NPOkayamaメールニュース

  • ¥0

    無料

岡山NPOセンターが発行する、岡山県のNPOのNPOによるNPOのためのメールマガジンです。県内の最新NPO情報をお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
NPOkayamaメールニュース
発行周期
月刊
最終発行日
2018年01月01日
 
発行部数
160部
メルマガID
0000221937
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2018/01/01━
┃【NPOkayama.Web】137号 発信:特定非営利活動法人岡山NPOセンター
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■岡山NPOセンターからの事業案内、当法人会員のみなさまから
 ご提供いただいた情報をお届けします。(購読無料)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃ 年始のごあいさつ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岡山NPOセンター役職員より、新年のごあいさつを申し上げます。

■代表理事 米良 重徳
 新年明けましておめでとうございます。
 昨年は二人の国家指導者に世界が翻弄されました。一人は国民の窮状を顧みず、核・ミサイルの開発を強引に推し進め、特にミサイルの発射実験は日本を含めて近
隣諸国の安全を脅かしました。もう一人は世界のリーダー的大国ながら自国の利益を最優先として国際協調の枠組みからことごとく離脱をして世界の平和を不安定化
させています。特にこの二人の確執によって核戦争が現実味を帯びてきていることは今年の最大の世界的危機となってきています。一方で核兵器の廃絶を訴えるNPO
の「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ican)が昨年のノーベル平和賞を受賞したことは喜ばしいことです。いわゆる世界の一般市民が手を携えて世界平和に連帯する
動きは大いに歓迎すべきことです。それこそ私たちNPO関係者が声を高らかに上げて何らかの成果を生み出したいものです。
 私ども岡山NPOセンターは前身から含めて今年設立20周年を迎えます。紆余曲折を経ながらも着実に成長し、今では30名弱の有給職員(内14名の専任職員)を抱える
組織となりました。業務としては「NPO事務センター」・「地域連携センター」・「ゆうあいセンター」の三つのセンターを設け、それぞれの職場において職員が持つ
専門性を駆使してその使命を果たすべくがんばっています。特に今年は今までの20年の歴史を振り返りつつこれからの10年をどのように動いていくかを検討する大切な
一年と位置付けています。具体的には 1.社会の動向を読みつつ長期計画を立てること 2.経営の主体者である理事会の刷新と機能的運営 3.職員の専門性をより高度化するための取り組み 4.新規事業の開発 5.まちづくりネットワークの核となる ことなどを考え実行していくことです。今年の秋には設立20周年記念式典を挙行します。またいくつかの20周年記念事業も開催する予定にしています。是非参加をいただき、これからの岡山がそして日本がどうあるべきか一緒に考えることができればと願っています。
 地域社会を活性化して住みよいまちをつくるためにがんばっていますが、私どもがまだまだ力不足であることは認めざるを得ません。だからこそ皆様のご支援ご協力が必要ですので、何卒今年もよろしくお願い申し上げます。最後になりましたが、皆様にとっても良い年となりますようお祈り申し上げます。

■石原 達也(副代表理事)
 新年あけましておめでとうございます。
 昨年度、私にとってのキーワードは「主体」と「SDGs」でした。「主体」は市民主体、住民主体などの意味で、その場所に暮らす人やその場所を使う人、そのサービ
ス、を利用する人など、一番そのことに密接している人、いわば当事者の人がそのマネジメントを担っていくような取り組みをお手伝いさせていただくことが多かった
年だったと感じています。具体的にはエリアマネジメントやパークマネジメントといわれるものや住民協議会や小規模多機能自治、また消費者志向経営なども確度は違い
ますが、同じ方向にあるものだと思います。これはNPOの根源的な部分とも同じくするものだと思いますが、あることを提供されるだけ、得るだけ、言われるまま、で
はなく、その問題の当事者と自分を位置づけ、その解決やより良くする行動を起こしていくこと、こうしたことは私共が目指す「豊かな市民社会」の根を支えるもので
もあると思います。昨年からこれまでよりもさらに、こうしたことの支援に関わらせていただくことが増えたのは、やはり、社会の変化が大きいと思います。一つは人口減少と高齢化、もう一つはICTなどの参加の在り方を変える手段が一般化し、さらに進化していることがあると思います。技術と変化と、その中で大切なものが落ちていかないように、今年も「大切なものは何か」も常に考えながら、動いていきたいと思います。
 もう一つのキーワード、「SDGs」という国際的な目標は昨年も多くの機会を与えてくれました。企業、労働組合、消費者団体、大学、行政、NPOによる勉強会を開催させていただけたことや、全国ネットワークではグテーレス国連事務総長との対話機会もいただきました。今年はこの「あたらしいモノサシ」を活用してさらに展開をしていきたいと考えております。今年は岡山NPOセンターも20周年です。社会の変化に対応できる組織へと自分たち自身も変化をしていければと考えております。今年もどうぞ、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

■高平 亮(理事/地域連携センター長)
新年明けましておめでとうございます。
地域連携センターでは2016年にひきつづき、2017年も岡山市、倉敷市を中心に協働環境の整備や様々な主体による課題解決の推進に取り組んでまいりました。特に2017
年は事業者(企業など)や学校との協議・連携の機会が増え、同時に主体同士を「つなぐ」役割から「導く」役割の比重が大きくなっているのを実感しています。少し
ずつ異なる価値観をすりあわせ、役割を分担しながら同じ目標に向かって前進していくことは決して簡単ではなく、試行錯誤と自問自答を繰り返す毎日でしたが、振り返るとセンターにはたくさんの学びと経験が蓄積されており、このような機会を与え、協力してくださった皆様への感謝を新たにしているところです。2018年はさらに連携の質を高め、より多くの分野で協働の効果が実感されるように成果を追求してまいりますので、ひきつづき、皆様のご支援とご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
■加藤 彰子(NPO事務支援センター長)
新年あけましておめでとうございます。
昨年度「NPO事務支援センター」は、「全国事務支援カンファレンス」を立ち上げ、地元岡山で培ってきた支援の内容を全国の中間支援のみなさまと一緒により良い内容で支援できるように取組みを始めました。検定の対策セミナーの講師や検定の解説もそのメンバーで実施できることを目指しています。
そして、新たに向かえた本年は、今まで以上に地元岡山での「相談」「代行」「セミナー」「検診」により力を注いでいく1年のしたいと思っています。
それぞれの法人、団体に寄り添い、1つ1つの事案に丁寧にそして誠実に対応させていただきますので、気軽にお声かけください。
本年もどうぞ、よろしくお願いします。

■西村 こころ(ゆうあいセンター長)
あけましておめでとうございます。
ゆうあいセンターは、昨年4月にスタッフの顔ぶれが大きく変わりましたが、みなさまのお力添えのおかげで各々現場に馴染み、一年を無事に乗り切ることができました。いつもご利用くださる皆様、運営にご協力くださっている多くのボランティアの皆さまに、心から感謝申し上げます。
新たな一年は、市民参加を推し進める機能をより強化するために、参加の入口として設けている各種入門講座やサロンの再編のほか、より幅広い世代にアプローチできるよう、小中学生向けのプログラムづくりや見直しにも取り組んで参ります。未熟なチームではございますが、個々の課題と真摯に向き合い解決を図りながら、利用者の皆さまと共に市民社会の構築に取り組むゆうあいセンターでありたいと思います。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

【NPO事務支援センター】
■三好 亜紀穂(NPO事務支援センター:アドバイザー)
新年あけましておめでとうございます。
昨年は、社会貢献で遺贈寄付をされる方々を支えるための仕組みづくりや、
助成財団で働く職員向けの研修事業等に携わらせて頂きました。
本年はそうした取り組みを加速させ、
より地域や皆様に貢献できる1年でありたいと思います。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

■正分 美智子(NPO事務支援センター:スタッフ)
新年あけましておめでとうございます。昨年は色々新しい経験ができました。
今年もたくさんの事を学び、ステップアップできるよう精進いたします。
本年もどうぞよろしくお願い致します。 

■山下 有子(NPO事務支援センター:スタッフ)
新年あけましておめでとうございます。
昨年よりも今年、昨日よりも今日、前進するよう
一生懸命がんばりますのでよろしくお願いいたします。

■那須 千恵(NPO事務支援センター:スタッフ)
謹んで新年のご挨拶を申し上げます
皆様のお役に立てますよう精進して参ります
本年もよろしくお願いいたします


【地域連携センター】
■河津 泉(地域連携センター:主任アドバイザー)
旧年中は育児休暇をいただき、1利用者として皆様の目線に立っておりました。
本年は仕事に復帰する予定ですので、いただいたお時間の中での気づきを皆様のために活かしていくことができればと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

■斉藤 恵美(ESD・市民協働推進センター:主任アドバイザー)
新年明けましておめでとうございます。
昨年も大変お世話になり有難うございました。今年もESD・市民協働推進センターをより多くの方にご活用いただけるよう精進いたします。
引続き皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

■西垣 優衣(地域連携センター:アドバイザー)
新年あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になり誠にありがとうございました。今年も地域連携センターを通して地域の課題解決のために一つひとつ丁寧に取り組み、精進してまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

■戸田 瑠美子(ESD・市民協働推進センター:アドバイザー)
旧年中は大変お世話になりました。
今年は昨年以上に皆さまのお役に立てれるよう最大限の努力をする所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻くださいますようよろしくお願いいたします。

■柴田 健志(ESD・市民協働推進センター:アドバイザー)
新年明けましておめでとうございます。
昨年夏より、ESD・市民協働推進センターへ勤務させて頂いております。皆様のお力添えを頂きながら、精一杯精進致しますので本年もどうぞよろしくお願いいたします。

■利根 弥生(ESD・市民協働推進センター:スタッフ)
旧年中は多くの方にたいへんお世話になりました。
笑顔を忘れずまたたくさんの方にお会いできることを楽しみにしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


【ゆうあいセンター】
■巻尾 信一(ゆうあいセンター:副センター長)
平成最後の年。明けましておめでとうございます。
ゆうあいセンターに勤務し1年9ヶ月が経過しました。昨年度は眼前の仕事を処理するのに手一杯の一年でしたが、本年度は市民の市民による市民の為の公共づくりに与する事ができるよう自分自身の変革をもって業務に臨みたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

■野崎 麻衣(ゆうあいセンター:事業スタッフ)
旧年中は大変お世話になりました。
今年度より事業スタッフとしてゆうあいセンター事業に携わらせていただいております。市民活動に対する目を肥やしつつ、市民活動の芽を育てられるようにみなさまと共に歩んでまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

■白幡 めぐみ(ゆうあいセンター:事業スタッフ)
岡山に越してきて、ゆうあいセンターに加わり2年半になります。今後とも学びつつ、共に岡山のNPOやボランティアを盛り上げていきたいです。事業や相談対応での「出会い」や繋がりを楽しみにしています。新年もよろしくお願いします。

■小桐 登(ゆうあいセンター:CSR相談員)
新年、あけましておめでとうございます。昨年CSRを取り巻く環境が大きく変わりました。世界の国、団体、人々が取り組むべき課題SDGsが広まり始めました。
企業が本業でSDGsに取り組む事でNPO/ボランティアとの共通の活動テーマが見つけやすくなっています。今年は社会課題解決のマッチングを積極的に行いたいと思います。

■清水 智子(ゆうあいセンター:フロアマネージャー)
新年、明けましておめでとうございます。昨年春よりゆうあいセンターでの主に受付窓口業務をさせて頂いております。利用者の方々にとってさらに活動しやすい場所となるように笑顔を忘れず窓口に立ちたいと思っております。本年もどうぞよろしくお願い致します。

■大野明里(ゆうあいセンター:フロアマネージャー)
明けましておめでとうございます。1年の終わりに"今年も素敵な1年だったな"と思えるように1日1日を大切に過ごそうと思います。受付では何事にも前向きに取り組み、笑顔を心がけて業務に励みたいです。今年もよろしくお願い致します。

■難波 実夏子(ゆうあいセンター:フロアスタッフ)
あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。
ゆうあいセンターで働かせていただくようになってから1年あまりが経ち、様々な経験をさせて頂きました。これからも、やるべきことを丁寧に、前向きにこなせるよう、本年も精進してまいります。よろしくお願いいたします。

■河北 信彦(ゆうあいセンター:フロアスタッフ)
明けましておめでとうございます。
ゆうあいセンターで働かせていただけるようになってから、そろそろ一年がたつことに、
とても驚いています。今年もより多くを学びながら成長できるように頑張っていきます。
今年もよろしくお願いします。

■宗内 詩乃(ゆうあいセンター:フロアスタッフ)
あけましておめでとうございます。
昨年の秋頃から受付業務をさせていただき、昨年は本当に学ぶことが多くありました。今年はその学びと経験をバネに、より成長していけるよう頑張ります。今年もよろしくお願い致します。

■野波 花純(ゆうあいセンター:フロアスタッフ)
あけましておめでとうございます。
ゆうあいセンターに入りまだ2か月しかたっておらず、まだ未熟ですが、今年は、たくさんの事を学び、成長したいです。今年も宜しくお願い致します。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃ 岡山NPOセンターからのお知らせ http://www.npokayama.org/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■年末年始休業のお知らせ
 当法人では誠に勝手ながら、年末年始は下記の通り休業とさせて頂きますので、
 ご案内申し上げます。
 年末年始休業日:2017年12月29日(木)~2017年1月5日(金)
 ※年始は1月9日(火)より業務を開始致します。
 http://blog.canpan.info/npokayama/archive/446
 休業期間中にいただいたご連絡につきましては、1月9日(火)以降に順次
 対応させていただきます。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

■「岡山NPO連絡協議会」
 ~岡山NPOセンター20周年とこれからの岡山のNPOを展望する会~のご案内
 ※1月4日(木)朝9時までお申込みを受付しております!
 まだお席がございますので奮ってご参加ください。
 当法人は2018年に発足20周年を迎えるにあたり、これからの20年についてどのような社 会を目指し、どのような役割を果たしてい 
 くことができるか、また、これからの岡山の  NPO業界がどのようにあるべきかについて、当法人の運営を支えてくださった皆様、
 さらに連携を深めさせていただきたいと考えている皆様からご助言・ご提案をいただく場 を設けます。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 日時:2018年1月6日(土)18:30~
 場所:磨屋町キッチンPACO(パコ)/岡山市北区磨屋町9-24
 参加費:4,000円(食費実費・飲み放題つき)
 詳細:http://blog.canpan.info/npokayama/archive/469

【最新情報発信中! https://www.facebook.com/npokayama】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特定非営利活動法人岡山NPOセンター http://www.npokayama.org/
  〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
  電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997(祝日を除く月曜~金曜日9:00~17:00)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ