甘利 明 げんき君マガジン

  • ¥0

    無料

衆議院議員・甘利明の視点で、政治・社会の話題を捉えます。「今週の出来事」は肩の力を抜いたコラムです。号外でテレビ出演情報などもお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
甘利 明 げんき君マガジン
発行周期
月2回
最終発行日
2018年06月07日
 
発行部数
947部
メルマガID
0000187273
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆━┳━┳━┳━┳━┓
┃衆┃議┃院┃議┃員┃
┣━┻━┻━┻━┻━☆
┃★ 甘 利 明 の     ★
┃★ 国 会 リ ポ ー ト ★
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
 vol.357(2018年6月6日発行)


■━━━━━━━━━━━━■
  総 覧
■━━━━━━━━━━━━■

 6月15日の閣議決定を目途に経済財政運営の基本方針、いわゆる骨太方針が今週から党内議論に入ります。骨太方針は
次年度の予算編成や税制改正の基本方針となるものです。これが党内了解手続きを経て、閣議決定されるとそれをベース
に8月末までに各省から財務省に向け、次年度予算に対する概算要求が行われ、秋には次年度税収の基本となる税制改正
の作業が行われます。

 さらに12月中旬の与党税制改正大綱、直後の予算の財務省原案の提示、引き続く各省との復活折衝を経て、下旬の
政府予算案へと繋がっていきます。各省の役人や議員が躍起になるのは、実際にはそうでもないのですが、この骨太方針に
盛り込まれているか否かで、その政策が来年度予算上有利に扱われるかどうかが決まる、と思っているからです。

 骨太方針には次年度の政策の柱に据える項目が何本か立ちます。その重点項目に入れるか否かが最大関心事になるわけです。
今回の政策の重点化項目は2点。人づくり革命と生産性革命です。骨太方針は次年度以降の政策の方向性を示すものですから、
予算や税の関係者が注目するのは当然ですが、入ったからOK、入らないからその政策は不採択というわけではありません。
しかし近年は骨太方針に書かれたか否か、なかんずく政策の柱に書かれているかどうかに関係者は目の色を変えます。

 人づくり革命は教育改革の広範な意味がありますが、経済にフォーカスを絞れば高度人材をいかに生み出し、また海外
からいかに集めるかということがカギです。今国会で働き方改革法案が審議され、その中の高度プロフェッショナル制度が
野党から過労死法案と本質を歪曲させるレッテル貼りがなされていますが、人口減少のドイツがEU一の成長を誇ったのも、
イノベーションと働き方改革だと言われています。工業社会の初期は工場のラインに座っている時間と、生産量すなわち成果が
直結していました。労働時間を伸ばすだけ生産つまり成果が上がる。労働時間=成果でした。しかし近年はデジタル経済と
言われるように、サイバー空間のデジタルインフラをいかに活用し、リアル経済と連結するかの競争です。机に座っている時間
と成果との関係が希薄な働き方が増えています。高度プロフェッショナル制度は年収が一千万円を超える高度人材に自由な働き方
を選択肢として提示しているのです。加えて時間拘束型に戻りたければ戻れる法案修正をしたわけですから、野党の反対理由は
論拠がなくなります。

 1本目の柱が労働の切り口から生産性を上げる 手立てとするならば、2本目の柱の生産性革命はイノベーションの視点から
の生産性向上です。IoT、ビッグデータ、AI、ロボットによる第4次産業革命を使って生み出す第5次社会(ソサイエティー5.0)
はネット上のインフラとリアル経済活動をスマートコネクティッド(賢く連携)したものです。例えばアイコンストラクション。
従来は測量士が設計図面を作り、それに則って作業員がブルドーザーで造成をするというものでした。今後はドローンが造成地の
上空から3次元図面を作り、完成図面と合わせ、データが自動運転のブルドーザーに送られ、無人ブルドーザーが完成図面に向けて
造成をしていきます。作業員は半分以下になりますから人手不足の中でも複数の現場が持てるということになります。第4次革命
とは人材のスキルを上げつつ、人手不足に対応し、GDPを拡大していくというものです。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  今週の出来事「落語友好議員連盟」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 フランスの国会議長一行が来日しました。日本・フランス友好議員連盟で歓迎の昼食会を開き、副会長の私も出席致しました。

 この種の会談ではお土産交換の儀式があります。お土産を受け取る際、フランス語で「メルシィ・ボク(ありがとう)」と
答えますが、隣に座っていた野党の某ベテラン議員「甘利さん、お土産を受け取った時には『ウレシィ・ボク(嬉しい僕)』って
言うんだよ」とアドバイス。(笑)

 そう言えばこの議員、以前ブッシュ大統領来日の際「ブッシュの弟、医者やってるらしいよ。ドクター・ブッシュって『やぶ医者』
って意味だよね」と。

 お前、絶対職業間違えてるよ。(笑)


□∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□
│ ▼ 公式サイト
│ https://amari-akira.com

│ ▼ Facebook
│ https://www.facebook.com/amariakiragenkikun

│ ▼ Twitter
│ https://twitter.com/Akira_Amari

│ ▼ Youtube
│ https://www.youtube.com/channel/UCWZpIFWd_mHDQg__O0MGpQg
□∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ