K-Net 社労士受験ゼミ「過去問一問一答」

  • ¥0

    無料

著者サイト

社労士受験生を応援するK-Net社労士受験ゼミ「合格ナビゲーション」別冊です。社会保険労務士試験の過去問を一問一答形式で紹介します。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇◇■◇■

2017.5.27

 K-Net 社労士受験ゼミ                    
         「過去問一問一答」 

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


今日の過去問は「国年法22-8-B」です。

【 問 題 】

被保険者の種別ごとに被保険者期間を計算する場合には、被保険者
の種別に変更があった月は、変更後の種別の被保険者であった月と
みなし、同月中に2回以上の種別変更があったときは、その月は
最後の種別の被保険者であった月とみなす。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【 解 説 】

同一月に2回以上種別変更が行われたときは、その月は、最後の
種別の被保険者であった月とみなします。
第1号被保険者なのか、そうではないのか、保険料徴収の都合が
あるので、各月ごとに、どの種別なのかを確定する必要があり、
同月中に複数回の種別の変更があった場合は、その月は最後の
種別の被保険者であった月とみなされます。


【 解 答 】 正しい。 
 

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


【 お薦め書籍 】

社労士教科書 もう間違えない! 社労士試験「ラクラク整理」 2017年版
価格:1,728円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4798149683/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4798149683&linkCode=as2&tag=knet01-22


◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

発行:K-Net 社労士受験ゼミ
              加藤 光大

まぐまぐID:0000178498

Home Page:http://www.sr-knet.com/3index.html

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

配信中止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000178498.html

■ 無断転載・転写・コピー等は禁じます。

■ 免責事項
 このメールマガジンに掲載されている記事の参照による、あらゆる
 障害・損害・不利益に関しましては、当方においては一切その責任を
 負いかねます。
 また、損害賠償の義務はないものとします。
 ご理解のうえお読みください。

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


★ メルマガ「過去問一問一答」のバックナンバーは、
 http://sr-knet.blog.so-net.ne.jp/
 に掲載しております。

メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
K-Net 社労士受験ゼミ「過去問一問一答」
発行周期
日刊
最終発行日
2017年05月27日
 
発行部数
2,041部
メルマガID
0000178498
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 社会保険労務士

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ