致知出版社の「人間力メルマガ」

  • ¥0

    無料

著者サイト

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号


数々の世界基準をつくるなど
肝臓外科の分野を長年
牽引してこられた幕内雅敏さん。

いかにして新しいアイデアを
生み出されたのでしょうか?

───────「今日の注目の人」───

幕内 雅敏(外科医)
   
※『致知』2017年6月号
※特集「寧静致遠」P40

───────────────────

──幕内先生はどのようにして
  新しい手術法を次々と
  編み出されたのでしょうか。

それはもう、手術のことを
しょっちゅう考えるってことですよ。

それしかない。

どのくらいよく考えるかっていうと、
何か壁にぶつかった時なんかは
病院にいる時だけじゃなくて、
常に考えなくちゃいけない。

例えば、この年にもなると

「幕内先生もだいぶ呆けたな」

って言われるだけだろうけど、
僕は三十代、四十代の頃からよく
電車を乗り過ごしていたんですよ。

激しい時なんかは、戻ろうとして
また乗り過ごしていた(笑)。


──それほど集中して
  考えられていたわけですね。


要は周りの情景なんて
ほとんど気にしないくらい、
どうしたらいいだろうかって、
ひたすら考えているわけ。

それくらい頭を使っていると、
ある日、漫画にあるように
パチッと電気が光る。

あとはそのアイデアを検証して、
実際に手術で活かしていく。

だから優れた外科医になるためには、
しょっちゅう手術のことを
考えるっていうのが一番大事かな。

もちろん、先ほど言ったように、
頭の中に臓器の立体構造が
クリアな画像として
入っていることも当然求められる。


(中略)


ただ、いま挙げたことはどれも
決して特別なことじゃないと思う。

人間には持って生まれた
能力の差なんていうのはなくて、
努力ができるかできないか
っていうところで差が
生まれるんじゃないのかな。

しょっちゅう考えて
いられるかどうかだって同じだよね。

要はどれだけバカに
なってやれるかどうか。

特に若い医者にはそこを
掴んでほしいですね。




※70歳を越えてなお外科医一筋に生きる
 幕内さんのお話の続きは本誌でどうぞ!



───────────────────
『致知』には人生を潤す言葉がある
───────────────────

定期購読のお申込みはこちら!
⇒ http://online.chichi.co.jp/ext/teiki.html

・まずは気軽に1年購読から 
 10,300円(1冊あたり858円)

───────────────────
・配信停止はこちら
⇒ http://tinyurl.com/beuxmwu
───────────────────

致知出版社 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-24-9
電話 03-3796-2111 FAX 03-3796-2107
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
致知出版社の「人間力メルマガ」
発行周期
日刊
最終発行日
2017年05月29日
 
発行部数
12,374部
メルマガID
0000192277
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ