甘利 明 げんき君マガジン

  • ¥0

    無料

衆議院議員・甘利明の視点で、政治・社会の話題を捉えます。「今週の出来事」は肩の力を抜いたコラムです。号外でテレビ出演情報などもお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
甘利 明 げんき君マガジン
発行周期
月2回
最終発行日
2017年07月11日
 
発行部数
1,008部
メルマガID
0000187273
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 衆議院議員
★┃甘┃利┃明┃の┃国┃会┃リ┃ポ┃ー┃ト┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 vol.336(2017年7月11日発行)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 総 覧
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 「先程、日EU EPAが大臣間で合意に至りました。明日、首脳間でサインをすれば
大枠合意となります。」

 夜9時半前に岸田外務大臣から私の携帯に連絡が入りました。律儀に顔を立てるのが
彼らしい配慮です。合意内容は、発表された通りTPPの合意内容をほぼ踏襲して
います。悲願であった自動車の10%の関税の撤廃は7年で段階的に減じ、8年目からは
0になります。自動車部品の関税も9割以上は、即時撤廃され、TPP以上の成果と
なりました。TPPの時もそうでしたが、落し穴があるのは原産地規則です。つまり、
完成品の何割まで協定参加国内で付加価値が造られているかの比率です。TPPでは
完成品の付加価値の55%までが域内で造られなければ関税削減の対象となりませんが
日EUでは60%までが域内生産であることと、より厳しい条件が付いています。

 しかし、拡張累積という仕組みがこのEPAには付加されています。これは、日本と
EUが共にEPAを交わしている国での累積もカウントするという事ですから、将来、
メキシコやベトナム産の部品の付加価値もカウントされ得るという事です。この部分は、
要交渉となっているようですから今後、確定をさせなければなりません。

 心配していたのは、チーズです。TPPでは、ハード系チーズは段階的に関税を
ゼロにしていくが、ソフト系チーズはモッツァレラやカマンベールは関税を残し、
それ以外は、段階的に関税を削減していくとしました。今回は、ソフト内を区分けする
事なく現在の輸入数量を基準として一定の数量枠を設けその部分だけ時間をかけて関税
をなくしていくというやり方です。方式が違うのでTPPより譲った譲らないの比較
にはなりません。牛豚肉をはじめとするその他の品目は、TPPと横並びですのでほぼ、
TPPの内数で全体はセットされたという評価です。しかし、日EU EPAの意義はもっと
大きいものがあります。トランプ大統領誕生以来、自由貿易が格差拡大の犯人とされ
保護主義が台頭していますがこの風潮を打破する重大なニュースになるからです。TPP11
の背中を押し、RCEPのレベルを引き上げ、アメリカに良い意味での焦燥感を与える
からです。更に、それらの根幹となるTPPの合意案は、関税の撤廃・削減もさること
ながら市場アクセスや投資のルールを透明化・公正化する大きな意義があります。

 アジア全体には向こう10年、15年でLNG市場は3倍になり、民間航空機の需要は
1万5千機に昇り、インフラ需要は26.2兆ドル(2900兆円)に上ります。

 これを、域内に開かれた公正で透明で予見可能性の高いものにしていく必要があります。
その為の物差しがTPPなのです。習近平主席の一帯一路政策は、アジア・中東・アフリカ
地域の近代化と経済活性化の大きな期待をかけられていますが、そうであればある程、
関係国に透明で開かれたルールが施行されなければなりません。AIIBが高利のお金でインフラ
整備資金を途上国に貸付け、仕事は中国企業が受注し、労働者は中国から投入し、当事国に
何の雇用も産まず整備費の借金で身動きがとれなくなった見返りに施設を接収するという
ようなやり方が実行されれば帝国主義の延伸の非難は免れません。開かれた開発をしていく
為にTPPの公正なルールの施行は必須なのです。中国には国際社会を担わねばならない
大国になりつつあるという自覚と矜持を是非持って頂きたいものです。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 今週の出来事
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

度重なる癌との闘病の末、与謝野馨元通産大臣が亡くなりました。政界きっての政策通と云われ、
私は商工族の後輩として随分お世話になりました。

ある時、与謝野先生と東大総長で後に文部大臣になった物理学者の有馬朗人氏とが物理学上の
理論(?)でA点からB点まで時間的概念がなく移動する現象云々の事を話していました。

私が横から「あぁ、ありますよ。酔っ払って気が付いたら自宅のベッドに寝てたってやつでしょ。」

有馬先生は爆笑していましたが、与謝野先生はムッとしたまま。

あれでユーモア感覚がもっとあれば総理になれたのにね。

ん?あり過ぎるとろくな奴にならない?(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼ 衆議院議員 甘利明 公式サイト
 http://amari-akira.com

 ▼ 衆議院議員 甘利明 Facebook
 https://www.facebook.com/amariakiragenkikun
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ