千字一話物語

  • ¥0

    無料

川崎ゆきおの千字程度の不思議な小説。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
千字一話物語
発行周期
ほぼ毎日
最終発行日
2018年07月21日
 
発行部数
88部
メルマガID
0000192904
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 小説

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■

■   千字一話物語 川崎ゆきお  

■■

   3198 土用

「今日は」
「はい」
「暑いですなあ」
「どなたでしょうか」
「土用です」
 戸を開けると、ドジョウのような小男が立っている。
「はあ」
「このへんを回っています」
「土用といえば、ウナギを食べる日でしょ」
「いや、土用というのは夏だけに限ったことじゃありませんがね」
「ウナギの蒲焼きのセールスですか」
「いや、私が土用です」
「あなたが土用」
「そうです」
「暑苦しそうですねえ」
「私が来ますと涼しくなります」
「そうなんですか」
「土用が去ればもう夏は終わり」
「いやいや、暑い真っ盛りですよ」
「峠です。あとは下り、涼しくなっていきますよ」
「それはいいのですが、目的は何ですか」
「さあ」
「さぁって、目的もなしに、来たわけですか」
「そうです。それでこの町内を今、回っているところです。挨拶代わりに」
「何かサービスでも」
「サビスしましょうか」
「どんな」
「やめておきましょう。それをすると訪問販売になりますから」
「その方が分かりやすいのですが」
「そうですか。じゃ、麦茶とはったい粉をサビスします」
 土用は背中に大きな風呂敷包みを背負っており、それを下ろした。
「結局、麦茶にはったい粉売りですか」
「売り切らないと親方に叱られますが、まあ、無理にとは言いません」
「麦茶はいいですが、はったい粉は喉が渇きますよ」
「だから麦茶も一緒に売っているのです」
「これがサービスですか」
「値段、少しサビスします」
「分かりました。その方が分かりやすいです」
「おおきに」
「買いますが、はったい粉はどうやって食べるのです」
「砂糖を入れて混ぜてそのまま頂けます。香ばしいですよ。または湯を加えて団子にします」
「はい、有り難う。そうしてみます」
「これで親方に叱られないで済みます」
「ところで」
「はい、何か」
「あなた土用でしょ」
「そうです」
「土用が物売りをやっているのですか」
「土用を知らせに回るのが土用の務めです。それだけでは何なので、ついでに麦茶とはったい粉を売っているだけです。実は冬も土用があるのですよ。そのときはきな粉をまぶした温かい団子を売ります。
「つまり土用とはそういう物売りの総称だったのですか」
「さあ、それは確かなことは分かりません。私らが勝手に言っていることで、気にしないで下さい。
「ところで、土用って何ですか」
「知りません」
「あ、そう」
「お邪魔しました。暑い中、お付き合いいただいて有り難うございました」
 上田は暑くて目が覚めた。昼寝に失敗したようだ。
 
   了




■■■■■ ■  ■

ww8y-kwsk@asahi-net.or.jp
http://kawasakiyukio.com/





メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ