左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

  • ¥0

    無料

「左利きで生きる」ってどうなんだろう? 左利きとしての自分らしい生き方とは? 左利き(左手・左側)生活の向上を図るには? 左利きの子供の「変換(矯正・直す)」指導をなくすには? 左利きへの偏見を是正するには? 正しい「左利き観」の確立のために何をなすべきか?―利き手による差別のない左右共存共生の社会の実現を目指す【左利きライフ研究家】レフティやすおが、自らの左利き体験を基に左利き(左手・左側)生活の実態に即した独断的アドバイス、提案、役に立つ情報を紹介する、左利きに関する諸問題を考えるメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
発行周期
月二回(第一・第三土曜日)
最終発行日
2017年12月02日
 
発行部数
236部
メルマガID
0000171874
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第507号(No.507) 2017/12/2
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
左利きで心地よく生きるための方法(32)
左利きってなんだ(その20) 快適左利きライフ入門(7)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
―その22― 左利きで心地よく生きるための方法(32)
左利きってなんだ(その20) 快適左利きライフ入門(7)
------------------------------------------------------------

 8月以来の左利きライフについて考えるコーナーの7回目です。

 遅ればせながら、
 〈強度〉の左利きの人(要するに私自身ですが)
の生活を覗き見しながら、
 快適な左利きライフの方法を考えてみよう、と思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―

  左利きで心地よく生きるための方法(32)

左利きってなんだ(その20) 快適左利きライフ入門(7)

  ◆ 自分らしい生き方を! ◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ●前回のダイジェスト

もう前回のことはお忘れでしょう。

まあ、私も忘れています。(笑)



第497号(No.497) 2017/7/1
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
左利きで心地よく生きるための方法(30)
左利きってなんだ(その18) 快適左利きライフ入門(5)」
http://archives.mag2.com/0000171874/20170701094000000.html

(ダイジェストしてみましょう。)


 ●心地よさを優先する

まず生活ありき、です。

自分の生活を快適なものにする。
これが一番です。

...

一番肝心なことは、自分に素直になることでしょう。
自分らしく生きるのが一番ですから。


そこで基準として重要になるのは、
安心感・満足感・充足感というところでしょうか。

英語で言うと、comfortable。

すなわち心地よさを優先するということ。

どうすれば心地よくなるかを考えて
生活の在り方を工夫することです。

...

 ●靴とスリッパの例

...

どちらもそれなりに用途があります。
その用途を誤らない、ということがポイントでしょう。


右利きの人が右手を重用するように、
左利きの人は左手を使えばいい。

中間の人は、その都度その都度、
都合のいい方を使い分ければいい。

...

 ●身体に合っていない道具の不幸

...

ものに身体を合わせる思考があります。

...

道具が身体にあったものでないことを知らずに使っている、
ということもあります。

...

これらはみな不幸なことです。


 ●生活環境を整える

まず身の回りを整えましょう。
生活環境から見直してみましょう。


日常的な生活環境には二つあります。

(A)家(家庭)―私的で限られた少人数の場
(B)家以外―学校や職場等の公的でかつ多数の場

...

 ●個人用から始めよう

まずは、パーソナルユースの道具類から改革を始めましょう。

左手左利き用の道具をそろえることで、
ある程度可能です。

...

家庭で専用品を使うときは、
本当に個人ユースのものに限ります。

...

左右両方の人がいる場合は、
左右共用できるものがあれば、一番いいのではないでしょうか。

...

自分一人が利用する場合なら、専用品で問題がありません。

その辺を分けて考える必要があります。

 (1)専用品―個人使用に限る
 (2)共用品―みんなが使用する場合に用いる

...

(ダイジェスト終了。)



 ●日常生活の些細な出来事こそ…

  《人間の幸福というのは、たまたま起こるすばらしい幸運か
   らでなく、毎日の生活の中での些細な出来事から生まれる
   ものである》

   『フランクリン自伝』鶴見俊輔訳 旺文社文庫 1967
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JA3NP0/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

『フランクリン自伝(新装版)』鶴見俊輔/翻訳・解説 土曜社 2015/7/22
http://www.amazon.co.jp/dp/4907511132/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


この言葉は過去にも何度も紹介していますが、
どなたも納得していただけると思います。


そして、こんな言葉もあります。


  《... しかし、技術的に可能だということが、かならずしも
   社会的に可能だというわけではなかった。伝統、習慣、制
   度、言語をはじめ多くの小さなしきたり――思考と行動の
   様式――が障害となった。... 》p.122

    『どうして一週間は七日なのか[大発見1]』
     「第三章 伝道師の時計」
      ダニエル・ブアスティン 鈴木主税・田中邦子訳
      集英社文庫 1991/7/1
http://www.amazon.co.jp/dp/4087602028/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


右利きの人たちは、営々と自分たちに都合のいい道具や機械、
システムといったものを、
社会そのものを作り上げてきました。

悲しいことですが、
左利きの人の存在は、忘れられというか嫌われ、
排除されてきました。

その結果、左利きのための道具類は、
その存在を抹殺されてきました。


世の中は、障害者や高齢者といった社会的弱者に対しては、
バリアフリーやユニバーサルデザインといった考え方が発達、
普及してきて、社会の様相は変わってきました。

ユニバーサルデザインの対象者の範囲には、
左利きも含まれています。

しかし現状ではあまり関心を示してもらえません。

左利きの人たちは、
もっと強くアピールする必要があるのではないでしょうか。



 ●将来生まれてくる子供たちのために

それは、何も「自分のため」だけではありません。

「将来生まれてくる人たちのため」でもあるのです。


そしてひいては、「人類全体のためでもある」と考えられます。

なぜなら、進化論によれば、
本来、環境に不適な存在は淘汰されるはずだからです。

にもかかわらず、一定の割合で左利きの人が生まれてくるのは、
人類にとって、左利きの存在が有用だからでしょう。


そんな貴重な存在である左利きの人たちは、
自信を持って自己を主張するべきでしょう。


  《自分を信じよ。あなたが奏でる力強い調べは、万人の心を
   ふるわせるはずだ。/神の摂理があなたのために用意した
   場所を、同時代の人々との交わりを、ものごとの縁を受け
   入れよ。》p.11-12

    ラルフ・ウォルドー・エマソン『自己信頼』
     伊東奈美子訳 海と月社 2009.2.5    
http://www.amazon.co.jp/dp/4903212106/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


  《自分の考えを信じること、自分にとっての真実は、すべて
   の人にとっての真実だと信じること――それが天才である。
   /心の中で確信していることがあるなら、声に出して語る
   がよい。そうすれば、それは普遍的な意味を持つようにな
   るだろう。... 》p.7

     (同書)


というわけで、先ずは自分を信じて、
自分の生活を優先して、
自分らしい生き方を実践してゆきましょう。

 ・・・

またしても、実用的な情報のないまま終わってしまいました。

次回こそ……。


------------------------------------------------------------
◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2017.11.29
右用と左用の違い(16)カメラその1-左利きで生きるには 週刊ヒッ
キイhikkii第506号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/11/16--hikkii506-d.html

~『左利きライフ研究家レフティやすお左組通信』~
http://lefty-yasuo.cocolog-nifty.com/

~『レフティやすおの作文工房』~
2017.11.30
クリスマス・ストーリーをあなたに~(7)「クリスマス・プレゼン
ト」梶尾真治
―第212号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12332325526.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/11/7-eb88.html

*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html
~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。
Copyright(c) 2005-2017 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2017(平成29)年11月30日号(No.212)-171130-
「クリスマス・ストーリーをあなたに~
クリスマス・ショートショート」
--

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ