我ら社内士!マイホームパパの資格取得・活用術

  • ¥0

    無料

「社内士」とは企業に勤めながら士業資格を活用して自己実現を目指すビジネスパースン。短期間で診断士と技術士の資格を取得した普通のサラリーマンである筆者が自身の体験を基にキャリアライフを楽しむヒントを提供します。資格取得と活用のノウハウが満載!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
我ら社内士!マイホームパパの資格取得・活用術
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月18日
 
発行部数
252部
メルマガID
0000199616
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 中小企業診断士

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

我ら社内士! マイホームパパの資格取得と活用術 

~企業内中小企業診断士 兼 技術士が 資格取得と活用のヒントを差し上げます~
 (2016年に行政書士と知的資産経営認定士も登録しました)

第311号  (2018/2/18発行)


★フェースブックも始めました(^^)v。
https://www.facebook.com/shanaishiken/

★ご質問・コメントよろしくお願いします!(*^^*)★
以下のフォームにどうぞ!メルアドや本名は【不要】です(^^)v
https://ws.formzu.net/dist/S87384255/

以下のブログへのコメントでも結構です。
http://shanaishi.cocolog-nifty.com/blog/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

テック青木です。

2018/2/15に、公正取引委員会は、フリー人材に関する報告書
『「人材と競争政策に関する検討会」報告書』を発表しました。

芸能人やスポーツ選手だけではなく、IT人材やコンサルタントなども
独禁法による保護の対象として考えられているようです。

http://www.jftc.go.jp/cprc/conference/index.files/180215jinzai01.pdf

働き方改革と合わせて、人材の流動性と働き方の多様化にどのような影響が
出てくるか、それがビジネスパーソンの資格取得の動機や取得の支援に
どのように関係してくるか、大変興味を持っている次第です。


☆★☆★☆★「社内士メルマガ」にようこそ(^O^)/!☆★☆★☆★

こんにちは、テック青木です。「我ら社内士!」メルマガをご購読いただき、大変
有難うございます。

「社内士(しゃないし、しゃないざむらい)」とは、
企業に勤めながら「~士」と呼ばれる国家資格」を活用して、
キャリアライフの充実を目指しているビジネスパーソンに付けた名前です。

このメルマガでは、会社に勤めながら短期間で複数の難関資格を取得し、資格で
キャリアライフを楽しむためのヒント・気付きをご提供します。

今日のメニュー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎ 生産性向上における受験スキルの転用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

● 「生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの」

現在私は、表記の書籍を読んでいるところです。
何回か紹介している「神・時間術」http://amzn.to/2BBhEoj や、
「残業しないチームと残業だらけチームの習慣」 http://amzn.to/2BCtn6b

と比較すると、すぐ実践できるノウハウを得るというよりは、
生産性とはそもそも何かということを理解するのに役立つ本だと言えそうです。
(とはいえ、「産休など長期休暇を取る人が出てきたときは、業務効率化の
チャンス」など、実践的なノウハウも幾つか入っています。)

「生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの」
http://amzn.to/2BxR8fv


● ノウハウ・スキルの「再利用」による生産性向上

私が生産性向上について心がけていることの一つに、

自分が身に付けた知見やスキルの再利用があります。

これは、元々はコンテンツビジネスで一つのコンテンツを複数のメディア
(例>漫画、アニメ、キャラクターグッズ、アトラクションなど)で使い回し、
更にこれらのメディアを連動させてシナジーを狙っている方法や、

マッキンゼーが、コンサルティングの知見やノウハウを社内で共有してレベルと
生産性を高めているという話を読んだ頃から意識していたものですが、

試験勉強の中で、苦労して身に付け、更に実践でその効果を(場合によっては
課題を)検証してきたスキルや手法は、是非仕事やプライベートにも応用したい
ものですね。

例えば、


色々な受験関連の情報で得られる資格試験の計画の立て方は、試験以外の
「プロジェクト」の計画立てにも転用できる部分がありそうです。

上記で「プロジェクト」と挙げた様に、資格試験の計画立ての特徴として、
「目的が明確」で、「期日が決まっており」、「やるべきこと(範囲)が
決めやすい」

というのがありますが、同様の特徴をもつ事柄のスケジューリングには、
資格試験の計画立てのチェックポイントが利用できると思います。


また、最近は新規ビジネスやサービスを考えることを求められる機会も
増えてきているのではないかと思います。
直接には提案する立場になくとも、そのようなビジネスモデル全体を考えて
仕事をしなくてはならなくなっていると感じている方も多いのではないでしょうか?

このような場合に、事業計画書の構成を意識した資料づくりや自分の仕事への反映は効果があるかと思います。

事業計画書の通常の構成は、

1.エグゼクティブ・ サマリー
2.事業ビジョン
3.市場分析・参入機会
4.ビジネスモデル
5.マーケティング
事業戦略
オペレーション
事業収支・財務計画
組織・経営チーム
リスクマネジメント
となりますが、自分で(例え勉強としてでも)何かの事業について、事業計画書全体を書いてみると、
ビジネスに必要な要素とそのつながりに関する理解が深まりますね。


例えば、中小企業診断士2次試験の事例問題も、組織、マーケティング、生産管理
(オペレーション)、財務・会計と4つの切り口で事業(あるいは事業変革)の
計画書を作ると捉えることが出来るでしょう。

このような観点で、診断士試験を見ると、それぞれの切り口に必要な知識、
スキル(CF計算など)を身につけるだけでなく、事業全体を考える訓練にも
なっていることがわかります。

せっかく身に付けたスキルやフレームワークです。是非、職場やプライベートでも
使えないかと普段している作業を見直してみることは、良い復習の機会にもなるかと考える次第です。


★最後までお読みいただき、誠に有難うございます!

★ご質問ご感想などは、以下のフォームにどうぞ!(メルアドや本名は不要です(^^)v)
https://ws.formzu.net/dist/S87384255/

ブログへのコメントでも大歓迎です(^^)。
http://shanaishi.cocolog-nifty.com/blog/

★お友達にこのメールマガジンをご紹介ください(^o^)/!(転送自由です)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

我ら社内士! マイホームパパの資格取得・活用術

【発行者】テック青木
登録または解除はこちらから⇒ http://shanaishi.cocolog-nifty.com/blog/
メールマガジンの新規登録/変更/解除もこのホームページから手続き出来ます

※リンク先のご紹介内容には万全を期しておりますが、購読者個人の責任に
おいてご利用ください。何らかの損害が発生しても、発行者は責任を負えません。

※ いただいたメールは個人を特定できない形で、メルマガ・ブログ等で
 引用させていただくことがあります。ご了承ください。

Copyright (c) 2006 – tech-aoki  All rights reserved.
お問合せ先は tech-aoki.mbr.nifty.com  まで

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎我ら社内士!マイホームパパの資格取得・活用術
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0000199616/index.html

06 – tech-aoki  All rights reserved.
お問合せ先は tech-aoki.mbr.nifty.com  まで

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎我ら社内士!マイホームパパの資格取得・活用術
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0000199616/index.html

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ