分!英文法で英会話トレーニング

  • ¥0

    無料

日本語環境で大人が早く英語を話せるようになるにはコツがあります。5文型を中心とした英文法を使いこなすことで、半年後には英語がスラスラ口から出てくるようになるトレーニング方法を解説しています。また、英会話習得に知っておきたい脳の特性についても解説しています。話せるようになった英文は、読め、聞け、書けるようになるので一石四鳥です。脳は繰り返すと自然に記憶していくので、まずは試しに一週間トレーニングを行ってみて下さい^^

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日5分!英文法で英会話トレーニング
発行周期
毎週金曜日の午前7時
最終発行日
2018年05月18日
 
発行部数
11,232部
メルマガID
0000162007
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英文法

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

おはようございます!井上です。

来週の月曜日から木曜日まで
皇居でボランティアをしてきます☆


メルマガの趣旨を理解して頂いてから
お読み頂いたほうが理解が深まるので、
初めての方は以下の「大人の英会話習得
に英文法は必要」をお読み下さい。

https://e-grammar.info/


以下は、日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の無料講座【全10回】です。

http://create-i.info/english/


今日も5分英語のトレーニングをしましょう!
Enjoy (^_^)/

----------------------------------------------------------
○英文作成の練習問題

以下の日本語を英語にして下さい。

「鳥取の山の中にある投入堂へ行きました。」


英語の5文型に当てはまる日本語を考えて、
英語に変換することがポイントです。

第1文型:S+V
第2文型:S+V+C
第3文型:S+V+O
第4文型:S+V+O+O
第5文型:S+V+O+C

特に第1文型~第3文型を使う頻度は高く、
まずS+Vを作ることを意識しましょう。















○練習問題の解答

I went to Nageiredo.
It is in the mountain of Tottori.


○英文作成のコツを解説

「鳥取の山の中にある投入堂へ行きました。」
という日本語をそのまま英語にしようとすると、
「鳥取の山の中にある投入堂」という部分に
関係詞を用いるので会話中に瞬時に英文を
作って言うのは難しいと思います。


そこで、日本語の文を
以下のように2つに分けます。

「私は、投入堂へ行きました。」

「それは、鳥取の山の中にあります。」

この時、主語と動詞を明確にします。



まず、「私は、投入堂へ行きました。」
という文の主語は「私は」でI、
動詞は「行きました」でwentです。

そして、I wentの後ろに「投入堂へ」
という意味のto Nageiredoを置き、
「私は、投入堂へ行きました。」は
英語で以下のようになります。

I went to Nageiredo.


この英文はS:I V:wentの第1文型で、
to Nageiredoは「投入堂へ」→「行った」
と動詞のwentを修飾している副詞です。


次に、
「それは、鳥取の山の中にあります。」
という文ですが、主語は「それは」でIt、
動詞は「あります」でbe動詞のisになります。

そして、It isの後ろに
「鳥取の山の中に」を置きますが、
「山の中に」という意味のin the mountainに
「鳥取の」という意味のof Tottoriを付けて、
「鳥取の山の中に」はin the mountain of Tottori
となります。


前置詞のofは「~の」という意味ですが、
もとは~の一部ということを表すので
この場合は山が鳥取の一部であることを
表しています。

「鳥取の」を「鳥取の中にある」と考えて、
in the mountain in Tottoriとすることもできます。


よって、
「それは、鳥取の山の中にあります。」は
英語で以下のようになります。

It is in the mountain of Tottori.

この英文はS:It V:isの第1文型で、
n the mountain of Tottoriは
「鳥取の山の中に」→「あります」と
動詞のisを修飾している副詞です。


この2つの文を繋げて、
「私は投入堂へ行きました。
それは、鳥取の山の中にあります。」
という日本語は英語で以下になります。

I went to Nageiredo.
It is in the mountain of Tottori.


解説の英文でなければいけないことはなく、
他の言い方もあると思うので他にどんな言い方が
あるか考えてみて下さい。

脳に新しい情報をインプットするには1ヶ月に
7日必要なので、もし自分なりに今日の英文が
出なかった場合1週間繰り返し練習して下さい。


そして、音読すると黙読の時と比べて学習効果が
5倍~10倍になるので、練習する時に声に出して
言うと短い練習時間で高い効果が得られます。

正しい発音で言える言葉は聞き取れるので、
練習する時に正しい発音で音読するようにすると
リスニングの上達が早くなります。


以下で、英語の発音練習ができる無料動画を
紹介しているので参考にして下さい。

https://e-grammar.info/english/pronunciation.html



☆大人の脳の特性に合った方法です。

12才位までは丸覚えができるので英文を読んだり、
聞いたり、会話する中で英語表現を丸覚えできますが、
左脳が発達しきった大人の脳は丸覚えが苦手です。

その代わりに論理的に物事を考える力があるので、
自分が知っている英単語を英語の5文型にはめて言える
日本語を考えてから英文を組み立てて話す練習をすると、
早く英語で言いたいことを言えるようになります。

----------------------------------------------------------

今日の名言

All our dreams can come true,
if we have the courage to pursue them.
夢を求め続ける勇気さえあれば、
全ての夢は必ず実現できる。

ウォルト・ディズニー


【編集後記】

皇居でのボランティアは
3年前から年1回参加していて、
今回で3回目になります。

ご会釈といって天皇皇后両陛下との
面会もあるので楽しみです^^


今週は気温が上がり暑かったですが、
明日は雨で来週は気温も少し下がるようなので
体調管理をしっかりしようと思います☆


----------------------------------------------------------
脳の特性に沿った英会話上達法が分かる
90分で身につける!英会話マスター脳が、
現在アマゾンで20%オフになっています!
http://goo.gl/qWvbIE
----------------------------------------------------------


今日も最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:井上 知

メルマガのバックナンバー:
https://ameblo.jp/english-fan/theme-10105585543.html

お問合わせ ⇒ mail★e-grammar.info(★は@です)
※お名前を書いて下さい。

※現在相互紹介・広告掲載は受け付けておりません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    本メールマガジンの内容の複製、転載を禁じます。
  Copyright since 2005 Tomo Inoue All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ