よく分かる!!廃棄物問題

  • ¥0

    無料

主に廃棄物管理の実務を解説するメルマガです。廃棄物処理法の問題点、信頼できる処理業者の見つけ方、住民運動の留意点、産業廃棄物処理業者の経営改善手法、法改正情報など、ホットなニュースをお知らせしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
よく分かる!!廃棄物問題
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年07月18日
 
発行部数
1,547部
メルマガID
0000168298
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 環境・エコ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号




______________________________

  よく分かる!!廃棄物問題(第549号) 2017.7.18 発行
______________________________


●雑品スクラップ保管場所の届出義務違反で懲役刑!?
http://www.ace-compliance.com/blog/03gyousei/kaisei/2017/170718scrap.html


最初にお断りしておきますが、雑品スクラップ保管場所の届出義務
違反で懲役刑になることは有り得ません。


そんなタイトルにした理由は、某業界新聞に、そのような事実誤認
の寄稿文が掲載されていましたので、「事業者は自分自身で条文を
読みましょう」という注意喚起を促すためです。


新聞記事の一部は、下記URLにキャプチャー画像を貼り付けております。
http://www.ace-compliance.com/blog/03gyousei/kaisei/2017/170718scrap.html


最初にこの記事を見たときは、「こんなに重要な改正内容を見逃す
とは、ブログの執筆を止めた方が良いかもしれない・・・」と、一瞬
だけ自分を恥じました(汗)。


しかし、
「いや、法律改正がこんな内容であるはずがない。念のため、該当
する条文をもう一度読み返そう。」と気を取り直し、
雑品スクラップ保管場所保管場所の届出義務(改正廃棄物処理法
(以下、改正法)第17条の2)に対応する罰則(改正法第30条)を
参照すると、


「30万円以下の罰金」と明記されているではありませんか。


これで、自分の理解が正しく、記事の内容が事実誤認であることが
確定しましたので、
次に、「どうしてこのようなミスリードをしたのか?」を(お節介
にも)勝手に考えてみました。


25条の罰則は廃棄物処理法で最も重い罰則ですので、普通なら、こ
のようなミスリードを起こす可能性はほとんどありません。


「そのきっかけとなる記述が条文のどこかにあるはず」という推定
の元、改正法第17条の2を精査しました。


おそらく、下記の改正法第17条の2第3項の準用規定を早とちりし
たことが、その原因かと思います。


『改正法第17条の2
3 次条第1項、第19条第1項、第3項及び第4項、第19条の3(
第一号及び第三号を除く。)並びに第19条の5第1項(第二号から
第四号までを除く。)及び第2項の規定は、有害使用済機器の保管
又は処分を業とする者について準用する。』


上記にある「第19条の5」は措置命令に関する規定ですが、「雑品
スクラップの保管が措置命令の対象になるのであれば、措置命令違
反は法第25条の罰則の対象なので、5年以下の懲役刑が科されても
おかしくない」と、執筆者は考えたのではないでしょうか?


取材に基づかない完全に私の個人的推測ですので、外れていたら申
し訳ありません。<(_ _)>


しかしながら、もしも私の推測どおりだとすると、

『雑品スクラップの保管が措置命令の対象になるのであれば、措置
命令違反は法第25条の罰則の対象なので、5年以下の懲役刑が科さ
れてもおかしくない』

という連想は、論理的に正しくありません。


たしかに、届出をせずに雑品スクラップの保管を行い、それが保管
基準違反として措置命令の対象になる場合もありますが、
保管場所の届出義務違反自体は「30万円以下の罰金」の対象でしか
なく、
届出を怠ったからと言って、自動的に「5年以下の懲役、もしくは
1000万円以下の罰金」の対象になるわけではありません。


措置命令は、生活環境保全上の支障、またはそのおそれに基づいて
発出されるものですので、「届出がされていない」という事実に対
して発出されるものではありません。


記事で言うところの「共謀罪」の対象は、「不法投棄」や「野外焼
却」等の、それだけで「5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の
罰金」の対象となる犯罪ですので、「保管場所の届出義務違反」を
それと結びつけるのは明らかに間違いです。


「原典に当たる」ということは、常に仕事の基本ですね。


ブログでは「正しい」と信じていることだけを書くようにしており
ますが、私も人間ですので間違いは多々あると思います。


間違いを見つけた方は、穏やかにメール等でご指摘いただけると幸
いです(笑)。


_______________________________


□編集後記


長男が5時に起き出し、一人でスイカを割って丸かじりする音で今朝
は目が覚めてしまいました。


早朝からスイカとは、カブトムシかい!


_______________________________


読者の皆様の存在が、私の活力の源です。


ご家族、お友達、会社の同僚・上司・部下の方たちに、このメルマガを
是非ご紹介ください。



このメルマガは著作権により保護されています。
メルマガの一部または全部を無断で転載することを認めておりません。

メルマガの内容を引用や転載する際は、出典をキチンと明示していただきます
ようお願いします。


発行人

 行政書士エース環境法務事務所
  行政書士 尾上雅典
 〒530-0043
 大阪市北区天満2丁目12番3号 7B

 TEL:06-6358-6644 FAX:06-6358-6634
 E-mail info@office-onoe.com
 URL http://www.office-onoe.com/


 ブログ「廃棄物管理の実務」
 http://www.ace-compliance.com/blog/

 twitter
 http://twitter.com/onoemasanori

 

今日もありがとうございました。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ