ビジネスに直結する実践的判例・法律・知的財産情報

  • ¥0

    無料

知財と企業法務を手がける東京丸の内と横浜に事務所を持つ弁護士法人が、最近の判例の紹介を通じ、ビジネス法務に直結する法律知識を分かりやすく解説し、実務上の指針を提供します。  学術的・難解な判例の評論はせず、「分かりやすさ」と「実践性」に主眼を置いています。  経営者、企業の法務・知財担当者、管理部署担当者などが知っておくべきビジネス法務の知識が、徐々に身につきます。  主な分野:知的財産(特許、商標、著作権、不正競争防止法等)、会社法、労働法、独占禁止法、国際法、企業取引等。  バックナンバーはこちらから。 http://www.ishioroshi.com/biz/topic/

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ビジネスに直結する実践的判例・法律・知的財産情報
発行周期
原則として月2回程度
最終発行日
2018年04月10日
 
発行部数
2,228部
メルマガID
0000173078
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 法務・特許

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネスに直結する実践的判例・法律・知的財産情報
弁護士法人クラフトマン 第212号 2018-04-10

-------------------------------------------------------
法律相談ご案内
http://www.ishioroshi.com/biz/soudan_first

顧問弁護士契約(顧問料)についての詳細
http://www.ishioroshi.com/biz/komon_naiyou
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 今回の事例 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 知財高裁平成30年1月15日判決

 A社は、第32類「緑色野菜を主原料とする飲料用青汁」等を指
定商品として、「緑健青汁」「りょくけん青汁」「リョクケン青汁
」「RYOKUKEN AOJIRU」の文字を4段に書して成る
商標を出願し登録を受けました。具体的な商標の画像は、以下から
ご覧になれます。

http://www.ishioroshi.com/biz/mailmag/topic/topic20180410/

 しかし、実際に使用されていた商標は、「緑健青汁」の文字のみ
で構成されるものでした。

 そして、B社は、A社に対し、当該登録商標を使用していないこ
とを理由に、登録商標の不使用取消審判を起こしました。今回ご紹
介する事例は、当該審判において出された審決に対する取消訴訟で
す。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2 裁判所の判断
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 裁判所は以下のように判断し、不使用による取消を認めました。
なお詳細は省きますが、裁判所は、A社による使用の立証自体も否
定しています。

● A社の登録商標は、「緑健青汁」「りょくけん青汁」「リョク
ケン青汁」及び「RYOKUKEN AOJIRU」の文字を4段に
書して成るものであるのに対し、A社が使用するとされる商標は、
「緑健青汁」の文字のみを書して成るものである。

● これら商標は、商標法50条1項にいう「平仮名、片仮名及び
ローマ字の文字の表示を相互に変更するものであって同一の称呼及
び観念を生ずる商標・・その他の当該登録商標と社会通念上同一と
認められる商標」であると、直ちに認めることはできない。

● したがって、A社の登録商標が使用されたとの事実は認められ
ず、商標法50条の規定により取り消されるべきである。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3 解説
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(1)商標の不使用取消審判

 商標の登録制度は、権利者がその商標を使用することを前提とし
ています。それは、商標権には独占的な権利があるところ、使用さ
れず、また使用の意思もない商標について独占的権利を認めること
は誰の利益にもならないからです。
 
 それで、商標法は、ある商標が一定期間(3年間)使用されてい
ない場合に、第三者が、特許庁に対し、その登録商標の取消の審判
を請求することができる、という制度を設けています。これを「不
使用取消審判」といいます。


(2)登録商標と実際の使用例が異なる場合

 これに対して、商標権者が商標の登録の取消を免れるためには、
その登録商標を使用していたことを証明する必要があります。ここ
では種々の論点がありますが、問題となることの一つに、登録され
ている商標と、実際に使用している商標とが少し異なる場合があり
ます。

 この点、商標50条1項において述べられているとおり、読めば
同じ音になり、かつ同じ意味が読み取れる場合であれば、平仮名、
片仮名、ローマ字の文字の表示を相互に変更しても、通常は社会通
念上同一の商標と考えられます。また、書体のみに変更があった場
合も同様です。

 もっとも、過去の審決例を見ると、以下の例のとおり、この同一
性は厳格に判断される場合がありますから、十分に注意が必要です。


<同一性が否定された例>
  登録商標:LIFECENTER
  使用商標:ライフセンター

  登録商標:COMPATH
  使用商標:コンパス

  登録商標:LE RITZ
  使用商標:RITZ

  登録商標:もぐさ屋/伊吹堂(二段併記)
  使用商標:伊吹堂

  登録商標:飛鳥
  使用商標:あすか

  登録商標:SKAGA
  使用商標:BLAZER SKAGA

 以上のように、登録商標と実際使用している商標が同一といえる
かの判断は、ケースによっては困難なものもあり、この点での判断
を誤ると、登録商標を長年使用してきたと思ったのに不使用を理由
に取り消されてしまう、という結果もありえます。

 それで、この点で、弁理士や知的財産を重点的に取り扱う弁護士
へのアドバイスを求め、商標法上の使用として認められるかを検討
することは重要かと思われます。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4 弊所取扱案件紹介~英文契約実務(IT・ソフトウェア編)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 近年では多くの企業が海外取引に積極的に取り組んでいます。海
外取引・国際取引では英文契約はまさに自社を守る必須のツールと
いえます。

 また国内ビジネスであっても、海外企業の代理店になるとか、海
外企業と取引する場合には英文契約の締結が必要となる場合が少な
くありません。

 そして弊所では、英文契約業務に積極的に取り扱い、多くの企業
の国際化を支援しています。

 これまで弊所が作成・レビューとして取り扱ってきた英文契約は
多種多様ですが、今回は特にIT・ソフトウェア関係のものをピック
アップすると、以下のようなものがあります。

  ・ウェブサイト利用規約
       (Terms of Service for Internet Website)
  ・ソフトウェア使用許諾契約書
       (Software Licensing Agreement)
  ・ソフトウェア・エスクロー契約書
       (Software Escrow Agreement)
  ・サービスレベル合意書(Service Level Agreement)
  ・アウトバウンドテレマーケティング契約書
    (Outbound Telemarkething Markething Agreement)
  ・電子出版契約書
       (Electronic Publishing Agreement)

 弊所では海外取引・国際契約をご検討の方のご相談を歓迎します。
詳細は以下のURLをご覧ください。

http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/keiyaku/eibun_keiyaku/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本稿の無断複製、転載はご遠慮ください。

ただし、本稿の内容を社内研修用資料等に使用したいといったお申
出については、弊所を出典として明示するなどの条件で、原則とし
て無償でお受けしています。この場合、遠慮なく下記のアドレス宛、
メールでお申出ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【執筆・編集・発行】
弁護士・弁理士 石下雅樹(いしおろし まさき)

東京事務所
〒160-0022 東京都千代田区丸の内1-5-1 
新丸の内ビルディング11階
弁護士法人クラフトマン東京国際特許法律事務所
TEL 03-6267-3370 FAX 03-6267-3371

横浜事務所
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 新港ビル4階
クラフトマン法律事務所
TEL 045-276-1394(代表) FAX 045-276-1470

mailto:info@ishioroshi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊所取扱分野紹介(契約書作成・契約書チェック・英文契約)
http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/keiyaku/
(弁護士費用オンライン自動見積もあります)

弊所取扱分野紹介(英文契約書翻訳・英語法律文書和訳)
http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/honyaku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本稿に対するご意見、ご感想は mailto:info@ishioroshi.comまで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ