文一総合出版ニュース

  • ¥0

    無料

東京都新宿区にある自然・科学系の書籍を出版する出版社の公式メールマガジンです。鳥類、魚類、植物、昆虫などの生物図鑑、自然関連ガイドブックなどの書籍多数! 新刊情報や書籍、著者、関連イベント情報など、盛りだくさんでお送りします。新刊書籍のご案内には担当編集者の裏話が付くかも!?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
文一総合出版ニュース
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年06月16日
 
発行部数
326部
メルマガID
0000188546
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 文化・芸能

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           ☆★☆ 文一総合出版ニュース ☆★☆

──────────────────────────────────────
[vol.265]2018/6/16               http://www.bun-ichi.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文一総合出版の最新情報、イベント情報などをお届けします。
 ・Twitter https://twitter.com/BunichiSS
 ・Facebook https://www.facebook.com/bunichi.books/

─[PR]───────────────────────────────────
「文一総合出版オリジナルクリアファイル・好評発売中」
……………………………………………………………………………………………………
文一総合出版オリジナルクリアファイルができました。種類はヒタキ、カモ、タカの
渡り、イモムシの4種類。文一総合出版ホームページなどでお求めいただけます。
 ・http://bun-ichi.seesaa.net/article/454945150.html
───────────────────────────────────[PR]─

[今回の目次]

【1】5月30日発売|高尾山全植物 草・木・シダ1500種

【2】6月4日発売|ネイチャーガイド 日本のウミウシ

【3】著者トークイベント『「海の花」ウミウシたちの、したたかな生き方』

【4】6月14日発売|新しい植物分類体系 APGで見る日本の植物

【5】文一総合出版のWEBマガジン「BuNa(ブナ)」オープン


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【1】5月30日発売|高尾山全植物 草・木・シダ1500種
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【高尾山全植物 草・木・シダ1500種】

  山田隆彦/著
  新書判 280ページ 定価(本体2,300円+税) 2018年5月30日全国発売
  http://bun-ichi.seesaa.net/article/459027415.html

高尾山で見られる植物約1500種すべてがわかる。科の和名の五十音順に配列し、各種
を2点の写真と見分けのヒントとなる要点解説で1ページ6種ずつ紹介。リスト表示化
によりフィールドでの調べやすさを追求。植物観察コースガイド、科の検索図付き。
──────────────────────────────────────
この本の特長
……………………………………………………………………………………………………
・高尾山を中心に小仏城山、景信山、陣馬山まで見られる全植物をカバー
・コンパクトながら掲載種数はなんと約1500種
・被子植物だけでなく裸子植物、シダ植物もすべて掲載
・配列は、まず裸子・被子・シダ植物と大別、その中で和名の五十音順⇒
  属名のアルファベット順⇒種名のアルファベット順
・1ページに6種掲載し、各種に2点の写真と解説
・高尾山の植物の特徴と魅力が分かる巻頭解説
・科のイメージがつかめる検索イラストつき
・新旧分類のちがいがわかる対照表つき
・植物散策ガイド用高尾山MAPも収載
・高尾山以外にも関東の低山で広く使用可能
・ハンディなので携帯に最適
──────────────────────────────────────
特典
……………………………………………………………………………………………………
文一総合出版ホームページよりご注文いただいたかた先着で、オリジナルポストカー
ド(4枚1セット)をプレゼント!
 ・https://www.bun-ichi.co.jp/tabid/57/pdid/978-4-8299-8510-6/Default.aspx
──────────────────────────────────────


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【2】6月4日発売|ネイチャーガイド 日本のウミウシ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【ネイチャーガイド 日本のウミウシ】

  中野理枝/著
  A5判 544ページ 定価(本体5,500円+税) 2018年6月4日発売
  http://bun-ichi.seesaa.net/article/458968959.html

日本近海で見られるウミウシ約1400種を掲載した識別図鑑。最新の分類体系に準拠し、
外部形態(全体と触角・鰓の形態と色彩)がわかる生態写真を中心に、変異幅のある
種は複数カットを使って紹介。ウミウシの生活史や行動、深海に暮らすウミウシなど
もコラムで紹介。ウミウシファン必携の一冊。
──────────────────────────────────────
この本の特長
……………………………………………………………………………………………………
・日本で見られるほぼすべてのウミウシを収録した識別図鑑。掲載種は1441種。
・最新の分類体系に準拠。この図鑑で初めて和名がついた種をはじめ、名前が変わっ
 た種なども多数掲載。
・識別に役立つ外部形態(全体と、触角・鰓の形態と色彩)がわかる生態写真を中心
 に、変異幅のある種に関しては、複数カットを使用して紹介。
・被写体としても人気の高いウミウシの生活史や行動、深海に暮らすウミウシについ
 ては、コラムで紹介。
──────────────────────────────────────
特典
……………………………………………………………………………………………………
文一総合出版ホームページよりご注文いただいたかた先着で、オリジナルポストカー
ド(4枚1セット)をプレゼント!
 ・https://www.bun-ichi.co.jp/tabid/57/pdid/978-4-8299-8409-3/Default.aspx
──────────────────────────────────────


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【3】著者トークイベント『「海の花」ウミウシたちの、したたかな生き方』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

ジュンク堂書店池袋本店で7月25日(水)、ネイチャーガイド【日本のウミウシ】刊行
記念トークイベント、日本のウミウシの著者・中野理枝先生による 『「海の花」ウ
ミウシたちの、したたかな生き方』 を開催いたします。

トークイベント|「海の花」ウミウシたちの、したたかな生き方

会場 ジュンク堂書店池袋本店(東京都豊島区南池袋2-15-5)
日時 2018年7月25日(水) 19:00開場/19:30開演
料金 入場料1,000円(ドリンク付き)
定員 40名
講師 中野理枝(公益財団法人黒潮生物研究所客員研究員、NPO法人全日本ウミウシ
   連絡協議会理事長)

イベント詳細・お申し込み|ジュンク堂書店池袋本店
 ・https://honto.jp/store/news/detail_041000026052.html

──────────────────────────────────────


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【4】6月14日発売|新しい植物分類体系 APGで見る日本の植物
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【新しい植物分類体系 APGで見る日本の植物】

  伊藤元己・井鷺裕司/著
  A5判 176ページ 定価(本体2,400円+税) 2018年6月14日発売
  http://bun-ichi.seesaa.net/article/459414625.html

もうカエデはカエデ科ではない?! ヤドリギはヤドリギ科じゃない?!
21世紀に入ってから出版された図鑑に採用され、熱心な野生植物ファンをまどわせて
いる「APG分類体系」っていったい何? なぜこんなことになったのか、どんなふう
に変わったのか? 分類学、系統学の専門家がすっきり解説。巻末には便利な新旧対
照表を収録。
……………………………………………………………………………………………………
APG =
Angiosperm Phylogeny Group = 被子植物系統グループ/被子植物系統作成グループ

この分類を実行する植物学者の団体。
この分類は特に命名されておらず、「APG体系」や「APG分類体系」などと呼ばれる。
──────────────────────────────────────
主な目次
……………………………………………………………………………………………………
第一章 植物図鑑の配列が変わった!
    生物の分類/分類体系とは/自然分類という考え方/系統と系統樹
    最も原始的な被子植物は何か?/APG 分類体系による系統樹
第二章 APG分類体系で変わった!被子植物の科
    科の配列/いま持っている図鑑は使えなくなるのか
    内容が大きく変わる科
第三章 APG 分類体系の目で見る植物進化
    「目」という分類階級
    単子葉植物の目/真正双子葉植物の目/中核真正双子葉植物の目
第四章 APG 系統樹を使ってみよう

付 録:APG 分類体系と新エングラー分類体系の科の対照表
──────────────────────────────────────


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【5】文一総合出版のWEBマガジン「BuNa(ブナ)」オープン
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

文一総合出版はWebマガジン「BuNa(ブナ)」を4月25日にオープンいたしました。
このWEBマガジンでは、生きものや自然にまつわる書籍や雑誌を発行してきた文一総
合出版ならではの目線で、生きものたちの不思議な生態や進化のヒミツ、観察方法ま
で、役立つ情報を無料で発信中です。

  文一総合出版Webマガジン|BuNa(ブナ) https://buna.info/

……………………………………………………………………………………………………
BuNaでは、2018年5月28日(月)に環境省より報道発表のあった対馬に生息するカワウ
ソの話も、わかりやすく解説しています。

  結局、対馬のカワウソってなにものだったの?
  https://buna.info/article/701/

このほか、生物の記事を満載しております。

──────────────────────────────────────


─[PR]───────────────────────────────────
日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER(バーダー)」。
最新号の目次をいち早くお届けするメールマガジン、

『BIRDER-CLUB MAGAZINE(バーダー・クラブ・マガジン)』好評発信中!

 ・講読はこちらから http://goo.gl/hBkYF
───────────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【文一総合出版ニュース】[vol.265]2018/6/16
 文一総合出版公式情報メールとして、
 『まぐまぐ!』内『ニュース・情報源』→『一般ニュース』→『文化・芸能』カテ
 ゴリのご自身で配信を希望された方にお送りしています。
 ※配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000188546.html

発行元:株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/
「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です。
 ※当メールマガジン内掲載の記事の無断転用は一切禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ