快適住宅論:家づくり成功法

  • ¥0

    無料

まぐまぐ!殿堂入りメールマガジン ココロもカラダもあったまる?安くてあったかい家づくりのお話など 福島県・裏磐梯高原・酒井のメルマガ

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
快適住宅論:家づくり成功法
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2017年02月28日
 
発行部数
68,966部
メルマガID
0000177201
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【快適住宅論】本物の材料をつかった、健康な家


こんにちは、酒井利美です。

かんり久しぶりのメルマガ配信になります。

昨年の5月24日が前回の発行ですから、
およそ9ヵ月ぶりの発行になります。

読者のみなさんからは個人的にメールをいただいて
やりとりしていたので、
ずっと書き続けていたようにも思います。

ですが、メルマガの発行としては、
ほんとに久しぶりになるので、
わたしとしてもワクワクしながら書いています。

9ヵ月の間には、楽しいことも苦しいことも
悲しいことも、いろんなことがありました。

ただ、ぼーっとしてたわけではないです(笑)

たまに、というか日常的に
ぼーっとすることは多々あるかもしれないですが、、

なぜ発行しなかったかというと自分でも分かりません。

目の前の仕事に没頭していたということかもしれません。

「発行しない」という意志をもっていたわけではなくて、
たまたま次の発行が9ヵ月後だったということです。

待っていてくれたみんさん、ごめんなさい。

ご了承ください。

ただ、家づくりに関するネタはたくさん集まりました(笑)

ほんとにいい家をつくりたいという思いで、
材料をひとつひとつ見直していました。

ほんとにいい家とは何だろう?

ぼくは、一級建築士として家づくりの
仕事として関わっているけど、
自分なら、どんな家に住みたいんだろう?

と、いつも考えながら過ごしています。


前回のメルマガのタイトルが

「ハウスメーカーの家と、それ以外の家」

 記事はこちら↓
 http://ameblo.jp/ie-zukuri/entry-12163150746.html

でした。

それから次のメルマガまで9ヵ月がかかりました。

今から思いかえしてみると、
大きなテーマだったのかもしれません。

家は、だんだんとハウスメーカーという
大量生産される時代になっています。

昔の洋服が、一着一着オーダーメイドで
作られていた時代があったように

家も、一軒一軒オーダーメイドで作られる時代から
大量生産される時代になっているのです。

現在では、ハウスメーカーの割合が増えて来ているので、
地域密着型の工務店は減って来ています。

だからといって工務店の仕事がなくなるわけではないのですが、
減ってきているのは事実でしょう。

競争が激しい中で、わたしたちが生き残っていくためには、
わたしたちしかできないことで、
社会に貢献していくことだと考えています。


大量生産ではない、一軒一軒いい家をつくること


本物の材料をつかった、健康な家


ハウスメーカーの大量生産的な家づくりでは
絶対にできないことを
やっていこうと思っています。


このメルマガ【快適住宅論】では、

健康で本物の家について語っていこうと思っているので、
興味がないという方は、

いますぐ購読を解除してください

こちらのページから登録解除できます↓
http://www.mag2.com/m/0000177201.html


ではまた!




■ 編集後記


先日、雪がすごい吹雪の日に国道をのろのろ走っていると、
わたしの車の後部へトラックが突っ込んで来ました。

そう交通事故です。

あの日は、猛吹雪で路面はつるつる、
わたしの前の車がパトカーで、
うしろがトラックという状況でした。

こういう吹雪のときは気をつけないとと思いながら、
ゆっくり安全運転で、車間距離をたくさんとって
走っていました。

夕方でまわりは暗くて、動いたりとまったりしながらなので、
家に帰る着くまで、いつになるか分からない状況でした。

でも、うしろのトラックは違ったようです。

パトカーが事故車の前で停まり、
わたしの車が停まり、
うしろの車は停まりませんでした。

トラックが停まりきれずに、わたしの車の
後ろのバンパーがへこんでしまいました。

わたしの車の前に走っていたパトカーは、
吹雪で事故処理のために来ていたようです。

警察署へ電話することなく対応してもらえたので、
助かりました。

吹雪で事故が多発して、事故処理を対応できる警官が少ない
ということで、寒い中かなり待たされましたが、
仕方ありません。

うしろのトラックの保険で修理してもらうことになり、
後日、代車がやって来ました。

その代車は四輪駆動ではないので、
吹雪の日の雪道では乗れませんでした(T_T)

2月の一番雪の多いときに雪道仕様ではない車だと苦労しますね。

カラダの方は、何ともなかったので幸いでした。

交通事故って、自分が思ってもみないところで
遭遇するんだなとあらためて思いました。

みなさんも車の運転には気をつけてくださいね。





■■メルマガ快適住宅論 発行者:酒井利美

  S.A.建築デザイン一級建築士事務所

  メール:このメルマガを返信してお送りください。







メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ