著作権判例速報

  • ¥0

    無料

著者サイト

最高裁判所サイトで公表された最新の著作権判例について行政書士大塚大(東京都行政書士会知財担当理事)が紹介しています。2006年4月配信開始。年間50件程度。法務,不正競争防止法,ライセンス,フランチャイズ事件もブログ「駒沢公園行政書士事務所日記」で掲載中です。 知財,音楽,漫画,ゲーム,アニメ,法律,プログラム,ソフト,イラスト,広告代理店,出版,起業,営業秘密,知的財産管理技能検定,弁理士,弁護士,司法書士,社会保険労務士,特許,商標,意匠,請負,イラスト,写真,資産

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

◆◇著作権判例速報◇◆  配信2017/5/22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!駒沢公園行政書士事務所日記メルマガです。
http://ootsuka.livedoor.biz/archives/52494730.html
最高裁判所ウェブサイト掲載日2017/5/15(謝意:裁判所判例Watch)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ステラマッカートニー青山」店舗設計事件

東京地裁平成29.4.27平成27(ワ)23694著作者人格権侵害差止等請求事件
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/746/086746_hanrei.pdf

東京地方裁判所民事第47部
裁判長裁判官 沖中康人
裁判官    村井美喜子
裁判官    廣瀬達人

*裁判所サイト公表 2017.5.15
*キーワード:建築、設計、共同著作者性、氏名表示権

   --------------------

■事案

日本空間デザイン賞2015などに入賞した「ステラマッカートニー青
山」ブティック店舗の外観設計について共同著作者性などが争点となっ
た事案です。

原告:建築設計会社
被告:建築会社、出版社

   --------------------

■結論

請求棄却

   --------------------

■争点

条文 著作権法2条1項2号、19条、115条

1 原告が共同著作者であるか
2 原告が原著作者であるか

   --------------------

■事案の概要

『本件は,建築設計等を目的とする原告が,自らが別紙物件目録記載の
建物(以下「本件建物」という。)の共同著作者(主位的主張)又は本
件建物を二次的著作物とする原著作物の著作者(予備的主張)であるに
もかかわらず,(1)被告竹中工務店が本件建物の著作者を同被告のみ
であると表示したことにより,そのように表示された賞を同被告が受賞
したこと,及び,(2)被告竹中工務店の上記表示を受けて,被告彰国
社がそのように表示された書籍を発行・販売してこれを継続しているこ
とが,原告の有する著作者人格権(氏名表示権)を侵害する行為である
と主張して,【1】被告らに対し,(1)原告が本件建物について著作
物人格権(氏名表示権)を有することの確認,及び,(2)民法719
条及び709条に基づき,慰謝料100万円(上記書籍の販売等に係る
もの)及びこれに対する不法行為の日の後である平成27年6月17日
から支払済みまで民法所定の割合による遅延損害金の連帯支払を,【2
】被告竹中工務店に対し,(1)民法709条に基づき,慰謝料200
万円(上記受賞に係るもの)及びうち100万円に対する不法行為の日
の後である同月30日から,うち100万円に対する不法行為の日の後
である同年7月10日から各支払済みまで民法所定の割合による遅延損
害金の支払,並びに,(2)著作権法115条に基づく名誉回復措置と
しての通知及び謝罪広告の掲載を,【3】被告彰国社に対し,(1)同
法112条1項に基づき,上記書籍の複製及び頒布の差止め,(2)同
条2項に基づき,上記書籍の回収及び廃棄,並びに,(3)同法115
条に基づき,名誉回復措置として謝罪広告の掲載を,それぞれ求める事
案である。』
(2頁以下)

<経緯>

H24.12 エーエイチアイが被告竹中工務店に設計建築を依頼
H25.05 被告竹中工務店が設計資料を作成
H25.06 エーエイチアイが原告に外観デザイン監修を依頼
H25.09 原告が図面、立体模型を作成
H25.09 エーエイチアイ、原告、被告竹中工務店が打合せ
H26.10 本件建物が完成
H27.06 「DSA 日本空間デザイン賞2015」入選
H27.06 被告彰国社が本件書籍発行
H27.07 「JCD Design Award2015」準大賞受賞

   --------------------

■判決内容

<争点>

1 原告が共同著作者であるか

原告は、原告代表者が本件建物のファサード上部に組亀甲柄を元にした
立体格子を設置することを提案しており、本件建物の外観設計に関して
原告代表者の創作的関与等があると主張しました(22頁以下)。

(1)原告代表者の創作的関与について

裁判所は、創作的表現(著作権法2条1項1号)及び「建築の著作物」
(同法10条1項5号)の意義について言及した上で、本件について検
討。

「原告設計資料及び原告模型に基づく原告代表者の提案は,被告竹中工
務店設計資料を前提として,その外装スクリーンの上部部分に,白色の
同一形状の立体的な組亀甲柄を等間隔で同一方向に配置,配列するとの
アイデアを提供したものにすぎないというべきであり,仮に,表現であ
るとしても,その表現はありふれた表現の域を出るものとはいえず,要
するに,建築の著作物に必要な創作性の程度に係る見解の如何にかかわ
らず,創作的な表現であると認めることはできない。更に付言すると,
原告代表者の上記提案は,実際建築される建物に用いられる組亀甲柄の
具体的な配置や配列は示されていないから,観念的な建築物が現されて
いると認めるに足りる程度の表現であるともいえない。」(24頁)

として、本件建物の外観設計について原告代表者の共同著作者としての
創作的関与を否定しています。

(2)「共同して創作した」といえるかについて

仮に、として、裁判所は、本件建物の外観設計における原告代表者の創
作的関与の有無の点はともかくとして、被告竹中工務店の設計担当者は
本件打合せで原告代表者から原告設計資料及び原告模型に基づく提案内
容の説明を聞いたことはあるものの、原告との共同設計の提案を断り、
その後、原告代表者と接触ないし協議したことはないといった経緯など
から、共同創作の意思や事実を否定しています(25頁以下)。

結論として、原告が本件建物の共同著作者であるとは認められていませ
ん。

   --------------------

2 原告が原著作者であるか

原告は、仮に、原告が本件建物の共同著作者であるとは認められないと
しても、被告竹中工務店は原告設計資料及び原告模型に基づく提案内容
を翻案して本件建物を創作しているとして、本件建物は原告の提案内容
を原著作物とする二次的著作物に当たり、原告は二次的著作物である本
件建物の原著作物の著作者である旨主張しました(26頁以下)。

(1)原著作物性について

裁判所は、原告設計資料及び原告模型に基づく原告代表者の提案は創作
的な表現であるとはいえないとして、これに著作物性を認めることはで
きない(建物の著作物性を認めることもできない)と判断しています(
26頁)。

(2)被告竹中工務店による翻案について

また、仮に、として、裁判所は、原告設計資料及び原告模型に係る原告
代表者の提案についての著作物性の有無の点を措くとしても、原告設計
資料及び原告模型と本件建物とはその表現上の重要な部分において多く
の相違点があり、本件建物から原告設計資料及び原告模型における表現
上の本質的特徴を感得することはできないと判断。被告竹中工務店が原
告設計資料及び原告模型に係る原告代表者の提案を翻案して本件建物の
設計を完了したとか、本件建物が上記提案の二次的著作物に当たるとは
認められないとしています(26頁以下)。

結論として、原告が本件建物の原著作者であると認めていません。

   --------------------

■コメント

ファッションブランド「ステラマッカートニー」(Stella McCartney 
ポール・マッカートニーの娘が設立)の青山店(表参道 みゆき通り
港区南青山)の外観設計の共同著作者性が争点となった事案です。
みゆき通りに行って見てみましたが、この界隈にあるブティックやス
イーツショップの店舗外観はどれも個性的です。本件建物と通りを挟
んで斜め向かい側には、プラダの店舗がありますが、プラダはガラス
の菱形状の特徴的な店舗外観で、編込み様の立体形状の組亀甲柄を用
いた本件建物の意匠もこの立地であれば、その「佇まい」も納得する
ものでした。
(なお、デザインコンセプトとして、「光を纏ったキューブを街に浮
かべる」という点があることから、機会をみて夜間に足を運んでみた
いと思います。)

   --------------------

■参考サイト

一般社団法人 日本商環境デザイン協会 2015入賞者リスト
http://www.jcd.or.jp/designaward_2015/01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
後記:日曜日は東京でも30度になる暑い日となりました。
   日焼けの季節。すぐに夏です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼企業内イントラネット配信、業務・勉強会
資料にご自由にお使い下さい。皆様と著作権
問題について認識を共有できれば幸甚です。

執筆者:特定行政書士 大塚 大
駒沢公園行政書士事務所
東京都世田谷区駒沢5-12-7
E-mail:houmu@pc.nifty.jp
http://ootsuka-houmu.com
facebook.com/ootsuka.dai
twitter.com/ootsuka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
著作権判例速報
発行周期
月に3~4回程度の配信となります
最終発行日
2017年05月22日
 
発行部数
1,240部
メルマガID
0000194248
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ