バリューのタネ~女性視点で読む日経

  • ¥0

    無料

これからのビジネスはすべて「当事者発想」で再編集・再構築されていく。デスクの上でなく、生きて暮らして感じる当事者の発想こそが社会を変えていく。自分を取り巻く全てが情報と考えれば、発想のヒントは無限にあります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
バリューのタネ~女性視点で読む日経
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月18日
 
発行部数
652部
メルマガID
0000163625
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 経済

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

バリューのタネ。
【まぐ2ID:0000163625】No.268
世界は「あなたの見方」でできている
2017年7月18日

こんばんは。前田めぐるです。

あれ? 先週も届いたよ。重複?誤配信?と思われたかもしれません。
ご心配なく、7月12日配信分です。
先週お送りしたのは、『世界は「人の見方」でできている』でしたね。

もしかしたら、「人の見方」=「他人の見方」とだけ
とらえてしまわれたらもったいないな……
と思ったので、今日は「人の見方」=「あなたの見方」でもありますよと
伝えたくて、追伸版です。

あなたがもし「主婦」なら
ダンナさんから見たら「妻」で
世の男性から見たら「人妻」で
子どもの友達から見たら「〇〇ちゃんのお母さん」です。
そして、経営者から見たら
「主婦・妻・母の視点を持つお客様」です。

「私はただの主婦だから」という方がたまにいます。
でも、たとえば主婦向けの商品をつくっている会社の経営者から見たら
まさに「知りたい視点」「価値ある視点」を持っている
ひとりの女性でありお客様なんです。

これって、すごいことじゃありません?
日々の暮らしを積み重ねてきて、
自分なりに考えたり見たりしていること。
そのことが、企業の経営者から見たら
知りたいことだったり、価値あることだったりするんです。

主婦に限りませんよ。
独身でも、子どもがいなくても
シングルマザーでも
もちろん男性でも
それぞれの立場での見方があり
あなたにはあなたの見方があります。

誰もあなたにはなれないし
誰もあなたの人生を生きることはできないのです。

だからこそ、ビジネスをする人は
自分以外の人の声を聞こうと、
ヒアリングしたり、マーケティングしたりするわけです。

そんななかで、あらためて
自分の体験を仕事に生かし、社会に生かすとき
もちろん、ポイントがあります。

前号でも書いたように
「視点を自在にスイッチする」ことです。

^^^^^^
自分ならどうか、
相手ならどうか、
あの人ならどうか。

ここからさらに横にひろげて
今の社会ではどうか。

まだです。

次は、未来から見てどうか。

^^^^^^

もう一度、今度は違う言い方で。

^^^^^^
自分という「点」から
横軸に「線」を伸ばし
その線を回転させて(クレープを焼くときみたいに!)「面」にして
今度はそれを縦軸に伸ばします。
^^^^^^

そうやって「自分の見方」を拡張していくと
自由な考え方ができるようになります。
アイデアが次々と浮かぶようになります。

たとえば、先日私は LINE@のアカウントをつくったんです。
https://line.me/R/ti/p/%40gsz5899b

ここで、もしLINEの活用法をいろんなところからかき集めて
「LINE@はお得な情報のリンクを貼りさえしとけばいいよね」とか
「視覚の時代だから今は文章より写真だな〜。いい写真をいっぱい送ろう」とか
考えても、誰もそんなこと期待していないと思うんです。

そういうのはネットの得意な方に任せて
少なくとも
・LINE@って、どんなメディアなのか?
・発信者として、何ができてどう使えるのか?
・後発でも、追いついて追い抜けるコンテンツはどんなものか?
・LINE@独自の文章スタイルはつくれるのか?
くらいは考えます。
それが自分の視点だと思うから。

あせらず、ゆっくり研究しますね。
LINE@でしか書かないこと、にするかもしれません。
よかったら、
https://line.me/R/ti/p/%40gsz5899b
にスマホからアクセスして登録してみてください。
そのうち役に立つと思うので。

ちなみにLINE@の登録は、ハンドルネームとかであれば
発信者にはわからないようです。
なのでもし、「登録したよ」って知らせてくださるなら
返信でお名前を教えてくださいね。
そしたら、私からも返信や友だち申請ができるみたいなんです。

あなたをもっと知りたい。
いつもそう思いながら、書いています。
これは多分
私の4つ目の資質「個別化」によるものに違いありません。
(なんだそれ?という方は『さあ、才能に目覚めよう 新版』
(日本経済新聞出版社)でどうぞ。

それでは、また次号で。

前田めぐる、でした。

☆-------------------
このメルマガは、このままの転送・転載大歓迎です。
Value Promotion(R)
創造的問題解決で新しい価値を!
前田めぐる事務所
http://maedameguru.com/

応援ありがとうございます
『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』
(前田めぐる著・日本経済新聞出版社刊)
https://www.amazon.co.jp/dp/4532319129/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ