左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

  • ¥0

    無料

「左利きで生きる」ってどうなんだろう? 左利きとしての自分らしい生き方とは? 左利き(左手・左側)生活の向上を図るには? 左利きの子供の「変換(矯正・直す)」指導をなくすには? 左利きへの偏見を是正するには? 正しい「左利き観」の確立のために何をなすべきか?―利き手による差別のない左右共存共生の社会の実現を目指す【左利きライフ研究家】レフティやすおが、自らの左利き体験を基に左利き(左手・左側)生活の実態に即した独断的アドバイス、提案、役に立つ情報を紹介する、左利きに関する諸問題を考えるメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
発行周期
月二回(第一・第三土曜日)
最終発行日
2017年10月07日
 
発行部数
237部
メルマガID
0000171874
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第503号(No.503) 2017/10/7
「創刊500号突破!“13年目に向けて”特別号(3)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
 創刊500号突破!“13年目に向けて”特別号(3)
------------------------------------------------------------

 無事、創刊500号を突破しました。

 ありがとうございます。

 12年前、2005年9月28日に創刊した弊誌も
 とうとう13年目に入ります。 

 ということで、“13年目に向けて”特別号をお送りしています。

 (今回で一応終了の予定です。
  また別の形でお送りすることもあるかと思いますけれど……)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 創刊500号突破!“13年目に向けて”特別号(3)

◆ “レフティやすおの”左利きの世界・その3 ◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ●「マツコの知らない世界/左利きの世界」

19日、TBSテレビ「マツコの知らない世界」で、
「左利きの世界」が放送されました。

この番組に出演されたのは、
友人で左利き仲間の渡瀬謙さん(『左利きの人々』の著者)。

『左利きの人々―悲しくも笑える』渡瀬けん/著 中経の文庫 2008/12
http://www.amazon.co.jp/dp/480613256X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


営業本やビジネス書の著書多数の、
口下手小心“内向型”の<しゃべらない営業>が売りの
営業コンサルタントでもある。

『内向型営業マンの売り方にはコツがある』大和出版 2009
―渡瀬謙氏の最初の【内向型の人】のためのビジネス本
http://www.amazon.co.jp/dp/4804717374/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

『仕事・人間関係・人生が好転する!「内向型の自分を変えたい」
と思ったら読む本』大和出版 2017
http://www.amazon.co.jp/dp/4804718311/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


私と違い、書字と箸使いが右という、“隠れ左利き”。

番組では、
そういう渡瀬さんなりの「左利き世界」が紹介されました。


渡瀬さんの9月21日発行分の
メルマガ「サイレントセールスのススメ」[661号]
によりますと、マツコさんとのやりとりは、
収録まで挨拶も顔合わせもないままの
ぶっつけ本番だったそうです。

その割には、面白く仕上がっていたのではないか、
という気がしました。


バラエティ番組ですので、社会派の小難しい話はできません。

また、左利きの不便や左利き用の道具紹介などは、
従来からいくつかの番組で放送されてきましたので、
この程度でも致し方ないところでしょう。

それでも従来とはちょっぴり異なった
左利きの一面が知られたのではないか、と思います。


まとめとして今回の番組で良かった点を書いておきます。


【渡瀬さんの番組出演で良かった点】

(1)字を書くことや箸を使うことが右手になったからといって、
 左利きの性質が変わることはない、という現象を明らかにした

(2)右利き偏重の社会で左利きで生きてゆく上で起きる
 一見ささいな不便も積み重ねれば、
 それによってムダに費やす時間が「1000時間」にもなる、
 という損失を数量的に明らかにした

(3)左利きであることで受ける様々な経験が、
 他者へのまなざしや、ものの見方に変化を与える、
 という心理面への影響を明らかにしたこと

 (ブログの記事↓にも、追記しておこうかなあ。
  書いてなかったので。)

 ・・・

最後に、いつも言うことですが、
なにはともあれ、左利きがメディアに紹介されるというだけで、
一応の成果であると思います。


悲しいかな、そこからの一歩がなかなか思うように進まない、
というのが、本当のところですが。

まあ、それはこれからの宿題ということで。


番組をご覧になってご不満に感じた方は、
ぜひ、放送局までお便りを!

変化は、そこから始まるのです。


*参照:『レフティやすおのお茶でっせ』記事:
2017.9.13
TBS「マツコの知らない世界」で19日「左利きの世界」放送
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/09/tbs19-2c2f.html

2017.09.22
9月19日TBS「マツコの知らない世界」で「左利きの世界」放送
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/09/919tbs-1e0f.html


 ・・・

さて、弊誌も13年目に入りました。

私なりの、私個人の「“レフティやすおの”左利きの世界」
を仮想してみてもいいかも、という気になり、
試しにやってみました。

ところが、プロフィールの紹介が
思いのほか長くなってしまっています。

でも乗り掛かった船ということで、今回も、もう少し続けます。

ただし、駆け足で。
(のつもりです。)



 ●「左利き友の会」~「わたしの彼は左きき」

マツコさんの番組でも、
渡瀬さんが
麻丘めぐみのヒット曲「わたしの彼は左きき」を
紹介されていました。

1973年7月5日発売と記録にあります。

それに先立つ、1971年に
精神科医・箱崎総一氏の主宰された「左利き友の会」が発足。
(1975年、活動停止。)

(箱崎氏及び左利き友の会をモデルにしたと思われる小説が
 広瀬正『鏡の国のアリス』(1972)です。)

河出書房新社 1972/06
http://www.amazon.co.jp/dp/4309000614/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

集英社文庫 2008/10/1
http://www.amazon.co.jp/dp/4087463664/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

鏡の国のアリス(広瀬正小説全集4) (集英社文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/dp/B01MXQDIZI/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


このニュースを新聞で知り、大いに関心を抱いたものの、
勇気がなく、入会できませんでした。

しかし、世の中が少しずつ
左利きに理解を示す傾向が見られるようになり、
私もすこし気が楽になりました。

渡瀬さんは「わたしの彼は左きき」を
素直に喜んで受け入れられたようです。

しかし、私はちょっと複雑でした。
あまりこれに触れられると、気恥ずかしくなりました。



 ●左の英雄・王選手

少年時代、私のような左利きにとって英雄的存在だったのが、
プロ野球の王選手でした。
(右の長嶋、左の王―“ON砲”です。)

その王選手は三冠王になったのが1973年(翌年も)。

長嶋選手の引退後の1976年、張本勲選手が巨人に移籍、
左のホームラン王と左の安打製造機による“OH砲”の誕生です。

〈左利きの時代〉を現す代名詞のようにいわれました。

1977年、王貞治選手がホームラン世界記録通算756号を達成、
国民栄誉賞受賞(第1号)に。

山城新伍と川谷拓三さんによる左利きの左手箸による
インスタントラーメンのCMが話題になったのもこの頃。

ピンクレディーの「サウスポー」が1978年。

左利きの存在が「当たり前」のようになり始めた時期でした。



 ●勇気を与えられた本

1979年、箱崎先生の『左利きの秘密』が刊行。
(「左利き友の会」の顛末と左利き啓蒙の書。)

『左利きの秘密』立風書房マンボウブックス 1979
http://www.amazon.co.jp/dp/B000J8GO3A/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


これを読み、

「左利きの自分が間違っているのではなく、
 左利きを受け入れない社会のほうが間違っているのだ」

と気付かせられました。

左利きで生きることに勇気を与えられた本でした。


1980年、『左利きの本―右利き社会への挑戦状』
ジェームス・ブリス/ジョセフ・モレラ 草壁焔太訳 講談社
という本が出ました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B000J821FU/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


翻訳ものの左利きの本はそれ以前にも出ていました。

しかし、私が手に取ったのは、これが初めてでした。

後半は、翻訳を担当された草壁氏による日本編でした。

この本で、“右利き社会と「闘う」”
という行き方(方法)のあることを学んだ気がします。



 ●活動開始

その後、精神的に安定した私は、
1990年、生まれて初めての左利き用品
(左手用カメラ/京セラ サムライSAMURAI Z2-L)と出会い、
「左利きは左利き用の道具を使うべきだ」と目覚め、
左利きの活動を始めました。

左利き用の道具類を探して、
身の回りの左利き仲間に紹介するようになりました。


翌1991年、『モノ・マガジン』の左利き特集号
(1991年4月2日号 No.188
 「特集/左を制するものは時代を制す/左利きの商品学」)
が発売され、
これはまさい教科書のような存在でした。
左利き用品探しが加速されました。

あるかもしれないものを探すのではなく、
あるとわかっているものを探すほうが、はるかに楽です。

 ・・・

こうして、紙媒体による活動を始め、
一部の人だけではありますが、
少しは人に知られるようになりました。


しかし、時代は変わり、ネットが主流の世になり、
私も21世紀に入ってやっとパソコンを入手。

2004年からネットでの活動を始めました。

翌2005年からこのメルマガも開始、現在に至ります――。


 (長くかかりましたが、
  「プロフィール」だけは終えることができました。

  本題の「レフティやすおの左利きの世界」は、
  いずれの機会に! )


------------------------------------------------------------
◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2017.10.1
創刊500号突破!13年目に向けて-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第501,502号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/10/50013--hikkii50.html
16:00 2017/10/01
●2017.9.22
9月19日TBS「マツコの知らない世界」で「左利きの世界」放送
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/09/919tbs-1e0f.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/3cdb561cdf894b5c9a3ffae53275f728
●2017.9.20
日経MJ1面特集は「左利き」ニーズの製品・サービスのトレンド
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/09/post-efd1.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/558e60411f3e57801965a683ec42ae03

~『左利きライフ研究家レフティやすお左組通信』~
http://lefty-yasuo.cocolog-nifty.com/
~『レフティやすおの作文工房』~
2017.9.30
古代中国編―中国の古代思想を読んでみよう(17)諸子百家
―第208号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12314877631.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/09/17-cfb6.html

*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html
~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。
Copyright(c) 2005-2017 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2017(平成29)年9月30日号(No.208)「古代中国編―
 中国の古代思想を読んでみよう(17) 諸子百家」
--

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ