よく分かる!!廃棄物問題

  • ¥0

    無料

主に廃棄物管理の実務を解説するメルマガです。廃棄物処理法の問題点、信頼できる処理業者の見つけ方、住民運動の留意点、産業廃棄物処理業者の経営改善手法、法改正情報など、ホットなニュースをお知らせしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
よく分かる!!廃棄物問題
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年06月13日
 
発行部数
1,530部
メルマガID
0000168298
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 環境・エコ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号




______________________________

  よく分かる!!廃棄物問題(第632号) 2018.6.13 発行
______________________________


●引越業者もエアコンを販売しているとは知らなかった
http://www.ace-compliance.com/blog/news/180613hikkoshi-sakai.html


2018年6月12日付で、経済産業省及び環境省から、
「家電リサイクル法対象機器の不適正処理に係る勧告及び報告徴収
を行いました」の公表がありました。
http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180612002/20180612002.html


『特定家庭用機器再商品化法(以下「家電リサイクル法」という。)
上の小売業者に該当する株式会社サカイ引越センターの奈良支社及
び奈良南支社(いずれも奈良県大和郡山市)に対して、経済産業省
本省及び環境省本省並びに近畿経済産業局及び近畿地方環境事務所
が家電リサイクル法第53条第1項に基づく立入検査を実施したところ、
排出者から引き取った特定家庭用機器廃棄物(以下「廃家電」という。)
である廃エアコンの一部が、製造業者等以外の者(いわゆるスクラッ
プヤード業者)に有償で引き渡されていた事実が確認されました。

 これを受け、平成30年5月16日、経済産業省及び環境省において、
株式会社サカイ引越センターに対し、家電リサイクル法第52条に基
づき報告を求めたところ、同月31日、以下のとおり、奈良支社及び
奈良南支社で、複数の従業員の関与により、製造業者等以外の者へ
の引渡しが行われたとの報告を受けました。』


個人的な引越業者との取引は20世紀末(笑)以来ありませんので、
最初は「引越業者がエアコンの販売事業者に該当するのか?」とい
う疑問を持ちましたが、その後検索すると、サカイ引越センターの
みならず、引越業界の大手はエアコン他の家電の販売も手掛けてい
るところが多いようです。


新居へ移転する際に「新品のエアコンに新調したい」というニーズ
が多いものと思われます。


20世紀(笑)の時点では、エアコンの価格は現在よりもかなり高く、
それまで使っていたエアコンを引越荷物と一緒に運送する方が多かっ
たように記憶しておりますが、現在はエアコンの価格が以前よりも
高くなく、おまけに年々性能が上がり、電気代まで安くなることが
普通ですので、引越と同時の買い換えにもかなりの合理性があるの
かもしれません。


さて、エアコンの小売業者として廃棄するエアコンを引き取ってい
る以上、当該企業は家電リサイクル券を運用していたはずですが、
経済産業省の発表を見る限り、その運用状況に違反がなかったのか
どうかまではわかりません。


2018年6月12日付の株式会社サカイ引越センターの公表内容 
「家電リサイクル法に基づく勧告及び報告徴収の受領及び対応につ
いて 」によると、


エアコンの引取は「無償で行っていた」とのことですので、家電リ
サイクル券の運用自体を行っていなかった可能性があります。


無償回収では指定引取場所への運搬が困難となりますので、今後は
「有償での回収」になるものと思われます。


2005年頃の家電量販店の多くが今回と同様の違法行為をし、横流し
が常態化していた黒歴史を改めて想起しました。


_______________________________


□編集後記


書籍の改訂作業が大詰めを迎えております。


_______________________________


読者の皆様の存在が、私の活力の源です。


ご家族、お友達、会社の同僚・上司・部下の方たちに、このメルマガを
是非ご紹介ください。



このメルマガは著作権により保護されています。
メルマガの一部または全部を無断で転載することを認めておりません。

メルマガの内容を引用や転載する際は、出典をキチンと明示していただきます
ようお願いします。


発行人

 行政書士エース環境法務事務所
  行政書士 尾上雅典
 〒530-0043
 大阪市北区天満2丁目12番3号 7B

 TEL:06-6358-6644 FAX:06-6358-6634
 E-mail info@office-onoe.com
 URL http://www.office-onoe.com/


 ブログ「廃棄物管理の実務」
 http://www.ace-compliance.com/blog/

 twitter
 http://twitter.com/onoemasanori

 

今日もありがとうございました。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ