東京itc通信

  • ¥0

    無料

東京都障害者IT地域支援センターのメールマガジンです。サポセンが開催するitc講習会やイベント情報などを紹介します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
東京itc通信
発行周期
月刊
最終発行日
2017年11月20日
 
発行部数
488部
メルマガID
0000175127
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > 団体全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都障害者IT地域支援センターのメールマガジン
東京itc通信【第144号】 2017.11.20
【http://www.tokyo-itcenter.com/index.html】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月3日にアップルの新型iPhone(アイフォーン)「X(テン)」が発売されました。
「顔認証(Face ID)」が採用されていましたね。
買い換えてみたいけれど、高嶺の花にもなりつつあります。



◆今月号の目次

1.お知らせ (1) 平成29年度IT支援者養成研修【出張型】開催のお知らせ
2.お知らせ (2)年末年始の開館情報
3.新製品情報 言語訓練アプリと認知症テストアプリ新登場
4.特集 マルチAIスピーカー
5.センター徒然草
6.センター開館情報


1.お知らせ (1) 平成29年度IT支援者養成研修【出張型】開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お待たせいたしました!。
10月から、「出張型」IT支援者養成研修の募集を開始いたしました。
7月から9月まで行った集合型の研修では、多様な部門の皆さまにお越し
いただき、ご好評をいただきました。
今回の出張研修は、そこから得たエッセンスも加え、スタッフが機器とともに
センターを飛び出して皆さまの所まで伺います。
5つのコースからご希望のコースをお選び下さい。
実機に触れる時間を一層増やし、有意義な研修にしたいと思っております。

▼お気軽にご受講、ご相談を。
5つのコース内容は、下記をご覧ください。
http://www.tokyo-itcenter.com/500jigyo/it-kensyu-2017-goout.html


2.お知らせ (2)年末年始の開館情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月29日(木)~1月3日(木)まで、年末年始のお休みとなり、
休館いたします。
1月4日(金)より、通常通りに開館致します。



3.新製品情報 言語訓練アプリと認知症テストアプリ新登場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新しく公開された、言語訓練アプリと認知症テストアプリを紹介します。

(1)言語訓練アプリ
ActVoice Smart(アクトボイススマート)は、失語症の方への呼称訓練等の
言語訓練場面や、自習場面で役に立つアプリです。
名詞カードの他に、環境音カードや歌カードが使用できます。

▼ActVoice Smart(アクトボイススマート)の説明
http://escor.co.jp/products/products_item_ActVoiceSmart.html

▼ActVoice Smart(アクトボイススマート)のダウンロード
・iOS版 無料
https://itunes.apple.com/us/app/actvoice-smart/id1188615650?mt=8
・Android版 無料
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.escor.actvoicesmart&hl=ja

10インチ以上のタブレットを推奨します。
センターにありますのでお試しになりたい方は、ご予約の上、お越し下さい。


(2)認知症テストアプリ
「認知機能のテスト」が簡単にできるiOS向けアプリ「Moffワスレナグサ」が
リリースされました。価格は無料。

認知症のチェック・テストとして、広く医療機関等で使われている
「長谷川式簡易知能評価スケール」(HDS-R)を使用し、どなたでも簡単に
認知機能のチェック・テストを実施できる認知症テスト用アプリです。
これまで、実施には筆記用具や記録用紙、関連性の低い5つのアイテム
(ハサミ、腕時計、鉛筆、くし、スプーンなど)を用意する必要がありました。
同アプリでは5つのアイテムを画面内に表示。実際に用意する必要はなく、
質問時に動画で表示することで、アプリのみでテスト・チェックができます。

なお個人だけでなく、介護施設や病院でも無料でMoffワスレナグサを使えます。
Moff社は、「認知機能の低下の早期発見」に期待しているといいます。

・認知症テスト Moffワスレナグサ(HDS-R)
https://itunes.apple.com/jp/app/moff/id1279113631?mt=8


4.特集 マルチAIスピーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年11月2日発売の情報誌「日経トレンディ」が、日経トレンディの2018年
ヒット予測ランキングを紹介していました。
その第1位が「マルチAIスピーカー」(AI(人工知能)が搭載されたスピーカー。
そこで、現在の主な音声認識AI搭載のスマートスピーカーの機種を調べました。

・スマートスピーカー「Google Home」(1万4000円)(Google)
https://store.google.com/product/google_home?dclid=CIfO9cnvq9cCFdaVvQodkusJOA
そのほか、6000円のタイプもあり。

・スマートスピーカー「Clova WAVE」(14,000円 税込)(LINE)
https://clova.line.me/?utm_source=webAd_clovawave&utm_medium=yss&utm_campaign=20171005_001

・スマートスピーカー「Echo」(11,980円 税込)(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/dp/B071ZF5KCM/ref=famstripe_rad
そのほかの価格帯もあり。

・スマートスピーカー「LF-S50G」(12月9日発売、25.,000円前後)(ソニー)
http://www.sony.jp/smart-speaker/products/LF-S50G/


Googleとソニーは、「Googleアシスタント」がベースで、「OKグーグル」
と話しかけます。
LINEは、「クローバー」。Amazonは、「アレクサ」と話しかけます。
メーカーや機種により、機能に特徴が有りますので比べてみて下さい。
また、利用するには、スマホやWi-Fi環境などが必要です。

対応家電やサービスが増えれば、色々な方に便利な環境制御ができますね。


5.センター徒然草
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「スマホ老眼」ってなに?

スマホを長時間使用し続けることで、あたかも老眼のように、目のピントが
合わなくなってしまうことを「スマホ老眼」といいます。
「スマホ老眼」が急に社会を騒がせ始めているのは、シニアに限らず10代
からのあらゆる世代で発症するからです。

では、どうすればスマホ老眼を防げるのでしょう。
もちろんスマホの使用時間を減らすことが先決ですが、それだけでなく、
スマホを見ている途中にいったん視線を離し、窓の外の看板や離れた場所
にあるものを意識して見るのが重要。
視線をずらすことで、こわばった毛様体筋をリラックス、ストレッチさせる効果
が期待できます。
例えば、5秒間スマホを見てから5秒間、3メートル離れた時計を見る。
これを1分繰り返しましょう。最低、1時間に1回の割合で行ないます。
目への負担やブルーライトが少ないスマホを選ぶことも対策になりますね。

そう言う私も、この記事を書くのに、パソコンの画面とにらめっこしていますが・・・。

※週刊ポスト2017年10月27日号より抜粋
(K.S)


6.センターの開館情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開館時間
月・火・木・金・土(祝日・年末年始を除く)
午前10時~午後5時30分
※但し、土曜日は不定期の開館となり、午前10時~午後5時まで
11月の土曜開館日は、11日です。
12月の土曜開館日は、2日です。
開館予定についての詳細は、事前にお問い合わせください。
■お越しの際は、こちらのページで開館時間等ご確認ください。
http://www.tokyo-itcenter.com/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.tokyo-itcenter.com/500jigyo/itc_ml.html

<ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせ>
E-Mail:info@tokyo-itcenter.com

<東京都障害者IT地域支援センターのホームページ>
http://www.tokyo-itcenter.com/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<連絡先>
〒112-0006
東京都文京区小日向4-1-6 東京都社会福祉保健医療研修センター1階
東京都障害者IT地域支援センター
電話 03-6682-6308 FAX 03-6686-1277
E-Mail:info@tokyo-itcenter.com

発行責任者:斉藤恵司
発行:東京都障害者IT地域支援センター

◎東京itc通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000175127/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ