月刊シオタクター

  • ¥0

    無料

ミュージカル指揮者・塩田明弘のメールマガジン。東宝ミュージカルの指揮、トークショー出演等のお知らせのほか、共演者へのインタビュー、オーケストラピット秘話も掲載。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
月刊シオタクター
発行周期
ほぼ 季刊
最終発行日
2018年02月07日
 
発行部数
1,661部
メルマガID
0000168920
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 演劇 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

シオタクター編集部です。

 本日は、現在の稽古真っ只中!3月に開幕する『ジキル&ハイド』、『ラ・カージュ・オ・フォール』のちょっとお得なシオタクターチケットのご案内です。

 いずれも塩田さんにとって思い入れのある作品、ただし作品のカラーは真逆?!というミュージカルの多様性を実感できる2作品です。(作品ご紹介は下記に!)

お申し込みは http://hpot.jp/stage/jh
上記ページの赤い「チケット購入」、もしくはPCでは「チケットを購入する<BUY TICKETS>」をクリック
【 ID:shiotactor 】
【 パスワード:spticket 】
でログインしてください。
チケット価格はお申込み画面にてご確認ください。平日は特にお得になっていますよ。


【新キャストを迎え2018年に甦る『ジキル&ハイド』@東京国際フォーラムホールC】

 2012年より新たなジキル&ハイド役としてタイトルロールに石丸幹二さんを迎え上演を重ねてきた『ジキル&ハイド』。原作はみなさまご存知、人間の持つ“光と影”、“表と裏”を描いたR・L・スティーヴンソンの「ジキル博士とハイド氏」。そして、この作品が人を惹きつけるのはその物語を推し進めるフランク・ワイルドホーンによる楽曲。
 ときに甘美に、ときにスリリングに、そして激しく切なく…あらゆる要素が詰まっているミュージカルナンバー、その世界に身を委ねていると気がついたら作品の虜に!

 今年は、ルーシーに笹本玲奈さん、エマに宮澤エマさん、アターソンに田代万里生さんら、新キャストも注目のジキハイ2018です!

 塩田さんは1997年にブロードウェイ開幕に向けた本作稽古場にてワイルドホーン氏と出会い、その後、2001年の日本初演に指揮者に抜擢され、以来、数多くのワイルドホーン作品と関わる起点となった作品。今年の公演はスケジュールの都合上、本番の指揮は超序盤のみとなりますが、作品への想いは通常仕様、作品愛たっぷりでお稽古中です。

2018年3月3日(土)~18日(日)@東京国際フォーラムホールC
http://www.tohostage.com/j-h/index.html


【鹿賀×市村コンビ誕生10周年!『ラ・カージュ・オ・フォール』@日生劇場】

最強の夫婦愛で導く、固く結ばれた家族の絆!

 1985年の日本初演から、8年後の1993年より市村正親さんが当たり役(ザザ/アルバン)として上演を重ね、2008年から鹿賀丈史さんがジョルジュとして名コンビを組んできました!塩田さんにとっても市村さんがザザデビューされた1993年(青山劇場)公演から指揮を務める、四半世紀のお付き合いとなる大切な作品です。

 ゲイクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」のオーナー・ジョルジュ(鹿賀さん)と、看板スターの“ザザ”ことアルバン(市村さん)“夫婦”はちょっぴり倦怠期。そこに降ってわいた愛息ジャン・ミッシェル(木村達成さん/かつてジョルジュが女性との間にもうけた子)の結婚騒動。相手はなんと!保守派のダンドン議員夫妻(今井清隆さん&森公美子さん)の娘アンヌ(愛原実花さん)。ふたりの、そして家族の運命やいかに?!

 ショーシーン(カジェルたち、とりわけ新納慎也さんの美脚にはいつも魅せられます。そしてわが身を振り返り凹みます・笑)の華やかなナンバーはもちろん、♪ありのままの私、♪マスカラ など名曲揃いのラ・カージュの中でも、♪見てごらん(リプライズ含む!)は何度聴いてもグッときます。

 幕開きからカーテンコールまで!笑って泣いて感動して…盛りだくさんのミュージカルコメディをぜひご覧ください。

2018年3月9日(金)~31日(土)@日生劇場
http://www.tohostage.com/lacage/index.html


*******************
シオタクターへの質問・コメントは、contact@shiotactor.com でお待ちしています。
*******************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ