ビジネス人生いろは考

  • ¥0

    無料

著者サイト

実業は経営コンサルタントです。パイロットの資格を持っております。人生たった一回キリ!経営・ビジネスの世界で繰り広げられるバトルや人間関係を解決する「気づき」が前途を明るくします。 『いろは歌』のいろは頭文字で、経営・ビジネス成功シリーズをしたためています!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ビジネス・リーダーのビジネスいろは考;ビジネスと人生に役立つお話メルマガ
  Vol.581
 ホームページ  http://www.imcfujimoto.com/
 著者へのメール Mailto:imcfujimoto@nifty.com
 著者:いわき経営コンサルタント事務所 藤本匡弘
 代表・中小企業診断士・公認システム監査人  藤本匡弘
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こんにちは藤本匡弘です!

私がご縁を頂戴する企業での管理者研修「経営戦略論」をやっていましたら、
どうしてもドラッガーの「マネジメント論」に言及しなければなりません。

でぇ~、数年前だったか? とある企業の管理者研修でよくよくドラッガーを
簡単に話をしようとしましたら、ふっと「もしドラ(もし高校野球の女子マネ
ジャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだらの略)」の小説を思い出し
たのです。

オブザーブする社長の前で、管理者研修受講生にAKB48の元トップ前田敦
子さんのこと知ってる?って聞いたら、
全員「ハぁ~ぃ!」(^^)
「もしドラ」は?
「・・・・・・・」
「じゃぁ~、ドラッカーは?」
「???????」

「『戦略』と『マネジメント』は欠かせないんだよ!その『マネジメントの
神様』と呼ばれたドラッガーを、ちと勉強しようではないか!」
「・・・・・・・」

「あ・あ・あ・あのねぇ、AKB48の前田さんが主人公で、『もしドラ』の
映画が上映されるているでしょう!?」
「・・・・・・・」

オブザーブしていた社長が直ぐさま、「明日から上映開始ですよ!」・・・と。
「そんじゃぁ、一丁、みんなで観に行くかぁ!?」
って、みんなを見渡したら・・・
「行きたいけれど『マネジメント』(^^; ・・・でもAKB(^^)の前田敦子ち
ゃん・・・」と複雑な顔をしております。

「まぁ、それは別として、マネジメントのさわりを今から勉強します!」
「(^^;・・・ (^^; ・・・(^^;」

しばらくして、「明日、もしドラ9時15分から全員の予約入れました!」
と社長・・・(^^)
「えぇ~本当っすかぁ・・・(^^)」
みんなの顔がにわか笑顔に!

でも、But、しかし、これで気を緩めては・・・と、ドラッカーの「マネジ
メント序論」を撃ちまして、その後、本日のメイン・イベント「孫子の兵法」
と「三十六計」に入りました。
明日の朝までお預けジャァ・・・(^^)

翌日、合宿ホテルの朝食を終えて、相乗りで研修所近くにあるSC内コンプレ
ックス・シアターに向かいました。
さすが日曜日、映画館チケット売り場に着きますとすごい行列です。
いろいろな映画をやっていますが、やはり、「もしドラ」で並んでします。

社長の先行予約で、ゆっくり、ゆったり・・・観ることができました。

ちょうど12:00に上映終了し、研修合宿ホテルに戻りましたら昼食。
「オイ!儲かったなぁ! 今日はこれで研修はあと少しだなぁ・・・」
が聞こえてきました!

知っていながら、知らない素振りで・・・午後から最後まで、「三十六計」の
課題をやらせました。もちろん、全員不合格!

帰らねばならない時間となりました。
「三十六計」の課題だけを宿題にするのはもったいない!
来月(今月)訪問まで、「もしドラ」のあらすじとそこで出てきたキーワード
を列挙して、次の設問に答えよ!がはははっ!

【設問1】組織の定義付けをしよう!
     あらゆる組織において、努力を実現するためには「われわれの事業
     は何か?」
     「われわれの事業は何であるべきか?」を定義することが不可欠で
     ある!
     そんじゃぁ・・・・「我が社の本当の事業は?」

【設問2】「顧客は誰か?」というドラッガーの問い掛けから、我が社の、
     我が部門の「顧客」を具体的に列挙せよ!

【設問3】「我が社の捉まえるマーケティング」とは?
     真のマーケティングは顧客からスタートする!
     すなわち、現実の環境条件、顧客欲求、顧客の価値感からスタート!
     「われわれは何を売りたいか!」ではなく、「顧客は何を買いたい
     か?」
     「顧客はいま何に困っているか?」を問う!
     「われわれの商品やサービスでできることはこれである!」では
     なく、
     「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれである!」
     ということでなければならない!
     さてさて、それはなんぞえ!?

【設問4】「成果」と「働きがい」とは?
 (1)マネジメントは、生産的な仕事を通じて、働く人たちに成果を上げさせ
   なければならない!

 (2)「働きがい」を与えるには、「仕事そのものに責任」を持たせなければ
   ならない!
   そのためには、以下のものが不可欠である。
   1)生産的な仕事;自分の仕事が貢献していること実感させること!

   2)フィードバック情報;真摯にみなみちゃんは、夕紀ちゃんに自分の
    評価や感じたことを率直に伝えたではないか(^^)

   3)継続学習;みなみちゃんは、病床の、それも瀕死の夕紀ちゃんに、
    ドラッカーの小難しい『マネジメント』を読んでもらった。
    そして、どうやったら効率的なマネジメントができるかを二人で話し
    合い、『マネジメント』以外の本までも読んでもらった。

   4)そこから、みなみちゃんは「人の強み」を生かそうとした!


【設問5】これからの我が社が起こすべき「イノベーション」とは?
     具体的に、部署別に論述せよ!


【設問6】マネジメントの結果は「成果」である!
     我が社の目指すべき近未来の「成果」と、中長期の「成果」は
     なんだろう!?


【設問7】「マネジメントのあるべき姿」を真剣に考えてみよう!


こんな具合に、「三十六計」の課題と「もしドラ」観賞後の課題を置いて帰っ
たわけです。

翌月再び、その企業の管理者研修に来ました。
課題は、・・・、おっとっと・・・やってんじゃぁない(^^)


さて・・・本日のテーマは深いので・・・いつものように手抜きで・・・浅く(^^;

ビジネス・リーダーに必要な能力で「内観(Introspection)」というのがあります。

簡単に言うと・・・「脚下照顧」なのです。
自分の足元をよくよく見なさいよという意味ですよね!?

もともと道元禅師が中国から伝えた禅家の言葉なんですね。
他(外)に向かってばかり悟りなどを追求せんと、まず「自分の本性をよく
見つめなさいよ!」という戒めの意味なのですね。

現代では、
「つべこべ言うんじゃぁねぇ!他に向かって理屈を言う前に、他人のせいに
する前に、 まず自分の足元を見ろよ!」
「自分のこと、棚に上げて偉そうに言うなぁ!」
って、・・・自分自身を反省させるとき使うようです。

もちろん、「足元に気をつけよ!」てな意味もあります。

私は、一応・・・「真言宗智山派」宗徒であります。
真言宗で、「阿字観業」というのがあります。
「阿字観」というのは、真言宗に伝わる「瞑想法」なのですね!

ですから、他の禅宗のそれと区別するため「真言禅」なんて呼んでいます。
この「瞑想法」は、もちろん、他の方法と同様に「心を落ち着かせ」、「深い
内観を通して、自身に内在する仏性(ぶっしょう)」とコンタクトを図るわけ
です(^^)

こんなことを書きますと本山からお叱りを受けますが、なんのことはない「あ」
という梵字の書かれた大小様々な衝立の前に座って、じっと「あ(梵字)」を
眺めながら・・・瞑想をするわけです。

私もやってみましたよ!
じっと・・・「あ(梵字)」を観ているのですが・・・最後まで「筆順」を
考えていて、ついぞ仏性にはコンタクトでけんかったぁ・・・(^^;

お釈迦様の究極の教え(私の微々たる悟り(^^;) に「一切衆生悉有仏性
(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」というのがあります。

生けとし生けるもの、形あるあらゆるもの、感じるあらゆるもの、感じない
けれど、見えないけれど何でもかんでも!・・・仏様が宿っている。

だから、自分自身についても「性善説」となりうる「仏性」が宿っている。
それを「内観」せよ・・・と(^^)

実は、「もしドラ」の主人公みなみちゃんは、ドラッカーを読みながら・・・
「内観」するのですね!?
そして、いつの間にか、・・・周囲をも巻き込んで、彼らにも
 「内観」=「脚下照顧」
させてゆく・・・(^^)

そうこうするうちに、チームの「モチベーション」が上がってゆく・・・(^^)

そこに「奇跡」が起こる!

映画やマンガ・小説では、然もありなんの場面を作っちゃいますが、あれは
実際の起こるのです!

たとえば、最終回の場面で、よくエラーをしたショートにバッターの打った
球が飛んでゆく。
吸い込まれるように、打球がショートのミットに入る!

思いっきり振ったバットに、ピッチャーの投げた球がジャストミートしてホー
ムラン!

絶体絶命なのに、そこに支え棒や助っ人が現れる・・・(^^)

ちょっと待てよぉ~・・・読者で「もしドラ」って言う人がいるでしょう???

そんじゃぁまぁ・・・少々、あらすじを!

 1)川島みなみちゃん(前田敦子さん主演)は、東京都立某高校2年生。
  7月の半ばに、病に倒れた親友で幼なじみの宮田夕紀ちゃんに頼まれて、
  野球部のマネジャーを務めることになった。

 2)マネジャーになる際に、「野球部を甲子園に連れて行く」という大それ
  た目標を立てる!

 3)ところが、・・・監督や野球部員らの反応は冷めた・・・というよりあき
  らめ(^^;

 4)全国屈指の激戦区である西東京地区を勝ち抜くことは、現在、この高校の
  実力では 到底無理(^^; 甲子園出場・・・そんなの「夢のまた夢」(^^;

 5)部員のやる気のなさ、監督とエースピッチャーとの確執など問題が山積(^^;

 6)みなみちゃんはまず、「マネジャー」って何をするんだろうということを
  理解しようと、本屋さんへ!

 7)本屋さんで、店員に薦められるままにドラッカーの『【エッセンシャル版】
  マネジメント〜基本と原則〜』を2100円も出して、・・・みなみちゃ
  んは買っちゃう(^^;

 8)読んでゆくと・・・起業家や経営者のための本だった・・・さっぱわかん
  ない(^^;

 9)後悔したが、「せっかく2,100円も出して買ったんだし・・・!」と
  気を取り直し、初めは参考程度に読み進める。

 10)しかし、But、でも・・・その著作の本文分途中にあった「マネジメ
  ントに必要な唯一の資質は真摯さ」という言葉に衝撃!
  ・・・なぜか号泣しちゃう(^^)
  それから、みなみちゃんは、この本の内容の多くが野球部の組織作りに
  応用できる ことに気付き、ドラッカーのあの難しい本に、次第に夢中に
  なっていく(^^)
  といって、ボクはみなさんにタイトルの本を読むことはお薦めしません!
  なぜか・・・本当に難しいから(^^;

 11)「マネジャー(この場合は組織や団体、機関の管理者)の資質」、「組織
  の定義」付け、「マーケティング」や「イノベーション」などなど重要性
  なキーワード・・・。
  「マネジメント」を通じて、様々なことを学んでゆくみなみちゃん(^^)

 12)みなみちゃんは、自分が野球部の「マネジャー」となって「マネジメン
  ト」を実践できないものかと・・・真剣に考えた(^^)
  親友の夕紀ちゃんや加地君、後輩マネジャーの文乃ちゃん、本屋で出会っ
  た同じくドラッカーの『マネジメント』を愛読している女性、本屋のこの
  本を薦めてくれた店員さんらに協力を仰ぎ、『マネジメント』を読み進み、
  学んだことを野球部の運営に当てはめ、野球部をより良くしていく方策を
  次々と実践していくんだなぁ・・・(^^)
  勇気あるなぁ(^^)

 13)『社会に対する貢献』を視野に入れた彼女のマネジメントは、野球部の
  みならず同校の柔道部や家庭科部等、程高の他のクラブにも好影響を与え
  ていく!

 14)この野球部が打ち出した「ノーバント・ノーボール」作戦は、後に高校
  野球に「イノベーション」を起こした!(^^)

 15)西東京地区予選を破竹の快進撃で決勝まで上り詰め、いよいよ甲子園に
  リーチをかけた野球部。


しかし決勝戦を前に、突然の悲劇が・・・(^^;
元マネジャーの夕紀ちゃんが、決勝戦当の朝、息を引き取るんです・・・(^^;

 16)夕紀ちゃんの弔い合戦のような気持ちも含めて、みんなで目標を目指し
  頑張ってきたんだから・・・!
  「奇跡」のようなことが次々に起こり、なんと・・・ついに地区優勝!
  甲子園出場!



こんなあらすじだったのです。
ドラッカーを学んで、実践し、組織モチベーションを上げると、奇跡のような
組織変容が起こるのですね!

ドラッカーは、「マネジメント論」ではっきりとは述べておりませんが、
「人心」の不可思議にも「論理」が存在するのですね!

それは、人間は「内観」し始めたとき、本当の意味で周囲や環境が見えてくる!
それが・・・「利他」となれば、「言葉だけ」に終わることはないのです!

ありがとうございました!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ビジネス・リーダーいろは考;ビジネスと人生に役立つお話メルマガ
 ホームページ  http://www.imcfujimoto.com/
 著者へのメール Mailto:imcfujimoto@nifty.com
 著者:いわき経営コンサルタント事務所 
    代表・中小企業診断士・公認システム監査人  藤本匡弘
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
ビジネス人生いろは考
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年06月19日
 
発行部数
222部
メルマガID
0000192671
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ