三重県立美術館ニュース

  • ¥0

    無料

三重県立美術館(津市)の展覧会やイベント情報などをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
三重県立美術館ニュース
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月13日
 
発行部数
1,905部
メルマガID
0000179825
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
---------------------------------
■ 三重県立美術館ニュース    ■
  ■ 第301号 7月13日発行  ■


∩_ー_∩     /つ /つ
   彡 ヽ / ミ     | | | |  (た)今日からまた、
彡 ~ ~ ミ  | |~| |    新たなはじまりやな!! 
  彡   ◆  ミ / @ " @ヽ   
  彡  ノて ミ ヽミ_Å_彡 (う)きつねも気合入れていくように。
/ \  /♯\   /ノ   ノ\   相変わらず、犬やと思われておる。
                    これはゆゆしき事態や。  


∧_∧  
        |   丶 
        |_ハ_ | 
                      |    | 
                       彡 ● ミ  
       僕かて、犬と間違われたないわ。    /丶へ_ノ\
   気合の問題とちゃうと思うけど。>  ▼▼ 

 ---------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 *****************************************************************
   
  「平成」最後の夏。大きな災害が起こってしまいました。当たり前の
  ように、朝がやってくることに感謝できているだろうか、と考えさせ
  られます。

  「防災みえ」というホームページをご存知でしょうか。お住まいの県
  内地域の防災ハザードマップや避難所をご確認いただけます。また、
  メール配信サービスやSNSで防災情報をお届けしています。災害時、
  情報弱者になりやすい外国人のため、5か国語(英語、中国語、韓国
  語、ポルトガル語とスペイン語)に対応しています。ぜひ回りの方に
  ご紹介ください。

            http://www.bosaimie.jp/

 *****************************************************************

 ================================

  ※メールマガジンの最初の部分(この画面が見えるような形で)を
  プリントアウトして持ってきていただくか、あるいは受信されて
  いる機器を携帯できる場合、この画面をチケット売り場係員に
  お見せいただくと、団体料金(< >内の料金)で鑑賞いただけます!
 

 ○ 必ず、最新号のものを持参いただくようお願いします。
   この号は次号発行までお使いいただけます。
 
 ○ この画面をご提示いただいても、常設展の観覧券は割引できません。
   企画展のみの割引となります。
   ※企画展の観覧券で常設展もご覧いただけます。

 ○ 一枚につき4名さままで有効です。


 〓 有効期限 2018 年 7月 27日( 金 ) ま で 〓
 
================================
 
□□□□■ 今号の紹介 ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 ★ ついにオープンしました!
    ⇒ サヴィニャック―パリにかけたポスターの魔法

 ★ 常設展示替えしました!
    ⇒ 美術館のコレクションII
  
 ★ ドシドシご応募ください!
    ⇒ 300号記念 プレゼント企画
 
 ★ 三重県立美術館 美術セミナーのご案内
 
 ★ 県民ギャラリーの予定

 ★ 好評連載
    ⇒ 心にうつりゆくよしなしごとを『顧問雅話』

 ★ お ま け 
    ⇒ 出口シェフの『フランス料理の入り口』


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ついにオープンしました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■ サヴィニャック―パリにかけたポスターの魔法
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ⇒ 学芸室より
  
   はじまりました「サヴィニャック―パリにかけたポスターの魔法」
展。もうお越しいただきましたか?

   館内の窓には、サヴィニャックのかわいい絵が貼り付けられており、
   エントランスホールには「顔出しパネル」もあります。意外と大人
   が夢中になれる「顔出しパネル」で記念撮影をどうぞ。また、同じ
   エントランスには「ミニ創作コーナー」もあり、大人から子どもま
   で、楽しんでいただける一角となっています。
     
   作品鑑賞の楽しさはもちろん、それ以外にも楽しめる展覧会ですの
   で、ぜひたくさんの方にご来場いただきたいです。担当学芸員によ
   るギャラリートークにもご参加ください。
   
  
     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


   ○サヴィニャック展 イベント情報○

   ☆『夏休みこどもひろば きみがしゅやくのぺたぺたポスター』

    三重大学教育学部美術教育コースの学生によるワークショップです。
    展覧会鑑賞後、ステンシル(型抜き)の技法にて色彩豊かなポスタ
    ーを作ります。
    
    日時:8月7日(火)、8月12日(日)
       各日とも、13時~15時頃の予定 ※内容は同じです。
 
    会場:三重県立美術館 美術体験室

    対象:小学生(定員:20名)

    応募締め切り:7月20日(金)必着
    ※応募多数の場合は抽選となります。
    ※参加費は無料。ただし、保護者の方が展覧会を鑑賞する場合は観
覧券が必要。
※館内にある参加申込用紙、もしくは電子フォームにてご応募くだ
     さい。
    
     http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000215835.htm


 
    ☆『ミニ創作コーナー』 

    サヴィニャックのポスターを参考に、食べものや商品のイメージに
    色紙を貼ったり、キャッチコピーをつけたりしながら、ユーモアた
    っぷりのデザインをつくってみましょう。

    会期中随時開催
    会場:美術館エントランスホール
    申込不要/参加費無料



    ☆『ギャラリー・トーク』
     日時:8月5日(日) 午前11時~
        7月22日(日)、8月25日(土) 午後2時~

    本展担当学芸員が展覧会や作品の魅力について分かりやすくお話し
    ます。当日の観覧券をお持ちの上、企画展示室入口へお集まりくだ
    さい。各回、以下のテーマを中心にお話しします。

    7月22日(日)ユーモアあふれるメッセージ伝達の手腕
    8月5日(土) 愛すべき登場人物・登場動物
8月25日(日)サヴィニャックとフランス文化

    聴講無料/事前申込不要/約30分間



      ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    ○託児サービス受付終了のお知らせ○
     
    ※8月5日(日)の無料託児サービスについては、募集定員に達し
    たため、受付を締め切らせていただきました。



    各イベントの詳細についてはこちらもご覧ください
    http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000213297.htm



    : : : : : : : : : : : : : : : :
  
     [ サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法 ]
 
     会 期:2018年6月30日(土)~9月2日(日)

     休館日:月曜日(ただし、7月16日は開館)、7月17日
   
     観覧料:一 般 1000<800>円
         学 生(大学・各種専門学校等)800<600>円
         高校生以下無料
         ※企画展観覧券で常設展示(美術館のコレクション、
          柳原義達の芸術)もご覧いただけます。
         ※学生の方は生徒手帳・学生証等をご提示ください。
         ※< >内は、20名以上の団体及び団体及び、
          第3日曜日の家庭の日料金
         ※障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は
          観覧無料

   

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  常設展示替えのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■ 美術館のコレクションII
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ⇒ 学芸室より


    常設展「美術館のコレクション」では、1年間に4回の展示替えを
    行い、約6,000点ある所蔵品のなかから、時期ごとのテーマに合
    わせた作品を展示しています。

    今期の「美術館のコレクションII」の内容をご紹介します。

    1.三重ゆかりの画家
      ・・・今年急逝された秋岡美帆さんに追悼の意を表し、三重県
      ゆかりの作家による戦後美術を展示しています。
      主な作品:諏訪直樹《PH-2-8602》、今村哲《ナンバーレス》、
           秋岡美帆《光の間99-7-28》など
  
    2.明治洋画の光彩(白馬会)
      ・・・「明治150年」関連展示の第2弾として、白馬会系の
      画家による洋画、装幀などを展示しています。
      主な作品:黒田晴輝《雪景》、藤島武二《セーヌ河畔》、中澤弘
           光装幀『新訳源氏物語』など
           
    3.名品撰(西洋美術/リトグラフ)
・・・「サヴィニャック展」開催にあわせ、リトグラフ作品を
      中心に、館蔵名品を展示しています。
      主な作品:オディロン・ルドン《ヨハネ黙示録》、パブロ・ピ
           カソ《パピエ・コレ1910-1914》(滋賀県立近代美術
           館蔵)、ジョルジュ・ブラック《葉・色彩・光》など

     ※展示作品リストは、美術館ホームページでご確認いただけます。
      http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000216303.htm

   
    : : : : : : : : : : : : : : : :
    [ 美術館のコレクションII ]
 
     会 期:2018年7月3日(火)~9月24日(月・祝)

     休館日:月曜日(祝日休日にあたる場合は開館、翌日休館)
   
     観覧料:美術館のコレクション+柳原義達の芸術
         一般 300<240>円 
         学生(大学・各種専門学校) 200<160>円
         高校生以下無料 ※<>内は20名以上の団体料金



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ドシドシご応募ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■ 300号記念 プレゼント企画
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ⇒ 学芸室より

   今回はサヴィニャック展のすてきな商品がプレゼントの目玉です!!
   もらわなきゃ損!!というくらいのグッズですし、メルマガでは久し
   ぶりのプレゼント企画です。どんどんご応募くださいね。

   301回ということで、新たな気分でスタートを切りました!
   これからも三重県立美術館メールマガジンをよろしくお願いいたしま
   す。

     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   

   【プレゼント内容】
   (サヴィニャック展より)
    A.クリアファイル(A4サイズ)1枚・・・・5名様
    B.ノート(A6サイズ)1冊・・・・3名様
    C.トートバッグ1個・・・・1名様
   
   (美術館のオリジナル商品より)
    D.美術館オリジナル一筆箋+ハンドタオルセット・・・3名様
    E.誰も応募してくれない、美術館オリジナルTシャツ
      *キツネ、うさぎが描かれています。
       (サイズ:L/カラー:スカイブルー)1枚・・・・1名様


   【応募方法】
    郵便はがき(郵便はがき相応のはがき)に、
    1.お名前
    2.ご住所
    3.ご希望の商品
    4.メルマガのご意見・ご感想
    をお書きの上、

    〒514-0007 三重県津市大谷町11
     三重県立美術館メルマガ300号プレゼント係

    までお送りください。

   
   【応募期間】
    2018年6月22日(金)~7月27日(金)
    ※当日消印有効


   【当選発表】
    8月以降の発送をもって、当選の発表とさせていただきます



   
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  三重県立美術館 美術セミナーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ⇒ 美術館友の会より

   三重県立美術館友の会では、美術を楽しんでいただくための美術セ
   ミナーを開催しています。
   お近くでセミナーがある際は、ぜひご参加ください。

   
    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

   ○美術のたのしみ方 ―旅編―

    講師:原舞子(三重県立美術館学芸員)   
  
    日時:2018年7月14日(土)10時~11時30分
   
    会場:NTNシティホール(桑名市民会館)
       桑名市中央町3-20

    ※聴講無料
    【お問合せ】三重県立美術館友の会事務局
          TEL059-227-2232

    
   ○「風景」の変遷 ―クロード・グラスからインスタグラムへ―

    講師:貴家映子(三重県立美術館学芸員)

    日時:2018年7月29日(日)13時30分~15時

    会場:絵かきの町大王美術ギャラリー
       志摩市大王崎波切3234-2

    ※聴講無料(定員50名/要申込)

     申込先:大王美術ギャラリー
          TEL0599-72-4336
          FAX0599-72-4317
         三重県立美術館友の会事務局
          TEL059-227-2232
          FAX059-223-0570
     申込締切:7月24日(火)
  
    



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   県民ギャラリーの予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       ⇒ 県民ギャラリーより

   7月20日(水)~7月22日(日)第69回中部独立展

   7月27日(金)~7月29日(日)
     さをり織りと絵画-中川結治個展-
     人から人を 優しさで結ぶ そして 生きる


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  好評連載
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ■ 心にうつりゆくよしなしごとを『顧問雅話』
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ⇒ 学芸室より



   「言葉のカタチ 詩の朗読 ニュアンスの会」に参加して



   6月9日午後、東京で「言葉のカタチ 詩の朗読 ニュアンスの会」
   という催しが行われました。この会は三重県伊勢市出身で国内よりも
   欧米での評価が高い詩人北園克衛(1902-1978)と、北園と親
   交があったアメリカの詩人ケネス・レクスロス(1905-1982)
   の詩の朗読、邦楽西松流家元の西松布咏さんによる三味線と地唄の演
   奏によって構成されていました。

   ニュアンスの会というのは、北園克衛研究家ジョン・ソルト博士が西
   松さんと図って1999年に始めた催しで、今回が6回目です。20
   10年に三重の美術館では「橋本平八と北園克衛」展を開催しました
   が、この展覧会が縁で知り合ったソルトさんからご案内をいただき、
   私も参加した次第です。

   事前には当日の詳しい内容は告知されていませんでした。詩の朗読会
   というと、詩人や俳優などが出演されることが多いと思います。しか
   し、意外なことに今回の朗読者はレクスロスと北園に何らかの関心を
   寄せる様々な方々(研究者、翻訳家、編集者、学芸員、造本家、ライ
   ター、デザイナー、詩人etc.)20名でした。

   人前で詩を朗読するのが初めてという方も少なくなかったようです。
   事前に練習した方、ぶっつけ本番の方など準備状況も様々だったと聞
   きました。冒険的な企画であることはまちがいないでしょう。しかし、
   私が興味深く感じたのは、一つとして同じ調子の朗読がなく、各人の
   個性が強く出ていたことです。それは当然かもしれませんが、個性と
   いうものは誰にでもあり、ごく自然に表に現れるものだということを
   改めて実感しました。

   また、三味線と地唄の西松布咏さんは、伝統的な邦楽と前衛芸術との
   融合に以前から取り組んできた方です。今回も北園克衛の詩を三味線
   の音にのせて唄って、他では経験できない幻想的な世界に誘ってくれ
   ました。

   詩や文学などに関心のない方の眼には、奇妙な催しにうつるかもしれ
   ません。しかし、毎日のように理不尽なニュースが流れる今の時代、
   このような現実離れした世界にひたるのも悪いことではないでしょう。
   会終了後にソルトさんが「夢のようなひとときだった」とあいさつさ
   れていましたが、私も全く同感でした。夢まぼろしのような不思議な
   時空体験をしたことでした。




 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   お ま け
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

■ 出口シェフの『フランス料理の入口』
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    ⇒ミュゼ・ボンヴィヴァンより

    ※出口シェフご多用により、今号はお休みさせていただきます。

    (編集部より)
    「サヴィニャック―パリにかけたポスターの魔法」の開催に合わせ、
    ミュゼ・ボンヴィヴァンに素敵な特別ランチを用意いただきました。

     ☆特別ランチ
     2018年6月30日(土)~9月2日(日)
     11時30分~14時
     ¥2,500

     "マギーポトフブイヨン"から
     ほぐした松阪牛テールと野菜と茸のレタス包み真っ赤なブイヨン
     仕立て

     "ムートンロスチャイルド1999"のラベルから
     シャトームートン×羊 王道マリアージュの再構成 
     仏ロゼ―ル産 仔羊のロティ ボルドレーズソース
     エピスとケールのジュ、ブルーベリーのシロップ、燻したクルミ

     "ミントならジェット"から甘酸っぱい一皿
     パインアップルのカルパッチョ
     ココナッツのソルベと煮詰めたジェットソース

     珈琲または紅茶
    
                       
    *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

          ミュゼ・ボンヴィヴァンについて、詳しくは⇒
          http://www.bonvivant1983.com/musee/index.html



*******************************************************************

  弊館メールマガジンは、株式会社まぐまぐの無料メールマガジン発行
  システムを利用しています。
  登録されると、当館メルマガ以外に「まぐまぐ」から各種の「広告メ
  ール」が届きます。

  個々の広告メールの解除については、登録後に届く確認メールに列記
  された「解除リンク」が便利です。
  各メールからは「配信中止はこちらから」へのリンクを使って解除す
  ることができます。

  それらを統合して、解除について説明しているページがありますので、
  詳しくは以下のページをご参照ください。
  http://www.mag2.com/kaijo.html

  なお、「まぐまぐ」公式ホームページに掲載されている広告等及び、
  「三重県立美術館メールマガジン」として配信された内容の中で、本
  文と関係のない広告等については、三重県立美術館とは一切関係あり
  ませんのでご了承ください。

*******************************************************************

 最後までごらんいただきまして、ありがとうございました。
 三重県立美術館を少しでも身近に感じていただければと思い、
 第2・第4金曜日にこのメールマガジンを発行しています。
 何かお気づきのことや、ご意見、ご感想がございましたら
 メールにてお知らせください。

            メールアドレス ⇒ bijutsu@pref.mie.jp 

*******************************************************************

 ※メールマガジン一番上のアスキーアートが崩れて見られない方へ


 メール受信の文字設定が「MSPゴシック」になっていませんでしょうか?

 ■OutlookExpress6をご利用の場合
 
  まずメニューバーの中から「ツール」を選択、そのなかの「オプション」を
  選んでください。次に、「読み取り」タブをクリックし、画面半分より下に
  あります「フォント」をクリックしてください。そして、プロポーショナル
  フォントの中が「MSPゴシック」であれば、「MSゴシック」に変更して
  ください。

===================================
   三重県立美術館
===================================

 〒514-0007 三重県津市大谷町11番地  tel.059-227-2100

   HPアドレス  http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/ 

   開館時間:午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)

   休館日:月曜日(祝日休日にあたる場合は開館。翌平日が休館)
        
 ☆展覧会の情報や開館時間等については、最新の情報を当館HPにてご確認
   いただきますようお願いいたします。
また、携帯サイトも公開中です;
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/m/

**********************************************************************
 ◆三重県立美術館ニュース◆
  発行システム:『まぐまぐ!』  http://www.mag2.com/ 
  配信中止されるかたはこちら  http://www.mag2.com/m/0000179825.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ