致知出版社の「人間力メルマガ」

  • ¥0

    無料

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
致知出版社の「人間力メルマガ」
発行周期
日刊
最終発行日
2018年07月19日
 
発行部数
12,038部
メルマガID
0000192277
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号





致知出版社の人間力メルマガ 号外
───────────────────
最新号で注目のJAL対談
───────────────────

佐藤 信博(日本航空元副社長)
    ×
大田 嘉仁(日本航空 元専務執行役員)

※『致知』2018年8月号【最新号】
※「かくてJALは甦った」P10

───────────────────

2010年、我が国を代表する名門企業・
日本航空(JAL)が経営破綻しました。

負債総額は事業会社として戦後最大の2兆3千億円超。

そのJALを、僅か1年で黒字化、
2年半で再上場へと導いたのが、かの稲盛和夫氏です。

誰もが不可能と断じた再生は、
いかにして成し遂げられたのか。

稲盛氏とともに京セラから再生に臨んだ大田嘉仁氏と、
整備本部長として現場の指揮に尽力した佐藤信博氏に
ご対談いただき、変革の要諦を探りました。

─────

【大田】

利益に対する考え方も、安全に対する考え方も、
我われ京セラとはあまりにも違うので、
本当にこれが民間企業なのかと愕然としました。

特に経営数値がなかなか出てこないのは
大きな問題でした。

幹部の人も現場の人も、数字に全く無関心。
経営数値が公表されていませんでしたから
関心の持ちようがないんですけれども、
特に問題はないんだろうと皆思い込んでいる。

さらに問題だったのは、
利益を追求し過ぎるとろくなことがないという
考えが支配していたことです。

航空業界は特殊なところで、
利益を追求し過ぎると安全面にしわ寄せがくるし、
組合員は賃上げを要求してくるし、
国は運賃を下げろと言ってくる。

だから、利益というのは
出せばいいというものではないんだと。


【佐藤】

恥ずかしい話ですが、当時のJALでは
それが正論だったんです。

【大田】

JALも民間企業なんだから、
利益を出さなければ安全も守れないし、
将来への投資もできないし、社員の雇用も守れない。

利益はすべての源泉なんだと
盛んに説いて回るんですけれども、
JALは特殊なんだという考えが染みついていて、
なかなか理解してもらえない。
かなり世間知らずだと思いましたね。

【佐藤】

私が稲盛さんの言葉で最初に印象に残ったのが
「利益なくして安全なし」という言葉でした。

稲盛さんへのブリーフィング(要旨の説明・報告)で、
JALの安全は整備担当の自分が
すべて担っていることをお伝えしたら、
JALの整備にはどのくらい費用が
かかっているのかと聞かれたので、
四千億円とお答えしました。

JALは二兆円企業でしたから、
その五分の一もの大きなお金を
自分たちで動かしていたわけです。

その時に稲盛さんから、
「利益なくして安全なしなんだぞ」
と言われてハッとしたんです。

それまでは、飛行の安全を維持するためには、
とにかくいい部品を使って、
いい整備作業をやって、
品質を高めていかなければということで、
いまにしてみれば湯水のように
お金を注ぎ込んでいました。

利益のことは他の誰かが
やってくれているはずだという考え方だったんです。


★「かくてJALは甦った」の読みどころ★

・稲盛和夫を突き動かした3つの大義
・利益なくして安全なし
・転機となった「リーダー教育」
・愛情がなければ変革は成せない

☆稲盛和夫氏のJAL再建の軌跡、稲盛哲学が分かる
貴重な対談が読める最新号「変革する」。

詳細・ご購読はこちらから。
⇒ http://www.chichi.co.jp/koudoku


───────────────────
・配信を停止する
⇒ http://tinyurl.com/beuxmwu
───────────────────
致知出版社 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-24-9
電話 03-3796-2111 FAX 03-3796-2107
https://www.chichi.co.jp/


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ